プロジェクト管理者の道具箱 トップページ
プロジェクト管理者の道具箱

外注管理

■外注管理の目的

外注する目的を明確に持ち、意識しておく。
システム開発を外注し、プロジェクトが成功するようにコントロールする事。

■契約形態の種類と相違

名称 請負契約 委任契約 派遣契約
関連法規 民法632条 民法643条 労働者派遣法
目的 成果物の引渡し 業務の遂行(役務の提供) 労働者の派遣
納期遅延責任 債務不履行責任あり なし なし
完成責任 債務不履行責任あり なし なし
瑕疵担保責任 瑕疵責任期間中あり なし なし
指揮命令 受託者 受託者 委託者(派遣先)
作業場所 通常は受託者が決定 規定なし 委託者(派遣先)が指定
報告義務 通常なし 請求があれば報告の必要あり 委託者(派遣先)の指示による
下請利用 可能 不可 不可
著作権 受託者(契約により権利移譲) 受託者(契約により権利移譲) 委託者

■契約に関する留意事項

  1. 協力会社と請負契約を結ぶ場合は、納期、成果物、品質基準を明確にしておく。 協力会社には進捗報告の義務がないので、念の為に定期的な進捗報告や 成果物の中間レビューを義務付ける条項を契約書の中に入れておく。 納期遅延や瑕疵に関する責任追求ができるようにしておく事。
  2. 委任契約の場合は、成果物に関する完成責任がない為、 納めてもらいたい成果物があれば、その旨契約書の中に入れておく。
  3. 派遣契約の場合は、技術者の質が要求水準を満たしていない事が判明した時に 別の技術者と交代させる事ができる条項を契約書の中に入れておく。

■契約別作業管理

  1. 請負契約:マイルストーンを設定し、成果物のレビューを行う。
  2. 委任契約:定期的に作業報告書を提出させる。成果物のレビューを行う。
  3. 派遣契約:定期的に作業報告書を提出させる。成果物のレビューを行う。

関連: 外注計画


位置: トップ > プロジェクト管理 > プロジェクト統制
通読: 前頁 | 次頁

Page Views

Update Information: RSS 2.0 (XML)
システム企画
プロジェクト管理
システム開発
システム管理

プロフィール
当サイトについて
サイトマップ
更新履歴
今後の予定
掲示板
QRコード




Creative Commons LicenseLink Free


このページの先頭へ