5月21日に裁判員制度が施行されました。

 「性暴力事件」は、いまだに偏見も多く、そこここで二次被害が起き続けています。


 「より国民の理解しやすい裁判を実現する」「市民感覚を司法の場に取り入れる」というのが裁判員制度を導入する理由ということですが、その「市民感覚」や「常識」で、性暴力犯罪に対する正しい評価ができるのでしょうか?

 これまでの裁判でも被害者達は過酷な体験をしてきました。一般市民が裁判員となり、実際の審理に関わるとなれば、これまで以上に被害者の心理的な負担は大きくなることが予想されます。


 選任手続きにおける被害者プライバシーの問題だけでなく、裁判員制度が導入されることで持ち上がる様々な問題を、出来るだけ多くのかたに知っていただきたく、このサイトを立ち上げました。



ある性犯罪被害者の方からのメッセージ


 

文末のみ引用 全文は 
 こちら


二次被害、そして不特定多数に知られることで起こりうる三次被害により、日常の生活さえ、恐怖におとしいれるようなものであり、

安心感を持って暮らすことなど、全く叶わなくなるに等しいと思っています。


この性犯罪も裁判員制度の対象となることで、

被害者の将来を、未来を、司法が、国家が、完膚なきまで被害者を叩きのめすことになってしまうのではないでしょうか。


性犯罪を裁判員制度の対象から外すか、もしくは安全措置が講じられるまで、選任手続き、公判手続きを延期するべきだと思っています。


わたしのような地獄のような苦しみを受けた被害者を、これ以上もう、出したくないのです。

その方たちのことを考えると、身を切られるような思いです。

 

このサイトについて

> HOME


> これまでの経緯

> 裁判員制度の対象事件

> 最高裁からの回答

> 二次被害

> 対象除外を求める理由

> 関連法令

> 資料



> 管理人プロフィール

> blog


感想、励まし、お問い合わせは

akira-t1☆h3.dion.ne.jp

(☆を@に変えてください)