「世界怪魚釣行記」TOP BLOG アフリカ釣り旅編
アフリカ釣行Part1〜2
Africa 2007〜2008 PhotoGallery

巨神兵 byオカッパリキャスティング

2007年5月145cm・49kg。
「トローリングって、釣りじゃないよね…」と小声で言ってみる…。

「タックル」
ロッド「アマゾンフリップバリスタ(エバーグリーン)」
リール「コンクエスト201(シマノ)」
ライン「JIGGER8HG 60lb(サンライン)」
リーダー「システムリーダーFC100 70lb(サンライン)」
ルアー「CD14MAG(ラパラ)」
フック「トレブル14(がまかつ)」

左写真、初めてのナイルパーチは「完全に個人開拓、おかっぱり」。
小さいけれどこの怪魚とのはじめての出会いが、たった一人の時で良かった…。釣り旅、バンザイ!
78cm。ヒットルアー「6インチグラブ(ゲーリーヤマモト)」

右写真、そして、怪魚釣行記外道史に新たなる1ページが加わった…汗。岸辺に寝そべるナイルオオトカゲ…。

日本から直行便で約12時間、ついに憧れのギザの三大ピラミッド(エジプト)の前に立った。
かつて、陸海路ユーラシア横断の旅、最終目的地をピラミッドに定めていたのだが、
一気に飛んできたので思ったより感動は無い。ただ、その大きさにちょっと圧倒される。

右写真、一番小さな第三ピラミッドに登り、第二ピラミッドを臨む。髪型もちょっとピラミッドを意識してセットした(笑)。
※注意 1983年、観光客が転落死してからピラミッド登頂は厳禁です!
しかし、管理人はポリスマンに賄賂(15ドル)を払っているので大丈夫です(笑)。

左写真、第二ピラミッド。その無駄に思えるスケールの大きさ、圧巻!
右写真、遺跡内部の壁に描かれたチンコのスケールもまた圧巻ですね(笑)。


1匹釣れると、周囲に潜むナイルパーチが次々と火がついた。メーターオーバー連発。
左写真、ヒットルアー「JOLT−SW」。右写真、ヒットルアー「Sフラット」。


牙獣「タイガーフィッシュ」!


日没後は酒を飲みながら、ブッコミ釣りでアタリを待つ。不眠不休の日々。
暗黒大鯰「アフリカンキャットフィッシュ」。

左写真「ブンドゥ」。右写真、可愛い珍魚「淡水フグ」。

2008年、アフリカ大陸縦断珍魚旅。ファイヤーバードシクリッド(マラウイ湖)。


著書「世界怪魚釣行記(扶桑社)」にて公開!
定価:1,575円(税込み)
  発売日:2009年4月11日  オールカラー/368ページ

書店に無い時はネット通販
楽天ブックス
Amazon.co.jp
セブンアンドワイ
ジュンク堂書店
TSUTAYA
紀伊國屋書店
などで販売中。