本文へスキップ

2016年オリンピック開催地のブラジル、リオ・デ・ジャネイロ発祥の伝統音楽ショーロを歌う片山叔美のウェブサイトです。


ショーロ歌手 Yoshimi Katayama のウェブサイト
           
片山叔美(Yoshimi Katayama)

12歳からピアノレッスンを受け、主にクラッシックを学び、その後J-popに魅せられシンガーソングライターを志す。作曲の要素を求め、有線放送で民族音楽チャンネルを聴いていたが、ボサノバチャンネルに興味を惹かれてしまったことによりブラジル音楽に傾倒、またポルトガル語の発音にも魅せられ、自分の表現方法を歌に切り替える。1999年から、ボサノバ、サンバ、ショーロなどを日本在住サンパウロ出身の女性シンガー、ヴィルマ・デ・オリベイラに師事。ブラジル音楽を模索する中、「ショーロ」という器楽ジャンルに出会い、歌詞がついているものがある、ということを知り、自分がかつて演奏したかった器楽的メロディを歌ではあるが演奏できることに喜びを感じ、以降、ショーロの器楽曲を中心にに歌うようになる。
2004年ブラジルに渡り、Rainha de Chorinho(ハイーニャ・ジ・ショリーニョ、ショーロの女王)という敬称を持つショーロ歌手、Ademilde Fonseca(アデミルジ・フォンセッカ)に師事、生活を共にする。歌詞をかつ舌よく早いスピードで器楽的なメロディを歌いこなす技術がいることから、ブラジルでもアデミルジしか歌うことができないショーロレパートリーを歌う日本人が現れたと話題になり、アデミルジのショーにも出演。また、ブラジルのラジオ局に出演、新聞などでも紹介される。アデミウヂと性格、好み、特技、不得意なものが一致し、靴のサイズまでが同じだったこともあり、さらに親交を深めることになる。
アデミルジと録音を果たし、2008年にその録音を含めた初CDアルバム、「EU CANTO CHOROS」(〜私はショーロを歌う〜)を発売。ショーロ歌唱法の技術を生かし、ハリウッドで1940年代〜1950年代半ばに
活躍したポルトガル生まれでブラジルの歌姫であった女優歌手、カルメン・ミランダのレパートリーを得意ともする。

2011年、2度目のブラジル訪問をし、アデミルジ・フォンセーカと再会を果たす。滞在中、現地ラジオ、ショーなどに出演。

2012年、師匠アデミルジ他界。
唯一のショーロ歌手アデミルジ・フォンセーカの日本人後継者として精進中。

文章型トップページ