ルート断面図

累積標高 710m 

沿面距離 5888m

040102 棒の折山 今年の初歩き

 名栗湖(有馬ダム)の堰堤を渡って突き当たりを右折して、少し行くと左手に棒の折れ山登山口があって、そのすぐそばに駐車出来る。台数は少ないので、満車であれば近くのカーブのあたり、に自己責任で停めるしかない。今日は2台目だったのでらくらく停められたが、道路が凍結気味だったので、ゆっくりとアクセルをあまり踏まないようにして、やっとの思いでここまでたどり着いた。やはり冬季はスタッドレスに履き替えておくべきなのだろう。分かってはいるのだが予算の都合でなかなか、履きかえられない。(こう書くとややこしいが早い話スタッドレスタイヤを持っていないだけである)
 登山口には権次入峠に熊が出たらしいという情報が書いてある、 本当だろうか・・・・?。少し緊張する。

 上部の凍結具合を心配しながら歩き始める。やがて道は沢沿いの道となり、右へ左へとわたり返すようになる。ほんの少しルートファインディングを要求される。しかし連続して滝が現れるので、飽きることなく林道の出会いについた。

林道出会い
かなりの積雪である 軽アイゼンを持って来てよかった〜

この上は権次入峠辺りまでこんな感じで軽アイゼンがよく効いて、気持ちが良かった。

白孔雀の滝
この辺まではまったく積雪が見られなかった。

しかしそれもこの辺までで、これから山頂までほとんど残雪はなかった。

山頂にはこんな東屋があって、眺めは最高である。しかし残念な事に、PCトラブルにより写真が無くなってしまったので、下の3枚は030914のものを使用しました。

HOME
白谷沢からの往復コース

今日のメモ

P発8:35−藤掛の滝9:15−
天狗の滝9:25−白孔雀の滝9:35−林道
出会い10:15ー権次入峠10:35−山頂
10:55〜11:15−P着12:30

ルート図