御前山へ片栗の大群落を訪ねて

040430 月夜見第二パーキングより御前山へ、(帰路を間違えた)

川越発6:00 月夜見第二P着8:20
朝早く目が覚めてしまったので、予定より30分早く出発した。国道16号線を八王子方面に向かい、扇町屋の信号を右折、ほぼ道沿いに行くとやがて青梅の市民会館前の信号に出る、ここから国道441号(青梅街道)である。これも道なりに進むが、幾つかのトンネルを過ぎて奥多摩湖に出る。更に幾つかのトンネルを通過して、峰谷橋を渡りしばらくして深山橋が大きく左手に見える、左折して橋を渡り右手にドライブインを見るとまもなく、奥多摩周遊道路の入り口が左手にあるので、ここを左折、まもなくゲートに着く。4月の初めまで通行止めになっていたようで、最近片側通行ながら開通したそうです。開門は8:00ですが、今日は30分早く出た分7:30に着いてしまったので、ここで軽い朝食をして開門を待った。ゲート前には4台の車、私の車は5台目であった。ゲートをくぐり、左手に満開の八重桜を見ながら、第二パーキングに到着した。

駐車上の裏側が登山道になっている。最初はかなりの下りとなる、御前山が大きく見える。下りながら幾つかの小ピークが有るが、越えても越えなくても大差は無い楽そうな道を、選んでいくのが賢明か?。しばらくすると小河内峠に着く、ダムが垣間見レて良い景色だ。このころから徐々に登りがきつくなって、気合を入れて登る。しばらく登った後また少し下りになりまた急なのぼりになり、やがて惣岳山につく、何時のころからか片栗の群生が見られるようになるが、少し時期が遅かったようで、花はごくまばらにしか付いていない。今年は開花時期が早かったので、1〜2週間早かったら良かっただろうけど仕方が無い、それでも上部に行けばいくほど花が多くなってきた。その内展望の良いところに出て、富士山が大きく見えた。やがて山頂、山頂は木々に囲まれて展望が悪い。少し早いけどコンビニで買った弁当をここで食べる。

P発8:25―小河内峠8:55〜9:00―惣岳山9:55―山頂10:20〜10:45−惣岳山10:55―ここから下山道を間違えた・小河内ダム12:20−タクシーでP迄(6020円)―P着13:05―川越着15:25

この後下山に掛かるが、途中大きな失敗をした。道を間違えて惣岳山の三叉路を小河内ダム方面へ下ってしまったのです。1時間ほど下ってしまってから気が付いたがこれから登り返すのも癪だし、財布の中身と相談したら、13000円程有るので、ダムサイトからタクシーで行けばいいや!!と思い、そのまま下った。ダムサイトの 水と緑のふれあい館 の案内嬢にタクシーコールの番号を聞いて、タクシーで愛車の待つ第二月夜見パークに戻った。(タクシーはTEL後10分ほどで到着)料金がいくらかいささか心配であったが、手持ち金で足りたので、内心ほっとした。後で考えれば、4〜5人のパーティーであれば このようなコースも組めないことは無いな〜むしろ変化があって良いかもしれない と思った。
それからいくら山登りであっても、(と言うよりもむしろ山登りだからこそ、)何が有るかわからないので、弁当代だけで無く1〜2万のお金は持っていくものだな〜とつくずく感じた一日でした。あ〜良かった。

詳しい資料を見る

HOME