現在の隊員数
はじめまして
日記2014年
5月
4月 3月 2月 1月
日記2013年
12月 11月 10月 9月
8月 7月 6月 5月
4月 3月 2月 1月
日記2012年
12月 11月 10月 9月
8月 7月 6月 5月
4月 3月 2月 1月
日記2011年
12月 11月 10月 9月
8月 7月 6月 5月
4月 3月 2月 1月
●過去の日記
イラスト
イラスト頂き物
まんが
4コマまんが
おえびログ
SS(小説)
ニコニコ動画
ニコニコ静画
読書
メール
更新履歴



リンク
PC
用語集・辞典
素材集
イラスト・アニメ・ゲーム
フィギュア・ドール
VNI
ミステリー・オカルト
株・FX・金融
美容・健康・コスメ
保険
ビジネス
いろいろ
   

WWW サイト内
携帯壁紙置き場
携帯壁紙置き場QRコード
バーチャルネット
パソコンたんけん隊
悪魔ほむら

  
更新:8月16日 日記(TAICHIのCドライブ容量が少ないです)
更新:8月11日 日記(TAICHIのそのほかスペック)
更新:7月27日 トップ絵更新(悪魔ほむら)
 
日記 2014年 8月
8月16日 TAICHIのCドライブ容量が少ないです
 VirtualBox(仮想環境)でUbuntuやらCentOSをTAICHIに入れたら、Cドライブの容量がほとんど無くなりました。回避策として、仮想のOSイメージがデフォルトCドライブになっているのをDドライブに移しました。

いい感じに使用容量が分散したかな?

いい感じに容量が分散したと思います。問題なくUbuntuとかも起動しました。ちなみにCとDを1つにするか、Cの容量を多く割り当てようと奮闘してみたのですが、うまくできず断念しました。今のままでも特に問題ないからいいかなと思います。


8月11日 TAICHIのそのほかスペック
 TAICHI21の重さを測りました。

TAICHI21の重さ

1272gでした。モバイルとしては普通な軽さと思います。


Windowsエクスペリエンスはこんな感じでした。

(TAICHI21) (VivoBook+SSD交換)
TAICHI21のWindowsエクスペリエンス・インデックス   VivoBook+SSD交換のWindowsエクスペリエンス・インデックス

モバイルとしては、なかなかと思います。CPUは一世代前ですがCore i7 3537Uなので、現行と大差なさそうです。同メーカーの廉価版VivoBookと比べると、グラフィックがそこそこ違うようです。


CrystalMark 2004R3はこんな感じでした。

(TAICHI21) (VivoBook+SSD交換)
TAICHI21のCrystalMark 2004R3   VivoBook+SSD交換のCrystalMark 2004R3

 総合点でVivoBookに勝っていますが、HDDが負けています。TAICHIのSSDは薄さや重さのため特殊なものを使用しているらしく、性能が低めなようです。最近の高性能なSSDならSequential Read/Writeは400MB/s以上ありますが、TAICHIはReadが398MB/s、Writeが282MB/sとイマイチでした。特殊なため別のSSDに交換もできないようです。体感的に大した違いはないものの、少し残念な気もします。


日記 2014年 7月
7月12日 変態ノート
 ASUSのTAICHI21 3537というノートパソコンが中古でお安くなっていたので、入手しました。ウルトラブックを買ったのはこれが初めてです。

TAICHI21 3537

キーボードのバックライトも初めて見ました。なかなかきれいです。中古ですがキズなどまったく無く、これで約7万円でした。新品なら価格.COMによると11〜14万程度しますので、かなりお買い得でした。

TAICHI21 3537 タブレットモード

そして最大の魅力、変態といわれる理由、他に類を見ない両面液晶により、フタを閉じただけでタブレットモードになります。とても便利です。同じメーカーのVivoBookと比べると、画面の視野角が広くてきれいです。ベゼル(液晶周りの枠)が太いのは改良してほしい点です。




薄さ対決…!

左からVivoBook、TAICHI、Dynabook SS RX1です。なんと両面液晶というギミックがあるにもかかわらずTAICHIがいちばん薄いです。DynabookもDVDドライブ内蔵を考慮すれば薄いですね。VivoBookはこうして見るとちょっと分厚いです。


日記 2014年 6月
6月14日 春香人形の重さを量る
 春香人形の重さも量ってみました。

どーん

 座らせると脚が地面についてしまうため、どうにか自立させると。


か…軽い?

 体重832g…ノートパソコンより軽いです。


6月8日 モバイルノートの重さを量る
 SSD化したモバイルノートの重さを量ってみようと思います。質量計をコーナンとかに探しにいってみたのですが、ゴツいのしか置いてなくて、人間用の体重計では0.1kg単位でしか量れないので困ったです。他を探した結果、料理用の量りでいけそうだと思いました。



 信頼と安心のタニタ製です。1g単位で精密に測れます。最大2kgまでとなっており、モバイルノートなら量れます。




 まずはdynabook SS RX1+SSDです。1052gになりました。メーカー公表値は1090g(TA106E DVDドライブ内蔵)なので、SSD化で38gだけ軽くなっているようです。




 次はASUSのVivoBook X202E+SSDです。1393gになりました。メーカー公表値は約1.3kgとのことですが、公表値よりかなり重いですね。調べてみるとITmediaの記事では実測1.41kgとなっているので、メーカー公表値がサバを読んでいるようです。これはひどい何やってるのASUS。ともあれ、SSD化でおそらく17g程度軽くなっていると思われます。

 SSD化すると確かに軽くなりますが、せいぜい20〜40gくらいでした。体感できるほどではないです。


このページのトップ
前の日記