060430日和田山へ

山行記録へ     HOME    他の日和田山のページへ

今日のデーター  川越6:30ー日和田山登り口駐車場7:07

            駐車場発7:10ー男坂7:17−神社下7:30−北向き地蔵8:40−ユガテ9:15〜9:40ー越上山11:20−顔振り峠
              11:50〜12:20−八徳13:10−高山不動14:10−西吾野駅15:15
            日和田山登り口駐車場16:15−川越17:10    総行動時間は8:07でした。

 ここでしばらく展望を楽しみ、西吾野の駅へ向かいました。高山不動を右に見てまっす
ぐ未知なりに行き、萩の平経由の道を行きました。
萩の平は休憩小屋みたいなのがありましたが、今日は休みのようです。
休日には開店するのかなぁ〜。

神社の正面側が開けていて、かなりの展望が得られました

 少し下っていくとやがて右手に赤い屋根の立派な神社がありました。
長い階段の上に建つ高山不動です。

 ここから八徳までは上り下りはあるものの、こんなに下ってしまって良いのか?・・と思う位下りました。道は林道を歩いたり山道を行ったりで結構解り難い所もあるあるので、注意しながら歩きました。
 またここから高山不動までは、杉や檜の樹林帯の中のジグザグ道で、傾斜もかなり急なので、かなりきつく感じました。約1時間ぐらいで高山不動と関八州見晴台との分岐になる林道に出ました。このころは結構疲れてたし、雲がかなり出てきてたので、展望は望めないなぁ〜 ということを理由にして、見晴台には行かず高山不動に向かう左の道を選びました。(見晴らし台は右へ30分ほどの登りです)

 越上山から30分ほどで顔振り峠に到着、ここからの展望がすばらしかったです。
 それよりもっと素晴らしかったのが、御新香つきの生ビール!!今日は車の運転があるので、本来はいけないのですが、まだまだこれから3〜4時間は汗をかかなければならないし  ま いいっか  と自分で許可・・・
 600円だったけど、とてもとてもお金には返られません。

途中に若干展望が開けるところがありますがたいしたことはないです。

 今回もいつもと同じように一の鳥居から左に曲がり、水場のところを右に行く男坂を登りました。
左に斜上すると見晴らしの丘、斜め下に回りこむように進むと、岩登りのゲレンデがあります。
 最近の日和田山周辺は、登山道が修復されていて登りやすくなった・・と言いたい所ですが、実際はその逆で、新しい道が出来たために道が複雑になり、とても登り難くなりました。何回となく登った私でさえも間違えるくらいですから・・・。
 今日も途中で間違えて戻りました。登山道は変に改造していただかないほうが、登山者にとっては有難いですね!。

 2003年の11月4日(火)にほぼ同じルートを歩いた記録があるが、実際の時間がどの程度だったかよく解らない。
 そのときの写真を見ると高山不動から不動三滝経由で西吾野に下ったようだがまったく定かではない。
 矢張り億劫がらずにページとして残しておくのがベターかな〜とつくずくおもいました。

070604 日和田山〜高山不動へ

 5月連休にウィルス性の風邪を引いてしまい、そのせいで一気に4kgほど体重が減りました。
そのおかげを持ちまして(?) 長年の懸案であった体重60kgへの、ダイエット目標がめでたく達成されました。
 目標達成は良かったのですが、その後スタミナの不安が残り現在に至っています。その不安を払拭する為・・・という訳でもないのですが、今回はいつもの足慣らしのコースを少し長めに歩いてみました。

いつものところに車を止めて、日和田山ー物見山ー北向き地蔵からユガテを経由して、エビガ坂から顔振峠を目指し途中越上山を往復して、八徳から高山不動にお参りして、関八州見晴台を終点にする予定で出かけました。見晴らし台から西吾野駅に下り、西武線で高麗駅まで行って駐車場に戻ります。沿面距離で約18〜20kmぐらいでしょうか?。

川越を出たのが6:30駐車場着が7:07だったので、7:10には歩き始めました。このコースは疲れたり嫌になったらいつでもどこでもリタイヤすることができるので、大変気が楽です。

地図が3枚になってしまって少しわかりずらいです。

ユガテから30分ほどで越上山の分岐に到着、ここから10分ほどで山頂ですが樹木のためほとんど展望はありません。

 山頂手前に大きな岩があって、その左右が切れ落ちて崖になっているので、少しだけですが緊張して通過しました。