200630日更新 last update at 30 July 2006

 

見えない科研について

 

           見えない科研とは

                    

研究課題「不可視の時代の東南アジア史:文献史料読解による脱構築」科学研究費補助金 基盤研究(B)(1)

                     研究目的などの詳細

                    

研究報告書

 

はしがき : 早瀬 晋三

 

「シャム」と「タイ」―国号に見る四海同胞主義と民族主義― : 吉川 利治 (都合により web 上では非掲載)

 

英国植民地統治とヌグリスンビラン―ルンバウの事例を中心に― : 桑原 季雄

 

欧文資料から見たアンボンのブトン人 : 河野 佳春

 

18世紀を中心に見た東南アジア関係の漢籍地理書に関する覚書 : 岡本 弘道

 

皮宗(ピサン)と果布(カプル)−文献上最古のインドネシ語― : 深見 純生 

 

広州重修天慶観記 : 深見 純生

*(本稿は加除訂正の上『佛教藝術』287号(20067月)7480頁に「史料紹介広州重修天慶観記」として公刊されました。)

 

『詳説世界史』(山川出版社)の東南アジア史記述とそれに対するコメント・解説

―「見えない東南アジア史」からの脱却をめざして― : 桃木 至朗

 

宮中 乾隆朝奏摺 ・ 東南アジア関係記事集成 : 渡辺 佳成

 

台湾所蔵、18世紀清代の東南アジア関係、 案類へのアクセス方法

─国立故宮博物院・図書文献館と中央研究院・傅斯年図書館─ : 田中 玄経 監修:八尾 隆生

 

東南アジア史研究者のための台湾 案データベースの利用法及び関係史料の紹介 : 岡田 雅志 監修:八尾 隆生

 

正和本『大越史記全書』・NVH本「大越史記本紀続編」条文対照表 : 蓮田 隆志

 

ハクルート・ソサエティ叢書からみえる東南アジア : 赤崎 雄一

 

イギリス東インド会社「マカッサル商館文書」(1613-67年) : 早瀬 晋三 (史料本文)  (史料目次)

 

研究会

2003年11月15日(土)

渡辺佳成「18世紀東南アジアに関する漢籍史料」

2003年12月20日(土) 

深見純生「18世紀ジャワ史に関する若干の研究と資料」

早瀬晋三「18世紀フィリピン史に関する若干の研究と資料」

2004年1月17日(土)

早瀬晋三「18世紀ボルネオ島に関する資料紹介」

2004年2月21日(土)

桑原季雄「18世紀マレー半島に関する資料紹介」

2004年4月17日(土)

ロンドン調査報告(渡辺佳成赤崎雄一河野佳春早瀬晋三

2004年5月15日(土)

河野佳春 18世紀マルクにかかわる欧文史料について」

2004年7月10日(土)

赤崎雄一 「ハクルート・ソサエティ叢書からみえる東南アジア」

2005年4月16日(土)

    渡辺佳成・岡本弘道・蓮田隆志 「中国調査報告」

2005年5月15日(土)

       早瀬晋三「東南アジア史のなかの西ボルネオ:歴史空間の視点から」

2005年6月18日(土)

渡辺佳成「大陸部東南アジア北部における「華人の世紀」−18世紀の鉱山開発・棉花交易を中心として」

2005年7月16日(土)

河野佳春「欧文資料から見たブトン人とアンボン」

 2005年9月17日(土)

話題(1):吉川利治「「シャム」と「タイ」 ―タイの国号をめぐる不思議―」

話題(2):赤崎雄一「ハクルート・ソサエティ叢書からみえる東南アジア2」

2005年1015日(土)

岡田 雅志、田中 玄経「台湾調査報告」

2005年1119日(土)

話題(1):岡本 弘道「18世紀を中心に見た漢籍地理書中の東南アジア」

話題(2):桑原 季雄「ヌグリスンビランにおける土着のリーダーと英国植民地政府」

 

 

 

        「卒マニュ」のページ

(科研「東南アジア史研究で卒論・修論を書くための教育・研究工具の開発のための研究」2000年〜2002年)

 

 

*** 連絡 お問い合わせ ***