2006年7月15日(土)〜23日(日) 
   グループ展開催いたします!
  では参加メンバーを紹介しよう!


ベテランの技術!迫力!!
開田裕治 巨匠である!怪獣、ロボット描きの第一人者として知らぬ者はいないであろう!

美麗!匠の技!!
前田ひろゆき ススム・マツシタ・エンタープライズ所属。「ファミ通」表紙イラストを知らぬ者はいないであろう!

力強い!かもしれない!!
工藤稜 ワタシである。このHPを眺めている人なら御存じかもしれません(弱気)。




      この三人を結び付ける合言葉は「特撮いいよね!」なのだ!
            御用とお急ぎでない方は…いや!ある方も是非御来場下さい

  
開田裕治 作   「巨大ロボの進撃」           「殺戮者の襲撃」
前田ひろゆき 作 「アネッキー」        「コズーズ」
工藤稜 作 「空虚街挿絵」    「風雲児たち14巻 大塩平八郎」
        会 期
2006年7月15日(土)〜7月23日(日)
   AM11:00〜PM6:00
        会 場
青山GoFa 東京都渋谷区神宮前5-52-2 
  青山オーバルビル2F 左ウイング

        入場無料
自動車イラストの描き手の多くが車好きなイラストレーターであるように、キャラクターイラストやファンタジーイラストの世界も、アニメや特撮ヒーローによって育てられたイラストレーター達の手によって支えられています。
 そしてこれらのイラストレーションは、ブックカバーや商品のパッケージイラストなどを発表の場として、単なるマニア向けグラフィックの域を超え、幻想絵画の一端をになう広範な表現の裾野を広げようとしています。
 今回グループ展を開催する三人も、子どもの頃からアニメや特撮などのキャラクター作品にどっぷり浸って成長してきた中心世代の描き手です。
 それぞれ自分の得意とするポジションをしっかりと踏まえながら、更に表現の世界を広げて行こうとしている三人が、各々固有の「角度」でどの様なイラスト世界を展開しているか、是非会場でお確かめ下さい。
トップにもどる