足の反射区図 

※足の裏反射区図ともいいます。

足には多くの重要なツボがあり、その多くは足の裏にあります。

左の図を見てもわかるように、 親指として親指の付け根、 そこからかかとへ向かって気管支、肺、胃、腸から膀胱へと、 あぐらをかいた人の体を見た状態と同じように内臓・器官に効く反射区が並んでおり、 足裏はまさに人体の地図となっています。

足の反射区とそれに対応する臓器は、原則として同じ側にあります。
左胸にある心臓の反射区は 左足に一つだけ。は左右両方にあるので、 両足にそれぞれ反射区があります。左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足にあります。

ただし、首から上の器官に関しては左右逆になっています。

これは首を境にして神経が交差し ている為です。
例えば、右足の人差し指と中指は左目に対応しています。
耳や目の調子が悪く なったときは、反対側の足の指をもみます。

また耳や目は、片方が悪くなるとバランスが崩れ もう片方も悪くなる傾向がありますので、 予防のため左右両方の足裏を刺激するとよいのです。

 

トップへ     もどる