041109 秩父御嶽山は信仰の霊山
紅葉の盛りでした

 数日前大滝温泉に行ったという友人から、紅葉が見ごろだから、御嶽山に行ってみたら・・・というメールをもらった。今日は天気もよさそうだし、仕事も休みなので、出かけることにした。川越からは299号線を秩父市内まで行き、上野町の信号を左折して140号線を、ただひたすら走るだけなので、比較的らくなコースです。(混雑さえなければ)ですが・・・・。川越発6:50−大滝温泉着9:10

 どこに車を止めようか、迷いましたが普寛神社迄車で行って見た、らすぐ近くなので、ここ(大滝温泉)に停めることにしました。正確には道路側の物産品を売ってるほうです。掃除をしてるおばさんがいたので、一応駐車の可否を確認してから、出発しました。快い返事でした。

 国道140号線を大滝村役場方面に歩いて間も無く右側にこんな神社がありました。

 普寛神社というそうです。ここを右に入って神社の前の道を行きましたが、ここでコースを間違えました。といってもこの時点ではまったくそう思っていなくて、山頂についてから気が着いたのです。

 (この事については後で記します)

 普寛神社から暫く(20分ぐらい)アスファルトの道を歩いて後、御嶽山登山口の標識があったので、そこを右に入りました。
 それから何回か林道と出会いましたが、そのうち何回目かの林道出会いの場所で、伐採の為登山道が通行止めの表示がありました。

 そこには林道を500mほど左へ行った所にあるジグザグの道を登るように書かれていたので、林道を左方向に歩いて、指示どうりにあった登山道らしき道を行きました。

 左の写真がその道で、杉の枯れ落ち葉で覆われて判りにくいがかなり丁寧につくれられた木の階段で、ジグザグで急な道でした。しかし階段のピッチが細かく作られているので、歩きやすかったです。

 歩き始めて、こ一時間ほどで、尾根筋に出ました。山道・・と書いてある方角が今まで登ってきた道です。

これから尾根筋の登りです。少し登ったところで木々の間から、御嶽山が見えました。

 更に何箇所かのピークを越えた辺りで、鎖場に出ましたが、特に怖い鎖場ではありません。

 ここから20分ほどで、両神、古池への分岐に着きました。左に行くと間もなく山頂です。

 山頂の取り付きには、左のような祠があり、更に山頂には右のような普寛神社奥社があります。その左には方位案内板がありました。

 そしてその左にはかなりはっきりとした登山道が、下りています。先客者が居たのでこの登山道について聞くと、落合へ下る道・・とのこと。
 それでは今まで私が登ってきた道は?・・・なんだったのか・・ガイドブックを読み直してみるとたしかにそうでした。
 強石からの登山道に途中から合流して、登ってきたようです。

山頂は狭いけど、両神山がよく見えました。食事をして休憩した後下山しました。もちろん落合への正規の道を行きました。

 山頂から少し下ったところの鞍部にある標識には、落合と書いてありました。

 そこから一時間ほどで、落合からの正規の上り口に出ました。来るときにここを見逃してまっすぐ行ってしまったようです。メデタシ、めでたし・・・。これにて一件落着!!。そこは普寛神社のすぐ近くでした。こんど来るときはここを左折します。

山行時間のまとめ
川越発6:50−大滝温泉(駐車場)着9:10

@駐車場発9:30−A尾根筋10:35−鎖場11:25ーB山頂11:45−C鞍部(落合への案内)12:20ーD登山道入り口13:25−@駐車場13:35

総行動時間 4:05分

大滝温泉発1:50−川越着4:10

HOME

山行く記録へ

 今回は登山道入り口を間違えた為に、周回コースで登ることが出来て結果的には良かったですが、基本的に道を間違えるという事は、あってはならないことで、大いに反省しました。

ルート断面図 登り

ルート断面図 下り