「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」を観た。
去年の「ヤキニクロード」もそうだったのだが、水島努監督になってからの劇場版は
はっきりいってダメ映画である。

…だからといってつまらない物だったのかと言えばそんなことではない。
凄く面白かった。

世の中には「退屈な良作」ってものもあるが、本作は「面白いダ作」だったのだろう。
文句やツッコミ所も山程あるが、とにかく元気がよく、感情移入どころがいっぱいだ。
正直納得いってはいないが、良かったものは仕方がない。
たぶんもう1回観に行ってきます。

 

 

感想を絵で描けば下記の通りです。ネタバレ…って言う程ではないですが、
未見の方は控えられたほうが無難でしょう。。

                              じゃそういうことで。

もどる       トップへ