駐車場への道

山行記録に戻る

日向大谷から両神山
040526

 川越から299号線で秩父に向かうが、途中小鹿野町を経由して両神村を目指す。両神村に入ってから両神山(日向大谷)の標識があるのでそちらへ向かう。薄川沿いの道です。後は道なりにこんな狭い道をよくバスが通れるな〜などと思いながら狭い道をどんどん登っていくと、やがて日向大谷の登山口につく。駐車場は三つ有ってよく整備されている。私は第二駐車場に置いた。登山口に近いほうが第一駐車場で、その上にも有るが両神山荘の経営で、500円です。第一〜第三までは無料です。

第二駐車場

 駐車場を出て両神山荘の前を通過して、登山道に入っていく。30〜40分も歩くと沢沿いの道を行くようになる。右に左に渡り返したりしながら2時間も歩くと、清滝小屋のモダンな姿が目に飛び込んでくるのだが、途中 ”清滝小屋まで10分” という看板がある。しかしその10分が白ペンキで修正してあって、20分に更に30分に修正してありました。
この辺までくるとかなり疲労もしてくるので、20〜30分が妥当かな・・・と私は思いました。(実際私もそのぐらいはかかったと思います)

 やっとの思いで清滝小屋に着いたホットする瞬間だ。やれやれ疲れたなあ〜 ベンチに座って たっぷりと休憩しました。

 ここからさらに急な山道をたどり、こ一時間も歩いでしょうか、ようやく両神神社に着きました。

 ここから尾根道を少し下って、両神山を望める場所に出る。素晴らしい!。感動ものだ。

 もう少し登るとこんな鎖場にでました。此処まで来ればしめたものでもう登りきればあっけないぐらいに山頂に着きました。三角点は岩の裏側にありました。

HOME

ズボンまで汗びっしょり

最後の鎖場

 今日は久しぶりの両神山なので、何処から登ろうか考えたが、結局日向大谷口から登る事にした。
、数十年ぶりの両神山なので、興奮してか朝早く目がさめてしまい、おかげで4:30に家を出ることができた。

ルート断面図

ルート図

データー 川越発4:40−P着6:30〜6:35−清滝小屋8:40〜8:50−
      両神神社9:35〜9:45−山頂10:15^10:45−両神神社11:05−
      清滝小屋11:30〜11:45−P1:15〜1:20−川越着3:40
体重   63.5〜62.5kg