野菜の種類はいくつ?
       
 スーパーマーケットやデパートの野菜売り場に行くと、色々な野菜が並んでいます。野菜の種類は一体いくつあるのでしょう ? また、野菜はどのようなグループに分けられるのでしょう ? そんな疑問をお持ちの方はこのページをご覧ください。
 野菜の実用的なグループ分け

 野菜ってなんだ? のページで、野菜の分け方を2つ書きました。ひとつは利用部分による分け方で、次のように果菜類葉菜類根菜類の3つグループに分かれます。
名前 食べる部分              野菜の種類 (野菜名)
果菜類 未熟な果実 キュウリ・ナス・ピーマン・サヤエンドウ・サヤインゲン・ササゲ・オクラ
完熟果実 スイカ・メロン・シロウリ・カボチャ・トマト・トウガラシ・完熟ピーマン・イチゴ
未熟なタネ 実エンドウ・ソラマメ・エダマメ・スイートコーン
完熟したタネ インゲンマメ・アズキ・リョクトウ・完熟ソラマメ・ポップコーン
葉菜類 普通の葉 タイサイ・コマツナ・タカナ・ホウレンソウ・キクナ・ネギ・ワケギ・セルリー
結球した葉 ハクサイ・キャベツ・メキャベツ・レタス
鱗茎(りんけい) タマネギ・ニンニク・ラッキョウ
アスパラガス・ウド・コールラビ・タケノコ
未熟な花芽 ハナヤサイ・ブロッコリー
子実体(しじったい) マツタケ・シイタケ・ヒラタケ・エノキタケ・マッシュルーム
根菜類 ダイコン・カブ・ニンジン・ゴボウ・サツマイモ・ヤマイモ・ジネンジョ
地下茎 ジャガイモ・サトイモ・レンコン・クワイ・チョロギ
地下鱗茎 オニユリ・ヤマユリ
 もう一つの分け方は食品としての分け方です。緑黄色野菜には、ひとつの野菜の食べる部分全体のものもあれば、葉ダイコンのように全体の一部分だけのものもあります。また、葉ネギのように特定の品種群だけのものもあります。
名前  野菜の種類 (野菜名)
淡色野菜 タマネギ・白ネギ・レンコン・ハクサイ・カブ・キャベツ・カリフラワー・ダイコン・エダマメ・セルリー・キュウリ・ナス・レタス・ゴボウ、など
緑黄色野菜 アサツキ・葉ネギ・ワケギ・リーキ・ニラ・グリーンアスパラガス・ホウレンソウ・フダンソウ・オカヒジキ・ツルムラサキ・タイサイ・広島菜・大阪シロナ・キョウナ・ノザワナ・コマツナ・ナバナ・日野菜・カブの葉・タカナ・カラシナ・チンゲンサイ・メキャベツ・ブロッコリー・ダイコンの葉・ウォータークレス・タラの芽・サヤインゲン・サヤエンドウ・ササゲ・オクラ・ニンジン・パセリー・ミツバ・アシタバ・シソ・ヨウサイ・トマト・ピーマン・トウガラシの葉・カボチャ・シュンギク
いも類 ジャガイモ・サツマイモ・サトイモ・ヤマイモ・ジネンジョ

 自然分類による野菜のグループ分け

 上に掲げたような実用上の分け方のほかに、植物分類による分け方があります。実用的分類に対して自然的分類といえましょう。自然的分類は作り方や食べ方や栄養分によって分けるのではなく、植物としての縁の遠い近いで分けるのです。縁の近いものは同じ病気にかかりやすかったりするので、この分け方も知っておくと役に立ちます。

 種類という言葉は正確なものではありません。生物学での分類は、植物でも動物でも、(もん)、(こう)、(もく)、(か)、(ぞく)、(しゅ)と、順に細かく分けます。たとえば、エンドウは被子(ひし)植物門双子葉(そうしよう)植物綱ばら目まめ科えんどう属エンドウ、となります。種までは植物分類学の範囲で、それから先は園芸分野での品種(ひんしゅ)になります。

 野菜名と分類上の種とは重なっていることが多いのですが、一つの種の中にいくつも野菜名を含むこともありますし、ひとつの野菜名がいくつかの種を含むこともありますから、必ずしも一致しません。ですから、種類という言葉は、植物分類での種をいうときもあれば、野菜名を指すときもあり、また品種名をいうときもあります。場合によって色々に変わることになります。

 日本の園芸学会の野菜名リストを基にして、野菜を科ごとに分けて表にしてみましょう。なお、この表の区分で、菌類羊歯(しだ)植物は花がなく胞子(ほうし)で繁殖する植物です。単子葉(たんしよう)植物双子葉(そうしよう)植物は花を着け種子(しゅし・タネ)で繁殖する植物です。単子葉植物はタネが発芽して最初に現われる葉・子葉(しよう) が1枚の植物。双子葉植物は子葉が2枚の植物
です。離弁花(りべんか) とは、花びらが1枚づつ離れているもの(例バラ)、合弁花(ごうべんか) とは、花びらが合体して一つになっている花(例アサガオ)です。
(きん)・・・きのこ
科 名 野 菜 名
 キクラゲ キクラゲ
 マツタケ マッシュルーム・エノキタケ・シイタケ・カブシメジ・センボンシメジ・ナメコ・ヒラタケ・マツタケ
 ベニタケ ハツタケ
マッシュルーム 栽培エノキタケ シイタケ ヒラタケ
羊歯(しだ)植物
科 名 野 菜 名
トクサ  ツクシ(スギナ)
ゼンマイ  ゼンマイ
ウラボシ  ワラビ
ツクシ ゼンマイ ワラビ
単子葉(たんしよう)植物
科 名 野 菜 名
オモダカ クワイ
イネ マダケ・ハチク・モウソウチク(以上3種タケノコ)・ポップコーン・スイートコーン・マコモ
カヤツリグサ オオクログワイ
サトイモ サトイモ・ハスイモ
ユリ リーキ・シャロット・タマネギ・ラッキョウ・ネギ・ワケギ・ニンニク・アサツキ・ニラ・アスパラガス・ヤマユリ・オニユリ・コオニユリ(以上3種ユリ根)
ヤマノイモ ダイショ・ヤマイモ(ナガイモ・ツクネイモなど)・ジネンジョ
ショウガ ミョウガ・ショウガ
ラン シュンラン(ホクロ)
クワイ スィートコーン アスパラガス ユリ根 つくねいも ミョウガ ショウガ
双子葉(そうしよう)植物 離弁花(りべんか)
科 名 野 菜 名
タ デ ヤナギタデ(ホンタデ)・アイタデ・ルバーブ(食用大黄)
アカザ フダンソウ(トウヂシャ)・テーブルビート(火焔菜)・ホウキギ・オカヒジキ・ホウレンソウ・マツナ
ヒ ユ ヒユ
ザクロソウ ツルナ(ハマヂシャ)
スベリヒユ タチスベリヒユ(オオスベリヒユ)
ツルムラサキ ツルムラサキ
スイレン ジュンサイ・ハス(レンコン)
アブラナ ワサビダイコン・タイサイ(シャクシナ)・キョウナ・ヒサゴナ・アブラナ・ハクサイ・カブ(カブラ)・ダイシンサイ・カラシナ・タカナ・タニクタカナ・ケール・カイラン・カリフラワー(ハナヤサイ)・キャベツ・メキャベツ(子持甘藍)・コールラビ(球茎甘藍)・ブロッコリー(緑ハナヤサイ)・ルタバガ(スェーデンカブ)・ハクラン・ワサビ・ダイコン・ハツカダイコン・ウォータークレス
バ ラ イチゴ
マ メ ラッカセイ(ナンキンマメ)・ナタマメ・フジマメ・ダイズ(エダマメ)・ベニバナインゲン(花豆)・ライマビーン・インゲンマメ・エンドウ・ハッショウマメ・ソラマメ・ナンテンハギ・リョクトウ・ササゲ
ミカン サンショウ(木の芽)
アオイ オクラ
アカバナ ヒシ
ウコギ ウド・タラノキ
セ リ アシタバ・セルリー・コエンドロ・ミツバ・ニンジン・ウイキョウ・ハマボウフウ・セリ・パースニップ・パセリー
オカヒジキ ツルムラサキ ジュンサイ メキャベツ コールラビー ナタマメ タラの芽
双子葉(そうしよう)植物 合弁花(ごうべんか)
科 名 野 菜 名
ヒルガオ ヨウサイ(カメナ)・サツマイモ(甘藷)
シ ソ シソ・セージ・チョロギ・タイム
ナ ス トウガラシ・ピーマン・トマト・ナス(ナスビ)・ジャガイモ(馬鈴薯)
ウ リ トウガン・スイカ・シロウリ・マクワウリ・メロン・キュウリ・カボチャ(ニホンカボチャ・クリカボチャ・ペポカボチャの3種)・ユウガオ・ヘチマ・ツルレイシ(ニガウリ・ゴーヤ)・ハヤトウリ
キ ク ゴボウ・シュンギク(キクナ)・ショクヨウギク(料理菊)・エンダイブ・チコリー・ゴボウアザミ(ヤマゴボウ)・アーチチョーク(チョウセンアザミ)・ツワブキ・スイゼンジナ・キクイモ・カキチシャ・タチチシャ・レタス・フキ・キクゴボウ・ショクヨウタンポポ・サルシファイ(バラモンジン)
ヨウサイ 青ジソ チョロギ トウガン ハヤトウリ シュンギク ショクヨウギク

 表の中には、いつも食べている野菜もあれば、聞いたことのない名前の野菜もあったでしょう。この園芸学会の分類によると、日本で栽培されている野菜の種類数は、野菜名としては約150種類です。ハーブと呼ばれる香料植物を野菜に加えると、種類数はもっと多くなります。品種の数は、ひとつの野菜で100品種を超えるものもあり、また毎年多くの新品種が登場するので、とても数えきれません。

 野菜には色々な種類があります。ひとつの野菜にも様々な品種があります。たくさん知って、たくさん食べて、野菜の知識を増やしましょう。
 このページのマッシュルームの画像は感動食品専門スーパー・Oisix社から、その他の画像の一部はタキイ種苗株式会社から、両社のご厚意により提供していただきました。
目次ページへ     トップページ