HOME

 データ-
川越発5:00−駐車場着7:40
山頂駅発8:20−あずまや山山頂9:45〜10:45-山頂駅11:50ー駐車場12:15〜12:25−川越着15:30
総行動時間 3:30でした。

 頂上についた時は、まだ登山者が二人ぐらいしか居なかったので、まだ少し早いが平らな場所を探して食事の用意を始めた。今日の献立はヘルシーワカメラーメンです。しかし間もなく20人位の団体ツアー客がやってきて、山頂はごった返した。いまさら店をたたむ訳にもいかず、小さくなってラーメンをすすっていた。そしてその一行が立ち去った頃、山はガスに包まれて展望がほとんどなくなってしまった。人間とは現金な物で、さっきまで行こうと思っていた根子岳も急に行きたくなくなり、速攻で帰りたくなった。
 そんな訳でラーメンを食べ終わるとかたずけも早々に山頂を後にした。当然帰路も浦倉山経由でなく、ケーブル利用のラクチンコースを取りました。

キャビンからの眺め

 登山道はきわめてよく整備されていて、歩きやすく快適です。第一休憩ポイント という少し展望が開ける所があって、そこから少し急なのぼりが有るだけで、割りと緩やかなのぼりが続きました。分厚い木の板でできた道や階段も有りました。左手に見えた急峻な岩場は、鬼岩 でしょうか?。さらに途中 茨木山 への道を左に分けて、間もなくあずまや山の頂上が見えました。頂上直下の登りは急で尾根はやせていますが、鎖やロープがあるので安全です。そして根子岳とそこへ続く稜線が見えました。

 ゴンドラを降りて左方向に歩いていくと、リフト小屋の先にお花畑があって、なんと言う花か解りませんが一面に白い花が咲いていました。とても綺麗です。その先に登山道の標識があって、右に曲がって尾根沿いの熊笹とシラビソの道を行きました。

ラクチン、ラクチン!!!。

 少し脱線してしまいましたが、今回のルートとしてはケーブル山頂駅から、あずまや山山頂を目指し、余裕があったら根子岳まで往復、そして浦倉山経由で下山して、山麓駅の駐車場まで・・・という計画でした。
 パルキャビンは全長3200Mで関東最長だそうです。実乗時間約15分程で、2100Mの山頂駅まで運んでくれました。

・・・という事でその由来もまた極めてロマンチックですね!。

その由来についてネットで調べてみました。

 【吾妻郡嬬恋村の由来は、古くは古代史の英雄、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の時代にさかのぼる。日本武尊が東征の際、橘姫を追慕し坂つまり峠に登って”吾妻はもういない”と思慕し嘆いた(古事記)この古事からこの地を吾妻と称し、恋人への想いにちなんで嬬恋村となったと・・・。】

駐車場の風景

 天気予報では降水確率0%との事で、絶好の山日和と確信して出かけた。目的地は昨年予定して行けなかった四阿山(あずまや山)へです。川越を5:00にスタート 関越自動車道から 上信越自動車道 に乗り 小諸 で下りました。あとはひたすらパルコール嬬恋ホテルの有る嬬恋村を目指してわき目も振らずまっしぐら・・・・。7:40に駐車場に到着しました。ゴンドラ運行が8:00からなのでちょうど良い時間です。かなり広い駐車場で既に20台ぐらいは停まっていましたが余裕でこんな場所に停める事が出来ました。
 しかしそれにしても 嬬恋村 とはなんとロマンチックな村名でしょう。

060903 パルキャビンで四阿山へ

根子岳とその稜線

頂上直下の最後の登り