ご健闘、心からおめでとうございます。ハレルヤ!

二級ボイラー技士免許試験、数度の挑戦で合格を掴んだ奮闘記です

 

7/30

ボイラーの参考書代は7冊以上、1万円近く使いました。ボイラー協会の勉強会にも参加し、 計3万円以上つぎ込んでおります。

 

9/11

来週、3度目の受験をします。

昨日、「H17/4月公表問題」をしたら 合計12/40点でした。(汗) あわてて「実戦問題160」をやり始めております。

 

9/15

本日、ボイラー試験受けて参りました。

結果は「惨敗」です。(悲しい) 驚くことに内容がかなりひねっており、難易度が高い感じがしました。あまりにも類似問題が少なく、40問の内「できるところから回答」、しかし、できない白紙の部分が半分以上を占めました。 

 

9/16

本試験は、テキストなどに出てくる「太い重要文字」ではなくて、普通の文字の方が出題されています。 また、設問が「法律的に間違っているもの」とあり、間違っている部分が2つ出てきて、「あれぇーどっちも間違っているけど、法的には、どっち?」というのが今回のパターンです。

「2ヶ月間びっしり」と「参考書をよく読んで」「毎日2−3時間以上勉強」するなら、 ギリギリ60−75%台の合格ラインと思いますが・・

今回は 数字の暗記よりも、「読解力」と「応用力」が必要になったのを痛感しております。まず思ったのは、テキストの読み直しです。

簡単な数字の間違いを見つける程度の設問は、皆無に等しいと言うことです。(  )の穴埋め問題も少なかった。 

 

9/22

落ちました。  受験者126人 合格者 44人 、合格率35%程度です。

私は 試験当日の朝10:00に会場に入り、「受験者控え室」で 13:30の試験開始までギリギリ勉強をしていたのです。 その部屋での勉強は、貴方様から購入した

1.実戦問題160・・・・・・・やった  =正解率 70%台

2.重要問題240・・・・・・・やっていない(第1章だけやった)

3.H174月公表問題・・ ・やった  =正解率70%台

4.H17/8/8の最新情報・・・・何度も読み直した

そのままの勢いで試験に挑んでもこの結果です。明らかに「難しくなっている」と思います。

 

9/24

ハガキ来ました。 

構 造:5、 取り扱い:6、 燃 焼:5、 法 令:3、 合 計:19/40 

 

10/05

本日、ボイラー試験受けてまいりました。 (第4回目の受験)

いろいろメールでのご指導ありがとうございます

まずは、成果報告ですが・・微妙です。

試験レベルとしては、前回よりは多少やさしく、合格率は40%台かと思います。

それで、自己採点では、正解していると思う数

構 造:3〜4(これがヤバイ)、 取り扱い:5、 燃 焼:5、 法 令:7

合 計  20/40です。

あと、微妙な問題が10問あり、うまくいけば合格か、構造で赤点の可能性もありです。(涙)

やはり、「同じものを繰り返し行う」ですね。 貴方様からの資料・問題集をすべて完璧から90%の正解率で解答できれば、今回は間違いなく合格できたと思います。

結果は来週お伝えいたします。

 

10/13

ボイラー受かりました! HP上では合格です。

 

10/14

ハガキ来ました。そのままの足で免許を取りに行きました。

このままの勢いで1級を受けようかとも思っております。

ご協力改めて感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/13】の返信

嬉しいお便り、有難うございます。(^o^)

心より「おめでとうございました」といいたいです。

10/5 試験直後は、非常に微妙とご心配なさっていましたが、私は試験内容を、あれだけ冷静に分析しておられますので、合格間違いなしと思っていました。

よかったですね。努力のたまものです。ホットなさっておられるお顔が目に浮かぶようです。

 私は、うれしい反面、寂しくなります。あなたからの状況報告メールがもうもらえなくなりますから。

 また、いいニュースがあれば教えて下さい。

 

10/14】の返信

ご連絡有難うございます。 合格は努力の賜です。 

少しでも、お役に立てたのであれば、これほどの喜びはありません。 こちらこそ感謝します。

 >このままの勢いで1級を受けようかとも思っております。

是非、やってください。

先ほど、あなたと同じ今回合格した方へも、同様のメールを入れたところです。

 

ご参考まで)

一級ボイラーは、二級ボイラーより、少し範囲が広くなることと、計算問題が出題されます。しかし、大半の部分は二級ボイラーと同じ範囲、同じレベルと思います。

従って、あまり間を開けずに続いて準備、受験をお勧めします。

間隔を開けると折角覚えたことを忘れますし、熱意も下がると思われます。

是非、直ぐ受験してください。