オススメの曲 -2008.5.28 up-

CHAGE and ASKA

焦燥

1987年発売「RHAPSODY」に収録されている楽曲。
片方のスピーカーからASKAの歌声が
もう片方のスピーカーからCHAGEの歌声が
はじまりからそれぞれわかれて
聞こえてくる面白い歌でもあります。



迷宮のReplicant

1988年発売「ENERGY」に収録されている楽曲。
なんか幻想的な感じのする曲で
このころのASKA曲は個人的に
神がかり的な印象も受けます。
(ちなみに「ENERGY」はかなり
オススメのアルバムです)



Wasting Time

CHAGE曲。一般的にASKAが歌ってるのしか
イメージがないと思いますがCHAGE曲も
結構あります。この曲はロック調で
結構カッコイイ楽曲です。

ちなみにCHAGEメインボーカルでASKAハモリの曲ですが
結構その組み合わせのほうがよかったりもします。



Trip

この曲は「WALK」というシングルの1つ前に発売されたシングルです。
ライブも含めるといろいろなアレンジの「Trip」があるんですが
「THE LIVE」というライブのときのアレンジが一番好きです。
実際にCDで始まる部分の前に約3分くらい
曲だけの部分が追加されていてその最中に
ASKAがロック調にギターソロを披露していました。
ASKAのギターの腕はそうとうなものだと噂には聞いていたけど
まさかロック系のギターソロも出来るとは思ってなかったんで
かなり驚いたのを思い出します。

僕の中でこの「Trip」とLUNA SEAの
「LOVELESS」は外せない曲です。



世界にMerry X'mas

日本語でのチャゲアス唯一のクリスマスソングです。
ライブ映像は僕の知る限り全然なかったんですが
やっと alive in live で見ることが出来ました。



僕はこの瞳で嘘をつく(Jazz Version)

去年の12月に観に行ったライブでも演奏されていたけど
YAH YAH YAH がゴスペルっぽくなっていたのには
かなり衝撃を受けました。