「過去の質問&サポート」は、下記にあります。
1.勉強方法等について ここをクリック!
2.一級ボイラー技士問題についてここをクリック!
3.二級ボイラー技士問題についてここをクリック!

ボイラー試験受験サポート



教えて!質問があります

商品購入者に対して、勉強中に生じた疑問点をメールによりサポートしていますが、その一部をご紹介します。

【質 問】06/08/05

「実戦問題160」【第4編 ボイラーに関する法令】からの質問です。
ボイラー取り扱い作業主任者の計算方法がわかりません。

問22 下記のボイラー4基をまとめて取り扱う場合、ボイラー取扱作業主任者に選任することができる者の説明として、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。(H13.10公表)

・炉筒煙管ボイラー (伝熱面積18u)  1基
・貫流ボイラー    (伝熱面積60u)  1基
・立て温水ボイラー (伝熱面積10u)  2基

(1)二級ボイラー技士でよい。
(2)ボイラー取扱技能講習修了者でよい。
(3)特級又は一級ボイラー技士のいずれかに限る。
(4)特級ボイラー技士に限る。
(5)「特別教育」を受けた者でよい。

【サポート】

どの法律の何条からの問題で、そこにはどのように規定されていますか。
何処まで分かり、どこからが分からないのですか。

ボイラー安全規則の第24条(ボイラー取扱作業主任者の選任)参照

1.取り扱うボイラーの伝熱面積の合計を算出する。
  伝熱面積の合計の算出方法は、第24条第2項に規定されている。

 1)炉筒煙管ボイラー(伝熱面積18u) 1基・・・・・18u

 2)貫流ボイラー (伝熱面積60u)   1基・・・・・ 6u
   ∵第24条第2項第1号 60u×1/10=6

 3)立て温水ボイラー(伝熱面積10u) 2基・・・・・ 0u
   ∵第24条第2項第3号→令第6条第16号のハに該当(14u以下の温水ボイラー)

∴取り扱うボイラーの伝熱面積の合計: 18u+6u+0u= 24u


2.ボイラー取り扱い作業主任者の選任

【解答】
伝熱面積の合計が24uですので、「(1)二級ボイラー技士でよい」 が正解となります。

 第24条第1項第3号 取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が25u未満の場合は、特級ボイラー技士、一級ボイラー技士又は二級ボイラー技士の免許をうけた者(以下「二級ボイラー技士」)となります。


「今までの質問&サポート」は、