よく噛むことは、味覚の発達を促し、脳の細胞の働きに大きな影響を与え、また、肥満も防いでくれるのです。まだまだあります。胃腸の働きの促進やストレス解消、顔の表情も豊かになったり、などなど・・・ですから、老化防止となるわけです。美味しい食事を良く噛んで食べるには、自分自身で行う毎日のケアと歯科医師によるケアで、健康で楽しい生活を過ごしましょう。




虫歯菌(ミュータス菌など)が酸を作り出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かし始めることが、虫歯の始まりです。
虫歯になってしまったら、自然に治るということは出来ません。
虫歯がそれほど、大きくならないうちに歯科医院に行くことを勧めます。
小さい虫歯
C1・C2
虫歯になったところを削り詰め物をします。時間はあまりかかりません。
大きい虫歯
C2
虫歯になったところを、ある程度削らなければなりません。詰め物や冠・差し歯などの被せる物をします。時間や日数はかかります。
神経まで行ってしまった虫歯 C3〜C4 神経の治療後に被せる物をします。治療が長期化することもあります。





歯周病とは歯肉炎と歯周炎とがあります。以前は歯槽膿漏と呼ばれておりました。炎症が歯肉の範囲まであるのが歯肉炎歯根膜や歯槽骨まで溶けてしまうのが歯肉炎です。
歯肉炎 歯周炎
1・歯肉が赤い
2・腫れる
3・鈍い痛み
4・出血(歯磨き)
5・口臭
1・冷水がしみる
2・歯根が見える
3・歯が動く
4・歯並びの変化
5・噛むと痛い

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。歯周病を予防・改善していく為には、口腔清掃はもちろんですが、いち早く、歯科医院へ行くことをお勧めします。

尚、当医院は衛生士が3名で、ブラッシング指導に力を注いでおります。



歯と歯ぐきを守るには

 定期的に歯科検診をうけましょう。
    お誕生日など記念日に検診を受けるとか・・・
 毎日の健康管理を気をつけましょう。
 バランスのとれた食事を心がけましょう。
 正しいブラッシングでよく磨きましょう。

 そして、よく噛んで食べましょう!





北大歯学部での知識と経験を生かし、患者様の生活を豊かにします。
 悪性腫瘍(癌)
 良性腫瘍
 外傷(骨折・打撲他)
 軟組織疾患
 顎関節症





心臓病・高血圧症・肝臓病・腎臓病・糖尿病・血液疾患・アレルギー症など,今までに治療を受けられた方、もしくは治療中の方、薬に対してのアレルギー過敏の方・妊娠中・妊娠の可能性のある方など、必ず治療前にお申し出下さい。

月初めには、保険証のご提示お願いします



保険外診療など、
何でも、ご相談して下さい。

スタッフ紹介へのページ
矯正へのページ
デンタル・カフェへのページ Dental Cafe デンタル・カフェへのページ


医院案内へのページ


トップへのページ


メールへのページ
メールはこちらまで