今日は天気が悪く視界ゼロの為友人のFさんから提供してもらいました。

山頂からの眺め

目前に迫る武甲山

 この山は初めてだと思ったけど、いざ登ってみると、昔登ったことがあるのを思い出した。多分高校時代だと思うな〜・・・・・。

詳しい資料を見る

2004年6月8日(火)曇り
川越発8:15ー芦ヶ久保P着9:30〜9:35−尾根筋10:45−丸山山頂11:30〜11:55−
大野峠12:20〜12:30ー国道出会い1:20−芦ヶ久保P1:40〜1:50−川越着3:10

HOME

天気は良くなかったけど、降られなかったし、ま〜ま〜良い山行だった。

更に20分ほどで、芦ヶ久保の道の駅に着きました。途中花のきれいなお宅が有ったので、パチリ!!

此処から暫く杉の林の中の急な道を下り、やがて沢を渡ります。さらに30分ほど下ると、国道に出ます。

 私も実はここで標識を見過ごしてしまって、オオキジ を打ちながら地図と磁石を眺めてようやくこの標識(芦ヶ久保へ下る)を見つけたのです。落ち着いて大きじを打ったのが正解でした。もし此処できじを打っていなかったなら、・・・と思うと冷や汗が出ます。危なく刈場坂峠へ下るところでした。ヨカッタ、良かった。

下は大野峠の標識と案内板

左は芦ヶ久保へ下る標識

 30分ほどで大野峠に着きましたが、此処から芦ヶ久保に下るときも要注意です。道が分かりにくい。何故かというと、下ってきた道からすぐに車道を横切ったところに標識があるが、大野峠の標識まで行ってしまうと、この標識を見逃しやすいからです。

道の駅芦ヶ久保

 此処までの道で、標識の数字が誤りが多いが惑わされない様、注意が必要です。(2.5kmが25kmと表示されている)

 割と広い尾根道を丸山に向かってひたすら登る。しばらくして車道を横切りまた急なのぼりになるが、分岐を二つほど過ぎて、少し下りになりまた少し登ると丸山である。山頂には宝くじ協会が寄付したと言う展望台がある。今日は展望ゼロなので上がらずに、此処でゆっくりと弁当を食べた。人っ子一人居なくて寂しい限りだ。

 杉林の中の蛇行した道を汗びっしょりになって、歩くこと一時間ようやく尾根に出ました。

 さすが果樹公園村だけあって、途中木苺がこんなにいっぱい、食べ放題だが、おなかを壊さないように・・・・

 果樹後援村から丸山に登るにはいくつかルートが有る様だが私は初めてなので、一番近そうな最も右よりの道を選んで登っていった。途中丸山、県民の森・・・という標識があったので、そこから山道に入ったのです。

 今回は此処を拠点にして、丸山大野峠に行ってみることにした。梅雨時と有って天気はいまいちだが、何とか雨だけは避けられそうな雲行きだったので出かけることにした。
 川越を8:00ちょっと過ぎにゆっくり出て途中で弁当を買い、道の駅に着いたのは、9:30頃であった。車は10数台とまっていたが天気がハッキリしないためか、山支度の人は他に誰もいなくて、一人さびしく登り始めた。途中電車できた・・という人と遭って途中まで話しながら一緒に歩いたが、一杯水を飲みたいので先に言ってほしい・・ということで、先に行くことにしたのでコンクリートの道をまたさびしく登り始めた。

 道の駅芦ヶ久保が出来たので、この方面に出かけるには大変便利になった。今までは双子山へ登るときも、駅の有料駐車場を利用していたが、此処で用が足りる。国道299号線芦ヶ久保駅のすぐ手前である。

040608
道の駅芦ヶ久保から丸山〜大野峠

山頂標識

 帰りはまず大野峠を目指しましたが大野峠への道は、電波塔の横を通るはずなのですが、今日は ガスっていて道が良く見えないので、あまり良く確認できませんでした。