愛兎メリーは、2007.8.5 お月様へと旅立ちました。

メリーが月へと旅立ち、たしか25日目
あまり私は夢を見ないんだけど、夢にメリーが出てきたんです。
その夢の景色は、ちょうど上にあるような
以前作ってもらったバナーみたいな感じの場所でした。

緑豊かな場所に、メリーがお得意のポーズで寝ころんでいて、
何故かその近くには、私も寝っ転がっていた。
メリーの顔を見たわけでもないし、話をしたわけでもないけど、
のんびりと穏やかに過ごしているように見えた。

それは一瞬で、2.3秒しか覚えていない夢だけど、少し嬉しい夢だった。
メリーが、このバナーのようなきれいな場所で、
楽しく走ったり、のんびり過ごしていると思いたいです。

  
これは最初で最後となってしまったけれど、楽しかったう散歩の写真です
2006.11.26



こんなことってあるんですね。夢ならいいってどんなに思ったか…
メリーが旅立った2007.8.5は、妹夫婦の兎ブラウンの初七日でした
メリポンとブータンは、一度だけ一緒にお散歩をしたことがあります。
その時に約束したのかな。

メリーとブータンは、匂いを確認しあったり話をしたり、
いっぱい走ったりして楽しそうだった。
私は寒くて震えてたけど、メリーがあんなに走るとは意外だったよ。
ホントに楽しそうだったよね。
でもあれから1年後、メリーもブータンもいなくなってしまった。
またお散歩行きたかったのにな…
とても淋しいです。会いたいです。

でもメリーとブータンは、今も一緒に虹の橋でお散歩しているんだろうな
先代のハッピーも一緒にいるね。
仲良く過ごしてね!そしていつかまた帰ってきてね。
私達は必ずまた会えるよ。約束したもんね。

動物と暮らすということは楽しいことばかりじゃありません。
闘病や最期の旅立ちがどんなにつらいことか…
それはきっと、経験したことがないと分からない悲しさです。

でもつらいこと悲しいことばかりじゃない。
それ以上に、その何倍も何倍も楽しくて幸せな時が過ごせます。
たくさんの感謝とありがとうの気持ちをメリーに伝えたいです。
これは今だから言えることなんですけどね(^_^;)
メリーと過ごした日々、全て覚えていたいです。どんなことも。
楽しかったこと、いっぱい笑ったこと、病気のこと、頑張ってくれたこと。
そして最期の日のこと。


メリーは、本当に頑張りやさんで強くてお利口でかわいくて…
とにかくすごい子でした。
そんな大切なメリーがいなくなり途方にくれたけど、
月日がたち、私も少しは前向きに過ごせるようになりました。
これも全部メリーが出会わせてくれたうさ友さんのお陰です。
それから家族、そしてメリーの力だね。
こんな感じで一生親ばかな私なんだと思います。


メリーが亡くなって2日後でした。
車の中で偶然聴いたサザンの曲があります。

夢に向って歩いてゆこうよ
悔やむことなく明日(あす)を生きようよ
これから先は違う道でも
互いのために生まれ変わろうよ

誰にも負けない愛情で あなたを守るために
急な坂道も暗い夜道も
光与えてあげるから

今でも本当は駆け出して あなたを抱きしめたい
甘い残り香 消えぬ面影

涙が頬にキラリ
滲んだ星がキラリ
遥かな影がユラリ



私はこの曲に励まされた気がします。歌の力って大きいな〜。
歌といえば、
メリーの目の闘病中にも力をくれた曲があった。
AIの、Believe
それから、この曲もすごく励まされました。
桑田さんの、明日晴れるかな
通院中にいつも車でメリーと聴いていた思い出の曲です。
機会があったら是非聴いてほしいです。


  

メリー、ありがとう。6年間私と過ごしてくれてホントにありがとう
これからもずっとメリーは、私の大切な宝物だよ。
支えてくれたみなさんにも、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


2007.11.26


最後に、
メリーが一番苦しかった日のことも
こちらに載せました。
全て忘れてはいけないと思い、旅立った数日後に
衝動的に残しておいたものです。
読みにくいひどい文ですが一応…