古代のアンデス文明およびマヤ文明を研究する同好会
ブログ

Welcome to the Andes World!

アンデス文明研究会とは、古代アンデス文明ならびにメソアメリカ文明に興味を持つ一般の人々による研究会です。

毎月1回、考古学者などアンデス・マヤの専門家を招いての定例講座を開いています。

さらに、展覧会ツアーや特別講演会、パーティーなどのイベントを開催しています。

アンデス・マヤにご興味のある方ならば、どなたでも入会することができます。詳しくは、入会案内をご覧ください。

会報『チャスキ』
No.38以降はアム・プロモーションでもお買い求めいただけます。

最新号No.52表紙

設立:1994年
顧問:関雄二国立民族学博物館教授
名誉顧問:大貫良夫東京大学名誉教授
定例講座開催場所:東京外国語大学本郷サテライト





お問い合わせは:
andes@r5.dion.ne.jp

Last updated 2016/1/19

最新情報はアンデス文明研究会ブログをご覧ください■

平成27年度冬期(平成28年1月〜3月)定例講座の予定

1月16日(土)講師:塚本憲一郎先生(日本学術振興会特別研究員SPD・青山学院大学)
         古代マヤ社会におけるイデオロギーを巡る緊張と対立:
           −メキシコ合衆国エル・パルマール遺跡の事例から

2月20日(土)講師:村野正景先生(京都文化博物館学芸員)
         エルサルバドルのものづくりと考古学
3月19日(土)講師:市川 彰先生(名古屋大学文学部助教)
         古代メソアメリカ文明の盛衰と火山噴火

場所:東京外国語大学本郷サテライト5F
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3〜5分
    JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8〜10分
受講料:入会案内はこちら

アンデス文明研究会会報 『チャスキ』 52号(最新号 2015年12月19日)発行!
  ― アンデス文明研究会20周年 記念号 ―


平成27年度秋期(10〜12月)定例講座予定 ※すべて第3土曜日です。

10月17日(土)講師:八木百合子先生(国立民族学博物館・機関研究員)
         アンデスの聖人崇拝
         ― モノに映し出された信仰の世界を読む

11月21日(土)講師:長岡朋人先生(聖マリアンナ医科大学准教授)
         古代アンデスにおける外傷と暴力行動の生物学考古学
12月19日(土)講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
         パコパンパ遺跡発掘調査2015

平成27年度夏期公開特別講座(7〜9月)予定

7月18日(土) 講師:八杉佳穂先生(国立民族学博物館/
             総合研究大学院大学名誉教授)
         マヤ文字で名前を書いてみよう
         ―マヤ文字とことばの特徴

8月15日(土) 講師:馬場悠男先生(国立科学博物館名誉研究員)
         人類進化から文明崩壊を考える
         文明崩壊への道:わかっちゃいるけどやめられない
         22世紀の人類に贈る二つの世界

9月19日(土) 講師:木村秀雄先生(東京大学・大学院総合文化研究科教授)
         アンデス先住民の儀礼的世界へ
         〜ボリビアのカリャワヤとクスコのケチュアの儀礼から


場所:東京外国語大学本郷サテライト5F
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3〜5分
    JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8〜10分
公開講座受講料:会員 1,000円、非会員 2,000円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

2014年12月の定例講座リポート をアップしました。(平成27年4月20日更新)

アンデス文明研究会会報 『チャスキ』 50号(2014年12月21日発行)

平成27年度春期(4月〜6月)定例講座の予定

4月18日(土) 関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
         アンデスで神殿はどのように生まれたのか?
5月16日(土) 渡部森哉先生(南山大学准教授)
         ワリ帝国の台頭(仮)
6月20日(土) 加藤泰建先生(埼玉大学名誉教授)
         アンデス研究史序説

平成26年度冬期(平成27年1月〜3月)定例講座の予定

1月24日(土)講師:米延仁志先生(鳴門教育大学准教授) ※第4土曜日
         マヤ文明の高精度編年と湖沼堆積物による環境史復元
2月14日(土)講師:南 博史先生(京都外国語大学教授) ※第2土曜日
         ニカラグア共和国プロジェクト・マティグアス
           −考古学と博物館を仲介者とする実践的地域研究−

3月21日(土)講師:鈴木 紀先生(国立民族学博物館准教授)
         マヤ文明とマヤ民族:博物館展示の比較研究

2015/1/25 みんぱく公開フォーラム「古代文明の生成過程−エジプトとアンデス」
               (東京・JPタワーホール&カンファレンス4F ホール1)
古代文明の生成過程−西アジアとアンデス

平成26年度秋期(10月〜12月)定例講座の予定

10月18日(土)講師:鶴見英成先生(東京大学助教)
         モスキート遺跡2014年度調査速報(仮)
11月15日(土)講師:芝田幸一郎先生(神戸市外国語大学准教授)
         ペルー・コスタの形成期研究最前線−ネペーニャ谷を中心に
12月20日(土)講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
         2014年度ペルー北高地パコパンパ遺跡の発掘調査

平成26年度春期(5月〜7月)定例講座の予定

5月17日(土) 大平秀一先生(東海大学教授)
         インカ国家の拡大と農地管理
6月21日(土) 加藤泰建先生(埼玉大学副学長)
         アンデスの土器芸術
7月19日(土) 浅見恵理先生(国立民族学博物館外来研究員)
         チャンカイ文化の染織品制作と社会

ロス・カルカス ジャパンツアー2014 のお知らせ

3年ぶりにカルカスが来日!
日本−ボリビア国交樹立100周年の今年2014年、初来日から30年、
ボリビアからカルカスが来日、6/4(水)から6/17(火)までの公演が決定しています!
アンデス文明研究会も後援しています。

【公演スケジュール】
 6/4 (水)13:30開演 和光大学ポプリホール鶴川  全席指定 前売¥4,500(当日¥500up)
 6/7 (土)15:00開演 ティアラこうとう・大ホール   全席指定 ¥5,800
 6/8 (日)14:00開演 南足柄文化会館        全席指定 前売¥4,000(当日¥500up)
 6/11(水)19:00開演 帯広市民文化ホール
         全席指定 <一般>前売¥4,500 <小中高生>前売¥1,000(当日¥500up)
 6/12(木)14:00/18:30 札幌コンサートホールKitara大ホール
                       全席指定 SS¥5,500 S¥4,500 A¥3,000
 6/13(金)18:30開演 立川市民会館・RISURUホール  全席指定 ¥5,800
 6/14(土)18:00開演 浜松福祉交流センター
           全席指定 S¥5,000 A¥4,000 B¥3,500 ペア席¥6,000(当日¥500up)
 6/15(日)15:00開演 日本教育会館一ツ橋ホール
                      全席指定 「踊れる席」「聴く席」 各¥6,000
 6/17(火)19:00開演 伊丹アイフォニックホール
           全席指定 <一般>前売¥3,500 <学生>前売¥2,500(当日各¥500up)


アンデス文明研究会20周年記念シンポジウム開催のお知らせ

公開フォーラム アメリカ大陸古代文明の神秘のペールをはがす
2014年4月19日(土)13:30-17:00
「第2部:アンデス音楽」17:10-17:50
  法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー(スカイホール)
下記リンクよりチラシをご覧いただけます。
 ※参加無料 先着180名(申込み不要)
   チラシ表  チラシ裏

アメリカ大陸古代文明の神秘のベールをはがす

平成25年度冬期(平成26年1月〜3月)定例講座の予定

1月18日(土)講師:井上幸孝先生(専修大学准教授) ※チャスキ48号に掲載の日程から変更
         メソアメリカの絵文書
2月15日(土)講師:福原弘識先生(埼玉大学非常勤講師)
         メキシコ中央高原における考古学調査の動向
3月15日(土)講師:青山和夫先生(茨城大学教授)
         マヤ文明の盛衰と環境文明史:グアテマラ共和国セイバル遺跡と近隣湖沼の調査

アンデス・マヤ情報 に2014/1/26みんぱく公開フォーラム「古代文明の生成過程−西アジアとアンデス」
             (東京・JPタワーホール&カンファレンス4F ホール1)情報をUP!
古代文明の生成過程−西アジアとアンデス

アンデス・マヤ情報 に2013/12/23フォルクローレ(カンタティ 結成30周年記念コンサート II)と
12/14-2/23企画展(神奈川県立生命の星・地球博物館 2013年度企画展、
「アンデスを越えて ―南米パタゴニアの火山地質調査から―」)情報をUP!

平成25年度秋期(10月〜12月)定例講座の予定

10月19日(土)講師:松本雄一先生(山形大学准教授)
         神殿と住居−カンパナユック・ルミ遺跡2013年度調査速報−
11月16日(土)講師:長岡朋人先生(聖マリアンナ医科大学講師)
         アンデスにおける生物考古学
12月21日(土)講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
         パコパンパ遺跡の最新調査速報

平成25年度夏期公開特別講座(7〜9月)予定

7月20日(土)講師:馬場悠男先生(国立科学博物館名誉研究員)
         ホモ・フロレシエンシス
8月3日(土) 講師:岡本年正先生(東京大学大学院総合文化研究科博士課程) ※第1土曜日
         アンデス高地のクランデーロの現在:クスコにおけるケロ村の人々
9月21日(土)講師:鳥塚あゆち先生(法政大学等非常勤講師)
         アンデス高地牧畜民の食卓:日常と儀礼食

場所:東京外国語大学本郷サテライト
受講料:会員 1,000円、非会員 2,000円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

アンデス・マヤ情報 みんぱく公開フォーラム 古代文明の生成過程 マヤとアンデスの比較
              (2013年1月27日(日)、キャンパス・イノベーションセンター東京にて開催)
古代文明の生成過程 マヤとアンデスの比較


平成25年度春期(4月〜6月)定例講座の予定

4月20日(土) 関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
         アンデス文明の神殿研究から見た日本の古墳時代
5月18日(土) 井口欣也先生(埼玉大学教授)
         クントゥル・ワシ発掘調査の再開 −2012年調査報告と今後の展開について−
6月15日(土) 染田秀藤先生(関西外国語大学教授)
         ラス・カサス、アンデス世界

参考文献コーナーを更新しました!(平成24年12月更新)

平成24年度冬期(平成25年1月〜3月)定例講座の予定

1月19日(土)
14:00〜17:00
古代メソアメリカにおける墓制
講師:市川 彰先生
(名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程)
2月16日(土)
14:00〜17:00
ティカル調査の現状と課題 ― 金沢大学 「北の
アクロポリス」 プロジェクトの展望 ―

講師:中村誠一先生 (金沢大学教授)
3月16日(土)
14:00〜17:00
ホンジュラスにおける近年の考古学調査の動向
講師:寺崎秀一郎先生 (早稲田大学教授)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス・マヤ情報 公開講演会 ネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇
              (2012年11月18日(日)、東京都千代田区・学術総合センターにて開催)


アンデス・マヤ情報 マヤ ティカル遺跡保存センターと中村誠一先生(平成24年9月23日の日経記事)

平成24年度秋期(10〜12月)定例講座の予定

10月20日(土)※変更になりました!
14:00〜17:00
アンデスにおける人とモノの移動:
交流ルート研究の現状と課題
講師:山本 睦先生(埼玉大学非常勤講師)
11月17日(土)
14:00〜17:00
植民地時代クスコ・ティティカカ湖地域の
キリスト教聖堂装飾

講師:岡田裕成先生(大阪大学准教授)
12月15日(土)
14:00〜17:00
パコパンパ遺跡2012年調査報告
講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。
  詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス・マヤ情報 パコパンパ遺跡、南米最古級の黄金副葬の墓発掘!(平成24年9月20日)

アンデス・マヤ情報 杉山 三郎先生 外務大臣表彰記念特別講演会(愛知・平成24年7月27日)

平成24年度夏期公開特別講座(7〜9月)のお知らせ (平成24年6月4日)

7月21日(土)
14:00〜17:00
アンデスにおける供物の歴史と現在:ムユの事例
講師:大平秀一先生
   (東海大学文学部教授)
8月18日(土)
14:00〜17:00
炭素14年代法における実年代決定
講師:尾嵜大真先生
   (東京大学総合研究博物館特任研究員)
9月15日(土)
14:00〜17:00
考古学理論とアンデス形成期研究
講師:松本雄一先生
   (国立民族学博物館機関研究員)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 2,000円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)


ギャラリー・トーク(平成24年3月18日開催)リポートをアップしました。

平成24年度、春期および秋期講座予定(平成24年4月12日更新)

4月21日(土) 関雄二先生(国立民族学博物館教授) 性と死者儀礼 モチェ文化の図像分析から
5月19日(土) 坂井正人先生(山形大学教授) 山形大学のナスカ地上絵研究
6月16日(土) 馬場悠男先生(国立科学博物館名誉研究員 人類学会前会長)
          古代エジプト ラムセス2世の孫娘のミイラ人骨を同定する

10月20日(土) 山本 睦先生(埼玉大学非常勤講師) ※変更になりました!
          アンデスにおける人とモノの移動:交流ルート研究の現状と課題
11月17日(土) 岡田裕成先生(大阪大学教授)
          植民地時代クスコ・ティティカカ湖地域のキリスト教聖堂装飾
12月15日(土) 関雄二先生(国立民族学博物館教授) パコパンパ遺跡2012年調査報告

アンデス・マヤ情報 東京・上野の国立科学博物館にてインカ帝国展 3/10(土)〜6/24(日)開催

アンデス・マヤ情報
高知工科大学の赤澤威先生から3月24日(土)の交替劇プロジェクト公開講座(東京開催)のお知らせです。


平成23年度冬期(平成24年1月〜3月)定例講座の予定(平成23年6月14日更新)

1月28日(土)
14:00〜17:00
エルサルバドル、チャルチュアパ遺跡の調査から
講師:伊藤伸幸先生(名古屋大学助教)
2月18日(土)
14:00〜17:00
時の歴史学:植民地時代先住民文書の分析から
講師:大越 翼先生(上智大学教授)
3月17日(土)
14:00〜17:00
人々の暮らし:テオティワカンの事例から
講師:福原弘識先生
(国立民族学博物館外来研究員)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

平成23年度秋期(10〜12月)定例講座の予定(平成23年6月14日更新)

10月15日(土)
14:00〜17:00
先住民クロニスタ、グァマン・ポマのしたたかさ
〜「インカの反乱」をめぐって〜
講師:染田秀藤先生
(関西外国語大学教授・大阪大学名誉教授)
11月5日(土)※ 日程変更になりました!
14:00〜17:00
太陽と月になった双子の神・
マヤ神話「ポポル・ウーフ」から

講師:杓谷茂樹先生(中部大学教授)
11月19日(土)
14:00〜17:00
インディオの死と遺言書
講師:網野徹哉先生(東京大学准教授)
12月17日(土)
14:00〜17:00
パコパンパ遺跡調査速報2011
講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)

平成23年度夏期公開特別講座(7〜9月)のお知らせ(平成23年6月14日)

7月16日(土)
14:00〜17:00
下を向いて歩こう:遺跡調査の煩悶と愉悦
講師:鶴見英成先生
(東京大学総合研究博物館特任研究員)
8月20日(土)
14:00〜17:00
古代アンデス食文化の考古学:
うたげの酒・肉・器を中心に

講師:芝田幸一郎先生
9月17日(土)
14:00〜17:00
ペルー装いの万華鏡:
<衣>からみたペルーの歴史と文化

講師:佐々木直美先生
   (法政大学国際文化学部准教授)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 2,000円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)


アンデス・マヤ情報
 「連続展示 アルパカ×ワタ」 4月29日より東京大学総合研究博物館にて開催中
 「ロス・カルカス」結成40周年記念 ジャパン・ツアー2011 公演スケジュール


アンデス・マヤ情報 山形大学調査団、昨年、ナスカ地上絵に新たな発見!(平成23年3月1日更新)

平成23年度春期(4〜6月)定例講座の予定(平成22年12月9日更新)

4月16日(土)
14:00〜17:00
アンデス文明における戦争再考
講師:関 雄二先生(国立民族学博物館教授)
5月21日(土)
14:00〜17:00
形成期神殿における儀礼行為の実態
−カンパナユック・ルミ遺跡のデータから

講師:松本雄一 先生
(アンデス考古学者 イェール大学博士号取得)
6月18日(土)
14:00〜17:00
人類文明史における先史アンデス
講師:加藤泰建先生(埼玉大学副学長)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

平成23年1月〜3月(冬期定例講座)(平成22年12月9日更新)

1月22日(土)
14:00〜17:00
古代メソアメリカ社会における周辺地域の
ダイナミズム:トルーカ盆地とテオティワカン
講師:嘉幡 茂 愛知県立大学客員共同研究員
2月19日(土)
14:00〜17:00
マヤ語で書く ―現代グアテマラ・ケクチ語の場合―
講師:渋下 賢 東京大学大学院博士課程
 
3月19日(土)※11月5日(土)に振替決定!
14:00〜17:00
太陽と月になった双子の神について・
マヤ神話「ポポル・ウーフ」から

講師:杓谷茂樹 中部大学教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

参考文献に 『インカ帝国の成立 ― 先スペイン期アンデスの社会動態と構造』(平成22年11月27日更新)

同成社から [世界の考古学] シリーズ1 『アンデスの考古学』 改訂版刊行!(平成22年10月19日更新)

10月23日、24日に神保町で「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相」(平成22年10月18日更新)

10月9日(土)より古代オリエント博物館で「古代メキシコ・オルメカ文明展」(平成22年10月15日更新)

平成22年度秋期(10〜12月)定例講座の予定(平成22年6月24日更新)

10月16日(土)
14:00〜17:00
アンデスの市場
講師:藤井龍彦 国立民族学博物館名誉教授
11月20日(土)
14:00〜17:00
アンデス形成期・近年の研究動向
講師:井口欣也 埼玉大学教授
12月18日(土)
14:00〜17:00
パコパンパ神殿の発掘2010
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

夏期公開特別講座(7〜9月)のお知らせ(平成22年5月24日)

7月17日(土)
14:00〜17:00
アンデスの組紐文化
― 日本とアンデスの「組紐文化」を比較検証する
講師:多田牧子先生 (京都工芸繊維大学
伝統みらい研究センター特任教授(H22, 3まで))
8月21日(土)
14:00〜17:00
南東地域から見た古典期マヤ文明の崩壊
― 王都からの視点 ―

講師:中村誠一先生
   (マヤ文明世界遺産研究所 所長)
9月18日(土)
14:00〜17:00
体で感じるペルーの祝祭
― 講座とパフォーマンス

講師:佐々木直美先生
   (法政大学国際文化学部 准教授)
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 2,000円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

平成22年度春期(4〜6月)定例講座の予定が変更になりました。ご注意ください。(平成22年2月28日)

4月17日(土)※変更になりました!
14:00〜17:00
神殿を離れて山野へ:アンデス文明の岩絵研究
講師:鶴見英成 東京大学総合研究博物館 特任研究員
5月15日(土)
14:00〜17:00
形成期研究のフロンティア、ペルー極北部
講師:山本 睦 日本学術振興会特別研究員(埼玉大学)
6月19日(土)※変更になりました!
14:00〜17:00
トウモロコシとジャガイモ:古代アンデス文明における生態資源の利用と権力の発生
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス・マヤ情報 映画「パチャママの贈りもの」(平成21年12月20日)

平成22年1月以降のラインナップ(冬期定例講座)(平成21年12月19日)

1月23日(土)
14:00〜17:00
アステカ帝国
講師:井上幸孝 専修大学経営学部准教授
2月20日(土)
14:00〜17:00
アステカの神話と儀礼
講師:井関睦美 慶応大学文学部助教
3月20日(土)
14:00〜17:00
環太平洋におけるマヤ文明の環境文明史
講師:青山和夫 茨城大学人文学部教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス・マヤ情報 パコパンパで南米最古級の金の耳飾り発掘!(平成21年9月13日)

アンデス・マヤ情報 国立民族学博物館友の会、民族学研修の旅(平成21年8月14日)

平成21年度秋期(10〜12月)定例講座の予定(平成21年4月21日)

10月17日(土)
14:00〜17:00
アメリカ大陸の栽培植物アマランサスの利用
講師:根本和洋 信州大学助教
11月21日(土)
14:00〜17:00
骨からみたアンデスの人々
講師:長岡朋人 聖マリアンナ医科大学助教
12月19日(土)
14:00〜17:00
パコパンパ遺跡2009年度の発見
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

夏期公開特別講座(7〜9月)のお知らせ(平成21年4月21日)

7月18日(土)
14:00〜17:00
コトシュ再訪
講師:大貫良夫 東京大学名誉教授、野外民族博物館リトルワールド館長
8月22日(土)
14:00〜17:00
アンデスの民衆芸術:民衆芸術の成立・発展と地域性
講師:藤井龍彦 国立民族学博物館名誉教授
9月19日(土)
14:00〜17:00
人類史運命の分かれ道:旧ネアンデルタールとホモサピエンスの交替劇
講師:赤澤威 高知工科大学教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 1,500円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

平成21年度春期(4〜6月)定例講座予定(平成20年12月20日)

4月18日(土)
14:00〜17:00
チャビン問題再考:最近の研究動向
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
5月16日(土)
14:00〜17:00
ワリ興亡 ― ペルー北部の事例から
講師:渡部森哉 南山大学講師
6月20日(土)
14:00〜17:00
ペルー北部山地ラ・バンバ遺跡の発掘
講師:加藤泰建 埼玉大学副学長
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

平成21年1月以降のラインナップ(冬季定例講座)(平成20年12月20日)

1月17日(土)
14:00〜17:00
マヤ地域における先住民文化遺産
― 資源をめぐる諸問題
講師:寺崎秀一郎 早稲田大学准教授
2月21日(土)
14:00〜17:00
マヤ文化における水の利用を考える
― 私のフィールドノートから

講師:大越翼 上智大学教授
3月21日(土)
14:00〜17:00
テオティワカン遺跡の発掘から
講師:佐藤悦夫 富山国際大学准教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

詳細はアンデス・マヤ情報のページをご覧ください(平成20年11月8日)

  

平成20年度秋期(10〜12月)定例講座の予定です(平成20年9月29日)

10月18日(土)
14:00〜17:00
クントゥル・ワシ神殿の3Dモデル分析
講師:井口 欣也 埼玉大准教授
11月15日(土)
14:00〜17:00
インカの生贄:イメージと実体
講師:大平 秀一 東海大准教授
12月20日(土)
14:00〜17:00
パコパンパ遺跡発掘最新情報
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

公開特別講座(7〜9月)のお知らせ(平成20年5月24日)

7月19日(土)
遠山記念館「アンデスの布と器」展、見学と講座
13:00〜16:00
アンデス出土染織における獣毛の同定
講座講師:山辺寛史 記念館学芸員
展示品解説:井上則子 記念館学芸員
8月9日(土)
※『チャスキ』37号掲載の16日は間違いです。
14:00〜17:00
インカの末裔はいるのか ― クスコの儀礼写真と
そのバリエーション、先スペイン期の関係

講師:木村秀雄 東京大学教授
9月20日(土)
14:00〜17:00
文明の多様性と他者理解−中南米を事例に
講師:横山玲子 東海大学教授
場所(8月、9月):東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 1,500円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

平成20年度春期(4〜6月)定例講座の予定です(平成20年3月1日)

4月19日(土)
14:00〜17:00
アンデスのミイラ
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
5月17日(土)
14:00〜17:00
骨と図像 ― 動物から読み解く古代アンデス
講師:鵜沢 和宏 東亜大学准教授
6月14日(土)※第2土曜日です、ご注意ください!
14:00〜17:00
クスコのインカ遺跡を掘る ― ウルピカンチャ遺跡発掘調査
講師:徳江 佐和子 明治学院大学講師
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

平成20年の定例講座、1月、2月は第2土曜日です!

1月12日(土)※第2土曜日です、ご注意ください!
14:00〜17:00
マヤの王権について
講師:横山 玲子 東海大学教授
2月9日(土)※第2土曜日です、ご注意ください!
14:00〜17:00
テオテワカンの都市計画と太陽のピラミッド:具体化された宗教観と政治構造
講師:杉山 三郎 愛知県立大学教授
3月15日(土)※変更されています、ご注意ください!
14:00〜17:00
神秘と謎のマヤ文明観の起源
講師:青山 和夫 茨城大学教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス文明研究会共催イベント の報告(平成19年11月2日)

定例講座平成19年度秋期(10〜12月)のラインナップが決まりました(平成19年4月23日)

10月20日(土)
14:00〜17:00
インカ帝国最後の都ビルカバンバの景観
講師:坂井 正人 山形大学准教授
11月17日(土)
14:00〜17:00
ヒマラヤから見たアンデス
講師:山本 紀夫 国立民族学博物館名誉教授
12月15日(土)
14:00〜17:00
考古学におけるインカ像の形成
講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

公開特別講座(7〜9月)のお知らせ(平成19年4月23日)

7月7日(土)
14:00〜17:00
ユンガへの旅 ― アンデス文明の起源を求めて ―
講師:大貫 良夫 東京大学名誉教授
8月4日(土)
14:00〜17:00
グアテマラ南部海岸地域に見るオルメカとマヤ
― タカリク・アバフの歴史と文化を中心に ―

講師:高山 智博 上智大学名誉教授
9月29日(土)
※『チャスキ』35号掲載の22日は間違いです。
14:00〜17:00
神格化された王権の起源を読む
講師:大越 翼 上智大学教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講料:会員 1,000円、非会員 1,500円
申込み:andes@r5.dion.ne.jp
定員:40名(先着順)

定例講座平成19年度春期(4〜6月)のラインナップが決まりました(平成19年2月18日)

4月21日(土)
14:00〜17:00
ペルー北部カハマルカ盆地の形成期における遺跡分布の変化と生態環境
講師:関雄二 国立民族学博物館教授

5月19日(土)
14:00〜17:00
アンデス文明形成期の展開
―クントゥル・ワシ神殿遺跡の研究成果から―

講師:加藤泰建 埼玉大学教授
6月16日(土)
14:00〜17:00
中流域のアンデス形成期:海と山の間で見えてきたこと
講師:鶴見英成 日本学術振興会特別研究員
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

定例講座平成19年1月以降のラインナップが決まりました!(平成18年11月7日)

1月28日(日)※日曜日です、ご注意ください!
14:00〜17:00
オルメカ研究の最前線
講師:伊藤伸幸 名古屋大学助手
2月17日(土)
14:00〜17:00
後古典期マヤ北部低地における王権をめぐって
講師:大越翼 上智大学教授
3月17日(土)
14:00〜17:00
古典期マヤ文明の衰退
講師:青山和夫 茨城大学教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

7月、8月、9月、11月の特別公開講座リポートをアップしています(最終更新:平成19年1月8日)
メキシコの家族形態(講師:ビルヒーニア・メサ先生)
ラテンアメリカ・カーニバル巡り(講師:白根 全先生)
(1)アンデス東斜面に住む人々 (2)アンデス、ヒマラヤ、エチオピア
   ―世界3大高地に住む人々の暮らし・その類似性―(講師:関野 吉晴 先生)

考古学者ワルテルによるピスキージョ・ビエホ遺跡発掘調査報告
   ―アンデス最古の遺跡か?(講師:阪根 博 先生)


「定例講座のご案内」「イベント」のTOPページを変更しました(平成18年9月16日)

2006年9月8日(金)の読売新聞で『チャスキ』が取り上げられました!(平成18年9月16日)

天野博物館のホームページ がリニューアルされました!
「シクラス遺跡」など最新情報も盛り込まれています。「リンク」ページからどうぞ(平成18年8月15日)

定例講座平成18年度秋期(10〜12月)のラインナップが決まりました(平成18年5月31日)

10月21日(土)
14:00〜17:00
インカの足跡 ― ペルー北高地の事例から
講師:渡部 森哉 南山大学専任講師
11月18日(土)
14:00〜17:00
遺伝学から見た古代アンデス人
講師:篠田 謙一 国立科学博物館人類研究部
12月16日(土)
14:00〜17:00
アンデスの神殿を掘る
― ペルー北高地パコパンパ遺跡の発掘速報

講師:関 雄二 国立民族学博物館教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

「アンデス・マヤ情報」「参考文献コーナー」を追加しました。
左下のアイコンからもジャンプできます(平成18年4月1日)

定例講座でご講演くださった先生方の新刊です

『ボリビアを知るための68章』  平成18年4月25日発行
(眞鍋周三編著、明石書店、四六判・並製・424頁、定価2,100円)
関 雄二先生、関野吉晴先生、ほかご執筆
【学術選書006 諸文明の起源12】 『古代アンデス 権力の考古学』  平成18年1月15日発行
(関 雄二先生著、京都大学学術出版会、四六判・並製・318頁、定価1,890円)
【学術選書004 諸文明の起源11】 『古代マヤ 石器の都市文明』  平成17年12月15日発行
(青山 和夫先生著、京都大学学術出版会、四六判・並製・344頁、定価1,890円)

定例講座平成18年度春期(4〜6月)のラインナップが決まりました

4月15日(土)
14:00〜17:00
世界遺産チャビン・デ・ワンタル再考
講師:関雄二 国立民族学博物館教授

5月20日(土)
14:00〜17:00
ネペーニャ谷の形成期とチャビン問題:
セロ・ブランコとワカ・パルティーダ神殿の発掘から

講師:芝田幸一郎先生
6月17日(土)
14:00〜17:00
ペルー北部サーニャ谷の形成期
講師:井口欣也 埼玉大学助教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

芝田日本学術振興会特別研究員、大発見!

定例講座平成18年1月以降のラインナップが決まりました

1月21日(土)
14:00〜16:30
マヤ征服史
講師:八杉佳穂 国立民族学博物館教授
2月18日(土)
14:00〜16:30
南東マヤ地域における地方センターの成立(予察)
講師:寺崎秀一郎 早稲田大学助教授
3月18日(土)
14:00〜16:30
マヤの初期王権の起源と発達
講師:青山和夫 茨城大学助教授
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス文明研究会主催 公開特別講座(平成17年12月22日)のお知らせ
マヤ文明世界遺産の調査と保存
―ホンジュラス・コパン遺跡、グァテマラ・ティカル、キリグア遺跡の現状報告―


定例講座でご講演くださった先生方の近刊です

『岩波 アメリカ大陸古代文明事典』  平成17年5月10日発売
(関雄二先生・青山和夫先生 編著、岩波書店、A5判・上製・384頁・オールカラー、定価6,930円)
『マヤとインカ―王権の成立と展開』  平成17年9月発売
(貞末堯司編、同成社、B5判・330頁・定価12,600円)
坂井正人先生、佐藤悦夫先生、中村誠一先生、長谷川悦夫先生、青山和夫先生、横山玲子先生、芝田幸一郎先生、鶴見英成先生、渡部森哉先生、大平秀一先生、ほかご執筆
『ラテンアメリカ楽器紀行』 (シリーズ名 ヒストリア 21)  平成17年11月発売
(山本紀夫先生 著・写真、山川出版社、ISBNコード 4-634-49192-3、166頁、定価1,995円)

アンデス文明研究会主催 公開特別講座(平成17年9月17日)のお知らせ
El Co'digo Quechua-Aymara de Wiraqocha ― TIWANAKUQ TUPU ―
「ケチュアとアイマラの視点から見たウィラコチャ・コード」

Part II:Pacha Yachachiq;秩序と文明をもたらしたもの

グルーポ アルトゥーラス演奏会(平成17年7月29日)
研究会のフォルクローレ グループとして立ち上げた「グルーポ アルトゥーラス」が、この度、「サマーフェスティバル武蔵野」で演奏することになりました。詳細はこちらから

アンデス文明研究会主催 公開特別講座(平成17年7月16日)のお知らせ
El Co'digo Quechua・Aymara de Wiraqocha ― TIWANAKOQ TUPU ―
「ケチュアとアイマラの視点から見たウィラコチャ・コード」

 −アンデスの図像に隠された先人からのメッセージ−

平成17年度定例講座のラインナップが決まりました

4月16日(土)
14:00〜17:00
形成期社会とモチェ社会:権力操作からみた比較
講師:関雄二国立民族学博物館助教授
10月15日(土)
14:00〜17:00
ペルー北海岸のシカン文化
講師:井口欣也埼玉大学助教授
5月21日(土)
14:00〜17:00
アンデスの植物
講師:小野幹雄東京都立大学名誉教授
11月19日(土)
14:00〜17:00
北海岸に栄えた王国チムー
講師:坂井正人山形大学助教授
6月18日(土)
14:00〜17:00
南高地に開花したティワナク社会
講師:加藤泰建埼玉大学教授
12月17日(土)
14:00〜17:00
インカ帝国の研究史
講師:関雄二国立民族学博物館教授

創立10周年記念行事 たばこと塩の博物館との共催 特別公開講座開催(平成17年3月26日)
―「アステカ王国の神殿を掘る」―

定例講座平成17年1月以降のラインナップが決まりました

1月15日(土)
14:00〜16:30
月のピラミッドの発掘、テオティワカン遺跡調査の報告
講師:杉山三郎愛知県立大学教授
2月19日(土)
14:00〜16:30
マヤ言語の考古学
講師:八杉佳穂国立民族博物館教授
3月19日(土)
14:00〜16:30
マヤの神話的世界:ポポル・ブフを中心に
講師:杓谷茂樹南山大学講師
場所:東京外国語大学本郷サテライト
*受講には申し込みが必要です。詳しくは入会案内をご覧ください。

アンデス文明研究会10周年記念旅行(2004年9月)のリポートをアップしました
アンデス文明研究会10周年記念旅行 “ペルー遺跡探訪の旅”

定例講座でご講演くださった先生方の近刊です

『マヤ学を学ぶ人のために』 (八杉佳穂先生編、世界思想社)
佐藤悦夫先生、青山和夫先生、中村誠一先生、落合一泰先生、杓谷茂樹先生ほかご執筆
『アンデス登攀記 上・下』 (ウィンパー著/大貫良夫先生訳、岩波書店 文庫 赤239-3、4)
『ジャガイモとインカ帝国』 (山本紀夫先生、東京大学出版会)
『チョコレートの文化誌』 (八杉佳穂先生、世界思想社)
『ペルーを知るための62章』 (細谷広美先生・関雄二先生、明石書店)