【第50番】真言宗(しんごんしゅう)豊山派(ぶざんは)鶴林山(かくりんざん)大御堂寺(おおみどうじ)
役の行者が創建と伝わる古刹で史跡が多い。
ご本尊:阿弥陀(あみだ)如来(にょらい)

【お寺に入るには】
境内は平地のため、段差なく入れる。地面は土や砂利のため、車いすでは若干動きにくいが問題はない。

本堂と弘法堂は、前に階段があるので、車いすの方は段の手前での参拝になる。

【休憩スペース】
ベンチあり、境内の敷地にシートを敷いて休憩もできる。

【トイレ】
和式トイレ

【ワンポイント(お寺の特徴、雰囲気など)】
源義朝の最期の地であり、境内には義朝の墓がある。境内が広いので、休憩には最適。ただし、近所にコンビニなどがないので、飲み物や食事は、持参したほうがよいでしょう。


【第51番】真言宗(しんごんしゅう)豊山派(ぶざんは)鶴林山(かくりんざん)野間(のま)大坊(だいぼう)
鎌倉幕府を開いた源頼朝を開山とする。
ご本尊:開運延命(かいうんえんめい)地蔵尊(じぞうそん)
野間大坊を表す石碑
【お寺に入るには】
境内への入り口の門のところに大きな段差があり、車いすを持ち上げる必要がある。

境内は、砂利が多く車イスでは動きにくいが、介助者がいれば何とか動くことができる。

野間大坊の境内を散策している様子
【ワンポイント (お寺の特徴、雰囲気など)】
本堂には、お札やお守りなどお土産物も売っている。境内、参道には、四国八十八箇所巡りのお砂踏みがある。

【住所】
知多郡美浜町大字野間字東畠ケ50


【連絡先 (電話番号)】
0569-87-0050

※大御堂寺と野間大坊は、同じ敷地にあります。