患者会の役割  

〜患者会は何をするところ〜

どのような所?

@病気を正しく知ろう。
”なんだ、当たり前じゃないか”と声が聞こえそうですが、あなたは、正しく病名を言えますか。どんな薬を飲んで、薬の役割が分かりますか。
全て医師にお任せ〜では、病気に負けてしまいますよ。「自分の体を知り、病気の性質を理解する」ことが大切です。

A病気と闘うために
病気に立ち向かう勇気や一緒に生活していこうという広い心を持っていなければ、病気に負けてしまいます。
同じ病気の仲間が励ましあったり、集会での話し合い・メールなどの文通などがあります。
けっして”自分だけが不幸だ”とか”あの人は症状が軽いから”と思ってはいけません。”あの人のようによくなろう”・”自分も少しでも頑張ろう”という気持ちになることが大切です。

B病気を克服する条件をつくる。
私達は、私達の経験を土台として2度と同じような苦しみを味わう人が出ないよう願って活動しなければなりません。
私達の社会的役割だと思っています。

最後に〜
”会費を納めるだけでも立派な活動”
今、苦しんでいるのですから、なにもできないのが当然です。しかし、上の3つの役割を果たす会でも会費がないと活動できません。皆さんの会費によって会は活動できるのです。
役員の人も同じ患者や家族です。特別に恵まれた人ではありません。その役員の人達を励まし支えるのは、会員の方々から会費が納められることです。
付け加えるなら苦労して出した会報が”読まれていること”たまには手紙がきたり、会報へ載せる原稿が届くことです。
報酬も何ももらわないで活動している役員にとっては、何にも代えられない嬉しいことなのです。

”患者会に入ってメリットがあるのか”
患者会に入っても病気は治りません。お金も出る一方です。むしろ役員にでもなったら、本当にしんどいことです。
でも、この問に対するこの答えはもう1度最初から読み下されば分かります。
その答えを見つけることができたら、あなたはもう1人前の患者です。


本の紹介。
『三十歳にして起きたこと〜生体肝移植の記録』
・シトルリン血症を発症した息子に肝臓提供者となった父と2人を看病した母の手記。〜購入アマゾン↓から
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4835583418/ref=sr_11_1/250-3986622-3127417?ie=UTF8