【HPトップへ戻る】【一級ボイラー「合格パック」へ】

一級ボイラー試験合格体験記

2015年02月27日 一級ボイラー技士合格しました!

2月20日に受験、本日、「安全衛生技術試験協会」のHPで合格を確認しました。有難うございました。yohiyu

1.「一級ボイラー重要集」について

大変役に立ちました。私は、過去問を何回も繰り返し解き、間違えたところ等を「一級ボイラー重要集」でチエックするという勉強方法でした。
その重要集のチエックしたところを再度見直すと、「自分オリジナルの重要集」ができたと思います。

2.新傾向の問題について

過去問6〜7割、新傾向問題、もしくは過去問でみたことのないような問題が3〜4割ぐらいでしょうか。

3.計算問題について

@ボイラー効率の近似値と、
A一級ボイラー技士をボイラー取扱作業主任者として選任できないものを問う、
計2題だったと思います。

4.今後の受験者の皆様へ

上記のように、過去問6〜7割、新傾向問題、もしくは過去問でみたことのないような問題が3〜4割ぐらいだったのですが、
@過去問もしくはみたことがある問題は、確実にとること、あと
A計算問題は、ワンパターン化しているので、公式等さえ覚えれば確実にとれます。

なお、近々持ち込み可能な電卓の制限が厳しくなるそうなので、注意が必要だと思います。


2014年12月25日 二級ボイラー、一級ボイラーと連続してお世話になりました

ご連絡が遅くなりましたが、11月16日の静岡地区試験で無事合格しました。
8月から受験勉強をスタートしましたが、合格パックのおかげで、効率良く勉強出来ました。


1.勉強方法としては、

過去問を解きながら、テキスト(一級ボイラー技士教本、わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則)にアンダーラインを引いて、理解しながら覚えました。

過去問を解きながら、「教本」にアンダーラインを引いていくと重要なところが見えてきますので、その前後の文章も読み込んで、理解することが大事です。

「新・精選問題200」は、3回繰り返しました。
「精選問題193」は、1回目を通した程度です。
二級受験の経験から、「最新公表問題」から10回分程度の過去問で充分だと判断しました。

2.実試験について

難易度としては、易しく感じました。
計算問題は、3問(換算蒸発量、ブロー量、法令で伝熱面積の合計)出ました。

3.私からのアドバイス

引っかかりやすいキーワードは、上・下、小さい・大きい、少ない・多い、弱い・強い、減少・増加、狭い・広い、入口・出口、圧力の数値などです。
◎上記の言葉が入っている問題文は、要注意です。

「計算問題」と「法令」で点数を稼ぐことが重要です。(決まった問題が出る)

おかげさまで、二級ボイラーは「合格セット」、一級ボイラーは「合格パック」で、両方とも一発合格出来ました。

一級免状取得まで、あと実務経験1年です。
本当に、ありがとうございました。
(2014/12/23 masa)


2014年12月01日 最初から最後まで、「合格パック」一本で受験-4/4

文章題より出題範囲が狭いので、その中からしか出ませんから絶対に解いた方が良いです。これを捨てたら損です。本当に。

自分の知人に、「計算は苦手だから出たら捨てる」、と言っていた人がいます。

「計算問題」との因果関係はありませんが、その知人は、2年前から何度か受験していますが、今だになかなか合格にほど遠い道を歩んでいます。

1問でも得点できる問題は押さえておくに越したことはないと思います。


4)ボイラーに無縁でも一級ボイラー試験に充分合格できる

蛇足ですが、自分は工学部でしたが建築学科の出身なので機械工学や熱とか蒸気なんてのは全く縁がありませんでした。 

私ですら合格できたので、機械とか熱とか蒸気とかに無縁の方でも勉強して充分合格できると思います。 

個人的な感覚ですが、ボイラーの試験は勉強していて他の国家試験より現実に近く面白い感じを受けました。

他の試験にありがちな、教科書はあくまで教科書、教科書と現場がなんか違う、と言うようなことも少なく、現場で確認できたりするものがほとんどでした。


5)一級ボイラー「合格パック」一本、を貫いた

自分の受験方法が、今後受験される方に参考になるのかどうかわかりませんが、自分は最初から最後まで、一級ボイラー「合格パック」一本、を貫いてみました。

他の本を見たり、協会の最近の公表問題が気になったり・・・、いろいろな方々のHPでのボイラー試験の指南に目移りしそうになったり・・・、と、情報社会ですから誘惑は多いのですが。。。。。でも、とにかく「精選問題」のみで、のスタイルを貫きました。

そう言った意味でも、今後受験される方々には、それぞれの皆様の勉強のスタイルを早めに確立される事が良いのでは、と思います。自分を信じて決めたことをやる。これだけなのかな。と感じました。

今後受験される皆様には、少しでも早く「合格通知書」のハガキが届くことをお祈りいたします。
(岩手 sone)


2014年12月01日 最初から最後まで、「合格パック」一本で受験-3/4

2)受験への取り組み

「精選問題」の解き方のところにあるように、「最初にまず問題を解いてみる」、をやってみましたが、結果は散々でした。

各教科とも50問中20問とかしか正解できませんでした。

それでも、一回目は間違えた問題と、全くわからない問題とを解説と「重要集」を見ながら、何となく覚えたフリをします。

2回目、50問中25問でした。やっとです。「アレ?覚えたはずの部分が・・・歳なのか・・・」

でも、何度も繰り返すうちに正解率が上がっていきます。

不思議なことに、最初正解していたはずの問題を間違え始めます。「また、これも歳なのか・・・」 やはり、何度も繰り返すしかありません。

時間と手間を惜しまず、とにかくひたすら繰り返します。

数回繰り返して完璧になる優秀な方もいらっしゃるでしょうけど、自分は何度も繰り返さないとダメなタイプなので、とにかく「精選問題」を繰り返しました。他の問題集は全く使いませんでした。


3)「計算問題」について

「計算問題」ですが、自分の試験時は2問出題されました。

真偽はわかりませんが、噂では0問の時もあるようですし、4問の時もあるようです。

パターン化しているようなので、出た場合は完璧に得点できるよう「合格パック」の「計算問題」を訓練した方が良いです。

出題された場合は確実に得点できます。計算が苦手だから1問くらい捨てても、というのはもったいないので絶対やめた方が良いと思います。

しつこいようですが、 パターン化しているので、式を覚えて数字を当てはめるだけなので、出題されれば絶対得点できる点取り問題 です。


2014年12月01日 最初から最後まで、「合格パック」一本で受験-2/4

この教科書からしか出題されません、とは言うものの、字は小さいし意外と内容が濃すぎるし、で、

それに比べたら、「重要集」の方がほどよくまとめられているので、時間を節約するとか確認として、もう一度読んでみる、といった使い方としては充分な感じでした。

試験が近づくと焦ってきて、いろんなボイラー試験の記事を書いたHPを回り始め、見たことのない問題に一喜一憂するくらいなら、黙って「重要集」を再確認して、自分の知っている知識を再度確かめるとか、自分の知識の範囲内で忘れてしまったことを思い出すことに時間をかけた方がはるかに無駄がないと感じました。


3.受験で感じたこと(ご参考)

1)2級に合格したらすぐに1級を受験した方が良い

アドバイスというレベルのことは私にはできないので、受験するに当たって自分が感じたことを書かせていただきます。

「2級に合格したらすぐに1級を受験した方が良い。」とよく言われますが、自分もそう思いました。

現場で聞いた諸先輩方の話に、ボイラーの運転は、大きいボイラーだろうが小さいボイラーだろうが基本的な考え方は同じだというお話しがありました。

その言葉を信じると、2級の知識が残っている間に、プラスアルファーを補えば充分合格圏内に入ると思います。

自分の場合、諸事情で2級合格後すぐに受験できませんでした。

2級受験の時に覚えていたはずなのに、その覚えていたはずの知識がだいぶ無くなっていました。

1回目の「精選問題集」をやってみて、3年のブランクは大きいものだと実感しました。


2014年12月01日 最初から最後まで、「合格パック」一本で受験-1/4

今回の1級ボイラー試験は、2級取得から約3年経過しての1回目の受験でした。

HPやらの巷の様々な情報からすると、試験問題は、時代に合わせたり、年数とともに傾向が変わったり、云々・・・、、、分析し出すとキリがないと思い、とにかく過去問を完璧にする方向で取り組みました。

1.「合格パック」での勉強

自分は、「精選問題200」は7〜8回ほど、「精選問題193」は2〜3回でした。

何度も繰り返していくうちに、この単元では何が重要なのか、出題者が問題で何を問いたいのか、なんとなく見えてくるような感じがしました。

当然のごとく、実際の試験問題では過去問と数字や文言が全く同じ問題の出題は稀ですが、言い換えはしているものの、主旨が同じ問題が半分(50%)近く出ていた感じでした。

残りの10%超分は、過去問を解いて訓練するうちに覚えた5択の正解以外の4問を一つ一つ学習することで充分かなと感じました。

自分の場合は、たぶんこの方法で各教科60%以上は確保できていたと思います。

余計な事を考えて、ヤマをはるより、ちまちまと過去問を何度も繰り返した方が、結果的には問題を解く力は自然に身につく感じがしました。


2.一級ボイラー「重要集」(まとめ)について

一級ボイラー「重要集」は、根を詰めてすべて読む、と言った感じより、問題を解いた後、間違ったところ、或いは、正解以外の残りの4問を確認する際に利用しました。

あとは、試験前日の夜、再点検で一通り読みました。

協会の出版の一級ボイラーの教科書も買ってはありましたが、結局、わからないところを何度か調べただけでした。

恥ずかしながら、教科書は現在も折り目の無い状態で保存してあります。


2014年11月26日 二級ボイラーに続き、一級ボイラーもお世話になりました

当初、今後役にたてばと思い二級ボイラー技士試験を受ける気になりました。それが一級ボイラー試験も受験できる事を知り、せっかく勉強したのだからと、挑戦しました。

ボイラー技士経験が全くない為、免許証には出来ませんが、一年弱頑張って良かったと思っています。

二級の受験にあたり、どう勉強したら良いのかと思案していた時、管理人様のHPに出会い、効率の良い勉強が出来ました。


1.受験勉強について


「精選問題」は10回以上は繰り返しました。ボイラー協会の公表問題も過去7年分も合わせてやりました。

自宅では「精選問題」を仕事の空き時間には「公表問題」を解いていました。
最初は「精選問題」の解答は見ずに、「教本」から正解を探し出すやり方をしました。

計算問題の公式は、自分なりのゴロ合わせで暗記して何回も解きました。


「一級ボイラー重要集」は、問題に出たところをピックアップして作成されていましたので、苦手な所だけ持ち歩けるので、とても重宝いたしました。

まさしく重要な所だけですので、今後も大切にいたします。


2.私からのアドバイス


二級に合格したら、すぐ一級も受けた方が良いです。
まだ二級で勉強した知識が新鮮な内に。


過去問から出たと言っても、全く同じ問題はありませんので、類似問題をミックスした問題でしたので、とにかく問題の5択全てを理解するのが一番と思います。

とにかくより多くの問題を解いてみることです。
この問題が出たらこの答えだと言う解き方では足元をすくわれます。

私は燃料・燃焼が苦手でしたので、他の3科目を完璧目指して勉強しました。
特に法令は得意にしました。

ボイラー技士の勉強を始めた頃は、「出来るのかなぁ」、とよく思ってましたが、だんだん解ける様になってくると勉強が楽しくなって来ました。投げ出さずやって来て、本当に良かったと思っています。(motosi)


2014年11月15日 一級ボイラー「合格パック」のおかげで合格!

一級ボイラー技士試験、おかけ様で合格できました!

1.試験では、「誤ったもの」でよく出るはずの問題が正しいのが多かったので迷ったのと
燃焼で痛恨のミスをしましたが、なんとか合格できました。

2.二級から2年経っていましたのでかなり不安でしたが、「新・精選問題200」と「精選問題193」と教本だけに絞って勉強しました。

試験まで二週間しかなかったので、まず
「新・精選問題200」「精選問題193」を4回ずつ繰り返し(一回目は教本確認)、正解率を98%にしました。

その後は「誤っているもの」以外の正しい選択肢を覚えました。

結果、重複もありますが、1,000以上もの正しい知識が身につくことになったと思います。

あとは最後に過去問2-3年分さらっと流しただけです


3.受験者へのアドバイス

あれこれやらずにやはり「精選問題」に絞ったのが良かったと思います。あとはできるだけ短いスパンで2回目〜4回目をやったので定着したと思います

一発で合格できたのは全て「合格パック」のおかげです。
本当にありがとうございました。(naoki)


2014年10月04日 二級、一級と続けて一発合格しました!

なんとか 二級、一級と続けて一発で上手くいきました!
ありがとうございました。

実際、テストを受けてみての感想は、過去問でパターン化された間違えているポイントに慣れてしまうと本番当日、面食らいます。

お決まりの過去問に手を加えたものと初めて見る問題と明らかに理不尽な意地悪問題と上手くバランスを取った感じで出てきます

初めて見る問題は、ボイラー協会の教本中のどこかを不意を付くような感じでそのまま問題にしてきます、私は前日教本を読み返していて命拾いした感じです。

お決まりの問題は、過去問で間違えているポイントとは違う場所を誤った文章にしてきていることが多いです。

後、満点を採らせないためか、、おちょくってるのか意地の悪い問題が時々出ます、、、。

それと一級のテストで出る計算問題はサービス問題です。
ここは過去問と同じで出る問題がパターン化してます。


計算問題が無い場合もありますが出たら儲けです。
数字を少し変えてきてるだけなので過去問で絶対解けるようにしとけば1点儲けです。

本番のテストは過去問より難しいと考えて本番に挑む方が良いと思いました。(2014/10/4 ぴぷ)


2014年09月01日 昨年は2級に続き、今年は1級と合格しました

H26年 8月 3日 富山県で行われた、1級ボイラー技士試験は無事合格できました。

購入させて頂いたテキストのおかげで去年は2級、今年は1級と合格する事ができました。
ありがとうございました。

1.「新・精選問題200」は3回、「精選問題193」は2回やりました。
時間が無く、公表試験問題はできませんでした。
勉強期間は2週間でした。

2.「一級ボイラー重要集」は、主に試験当日に使用しました。
[試験前、昼休憩時]。 計算式を覚える時も使用しました。

3.アドバイスですが、
  とにかく、問題集を中心に勉強する事がいいと思います。
  「新・精選問題200」 「精選問題193」を中心に、あとは公表試験問題もやれれば良いと思います。
  今回、私が受験した試験では、計算問題が各ジャンル全て[法令除く]出題されたので、
計算式は全て覚えておく必要があると思います。(hiro 2014/08/29)


2014年06月08日 5/22 の試験に無事合格!

先日の1級ボイラー技士試験に無事合格する事ができました。

当日の試験では、「ボイラーの構造」、「ボイラーの取り扱い」で、見たことのない問題が出題され一瞬怯みましたが、苦手だった「燃料及び燃焼」と比較的得意な「関係法令」ができたため、合格する事が出来たのかと思っています。

これも管理人さんの「合格パック」のお陰 であると思います。本当にありがとうございました。

1.「新・精選問題200」 「精選問題193」の学習について
 両者の各章を10回以上
は行いました。終盤は、間違いが多い問題にチェックを入れていたので、その箇所を何度も確認、解いていました。

2.今後の受験者に一言アドバイス
とにかく「新・精選問題200」 「精選問題193」を毎日欠かさず少しでもやる事だと思いました。
今回も最後は、上記の問題が出たものを解答する事ができ合格出来たと思っています。

また、 一級ボイラー「重要集のまとめ」を一緒に購入していましたが、こちらがまた非常に分かりやすくとてもプラスになりました。

それと、問題集等には関係はありませんが、私は自宅から試験会場まで約3時間を要す可能性があったため、 前日は、五位駅周辺のビジネスホテルに宿泊をしました。
そのため、朝もゆっくりと試験会場に迎え、気持的にも非常に楽になりました。
(2014/6/5 tamasi)


2014年06月05日 一級ボイラー試験、合格しました!

5月22日の試験、合格しました!

本日、合格通知を受け取りました。
予想以上に問題が難しく、恐らく大丈夫とは思いつつも、発表まで不安な気持ちで過ごしておりました。
これでようやくリラックスできます。
今回、管理人様の図書を十分にやり込む時間が無かったため、一通りやって、後は間違えた問題のみ書き出し、繰り返し解くという方法を取りました。

もう何度か通してやることができたら、もっと余裕が生まれたかも知れません。
ともあれ、何とか合格できました。
ボイラー試験に関しては、これで打ち止めにするつもりです。
管理人様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。(hiroshi 2014/06/01)


5月22日の試験、無事合格

先日の1級ボイラー技士試験に無事合格する事ができました。
当日の試験では、「ボイラーの構造」、「ボイラーの取り扱い」で、見たことのない問題が出題され一瞬怯みましたが、苦手だった「燃料及び燃焼」と比較的得意な「関係法令」ができたため、合格する事が出来たのかと思っています。

これも管理人さんの問題集のお陰であると思います。
本当にありがとうございました。(takasi 2014/06/03)


2014年03月07日 二級ボイラー合格後、すぐに一級ボイラーを受験(2/2)

Q3.今後の受験者に一言アドバイス

A:  試験時は、まず分る問題からして分らない問題は、消去法で答えを出す方法です。

あと、基準値を忘れないために、その数値を 表 にして覚えやすくする。(数値も小さい順で)
 詳細は添付ファイル参照ください。
   
自分なりの覚えやすい方法を見つける事も必要と考えます。

その他として

@ 勉強していると頭がパンク状態(勉強しても記憶出来ない状態,集中力ない時)の時は無理に続けず、仮眠(15分ぐらい、人それぞれ)して頭すっきり状態にして再度勉強開始

A 試験時間に合わせて、過去問を実施 (土日に実践)
これにより、時間配分が自分なりに分り本番でその点の焦りはない。

また、その時間に脳の働きがBESTになる様に準備。例えば、食事後1Hは脳が働かないので1時間前には済ませる。あまり食べすぎると脳が働かないかつ眠くなるので軽い食事(サンドウイッチとか)にする等

B スマホを利用して、他のサイトのボイラー問題を空き時間に勉強

追)
一級ボイラーの問題を見て一回で答えを出せないのが多く・・・

この件は、単純に勉強不足(危険物乙4と並行で受験しており勉強時間が足りず問題馴れしておらず=答えられない状態でしたので、難しかったようですねではなく、単純に出来なかったと考えています。

試験Bでは、私が一番最後に退席して(1H30分後に)おり、皆さんには、簡単な問題なのかとは思いました。(mahumi)


2014年03月07日 二級ボイラー合格後、すぐに一級ボイラーを受験(1/2)

2/25 広島の福山市で一級ボイラー技士の試験を受験しました。
今回、危険物乙4と並行で一級ボイラーを受験して 両方合格しましたが、一級ボイラーの問題を見て一回で答えを出せないのが多く正直焦りました。
結果は合格ですが、ぎりぎりで合格かと思います。

『試験を受けて感じた事』

@ 計算問題一問も無し。
A 問題で、解答選ぶ箇所が5か所あり、ついつい正解の箇所だけ
見ますが注目されない箇所の記述を変更=問題にする 問題が二級同様にありました。

Q1.「新・精選問題200」 「精選問題193」は、どの程度したか。

A: 「新・精選問題200」 「精選問題193」 は、三回実施し「精選問題193」は1回実施
   ○、△、×印をして、終盤は△、×印を○印になる様にしました。
   分らない項目は、裏紙に何度も記入し、声を出して暗記しました。
   
今回W受験でしたので乙4試験終了後2週間でしたので、添付ファイルのスケジュール表を作成し、自分が弱い科目を明らかにしてその科目を重点的にやりました。
(時間のない中で、効率に勉強&弱点克服する方法として)

Q2.二級ボイラー合格後、すぐに一級ボイラーを受験した感想は。

A: ボイラー自体まったく分らない状態からの受験でしたので、まずどう勉強して、その教材は?で随分悩みました。
一に二にも、管理人様の教材に出会った事が一番良かったと考えています。

二級ボイラー受験は、素人でしたので、アドバイス通り実施して勉強。分らない用語は、ボイラー辞典を図書館で借り理解と復習する事にしてました。
一級ボイラー受験は、少しボイラーの事が分りましたので、「新・精選問題200」と過去問を中心に勉強しました。


2014年03月05日 三度目の正直 合格です!

試験合格しました。
仕事であまり時間がなくて、半分は諦めかけました。
「合格パック」を前日は五井のホテルで徹夜で頑張りました。
有難うございました。


1.受験までの勉強

「新・精選問題200」は、会社の空き時間に、1日各科目1問以上を目標にしました。
「精選問題193」は、自宅に帰ってから、昼間と同じように、1日各科目1問以上を目標に取り組みました。
また、その他及び遅れは日曜日に取り戻す様にやりました。

実際は一通りやるのが私の精一杯の所でしたので、前日は五井のホテルで徹夜で間違えたところ等の問題を見直しました。


2.今回の試験での計算問題

計算問題は、特に何も出題されていませんでした。計算問題の出題はゼロでした。


3.今後の受験者へのアドバイス

 免許取得だけの受験勉強でなく、ボイラー(蒸気機関)が私たちの生活に必要であることと、
取扱いに気をつければ危険ではない事を勉強し、それを後輩に指導出来るようになりたくて受験しました。

 仕事中心になり時間がとれなくて去年2度失敗し、何か自分の勉強方法に合った問題集を探していました。

インターネットで探していたら ”一級ボイラー「合格パック」”の使用経験者のアドバイスが目を引きました。

私は”これだ”と思いその日に購入(H25年11月13日) 参考:11月10日が冷凍機械の試験だった為。

「新・精選問題200」 「精選問題193」は、今思うと忙しくなって正直”今年もだめかも”と思いました。

それでも諦めず判る問題のみを片端からやってみたら、何とか一通りできましたが、かなり不安でした。

そこで妻に相談すると前日に五井のホテルに泊まり少しでも復習したらと言われホテルを予約し、つい夢中で間違えたところ等の問題を見直ていたら朝になっていました。

”今年もだめかも”が”今年はやれるかも”に変わっていました。

諦めず継続して「新・精選問題200」「精選問題193」をやって良かったと思いました。

精選問題を作ってくださった管理人様ありがとうございました。
PS:年のせい(60歳)で、長くなりました。(zenn)


2014年01月27日 100%、 管理人様の「合格パック」のおかげです

おかげさまで、二級ボイラー試験に引き続き、一級ボイラーの試験は合格しました。
( 1/17受験し、本日発表されました。) ありがとうございました。
まぎれもなく、 100%、 管理人様の「合格パック」のおかげです。

1.勉強について

「新・精選問題200」「精選問題93」は、約25回ずつ位行いました。

2. 本試験の感想

1)ボイラーの換算蒸気量の近似値を求める問題があり、 普通乾き度を示す箇所が、湿り度 5% との表現があり、戸惑いました。
( 今回は、受験票に問題を書き写す行為が認められず、あまり詳しくは覚えておりません。 すみません。 )

2) 今回は、それほど難しさは感じられませんでしたが、 燃焼の箇所が、かなりひねるというか、見た事のない問題が2問続いたりしてとまどいました。

そのため、あせりまして、続く問いで、人口通風と自然通風の箇所で、煙突の長さとガス温度 が高いと大きいとの表現が間違いとしたり、水素の燃焼比率 が大きいいとすすの発生が大きい点がはっきりせず、 ダストは、炭素の残った分で出来るとの問題を正解としたりしてしまいました。

つまり、燃焼以外はスムーズに8〜9割位出来たのですが、燃焼で、ひねられたり、応用的な表現になると答えれられなくなるなど、くしくも、二級での私の課題が、今回もあまり克服できなかったかなというのが、私の感想です。

3. 受験者へのアドバイス

おこがましいくて、言えませんが、とにかく、管理人様の「合格パック」をしっかりやって、多少の表現がひねって出ても、冷静に解けば、必ず合格すると思います。
( 特に私は、天性の上がり性でして、ちょっと表現をかえられると、あせる性格です。

ただそれでも、比較的楽に 二級 、一級とも8割前後できたのは管理人様の二級ボイラー「合格セット」とこの一級ボイラー「合格パック」のおかげです。)

末筆ながら、管理人様の今後のご活躍及び、今後ボイラー技士試験の合格を目指す方の目標達成を心より祈願いたしたいと思います。 (hidehumi)

( 追伸 )
・ 問題で、2要素式水位とは、 給水量と、蒸気流量から抽出されるものである。 との表現で、× としました。


2013年12月25日 一級ボイラー「重要集」がとても役立ちました!

10月上旬に管理人様の教材(合格パック+重要集)を購入させて頂きました。

お陰様で本日1級ボイラー技士試験の合格を確認出来ました。
試験は12月8日(日)で岩手大学にて受験でした。

1.勉強方法としては、

@重要集をノートに丸写しした後、項目ごとに「精選問題200」と「精選問題193」を1周。
A過去問16期分を5周。この時点で平均95%の正答率。
B勉強期間は2ヶ月行い、計算問題と法令は完璧にした。

試験内容は6割が過去問のままで、残り4割は過去問から文体や回答ポイントを変えた問題でした。
計算問題は5問出ており、過去問と全く同じ問題でした。

管理人様の「重要集」と「精選問題」はポイントを掴むのと自信をつけるのにとても役立ちました。

短時間で勉強しなければならない方にとっては、市販の参考書よりも管理人様の「重要集」と「精選問題」を使った方が効率が良いと思います。

短い間でしたが管理人様と知り合うことで今回の合格に至ったと思っております。ありがとうございました。

2.受験に向けての一言又は学習方法

@テキストは読むだけでは頭に入らないので、手間ですがノートに書き込むこと。
A単元ごとにノートに書き込みその単元を書き込んだら、確認と定着の為、その単元の精選問題を解く。

B@Aが一巡したら、過去問を1期分ごとに解く。誤った回答があった場合、その文をノートに書き込み知識を定着させる。
CBを16期分を最低9割は解けるようになるまで、繰り返す。

※私のやり方ですと時間は非常に掛かりますが知識の定着と向上が日々進捗していることを実感出来ますので、勉強を継続していく意欲を維持出来るものと思います。

また、どんなに勉強が嫌でも毎日少しずつ、一日1時間でもいいので継続して行くことが大事だと思います。(一日でも空いてしまうと途端にやる気を失うことになってしまうので)

来年度は、甲種4類消防設備士と第二種電気工事士を受験する予定ですので、ボイラーの勉強で得られたノウハウを生かし、合格に向けて勉強に励んで参ります。

資格試験の面白味を教えて頂きました管理人様には大変感謝しております。
(2013/12/25 shinya) 


2013年10月01日 一級ボイラー試験 合格者からの感謝状

1級ボイラー士「合格パック」と改訂版を購入しました長崎県の YHです。   

さきほど安全衛生技術センターのWEB発表で、「合格」を確認しました。
3度目の正直となりまして、嬉しさも倍増ですね。

この度も管理人様の教材に集中することにより、一級試験を突破することができました。
本当にありがとうございました。

2級学習時も思ったのですが、市販の参考書とは異なり紙面から伝わってくる管理人様の声のようなものを感じまして、教材に対する愛着もわいてくるものですね。

2級での基礎が身についていたこともあり、今回は安心して試験に臨むことができました。

4科目のうち「燃焼」がややひねった問題と頻出ではない問題が出題されており、解答があやふやなものが多かったのですが、他3科目でカバーできたようです。

合格体験記にも書かれていましたが、最近の試験では過去数年内に出題されたものが出題されているようですね。管理人様から追加購入していた過去問題集、数冊から似たような問題が出題されていました。

さてボイラー技士試験への挑戦も終わりましたが、これで管理人様の教材から卒業ということになりまして、とても寂しく思っています。

これも機会にボイラー整備士試験にも挑戦してみたいと思うようになりましたが、やはり「管理人様の教材でなければ」という思いがあります。

2級ボイラー技士試験より長きにわたりお世話になりました。
本当にありがとうございました。


2013年09月27日 2級ボイラー試験に続き、1級ボイラー試験合格(下)

不安な気持ちもままWEBでの合格発表を確認しましたが、結果は「合格」でした。ギリギリだったと思いますね。

皆様へ

私自身の反省ではありますが、これから1級ボイラー技士試験に挑戦される皆様へいくつかアドバイスを。

当然のことではありますが、準備期間はできる限り長く確保してください。

そうすることで、秀逸な管理人様の教材の効果は倍増します。

色々な問題集や参考書を使用せず、管理人様の教材と教本のみに絞った学習のほうが間違いなく良い結果につながると思います。

「一級ボイラー合格パック」により合格ラインに到達できると思いますが、試験に臨むにあたり不安だったり、より確実に合格を引き寄せたいという方には、「過去問題集」の精査をおすすめします。

幸い詳しい解説付きで管理人様が「過去問題集」を用意されています。

数年前までの「過去問題集」を一読しておけば、本番で1〜2問の正解を生み出す可能性があると思います。

管理人様には2級ボイラー技士試験からお世話になりました。

教材の1ページ目には管理人様より学習方法について>書かれています。

通常ですと一読すれば見ることはあまり無いページです。
しかし私は、このページにこそ管理人様の手作り感や思いを感じずにはいられません。

精魂込めて作られたこの教材は、大切にしまってあります。本当にありがとうございました。 (2013/09/26 YH)


2013年09月26日 2級ボイラー試験に続き、1級ボイラー試験合格(上)

9月25日、1級ボイラー技士試験合格しました。
管理人さんには、2級ボイラー技士試験から大変お世話になりました。

経過・学習期間

2級ボイラー技士での学習で忘れている部分は多かったのですが、ボイラーに関する基礎は身についていますので、管理人様の教材に集中することで記憶をよみがえらせながら、1級の知識を肉付けし定着させていきました。

今回は試験前にあらかじめ年休を数日取得しており、自習室を利用しながら短期集中で試験に臨みました。残された2週間を全力疾走です。

初回は「新精選問題200」「精選問題193」を教本を読みながら問題を解いていきました。管理人様の指示どおり教本にはアンダーラインを引きながら、読み込んでいきました。

2回目は正解・不正解にかかわらず問題の全選択肢の内容を再度教本(アンダーラインの箇所)で確認していきました。

また教材の解答には管理人様からのアドバイスや関連項目、注意点などが書かれいますので、それも全て教本で確認の上、赤ペンで細かく書き込んでいきました。

3回目は教本を使用せず、問題を解いていきました。
様々な書き込みがされた解答がいわば「ミニ教本」となっていますので、解答と書き込みを熟読することで、関連する部分まで復習することができました。

試験数日前になり、管理人様から追加購入していた「過去問題集」に取り掛かりました。準備期間が短かったこともあり、この時点では7〜8割程度の正答率でした。

試験前日から試験開始直前までは、ひたすら「新精選問題200」「精選問題193」を解き続けました。

「燃料および燃焼」にやや不安を残しながら試験に臨むこととなりました。

「燃料および燃焼」は不安が的中し、「確実に正解」と思われる問題が3〜4問程度、あとは「はっきりとはわからない」という状態でした。
他の科目が順調だっただけに、退室後のショックは大きいものでした。

待合室で教材を取り出して確認をしましたが、「はっきりわからない」問題の一部が近年の過去問題から出題されていることがわかりました。
またそれらがほぼ「ノーマーク」だった問題もあり、この時点では科目4割以上の条件をクリアできず不合格を覚悟しました。(2013/09/26 YH)


2013年06月18日 5/22 試験会場で同じ「合格パック」で勉強している方がおられた

1.勉強時間ですが、

約二か月間で毎朝1時間程度、土日は特に勉強しておりません。
朝の静かな時間帯での勉強となり、集中した時間でしたので、かなり捗りました。
その結果、予想より早い受験の決断へと至りました。

2.今回の試験の特徴

何と言いますか、頂いた『合格パック』で基礎を固める事ができましたので、とてもよかったのですが、
構造と取扱いに関して言えば、びっくりするくらい、勉強してきた問題がでなかったので、これは、ヤバイと感じたくらいでした。

しかしながら、頂いていた、昨年度の試験問題の中から、似たような問題が出ていて、勉強していたので救われた感がありました。

3.私からのアドバイス

今回、試験受けてみて、直近の過去問で点数を稼げた部分があったので、そこが『キー』になるのかな?と感じました。

最後に、『合格パック』をしっかり勉強すれば、基礎ができあがりますので、絶対に受かると感じました。

余談ですが、試験会場で同じ「合格パック」で勉強している方がおられました(笑)
その方も、多分受かったと思います…。予想ですが…

今回は、本当にありがとうございました。(2013/06/18 kaku)


2013年06月17日 5/22の試験 計算問題が1問しかでなかった

試験予定は7月に設定していたのですが、思いのほか、勉強が捗ったので、5/22の1級ボイラー技士試験を受けてまいりました。結果は『合格』でした。

試験の内容ですが、今回は、予想外にも、計算問題で1問しかでなかったので、計算で点数を稼ごうと思っていた作戦が通用しなかったです。

私的には、燃焼、法令で点数が稼げたと思いますが、
午前中の科目においては、おそらく5割くらいとれたかと思われます。

というのも、問題的に少し違う感覚を受けました。また、昨年の問題を少し捻ったような問題もあり、もう少し、直近の問題を数こなしていれば余裕だったかもしれません。

しかしながら、頂いた『合格パック問題集』がそのまま出題されたものもあり、非常に感謝しています。(2013/06/17 kaku )


2013年04月16日 3ヶ月半で一級までたどり着きました(下)

他人様にアドバイスなどおこがましい限りですが、
とにかく数多くの問題を解くことが肝心かと思います。

「教本」を理解してから・・・は無理だと思います。

大事なのは、「間違った問題、出来なかった問題」にこそ「合格」の秘訣があるということです。
(やっと受かったくせに偉そうですみません)

なお当日の問題ですが申し訳ありませんが、全く記憶がありません。
ただ、それほど意外性は感じなかったので、やはり例題中心の勉強は間違ってないと思います。

私なりにふり返ってみますと今回の受験についてはいくつかの幸運に恵まれました。

「合格パック」に出会えたのが第一ですが、そのほかに、去年の暮れに「甲種危険物」を受けたのですが、その時の勉強がずいぶん役にたってくれました。

燃焼に必要な空気量の計算とか、引火点、発火点等その時に必死に覚えたことでした。

また、長年機械工として鉄工所で働いておりましたので、金属や溶接、熱処理等に対する知識が一通り身についていたのもラッキーでした。

この後も色々なことに挑戦していきたいと思っております。
一応「独学」を信条としておりますので何かの折にまたお世話になることもあるかとおもいます。
その時もどうか宜しくお願い致します。(akira)



2013年04月16日 3ヶ月半で一級までたどり着きました(上)

二級に引き続き一級も「一発合格」出来ましたのはひとえに「合格パック」のお陰です。

個人的な感想ですが「合格パック」は難しくて大変でしたが、その分本番の試験が楽に感じられました。

日程に恵まれたこともありますが、
正月明けに二級受験を思い立ち正味3カ月少々で1級までたどり着けるとは思いもよらないことでした。

よい先達、よい教材に恵まれたことに感謝です。


今回、一級ボイラ受験に際しましては「合格パック」のほかに下記のような教材を用意いたしました。

・「漫画で分かる一級ボイラ試験」
・ボイラ協会の「一級ボイラ技士教本」
・ボイラ協会の「過去問題集」〜新しいものからさかのぼって6冊。
・ボイラ図鑑、法令テキスト〜二級の時に用意したものです。
・ネット上に掲載されている「合否判定問題」「過去問」等も利用しました。

今回も「漫画で分かる・・・」を一通り読んでから始めました。

それから「合格パック」に取り組んだわけですが、都合4回くらいはやったと思います。

最初は60点から80点くらいの出来でした。
間違ったところを入念に確認して2回目には大体90点以上は取れるようになっていました。

同時にやった「過去問題集は」先に合格パックをやっておいたせいか、1回目から80〜90点くらいは出来ていました。

ここで少し時間を置きたかったので、「教本」を読むことにしました。

「教本」を読みながら、「重要事項のプリント」を作りました。
(なかなか覚えられない、火炎検出器、バーナの種類、定期点検の項目、ボイラ技士の役目等です)

そして後半の勉強は、朝一でまずこのプリントを読むことから始めました。
プリントを作る作業に数日かかりましたが、丁度よい気分転換になったようです。

後半も「合格パック」「過去問」を中心に2回くらいはやったと思います。

最後の頃は大体40問中、一問から二問不正解くらいにまでなれました。(akira)


2013年02月06日 「合格パック」と「一級ボイラー重要集」のみで合格

「合格パック」と「一級ボイラー重要集」のみに絞った勉強で、他の問題集など一切読まず(教本も読みませんでした)無事合格を勝ち取りました。

自己採点ですが、構造、取り扱い、法規80点、燃焼50点、

短時間(実質10日位)で合格できたのは、「合格パック」だけに絞った学習が良かったのだと思います。

計算問題が1問の出題と予想外でした。燃焼は若干、問題の傾向を変えてきているようです。

改めて資格試験には良い勉強資料(試験問題に沿ったもの)が重要だと思いました。「合格パック」は最短の合格方法!

これからが本当の勉強です、今後とも宜しくお願いいたします。(sasa)



2012年11月26日 2級に引き続き 1級も一発で合格!

11/16中部安全衛生センターで受験

おかげ様で、2級に引き続き1級も一発で合格する事ができました。

今後、受験される方の参考に

19年から23年まで10回分の過去問を中心に勉強して挑みました。

8割は過去問と類似した問題が出題されましたが、新問題と思われる問題を覚えている範囲でいくつかご紹介させていただきます。

・水管ボイラーに関して、単胴放射形水管ボイラーの対流形過熱器と放射形過熱器について。

・丸形ガラス水面計、二色水面計について。

・火炎に触れる部分の管ステーの端をラッパ状にするか否か。(消去法で否にしましたが教本を読み直しても、正直自信がないです)

・空気予熱器の設置により、NOxの発生が抑えられるか否か。

・低温腐食の要因について。金属面温度が霧点以上になると腐食量は急激に増加するか否か。この設問中に再生式空気予熱器、・蒸気式空気予熱器の説明が出てきました。

・バガスはパルプ工場で原木の皮を剥いた際にできる物か否か。

・燃料中の炭化水素は燃焼により水と一酸化炭素に分解されるか否か。

・定期自主検査項目において、自動制御装置の電気配線の端子の異常の有無。

・ボイラー室の規定について、(除外)の部分を大々的にいやらしく出題していました。

といったところです。

ちなみに計算問題は、

@低発熱量、
Aブローにおける塩化物イオン濃度、
B重油の体積 でした。

もし私の知り合いでボイラーを受験される方がみえたら是非このサイトを紹介させてもらいますね。
短い間でしたがお世話になりました。(yuu)


2012年11月21日 二級取得後30年  『合格』 でした!

11/4(日)に行われた試験結果、おかげさまで合格することができました。

年齢も50を過ぎ二級取得後30年を経過し、どうなることかと思いましたが、管理人様の教材と適切な学習方法のアドバイスのおかげで労せずして合格に導いていただき本当に感謝です。

1級ボイラー重要集 と「精選問題200」「精選問題193」を2回繰り返し、最後に直前2回の公表問題で仕上げをしました。

試験では、計算問題が3題と少なく感じましたが、誤りを探す問いでは管理人様の教材に全ても盛り込まれていたように感じ、悩むような問題はありませんでした。本当にありがとうございました。


1.一級ボイラー「重要集(まとめ)」は非常に役立ちました。

 今回始めての受験でしたが、「精選問題」をトライする前に「重要集」を一度読み、「精選問題200」を一度解いてみて解答を確認後「教本」で該当部分を確認するという作業を行いました。

「精選問題193も」同様に行いました。これを2回繰り返して、

試験前一週間は、購入した「公表問題2回分」で腕試しをして、解答や教本での確認はせず「重要集」を読み返すのみでした。


2.受験者へのアドバイス

管理人様の「一級ボイラー重要集まとめ」と「精選問題」を自分の納得いくまで繰り返すと言うことに尽きます。

それ以外の教材は「教本」だけで十分です。(教本もなくても問題なかったと思いましたが、定年退職後ボイラー取扱い業務に従事することがあれば教本はあってもいいかと思い購入しました。)

何はともあれ最小の出費と時間で取得に導いていただき感謝申し上げます。(秋田 ジュン)


2012年09月13日 一級ボイラー試験結果報告(2)

今回の試験問題で過去問では見た事が無いパターンの問題もありましたが大まかには想定していた問題ばかりでしたので、そんなに焦る事も無く問題内容はわりとスムーズに解けた感じでした。
なのでおそらく結果は100点だと思います。

今回、一点だけ過去問と違って大きく変更があった内容になっていましたのでご報告致します。
それは全てにおいて「計算問題」が消滅していました。
構造、取り扱い、燃焼、法令の4項目に於いて全てで、計算機が不要な試験内容になってました。
「計算問題」を完璧に仕上げてただけにこれには拍子抜けでした。

今回は、多分、ギリギリ本年度上期の試験に入ると思うので下期を受験する方にとってはかなり重要な情報だとは思いますが、既に情報が古かったら申し訳ないです。

あと今回の問題の中で悩んだためかまだ記憶に残っているのがありますので送ります。
「理論通風力の公式」の内容で(外気の密度+煙突内のガス密度)の公式で出題されていました。

結果は×ですが最初は全く誤りに気付かずどれが誤りなのか分からず悩みました。
幸いに内容を見直している最中で気付きました。

あとボイラーに使用する「バルブの材料」で青銅と黄銅どちらを多く使用しているかの問題も出題されてました。これも悩んだ末、問題を見直して青銅を○にしました。

今回は色々とお世話になり、ありがとうございました。
(hide)


2012年09月13日 一級ボイラー試験結果報告(1)

予定通り9月3日に近畿安全衛生技術センターで行われた一級ボイラー技士試験を受験しました。
結果通知が本日、自宅に届きましたので御報告致します。
おかげさまで結果は合格でした。

今回の近畿安全衛生技術センターでの受験者数は96名でしたが、うち合格者数は36名の34,56%の合格率でした。

思い返せば3月中頃から二級ボイラー技士試験の勉強を開始し6月13日の試験に合格し、そこから今回の勉強期間が2ヶ月半程度しか無かった上、平日の勉強は仕事で無理なため土日祝日のみの勉強でカバーしていたので休日はいつも勉強をするための休日で、かなり精神的に厳しかったです。

ですが今回は二級と違って「合格パック」のおかげで効率良く勉強出来、おかげで短期間で無事合格致しました。

自分なりに100点を狙うつもりで頑張った甲斐がありました。
自分に合った図書を購入出来て本当に良かったと思ってます。

あとやはりボイラー技士試験は二級との間を空けない方が良いのも納得しました。

勉強内容ですが
「合格パック」の「精選問題」を100点になるまで、最新過去問5年分(10回分)を100点になるまで繰り返しました。

その前に合格パックテキストと一級ボイラー技士教本を一読しました。



2012年08月24日 一級ボイラー試験 合格までの経緯です(8月5日試験)

一級ボイラー合格までの経緯をご紹介します

March 10, 2012 7:17 PM

昨年、二級ボイラー技士の免許を取得し、今年は一級をと考えております。

富山県の場合、年に一度出張試験というものがあって、今年は8月5日(日)なので、もうそろそろ勉強しないとと思いつつも、どう勉強すればいいものかと考えておりました。

実は、二級ボイラーを取得するために、通信講座のユーキャンを4万円くらいで購入しました。
今度は一級ボイラーなのですが、ユーキャンには一級ボイラーの講座がありません。

そこで、携帯で一級ボイラー関係をいろいろと検索してたところ、「合格パックは凄い!」とか「私は合格パックだけで合格した」とか、合格パックを購入された方々の感想のページに辿り着き、わらをもつかむ思いと中高年の私にはピッタリなのではと思いご注文した次第でございます。

購入図書
一級ボイラー合格パック
一級ボイラー重要集(まとめ)


March 10, 2012 7:17 PM

商品を見て驚きました!
ちゃんとファイルまでしてあって、素晴らしい商品ですね!
これで勉強させていただきます。
本当にありがとうございました。


August 21, 2012 10:10 PM

先日、一級ボイラー技士の出張試験があり受験してきました。
本日、ホームページにて合格発表がありまして、おかげさまで一発合格することができました。

やはりこの『合格パック』は凄いです。私のような47歳の年寄りでも合格することができたんですもの…。

あらためて『合格パック』の素晴らしさに感銘いたしました。
感謝です。本当にありがとうございました。(toshi)


2012年04月18日 集中して勉強したのは、「合格パック」と最近の公表問題

4月9日に受検した1級ボイラー技士。おかげさまで合格できました。

以前、自分が2級を受けたのは、かなり昔の高校の時で、その時は協会の標準問題集と教本などで勉強しました。

その後、ボイラーを取り扱うこともないだろうと思っていましたが、ひょんなことからボイラーの仕事に従事することになり今回の1級を受けることになったわけです。

今回は、最初に標準問題集を購入。その後は公表問題を勉強し、最後に「合格パック」を勉強しました。

実際に集中して勉強したのは、「合格パック」と最近の公表問題。
最後に標準問題もやってみましたが、半分程度しかやっておりません。

実際に受検した感想ですが、やはり標準問題集よりも「合格パック」や公表問題を重点にやったほうがいいと思いました。

それと昔に比べてネットでの情報量の多さにはビックリします。

以前にも衛生管理者でお世話になった試験センターですが、交通の便が悪いので できれば1回で合格したい。
その願いもあって今回お世話になりました。ありがとうございました。(ono)


2012年03月07日 2月15日の試験 無事合格

先日の2/15に1級ボイラーを受験し、昨日結果が発表され、無事合格できました。

午後の燃料と法令は初見の問題があり、不安でしたがその他はテキスト(合格パック)で見た問題ばかりでした。
今回は本当にありがとうございました。(hotmail)

勉強方法について

休みの日に「精選問題200」と「精選問題193」を交互で2科目ずつやっていきました。
1月以上前から準備していたので試験直前はすべて 満点でした。

今後の受験者へ

余裕をもって勉強をすれば合格できます。
数年前とは問題の出し方が違うので、近年の過去問で勉強をするのがいいと思いました。


2012年02月10日 1/24試験 無事合格しました!-2


今回私の一級の準備は、
6月に二級を取得してボイラーの仕事を12月から始めてのスタートとなりました。

 教材は 一級ボイラー教本
     一級ボイラー標準問題集
     一級ボイラー合格パック

以上を購入しました。
教本は通して読んだのは一回のみで「標準問題集」は結局手をつけませんでした。


勉強の中心は「精選問題193」と「精選問題200」でそれぞれ3回転と5回転採点しないで繰り返し取組みました。

集中して取り組む時間を取れないのもあり、最初は余り深く掘り下げるより問題の傾向をつかむため問題数をこなすことにして。


傾向がつかめた段階で、問題の中の疑問点やわからないことについて教本を読むようにしました。
又、計算問題は蒸発換算量・イオン濃度・膨張率・理論酸素(空気)の中で出ているので、合格パックの重要公式集以外で出たらあきらめるという感じで取り組みました。


今後、一級を受験される方へのアドバイスとしては

一級受験を予定されている方はなるべく早く受験されることを勧めます。
なぜなら一級も二級と難度は変わらないと思うので、二級の記憶が新しいうちに受けるのが効率的だと思うからです。
現に私は一級教本を余り読む必要がなかった。


過去問中心の試験である本試験の対策は、いかに試験の引っ掛けや傾向を効率よくつかんでいくことにあると考えています。


合格パックは時間と費用を考えると、他の教材を多数購入するより有効な手段だと思います。(masa)


2012年02月09日 1/24試験 無事合格しました!-1

1/24試験 本日結果発表で おかげさまで無事合格しました。ありがとうございました。

最終的に「精選問題200」を5回転 「精選問題193」を3回転、しつこい位やり(採点はしませんでした)直前に苦手に印をつけた部分をやりました。
更に、21年〜23年の公表問題を本番を想定してやりました。

本試験は過去問の見慣れたものばかりでやさしいという印象で、精選問題で似た重要問題が複数あり語彙に気をつけなければならないというのがわかっていたため役に立ちました。

計算問題は、2問あり蒸発換算量の問題で湿り度となっていたのがわからない(形で覚えたのが裏目に出た)のみで全体に影響がなかった様でした。

過去問中心の試験において精選問題はポイントとなる部分がまとまってあり効率よく勉強するのに非常に役に立ちました。

今回、私の場合二級を8月に取ったため、教本の記憶が残っていたので、一級教本は精選問題の補完として使いましたが、教本は要らないのではないかと思うくらい精選問題は良く出来たものだと思います。

二級で苦労したので、今回管理人さんの教材に出会えた事を感謝しております。(masa)




2012年02月06日 北海道安全衛生技術センター(恵庭市)で1級ボイラー技士を受験

1月24日に北海道安全衛生技術センター(恵庭市)で1級ボイラー技士を受験し、本日、無事合格をHPで確認することが出来ました。

これも、ひとえに使用教材のお陰であり、管理人様には深く感謝申し上げます。

勝因は『精選問題200、193』を使い、早い段階に試験の頻出事項をマスター出来た点で、その後の公表問題(6年分)を解く際にも非常に楽でした。

実際に本試験で出題された問題の8割強は、「合格パック」並びに公表問題で十分対応可能で、改めて本教材の秀逸さを実感したのと同時に、

特に直近2年の公表問題を十分に研究し、教本でさらに深く掘り下げてマスターする事が合格への近道であると思いました。

ちなみに私の学習期間は約30日で、勉強時間は60時間位です。

「過去問題を制する者は、試験を制する」、「過去問題は最高の予想問題」の言葉通り、これから受験される皆様方には、過去の公表問題を主軸に教本で掘り下げて学習されることを強くお勧め致します。(chikara )


2011年10月18日 ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー5

本記事は、「ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー4」の続きです。


最後の答合わせは、すでに問題用紙に選択した理由が書かれているのでそれをちょっと確認して、
マークシートの記入状況(マークシートがきちんとかけているか)を前から1回、後ろから1回、
問題用紙の番号順になっているか確認してお終いです。

なお、問題集や公表問題をやっていて後になってみると、最初全然歯が立たなかった問題でも、
よく読みさえすれば、ほかの設問が理解できなくても正解できるような問題が結構あるようです。

例えばウェットバックやドライバックなども誤った説明はその類でだと思いました。


3.疑問に感じていることなど

 今回の関東安全衛生技術センターの1級ボイラー試験は受験の登録159名、実際の欠席者13名(多分)

 合格者は88名。従って合格率は60%を超えています。
近畿や九州でも同じような傾向が見られるのです。

 ボイラーの試験は、落とすための試験でないことは重々承知ですがこの傾向がこのまま続くかどうかです。

 例えば、以下のような小細工をしないかなあと勝手な疑問です。

(1)蒸気や飽和水の計算で例えば1.5MPaのものを扱う場合親切に1.6MPaの比エンタルピーが与えられており、
ゲージ圧を絶対圧に変えて計算しなければいけないとわかるまで最初戸惑いました。

これは、一級ボイラー技士標準問題集(日本ボイラー協会)構造の問38(ここでは、使用蒸気圧0.7MPaで、
0.6, 0.7, 0.8. 0.9の比エンタルピーの表が与えられていて必要な圧力の比エンタルピーを使用して計算する)で

しっかり間違えて+0.1MPaの意味を悟りました。知らずにこんな問題が出たら引っ掛かったともいます。

(2)CO2濃度、排ガス温度等から排ガスロスの割合を出したり、煙突の高さ等から通風力を出したり、
O2濃度から空気比を出したりはすぐにでも計算問題にできそうなのに、なぜ油の体積計算にこだわっているのか。

(3)比例制御の比例帯は何故か0.6〜0.78か0.79、0.7×の後半で0.8は超えないし、設定はいつも0.6なのか
  (今回も出ました)

以上、大変雑駁ですが受験のために実施したことと、私の感想や考えを書きました。

本日ネットで自分の番号を確認して感謝。 


2011年10月17日 ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー4

本記事は、「ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー3」の続きです。


ボイラーの定義では小型、簡易の圧と伝熱面積と二圧、小型圧力容器さえある程度覚えておけば、正解がわかるか、あるいは、明らかに間違えがわかるのでほとんど確実に的が絞れると考え、

二圧(2MPa200×1000、0.04)、小型圧力容器(積0.02)と小型ボイラー(貫流、他の蒸気ボイラー、温水)と簡易ボイラー1メガ トー、ゴー貫(それ以外の蒸気ボイラーはすべて1/10)
ハチ、ヨン、テンニニ(8m2-4m2、 0.2MPa 2m2)

ご覧のように非常に苦しいですが、前日に一度覚えておけば当日もう一度見れば、1時間は記憶が持ちます。

結局、当日は出題されずに自己満足に過ぎなかったのですが。


(7)試験問題を解くにあたってやった(いつもやっている)こと

ボイラーの試験はよく問題を読むことが大事だと思っています。
本番では、問題文で主語と述語(正しいものか、誤っているものか)の部分を〇で囲み間違えないようにしました。

また選択肢には誤りを選ぶものに関しては、正しい選択肢の最後に「OK」
正しいものを選ぶ場合には、誤っている選択肢の誤っている部分に「マークと簡単な理由をメモ」を行いました。
当然、問題用紙の選択肢の番号にはきちんと○を付けました。

過去問をやっていて問題が「正しいものはどれか?」であるのに、選択肢(1)が誤った記述であり
無造作にそれを選んだり(ほとんどが誤ったものを選ぶので)、

安全弁が設定圧力より低い圧力で吹いたにもかかわらず、80%程度に圧力を下げてボルトを「緩める」の誤りに気が付かなかったりし
「誤り」か「正しい」かが混乱すると惨憺たるものになるからです。

ちなみに主語の部分にも印をつけるのは、圧力噴霧バーナーに関して誤っているものを
選ばせる問題の正解が「正しい蒸気(空気)噴霧バーナーの正しい説明」だったことがあったからです。

選択肢に迷った時は(多分山城様の生徒さんの場合ほとんどが2択で迷うと思います。) 自分の場合は、
絶対に誤っている選択肢には×をつけとりあえず、迷った内で自分の好みのほうの選択肢にマーキングしておきます。
(変に空けておいて、マークシートの回答で、ずれが出るのを避けるため。

もし後で、間違った場所を書き直して修正しても被害は最大2問なので。)



2011年10月16日 ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー3

本記事は、「ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー2」の続きです。


「推移表」は今回初めて試したのですが、出来ない問題とできる問題がはっきりして学習が能率的になりました。

又、最後にもう一度全部さらうことで、きちんと理解してできていたはずの問題も、気を抜いてやると間違えることがあることに気が付かせてくれました。

なお、メモ欄の使い方は自由ですがたとえば、解答編に教本のページ番号があればそれを書いたりしました。

なお、0.15〜αの部分は、頭に入りにくい難敵でしたので、あきらめると決断したもの以外について、ルーズリーフの用紙に必要な事項を書き出しました。

今までのことをやってくると量が限られてきますし、読むだけ、PCで体裁よく纏めたりするだけより、書くことのほうが頭に入るような気がするからです。

もちろん、間違えたところだけでなく、少し疑問があるところは「教本」に行ったり、ネットで調べたりしました。
(ボイラーに関しては完全にペーパなので、実感も常識もないので)


(6)最後のひと踏ん張り

追い詰められれば覚えられます。
H23.10.01公表され、A−問7は出来ませんでしたし、教本で出ているP78を探すまで手間取りました。
・・・まさかバーナーの角度を変えて良いとは。

更にA−問3,9,14,17 B−問11,14は教本等で答合わせをして正解を確認する事態だったので焦りました。

私は、火炎検出と、ボイラーの定義(ほとんどが小型ボイラーが絡んでいる)は出たら諦めるつもりでしたが、

問題の傾向から火炎検出器の問題では、フォトダイオードセルと整流管式光電管の両方がガスに向かないことが絡んでいるようなので、「フォトセイガスダメ」と覚えておけばたぶん何とかなると考えました。



2011年10月15日 ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー2

本記事は、「ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー1」の続きです。


(5)問題集の学習状態

@前記「解答用紙と推移表」の用紙を使い

精選問題193,200はとりあえず1回(ざっとさらい、どんな感じか、今までの仕事の経験(炉の運転)、2級の知識でどの程度いけるのか、を計るためであまり教本等は見ませんでした。)

A次にもう一度全問を解く。(どちらもあまり、逐一解答確認はせず、一通り解いていく感じです。

※2回目は出来なかったり、疑問に思ったところを「教本」で確認しました。(逐一見ると次の問題の解答も見えてしまう)

なお、1回目も2回目も、解いた瞬間解らない、あやふやなところは、(4)で作成した「推移表」にマーク「私の場合は?」付けています。)

そして、答え合わせして「推移表」を記入してその回の分を完成させます。
(?→×の変更が多いですが、教本でもわからないときは?のままにしてネットで調べたり・・・)

B3回目以降はすべては問題を解いていないです。

C「精選問題200」「精選問題193」をやった回数は、
2(2回) + 0.15

(つまり出来なかったところ15%程度) + 0.05〜0.1 + α(詰め)という感じです。

D過去問は 2(11回分) + 0.15 + 0.05〜0.1 +1 + α(詰め)+ 1(直近5回分)+ 2(H23.10)

即ち、0.15とか0.1とは、「推移表」を見て頭に入っていないところだけをピックアップしてやったという意味です。



2011年10月14日 ボイラー未取扱者が一級ボイラー試験合格までの歩みー1

本日関東安全衛生技術センターのホームページで私の番号を確認しました。
扱ったこともないボイラー1級の試験を突破できたのは,管理人様のおかげと感謝し、私のやったことを書きます。(10/14 tatuo )


1.使用した図書、問題集など

(1)一級ボイラー技士教本(日本ボイラー協会)
(2)わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則(日本ボイラー協会)
(3)管理人様からいただいた、「精選問題193」、「精選問題200」
(4)管理人様からいただいた、過去問と解答 平成18年4月公表〜平成23年4月公表
(5)一級ボイラー技士標準問題集(日本ボイラー協会)


2.受験までの学習法

受験勉強は、2級受験前に貴ホームページの「一級ボイラー技士試験問題-合否判定」と「精選問題193」
1回やってみていますがそれを除き、
8/17の2級ボイラー試験直後にスタートし、10月5日の試験直前まで行いました。

途中2週間ほどサボった日がありますが、それ以外は平均すると2時間/日位と思います。

(1)管理人様がおっしゃるように過去問集中型で行きました。勉強のやり方もアドバイス通りです。

(2)精選問題193,200はずいぶん遡って古い問題がピックアップされており大変ありがたかったです。

(3)公表問題は、解説付きでさらに教本の該当ページが示されていて助かりました。

(合格パックの中身が、最新2回分の理由は、ここで平成19年までの必要な問題がピックアップされているからだったのですね。しかし心配性の私としては少なくても
公表試験問題のH20.04〜H22.04は入手しておきたいと思います。・・・実際の試験の形に慣れるためにも)

(4)問題を解くにあたっては別添のような解答用紙と推移表を用意しました。

解答用紙を作成したのは、問題集に記入にはできるだけ記入しないほうが、2回目も予断無く解けるからです。
推移表は、出来なかった(×)、まぐれ当たり(△)、全く解らなくて要調査(?)、ケアレス(アホ)など、適当に記入していきました。

(解答用紙はすでに以前受けた他の試験でも自分用に作り利用していましたが、推移表は初めて作成してみました。今までは問題集の問題番号の頭に出来なかったりしたものに小さい・又は?を付けていました。)



2011年06月02日 二級ボイラー技士試験より、むしろ簡単だった?

おかげさまで、一級ボイラー技士試験合格いたしました。
ほぼ、過去問で見たことのあるものばかりの出題で、あまり苦労することもございませんでした。
初めてボイラーに挑んだ二級ボイラー技士試験より、むしろ簡単だったというのが正直な感想です。

1.受験勉強
「精選問題200」「精選問題193」は、それぞれ2回繰り返し、ほぼ全問正答できる状態にしました。


2.本番の試験
出題されたのは、平成17、18年度以降に出題された問題と類似のものがほとんどでした。
平成14年度や13年度の頃過去問にあるような意地悪な重箱の隅をつつくような出題はあまりありませんでした。


3.受験者へのアドバイス
直近のものから平成18年度くらいまで遡って過去問を繰り返せば、それ以上昔のものはやらなくても何とかなると思います。
二級ボイラー技士と違い、一級ボイラー技士試験は、難易度が下がってきているな、という感想を持ちました。

ですので、あまり昔の問題まで遡らず、直近の過去問を確実に解答できるようにする方が、効率がいいのではないでしょうか。



2011年04月22日 2回目の受験で合格!

昨年末に、一級ボイラー「合格パック」を購入しました。
4月の試験で、一級ボイラー試験に合格することができました。
本来なら、2月の試験で一発合格したかったのですが、勉強開始が1月も半ば過ぎからになってしまいました。
しかも、もう一つの資格試験(こちらは、合格しました。)が同じ時期と重なり、残念ながら、1問差で、不合格でした。
今回、お陰様で合格することができました。
実質の勉強時間は、かなり短かったのですが、一級ボイラー「合格パック」によるところ大でした。

1.勉強について

・1回目受験時:

購入後、一級ボイラー「重要集(まとめ)」を時折見る程度で、正月明けてから少しずつやりました。

練習問題をやらなければと思い、実質 3週間くら前から「精選問題193」を主体にやりました。
「精選問題200」のほうは、試験1週間前くらいからあわててやりました。

他の資格試験とかさなりましたが、直前1週間前は、「精選問題193」と「精選問題200」を集中的にやりました。

受験後の手ごたえは、2級を受けた時より可なり自信がありました。

結果、「燃焼」が1問不足で、それがなければ総合では合格点でした。
購入後すぐに練習問題をやっておけばと悔やみました。

・2回目受験時:
1回目に懲りず、燃焼を重点的にやっておけば、大丈夫だろうという、安心感から、2週間前くらいからやりました。
しかし、他の分野は、以前は解答できた問題ができなくて、かなりあせりました。


2.今回の試験問題について
試験中は特に、「法規」でかなり迷う問題があり、もしかしら、今度は、「法規」で落とすかもと思うくらいでした。(よく、覚えきっていないせいもあるとおもいますけど。)


3.これからの受験者へのアドバイス
最初、一通り、「一級ボイラー重要集(まとめ)」に目を通します。

次いで、「精選問題193」と「精選問題200」 を立て続けに、「重要集」と見比べながら問題を解き、回数を重ねるべきだと思いました。



2011年02月16日 二級、一級ボイラー試験に合格しました!

1月24日 一級ボイラー試験受験

一級ボイラーに関しては「合格パック」のみを使用しました。
本当に良く出来たテキストでしっかりやり込めば必ず合格レベルに達すると思います。

本試験の出来栄えですが、
午前中の科目に関しては7割程度の出来に甘んじましたが、午後は9割以上の出来でした。


1.一級ボイラー「合格パック」
1) 「精選問題200」を2回、 
2回とも問題と答えを全部覚えるつもりでやりました。 
※他のテキスト等は全く使用していません。
 
2)計算問題、 
6個の公式を覚え3回程度完璧になるまで繰り返しやりました。
 
3)「精選問題193」を1回、
「精選問題200」と計算問題をやった後で問題を解くと8割程度の正解率であったため、間違った問題のみ再度やりました。
 
4)過去問、 
5回分平成22年前後、21年後、20後、17後を解く。 
⇒ 8割程度の正解率であったため、2回目は間違った問題のみやりました。


2.本試験
1)午前中の問題は少し見慣れない問題が多かったと思います。
ただ、22年の過去問からは同じ問題が何問か出題されていました。 ⇒ 自己採点6〜7割
 
2)午後の問題は「合格パック」と過去問から同じ問題が9割出題されていました。 ⇒ 自己採点一問のみ間違い


3.受験者の皆様へ
1)「合格パック」を問題文も一緒に覚えるように勉強をすれば、間違いなく合格点は取れます。 
⇒ 問題文を一緒に覚えるならばテキストも必要なし。 
 
2)計算問題は、簡単な公式を覚えるだけで必ず得点できるようになる。絶対覚える必要があります。 
⇒ 管理人様も同じ事を言われている。
 
3)過去問、特に22年度からは同じ問題が多数出題されていたので、完璧にしておきましょう。 
⇒ 「合格パック」に同封されている。


「合格パック」は本当に素晴らしい問題集でありテキストでした。
管理人様との出会いがなければ、間違いなく一級ボイラー技士の試験は失敗していたと思っています。
重ね重ね有難うございました。(ryu))






2011年02月06日 「合格パック」9回やりました

1月24日:受験

一級ボイラー試験を今日(1/24)、九州安全衛生技術センターで受験しました。

受験してみて、「構造」が難しく、4割いけているかどうか微妙なところで、他の取り扱い、燃料と燃焼、法令は7割くらいだと思います。
「構造」は見たことも無い、問題が出ていたので、大分きつかったです。

「合格パック」を学習方法どおりやり、問題に慣れるため過去問をH15年度から出してきて、各科目とも9割やりました。
しかし、「教本」を読み込んでいなかったせいか、今日の問題を見た時に「構造」は落としたかな?と思います。
10月から始めて、約4ヶ月勉強しましたが、来週の結果発表しだいです。


1月31日:合格発表

1級ボイラー技士試験の結果発表が出ました。合格です。
間違っていないか、何度も確認しました。
試験日、前日に高速バスで、泊りがけで、西鉄電車に乗って行ったかいがありました。


私の勉強方法

「精選問題200」「精選問題193」は合計9回やりました。8回目で9割クリアーしましたが、試験前にもう1回しましたので。
試験になれる為さらに、過去問を7年分くらいやれば合格できると思いました。


私からのアドバイス

最初はさっぱり分からないとか思いますが、繰り返しやっていくうちに、3回目で分かって問題が解け始めてくるはずです。
余りはかどらない時には過去の「体験談」をみて、気分転換をしていくといいでしょう。

毎日15分でもやって、継続していくことが大事です。
受験される方は、自分のペースで頑張って下さい。諦めずに続けて行けば、良い結果がでるはずです。(atusi)


2010年12月02日 一級は計算問題が重要です!

受験日:11月18日

一級ボイラー「合格パック」を購入して、見事一級ボイラー試験に合格することができました。(11月18日受験)

勉強時間が少ししかなかったんですが、なんとかなりました。
やはり一級は計算問題が重要ですね。今年も結構出題されてました。

1.勉強方法

「精選問題200」、「精選問題193」は一問解いては正誤を確認して内容を理解しつつ一通り最後までやる。
とゆうやり方で教科書代わりに使用しました。

二回目以降は、普通に模擬試験代わりに回答して、間違えたところをノートで正解を書き出し整理ました。
最後に計算問題をやりました。


2.受験者の皆様へ

計算問題は確実に点数がとれるし、出題されるパターンも限られています。
絶対自分のものにする事をお勧めします。


二級が合格できれば一級も必ず合格できると思います。
二級で勉強したことを忘れないうちに受験されるのが良いとおもいます。
みなさんがんばって「合格パック」で勉強してください。(fukuro)


2010年11月12日 私の試験前対策

10月13日に沖縄での出張試験を受験し、本日HPにて合格発表がありました。

結果は、【合格】と嬉しい報告が出来る事を喜ばしく思っております。
これもひとえに、「合格パック」のおかげです。ありがとうございます。

実際、参考にしたテキストは合格パックのみで他参考書や教本は使用しませんでした。

勉強は実質一夜漬けです。試験前日の土曜18時から寝ずに勉強を行いそのまま試験に挑みました。
時間もない為、『精選問題193・計算問題の攻略・法令のまとめ』の3つを使用しました。

上記を印刷し、精選問題には答えにマークをした後、その他項目については間違っている個所に正答を記入、関連する重要句があれば問題の下に全て記入する。といったやり方です。
それを時間が許す限り繰り返し読みました。

問題については正解を覚えるだけではなくて、間違いはどこが違うのか、正解はしっかりと正解として記憶、重要語句もしっかり記憶することが大事です。

計算問題の攻略は十分理解出来るまでやった方がよいでしょう。


そのお陰で計算問題は完ぺきに頭に入っていたと思います。

法令については、昼休みを利用し勉強しました。とりあえず、時間の許す限り目から頭に入れました。

手応えとしては、すぐに正解がわかる問題が半分、2つ程の項目で迷う問題が1/4、ほぼ分からない問題が1/4、といったところでした。

本試験は、過去問からの出題が多いということもありますので、
一か月余裕を持って「合格パック」を繰り返せば100%合格出来ますので、これから受ける方はそちらで頑張って下さい。

他には、最新問題や試験日から近い問題を見ることが大事だと思いました。


2010年09月21日 教本等一切使用せずに合格!

仕事の関係で9月1日に漸く受験しました。
結果としては合格!
ありがとうございました!!!

燃焼以外は8〜9割。
燃焼は5割程度、試験終了時に確実に取れたと感じました。

教本等一切使用せず、
管理人さんの「合格パック」のみ2ループ、10日程度、
・平日4〜5H
・追い込みの週末は12Hを2日
ガリ勉しました


感じたのが、
資料として燃焼の部分を補強した方がより確実だと感じました。
ありがとうございました!!!(by tukasa )



2010年08月23日 勉強期間2週間程で合格しました

8月4日試験の結果発表があり、合格でした。

「精選問題200」.「精選問題193」改訂版を購入後、
勉強期間2週間程でしたが、「精選問題200」.「精選問題193」を5回位通して勉強しました。

試験内容もよく似た問題が多かったように感じました。
中には解らない問題も有りましたが、ほとんど理解できたと思います。

<2週間程の短期間の勉強で合格できた事も「精選問題200」.「精選問題193」のおかげだと思います。


今後の受験者の参考

「精選問題200」.「精選問題193」を購入の際に、学習方法の一例を送って頂いた様に

1)一級ボイラー「精選問題200」を直ぐ解いてみる。
2)教本で一問ごとに確認する。
3)解答と解説を読む。
4)「精選問題193」も同様に行う。
5)「精選問題200」「精選問題193」を何も見ずに、もう一度、最初からやる。
6)各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す。
特に計算問題は、満点がとれるように取り組む。
7)HPの「公表問題」「最新情報」 を研究する。

を時間もなかった為、そのまま実施しました。

ただ
「各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す」
に関しては購入後2週間程しか時間が無かった為に、おそらく80点位しかとれていなかったと思います。

「計算問題は、満点がとれるように取り組む」
に関しては確実に実施しました。


「HPの「公表問題」「最新情報」 を研究する」に関して、
「一級ボイラー公表試験問題(H22年04月)」最新版の問題9についてはほぼ同じ問題が出ていたと思います。
またその他の問題についても類似した問題が2〜3問はあった様に思います。


「各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す」
を確実に出来ていれば、ほぼ1級ボイラー技士試験は合格可能であると思います。
(by toshi)



2010年08月10日 2回目の受験で合格!

7月7日にボイラー技士1級試験を受験し合格しました!
実は5月にも受験をしましたが、あと1問足りずに不合格という悔しい思いしたので、今回この「合格パック」を購入して再挑戦をしました。

「合格パック」の効果はバツグンでした。

試験時に問題を見た瞬間、合格を確信しました。
ほぼ全て問題集の内容と同じ問題ばかりでしたので、自己採点でも9〜10割はできてると思います。

 
1.勉強方法

「精選問題200」「精選問題193」9〜10割は余裕で正解できるまでやりこみました。

問題集購入から試験まで1ヶ月期間がありましたので、10周はやってると思います。何が何でも合格したかったので(^^;)


2.受験者へのアドバイス

1)計算問題は確実にマスターすること

試験で必ず4問近く出題されるので計算問題を捨てると1割点数が取れなくなります。
1割捨てるのはかなりの痛手です。

2)「合格パック」は9〜10割できるまで何周もやりこむこと

分からないところは解説や教本で調べて確実に理解する。(分からないところは放置しない)

3)最近の出題傾向(公表試験問題)も9〜10割できるようにすること

「合格パック」に付属していた最近の公表試験問題集は大変参考になりました。
 試験には最近の公表試験問題集と同じ問題がかなり出題されていましたので、これのおかげで合格できたと言っていいです。

次は特級ボイラー技士試験を受けたいと思ってます


2010年07月21日 2カ月間の受験勉強で合格

7月7日に中部技術センターで受験し無事合格しました。

4月に二級に合格し、その後約2カ月間の受験勉強で合格しました。
購入したのは、「精選問題200」「精選問題193」、最新情報の3種類でした。

近年の公表問題数年分と並行して精選問題を解くことで、多くの種類の問題を勉強できたのでとても効率的でした。


精選問題の学習

「精選問題200」、「精選問題193」とも5回まわしました。
ノートのページにマス目を入れ、勉強した日付けと答えを記入していきました。

問題を200問やれば答えも200回記入します。
間違った問題答えにはチェックを入れておけば一目でどこの問題が間違ったのかがわかります。

近年の過去問は5回以上まわしました。


試験に出た計算問題は、過去問とほぼ同様問題でした。

1. 重油燃料の低発熱量の近似値を求める
2. 必要なブロー量の近似値を求める
3. 重油の標準温度における体積の近似値を求める (0,0007/℃の表示はありました)
4. 法令で一級ボイラー取扱主任者として選任できない作業はどれか? 
5.教本P148の蒸気圧力調節器の圧力範囲を計算で出す問題です。

あと、H20年の過去問からは、構造、取扱、燃料、法令とも類似問題が50%〜60%出ていました。

試験では初めて見るひっかけの文もありましたが、内容をよく読めば見たことのある問題ばかりでした。

以上報告します。(by toshi)



2010年06月11日 1回目の受験で合格!

先日の5月24日 1級ボイラ−試験ですが、
おかげさまで 1回目の受験で合格できました。(MO)


1.「合格パック」での試験勉強について
合格パックは 計3回やりました。
 2回は通常の試験形式で実施。
 解答を教本に戻り確認しました。
 3回めは5択の中の正解の解答のみを拾い出して、内容を再確認しました。


2.一級ボイラー重要集(まとめ) について
重要集まとめは、非常に役に立ちました。
 試験前1Wより始め3回確認しました。
 試験にも このまとめのみ持参して試験前、眺めていました。
 このまとめのおかげで 試験前、試験後ともなんの不安も持ちませんでした。
 ありがとうございました。


3.受験者の皆様へ
パック。重要事項の分量は多いですが確実に覚えれば、確実に合格できると思います。
 長時間勉強して間を空けるのでなく、こきざみによい教材をながめましょう。
 合格に向け頑張ってください。



2010年06月04日 合格はこの問題集のおかげです

会社で必要性に迫られ、一級ボイラー技士の取得をネットで調べたところこの「合格パック」と出会い、そのまま試験勉強へ突入(今年1月)

問題集から教本と一級ボイラー重要集(まとめ)で確認し、一連の「掘り下げ」を実施。
試験日に近づきに伴い「新しい問題対策」として教本のみ読書。

5月24日試験に臨み、まったく見たことがない問題は、40問中5問でした。
当方、このHPと19年度と20年度の公表問題も勉強していたため、そこからの出題もありました。


気になったところでは、

・溶存気体の除去説明・ボイラー水の循環
・炭素鋼、青銅の内容
・エコノマイザ、空気予熱器の通風得失、配列・過熱蒸気の温度調節説明
・主油加熱器の位置
・シリカのキャリオーバ
・通風力の公式

構造がやはり範囲がひろく、どこから出題されるかわかりません。教本は必要不可欠かと!!

結果、御蔭さまで無事「合格」の通知がありました。
合格出来たのは、管理人様の作成した問題集等のおかげとと思われます。
誠にありがとうございました。

ちなみに、東北センター管内では、86人受験の33人合格でした。38%です。



2010年04月20日 合格パックのお陰です!

お陰様で無事合格しました。

09年12月に2級を受けたのですが、その時にここの存在を知り、『この「合格パック」で1級も取ってしまおう』と思い購入しました。

1月は2級免許が間に合わず、2月は仕事で4月受験となりました。


ボイラーのことは殆ど知らず、触ったのも【2級の講習の時のみ】という感じですが、この「合格パック」のお陰で「教本」すら無しで、合格できました。

試験は速攻で退室してしまったので、どういう問題が出たかは書けません。問題を間違えてしまいそうなので…。

勉強は
2ヶ月前から軽く眺めていて、本格的に解き始めたのは1ヶ月前からです。
「精選問題200」と「精選問題193」を2周づつやりました。

1週間前から、公表されたH22/4の問題もやりました。
(ここから結構出てた気がします。なかなか解けませんでしたが…)

結果
精選問題から出た問題はほぼ完璧。
H22/4公表問題から出た問題は『教本あったらな』と思いましたが、≪100%合格≫の自信を持って試験を終了しました。

経験が無いので、免許は取得できませんが、いつか使うことがあったら申請します。
このサイトのお陰で、ド素人の私でも合格できました。
管理人様、本当にありがとうございました。 (ひで)


2010年04月17日 一級ボイラー試験の出題パターン

先日、4/8の関東での試験で、無事に1級ボイラー合格しました!

今回が2度目の挑戦でしたが、今回は精選問題のおかげで理解度を深める事が出来ました。(water)

いくつか迷った問題もあり「今回も5分5分かな?」と思っていたのですが、精選問題で理解度を深める事が出来たおかげで、迷いながらも正しい答えを選択できたのではないかと思います。

2度(最初は2月)受けた経験から覚えている範囲で出題のパターンなどをお知らせします。

1.さすがに試験では精選問題や過去問と全く同じ問題は少なく、5つの項目のうち2つが変更されているパターンが多かったように思います。
学習方法に書かれていたとおり、教本で一問ごとに確認し深く掘り下げておくことが大事です。

2.計算問題「低発熱量」、「重油の体積」は2回とも出ました。
公式を覚えてしまえば難しいことは無いので、計算問題は確実に点数を稼げます。

3.(燃料及び燃焼に関する知識)
硫黄1kgを完全燃焼させるのに必要な理論空気量の近似値はどれか?
→3.3m3N(4/8)

4.(燃料及び燃焼に関する知識)
NOXに関する問題、又はNOXの低減を図る燃焼方式は、必ずと言っていいほど出ると思います。(2月、4/8)

5.(ボイラーの構造に関する知識)
ブログ「一級ボイラー試験への道しるべ」の「最新公表試験問題−7」に近い問題が出ました。(4/8)
→「脱気器は給水ポンプの出口側に付ける」と言う内容だったと思います。

6.(ボイラーの取扱いに関する知識)
酸消費量の問題で「pH8.3はフェノールフタレイン溶液で滴定する」と言うのがありました。
→「pH4.8はメチルレッド溶液で滴定する」と合わせて覚えておくと良いかと思います。(4/8)


2010年03月08日 一級合格できました

おかげさまで一級合格できました。(2月12日試験)
 
取り扱い、燃料、法令についてはすらすら解けました。ほとんどが過去問から出てたと思います。
 
構造についてですが、ほとんど過去問とは違った感じでした。

1.蒸気圧力調節器について2問ほどあったと思います。
・ひとつは構造についての問題だったように思えます。
・もうひとつは教本のp148にあるような目盛りが描かれていて、設定いくつのときにいくつからいくつの間で制御が行われるかのような問題でした。
 
2.超臨界ボイラーは、水から沸騰を伴って蒸気になる。→×

3.流動層ボイラーでバブリング型は循環型より流動用空気の供給速度が速い。→×
のような問題も出てたと思います。
 
精選問題をともに五回ほどやりました。あと公表問題もやってみました。

今回ボイラーの構造については教本をかなり読んでないと難しかったと思います。


受験をする方々にアドバイスできるとしたら、
しっかり勉強することだと思います。
当たり前のことかもしれませんが、やっぱりやるしかないです!!
 
重要なのは勉強法だと思います。
一級ボイラー図書「合格パック」は最適かと思います。
わかりやすい解説もついていますので、しっかりやればまず合格できると思います。
 
正直今回一級のボイラー教本をあまりしっかり見てませんでした。
調べるときは見ていたのですがそのほかについてはほとんど気にせずに、過去問中心に勉強しました。
公表問題も勉強しましたが、そのなかからもいくつか試験にでました。
それでも実際の試験ではあまり聞きなれないことがいくつかでました。
運悪くわからないものが多くでる事もあるかもしれません。
そのために時間があれば教本は一通り目を通したほうが良いと思います。
 
一級ボイラー図書「合格パック」は時間を効率的に使えると思います。
あとはそれ以外にどれだけ時間をかけれるかだと思います。


2010年03月02日 短期間で一級ボイラー合格

2009年12月23日

昨年の今頃に2級ボイラー図書を購入したharaです。
完成度の高い図書のおかげで、1回の受験で合格する事ができました。
大変、感謝しております。 有難うございました。
さて、今般、一級ボイラー試験を受験する事となりました。
つきましては、一級ボイラー図書を購入したく御連絡いたします。


2010年2月3日

1月18日に受験した一級ボイラー試験、無事に合格する事ができました。
勉強期間が短かったにもかかわらず合格できたのは、ボイラー図書の完成度が高いおかげだと、改めて思いました。  有難うございました。 感謝いたします。


2010年3月1日

1.出題問題について

穴埋め問題が多く出題されていたように思われます。
全体的に問題の内容が濃くなっており、広く深い知識が求められているような気がしました。
教本での掘り下げが重要だと感じます。


2.受験者の皆様へ

諸氏が言うように『合格パック』をしっかりとやれば、確実に合格できると思います。
試験全般に言える事ですが問題数を多くこなし慣れることが合格への近道だと考えます。

また、一級ボイラー試験の場合は計算問題が出題され、パターンも決まっています。
解き方さえマスターすれば、はっきり言ってサービス問題でしかありません。
実際の試験では40問中4問が計算問題でしたので、10%の正解が確保されたようなものです。

今後、受験される皆様には、計算問題の攻略を強くお奨めいたします。(hara)


2009年12月12日 最新情報(H20.11改訂)から2題出てました

11月14日に埼玉で受けた一級ボイラー試験に合格していました。

一級ボイラー合格パックとボイラー協会から出ている公表問題過去七回分を主に勉強しました。

試験はほとんど知ってる問題で、(もちろん過去問がそのまま出るのは少なかったですが…)
とにかく繰り返し勉強し、問題と解説を丸暗記してしまえば、ほぼ合格できるのではないかと思います。

一回問題を問いた時点で、8割はできていたと思いますし、残りの2割も二択に絞られていたので、試験中に合格を確信していました。

それから、最新情報(H20.11改訂)から2題、公表問題に載っていない問題が出た時は、さすがダナァと試験中に軽くガッツポーズをしてしまいました(笑)。

一級ボイラー合格パックのおかげで合格できたと思いますので、どうもありがとうございました。
一級ボイラー合格パックは凄いです。

勉強の仕方ですが、
よく教本を読んで掘り下げるという表現を使いますが、自分の場合は選択肢を見ながら、なぜ○なのか、どうして×なのかを深く考えながら勉強しました。( kiseki )



2009年11月04日 私の勉強法(試験突破法)

一級ボイラー技士無事合格しました。(10/14受験)ありがとうございました。
合格パックを購入してから試験までは約1ヶ月。
今回の受験まえに合格パックは3回やりました。


私の勉強法(試験突破法)

合格パックはメールにて送付していただきましたので、プリントアウト後に以下の方法を行いました。

1.解答を見て、選ぶべき選択肢に赤ボールペンで○をつけて、正答がわかるようにする。
2.正しいものを選ぶ場合は残り四つの選択肢の間違えている部分に鉛筆でアンダーラインを引く。
3.間違えているものを選ぶ場合は、その選択肢の間違えている部分に鉛筆でアンダーラインを引く。
4.文章でズバリ答えを述べている場合、特に法規など、(他の選択肢の文章自体がおかしい)は正答の文章を蛍光ペンでマークして目立つようにする。
5.すべての問題について解答の根拠を教本で探し、その箇所を蛍光ペンでマークする。

ここまでの準備?で約1週間かかりました。
あとは、通勤中の電車の中でひたすら教本のマークした部分を何度も読みました。
また、計算問題は全問正解できるよう繰り返しました。(管理人様のアドバイスを受け)

問題集は解説を読みながら(解説がわかりやすく助かりました)、理解を深めました。
特に、鉛筆でアンダーラインを引いた箇所について正しくはどうなのかを答えられるようにしました。
1.〜5.までの下準備をしてから問題にとりかかったので、間違えた答えを覚えることが無く、効率よく覚えられました。

実際、本番の試験では、『どっちだったっけ?』などと迷うことは無く、自信の無い問題はすべて『見たこと無い問題だからわからない』(笑)という状態でした。
もともと満点をねらっていた訳ではなく、各6問とれれば御の字との考えでした。(ただし法規は満点狙い)


受験者の皆様へ

教本を隅々まで読み暗記するのは不可能に近いので、過去問(合格パック)を何度も解き、8割程度解けるように自身をつけて欲しいと思います。

過去問に無い問題が全体の3割程度出題されるので、決してあせらず、気持ちを楽にして受験してください。
また、もし落ちてしまった場合でも、あまり間をあけずに続けて受験することをお勧めします。私の周りにも2度目で受かった人が数名いますから。 (hiroyuki)



2009年10月22日 やはり計算問題は重要です

10/14関東にて受験し、本日WEBにて発表されましたので結果のご報告をしたいと思います。
うれしい結果となりました。

当方ほとんど合格パックしか勉強しませんでした。時間が無く合格パックしか勉強できなかったのが実情です(泣)
受験してみての感想ですがやはり計算問題は重要ですね。
今回4問程度出題されましたが、「計算問題の完全攻略」が理解できれば全問解けると思います。

受験者様へのご参考までに・・・

1.勉強時間について
「合格パック」ですが正味2週間前後です。(1週間ほど勉強した後、10日近くブランクがあり再度1週間ぐらい)
あまり時間が無く、1日平均3〜4時間でした。
ほとんど目次にある「学習方法について」通りです。
1回解いてみて教本で確認しもう一度最初から解いてみて、間違えたり合っているが理解していないなぁ〜と思った所に付箋を張り、後日もう一度解く、を繰り返しました。
  
4科目もあるのでその中で自分の得意な科目(半分の2科目ぐらい)を見つけ初期にマスターしてしまい、その後試験日近くまで苦手な科目をひたすら解く。
試験2〜3日前ぐらいに念の為得意科目をもう一度解き確認する。
試験前日〜2日前は苦手科目のみ勉強 でした。

  
2.受験者の皆様へ
とにかく数をこなして慣れる事だと思います。あと計算問題を確実にマスターする事ですね。
  (当方計算問題に救われたと思います)
新問が稀に出ますが1科目1問有るか無いか程度なので、残りの9問をよく読めば「合格パック」のどこかしらに載っていた事を思い出せるのではないでしょうか。
1科目1時間あるので落ち着いて挑めば大丈夫と思います。

今回とても効率よく勉強が出来ました。
二級受験の時も購入すればよかったと思いました。
(二級は協会の問題集と過去数回の公表問題でどうにか一発で合格できましたが、非常に効率の悪い勉強をしていたと思います。一級よりも苦労した記憶があります)

落ちて再度受験となると試験場まで遠いし、肉体的・精神的にきつかったと思います。
この度は大変有意義な情報をご提供いただき、誠にありがとうございました。





2009年10月06日 37年振りのボイラー受験でした

この度,一級ボイラー技士の試験に運良く合格したので,体験談を報告します。

高校生(18歳)の時に,二級ボイラー技士免許を取得しましたが,当時は,現在ほど本屋にボイラー受験用の問題集がなく、ボイラー協会発行の教本を何回も読み直して内容を覚えた記憶があります。

約1年前に、ボイラー技士免許のキャリアアップを思い立ち、市販の受験問題集を購入し、勉強を開始したものの、37年振りに受験勉強のため、思うように勉強が進まないので,昨年11月に「合格パック」を購入しました。

しかし、その後、諸般の都合で、一時期、受験勉強を中断していましたが、今年6月ころから、勉強を再開しましたが、その内容は,


1. 毎晩寝る前に30分以上の勉強をする。(内容が理解できなくても繰り返し読む。)

2.問題集を繰り返しする。(問題集を何部かコピーして,繰り返し勉強する。)

3.コピーした問題集をトイレや車の中などにも置き,ヒマな時間帯に勉強する。

4.特に基本的に問題については,理解できるまで繰返して覚える。


以上のことをしましたが,特に計算問題では苦労した覚えがあります。

9月1日に近畿安全衛生技術センターでの試験では,試験後,自己採点すると,苦手な計算問題で2問と,他にも,数問,問題を読み間違え,勘違いして失敗しました。


反省点としては,

使いやすい大きめな電卓を持参することです。小型の電卓を持参したので,苦労しました。

また,試験会場は,独特の雰囲気があり,ぎりぎりで到着すると,精神的に悪いです。

センターに,早めに到着し,その雰囲気に慣れる必要があります。
特に初めての試験会場では・・・・

以上,受験体験談でした。

今回は,「合格パック」のお陰で,合格することができました。ありがとうございました。(37年振りボイラー受験した「ひでさん」でした。)


2009年10月03日 受験結果報告です

9/5(東京地区 特別出張試験)に受験した表題の結果について本日のセンター結果発表で確認しましたところ、自分の受験番号があり、おかげさまをもちまして合格できたようです。(m***)

ボイラー実技講習受講(6/11,12,14)より始まり、
二級受験(7/1)
一級受験(9/5)
と最短で効率良い結果を出すことができ良かったです。


これも管理人様よりご提供頂きました二級用及び一級用~受験図書のおかげです。
優良教材をご提供くださり誠にありがとうございました。

管理人様の優良教材との出会いがなければ、引き続き受験勉強の継続が必要であったと思っております。
出会いというのは本当に大事なものなのだなとつくづく感じました。

正直申し上げますとネット上の未知の教材ということで購入に不安もありました。
市販や団体発行の教材については解説が不足していたり、問題を複数年度購入する経済的負担、さらには私の場合、求職中のため他の資格と併行しての受験であり ました。

なるべく早く結果が欲しいため、最短でのスケジュールを組み望もうとしたことから、効率よく合格に導いてくれるものが欲しかったという焦りもあり、 すがる思いで教材を求めた次第でした。

自分が利用してみて改めて この教材で良かったと思います。
もしこれから受験する者が身近にいれば迷わずこの教材を薦めたいと思います。


なお、同時に進めておりました第二種電気工事士(筆記6/7,技能7/26)も先日免状が届きました。

今後は関連して危険物や電験をめざしてみようかと検討しています。(電験は難しそうですが。。。)



2009年09月30日 いい図書に巡り合えました

9/6に山口県、セミナ−パ−クで行われた一級ボイラ−の試験の発表が本日あり、合格しました。

購入図書(合格パック)を中心に勉強したおかげで、90%は自信を持って答えられました。
(教本がなかった為、深く掘り下げることが出来なかった事が、不安でしたが・・)

傾向も図書どうりで、本当に分からない問題はありませんでした。
いい図書に巡り合え感謝いたします。(tougen)


1.勉強方法
合格パックを購入したのが、2ヶ月前でしたので、「精選問題200」「精選問題193」それぞれ8回行いました。
計算問題は4回、試験問題2回分は2回づつ行いました。
(正解率は90%以上になりました)


2.受験者の皆様へ
合格パックだけ行う事で(ほぼ100%正解できること)、合格点の7〜8割りは点が取れます。
傾向、類似問題が多数あり、いろんな本を参考にするより、身につきます。(教本がなく、市販の図書を本屋で購入しました)
  
誤っているのはどれか?という問題に対して、正解の他4問をじっくり読む事で、かなり知識がつきます。
深く掘り下げる意味でも、教本はあった方がいいです。
  
合格パックを使用する事で、簡単に、しかも限りなく合格に近づきます。頑張りましょう!


2009年09月10日 一級ボイラー技士合格しました

岩手出張試験で2009年9月9日付けで一級ボイラー技士に合格しました。

2008年12月に二級ボイラー技士に合格し、早速「一級ボイラー合格パック」を購入させていただきました。

本格的には2009年4月から8月まで5ヶ月間勉強し、

「精選問題200」と「精選問題193」を10回以上(笑)回して満点まで取れるよう頑張りました。

その後、平成18年後期〜21年前期公表問題を回して、これも満点が取れるまで目標を立てて頑張りました。

特に、よく間違った問題をピックアップし重点的に繰り返しました。

これで、8月の試験直前にはかなりいいところまで持って行きました。

一番役に立ったのが「最新情報」でした。この中から出題されたものが2問あってラッキーでした。

最近の傾向としては過去問を微妙に変えた問題なども出ていますので、日本ボイラー協会の「教本」もあわせてお読みになり、問題の理解を深めることを強くお薦めします。


2.アドバイス
最近の傾向としては過去問を変形した問題が出題されています。

過去問だけでなく「教本」をよく読んである程度理解した上で勉強されることをおすすめします。

「合格パックの最新情報」はかなり有効でした。(yasu)


2009年09月08日 「合格パック」と「技士教本」で合格

9月1日に 1級ボイラーを受験し、本日NET上にて合格を確認することができました。

今回は、時間の都合上、管理人さまから購入した「合格パック」と「技士教本」との突合せのみの勉強で試験に挑みました。

今回の合格は、本当に管理人さまのお蔭です。

「合格パック」。。。凄いですね!特に解説が明確で親切でしたので、理解する上で大変助かりました。

2級の合格と、今回の1級の合格で本当に感謝、感謝です。


受験者へのアドバイスです。。。

管理人さまがHPで表現してます勉強方法そのままです。

問題1問、1問納得できるまで「教本」とのにらめっこですね。1問でも妥協すれば即、命取りになると思います。

納得していけばするほどボイラーが好きになるような気持ちになり、時間を忘れるぐらい勉強してしまいます。

大切な事はまず、ボイラーの事を好きになる事だと思います。

管理人さまHPの今後の益々の発展、繁栄をお祈りいたしております。本当に有難うございました。(北九州 TH)


2009年08月24日 計算機は忘れずに!!

8月2日、(出張試験、富山)一級ボイラー出張試験を受験してきました。

8月17日、安全衛生技術試験協会のホームページで合格の確認をしました。

2級、1級と大変お世話になりました。
全くの素人の私が合格できたのも、「精選問題 200」「精選問題193」のおかげです。本当にありがとうございました。

今月の21日に「ボイラー整備士」の試験も難なく無事終了しました。


受験者の皆様へ

「精選問題 200」は、2回。「精選問題193」は、3回やりました。

これだけで60%は取れますが、試験では表現の違いや言い回し、追記などで混乱する問題が多々あります。

参考書の関連のあるところは、答えだけではなく色々関連づけて覚えてください。

そうすれば、どんな問題が出題されても大丈夫です。
時間はたっぷりありますので、あせらずゆっくり試験に取り組んでください。

追伸
計算機は忘れずに!!

私は忘れてしまい、構造の換算蒸発量計算で大変苦労しました。
計算機なら1分もかからない計算が、手計算で10分以上かかり確かめも大変でした。
前日にカバンへ入れておきましょう。

ちなみに計算問題は、3問出題されました。(k.ryu)


2009年08月17日 次は、特級ボイラー技士に挑戦

8月2日出張試験を受験し、合格しました。

 勉強方法は、「精選問題200」を1問1問徹底的に「技士教本」で確認しながらじっくり取り組みました。

自分として重要視したのは問題で「間違っているものはどれか」という問には正解以外は正しいことだという認識で答えだけでなく問題の文章自体も覚えるようにしました。

 「精選問題200」を徹底的にカバーした後、「精選問題193」にも取り組みましたが、苦手問題を中心にやりました。

1日2時間程度で、3ヶ月間集中して勉強しました。


最新の試験情報や公表問題は『合格パック』で勉強した事への確認に過ぎないようでした。

そして何より計算問題も徹底的に解けるまで様々なパターンで熟知できたのも『合格パック』と管理人さんのアドバイスのおかげです。本当にありがとうございました。

 『合格パック』と管理人さんのご用意してくださる資料と「技士教本」、「法令集」があれば、ボイラー協会の標準問題などほかの書籍は必要ないと思います。

 次は、特級ボイラー技士に挑戦です。
管理人さんの様なサイトが「特級ボイラー技士」にもあればと思います。

しかし、このサイトで学んだ傾向性をしっかりと勉強しながら合格を目指したいと考えています。(masa)


2009年07月17日 一級ボイラー合格しました

本日(7/15)の合格発表、ありました。合格です。

5月からの2ヶ月間、「一級ボイラー合格パック」を購入させていただき、みっちりと勉強しました。

と言っても、「精選問題200」と「精選問題193」を最初から1問ずつ掘り下げることを各2回まわしただけで(後1回まわしたかったが時間が足りませんでした)、試験前の1週間は過去問題、H15〜20年を解いていました。

過去問はほとんどが360点以上の成果を得られるようになっており、改めて「一級ボイラー合格パック」の凄さに驚きました。

「知識が伴わないと」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、

合格を優先させるなら出題傾向に的を絞った「合格パック」は大変有効だと思います。

管理人様ありがとうございました。 ( そらまめ )



2009年07月16日 これから挑戦する皆々様へ

二級を取ったら直ぐに一級を勉強したので大体解ると・・・・でも・・・・甘い考えに・・・・・

「精選200」「精選193」 と「計算問題の完全攻略」を5回通り、納得いくまで深くやりました。

約三週間弱ぐらい・・・・・が?あんまりやりすぎて少し飽きが・・・・・・。
きたので、ホームページを覗いて気分を変えて管理人様のブログ等をやりました。

二刀流で勉強したのですが、勉強と感じが違いゲーム感覚でやれたのも本当です。
実際の試験でも「ゆとり」があったのも事実です。


これから挑戦する皆々様へ

とにかくこの管理人様の「合格パック」を信じてやれば必ず「合格」します。

解らない問題については、
「教本」または、インターネット等を利用して「苦労」して覚えてください。苦労して覚えたことは、忘れません。

それと「九九」を覚えた用に繰り返し学習が身に沁みます。
最後に語呂あわせで覚えてもバッチリです。

計算問題は
必ず答えは「ひとつ」、だから確実に習得して下さい。 (スミル)


2009年06月02日 ブログを毎日活用

5月25日受験の一級ボイラー技士試験の合格発表が有りました。おかげさまで、合格出来ました!

当日の千葉での受験者数は242人、結果は100人合格です。

勝因は、本「ブログ」と「精選200」と「計算問題の完全攻略」のおかげです。

「精選193」は時間が足りず手付かずでした。また、ボイラー協会発行の「公表問題」直近3年分は何度か回しました。


ブログ「一級ボイラー試験への道標」の活用法

「一級ボイラー問題研究」という所の過去のものから、日々の最新更新分まで最低1日1回は観て、正解肢と間違い肢を1問1問テキストで精査しておりました。

この時、正答は確認程度にテキストをなぞり、間違い部分はテキストで掘り下げ、

問題文の何処を改題というか文章の何処を変えてくるのか細切れにして考査、公表問題や管理人さまの「1級パック」解説文と見比べてチェックしました。

テキストは自分の弱点は赤線、要注意や最近の傾向や注目問題には緑線に分け、過去問毎に観ていきました。

「一級パック」受け取り直後の4月中旬頃、管理人さまのサイトの「合否問題にチャレンジ」しました。結果は150点と散々でした。

こちらも上記の方法で精査しまして、試験日前日に2回目のチャレンジをし340点取れました。

テスト時間を区切ってあるのは、緊張感があってメリハリがつきますね!。

時間配分も分かりまして、管理人さまの細やかな心遣いが感じられ至れり尽くせりのサイトだと思いました。

当日は、管理人の「法令科目のまとめ」とボイラー協会の20年度最新版1冊・テキストを持ち望みました。


本ブログは

恐ろしく(笑)精度の高いブログというかサイトで感服致しました。
毎日、軽く目を通すだけでも力が付くようにページの端から端まで要所要所工夫がなされています。

このブログと管理人さまの各パックと自分を信じてやれば、合格できます。

見えない力でバックアップされている感じです。息抜きの美女暦他も素敵です。(by hiro)


2009年01月28日 一級ボイラー無事、合格できました 

1月19日に恵庭で1級ボイラー技士を受験し、無事、合格できました。

実務経験がない素人が、二級、一級を各1回の受験で順調に合格できたのも 、提供いただいた二級「合格セット」、一級「合格パック」や当サイトがあったためと感謝しております。
 
これがなければ、効率的な学習や動機ずけ、学習継続が行えなかったもの と考えます。有難うございました。

私の学習法が、受験者のご参考になれば幸いです。

1.「合格パック」の問題集および過去の公表問題4回分は、延べ6回ほど実施しました。  

各問題と回答の関係(問題の意図、引っ掛け箇所)を中心に理解しました。

実施日を問題集の隅に書き、一定期間毎に(1週間程度ごと)に反復しました。

重要箇所には蛍光ペンで色を塗りましたが、復習時や試験前日には重要箇所として 確認に有効でした。


2.「計算問題の完全攻略」 は、非常に参考となりました。

計算過程(計算式)を覚えることに専念しました。
結果、実際に計算処理は1回しか行いませんでした。

理論空気量は計算過程に加え、答えの数値も憶えました。


3.私は市販本(南雲健治著の「1級ボーラー技士試験完全研究」)と ボイラー協会発行のテキストも併用しました。
やはり、問題集だけでは出題表現が変えられた場合、応用が利かないため、 そのオリジナル文章も一応参考としました。


4.学習始めから試験日まで2級ボイラーでは2カ月、1級ボイラーは2.5ケ月ほどかけました。

平日は1時間程度、休日は3時間程度、学習しました。


5.学習時間をかなり当てたため、本番では8割以上は正解できたと思いますし、 試験当日、ある程度安心して試験に望むことができました。


6.私の学習法は各問題の後に、すぐ回答がくるように電子ファイルを編集し、 問題と回答をセットで覚えるように工夫しました。


7.試験場では、私以外に一級「合格パック」の問題集を見ていた方もおられました。(Hiros)





2008年12月12日 二級ボイラー試験、合格しました!

先日、12月3日にボイラー二級の試験を受け、本日(12/12)合格通知がきたのでご連絡します。

おかげさまで、勉強は順調に進み、
「重要問題240」、「実戦問題240」をしっかり覚え、実力だめしに公表問題(H20前〜H18の5回分)を解いたら、いずれも90%以上の正解をとれるぐらいになりました。


本番の試験では、わからない問題はほとんどなく、90%以上はとれた実感です。

・油だきボイラーの手動による点火操作で、バーナが上下に配置されている場合は、上方のバーナから点火する→誤り

中には、上記のような問題もありましたが、大部分が問題集の記述でカバーされているので消去法で対応できるし、しっかりとやれば合格点はまず間違いないです。


今回の短期間での合格には、この管理人様の問題集は絶対にはずせませんでした。

すばらしいものを、リーズナブルな価格で提供していただきありがとうございました。


私の勉強方法について

1.試験までの勉強(2週間)

@実戦問題240・・・3回

・まず教本を見ながら解きました(1周)
・次に何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(2周)
・次に何も見ずに解き、この段階で正解率90%になりました(3周)

A重要問題240・・・2回

・何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(1周目ですでに80%の正解率でした)
・もう一周させ、この段階で正解率90%になりました(2周)

B公表問題(H20前〜H18の5回分)・・・1回
・実力だめしに解いて、正解率がすべて90%以上でした

C最後に、自分の間違えた問題と知識の弱い部分を「マイプリント」にまとめ、しっかり覚えて試験にのぞみました(この作業がけっこう効いたと思います)


2.今後の受験生の皆様へ

合格のポイントは、


「実戦問題240」や「重要問題240」を使って、自分のよく間違える問題や知識の弱い部分を仕分けて、そこを重点的に覚えることです。

この2冊の問題集は本番の試験の記述を大部分カバーしているので、しっかりやっておけば、自信をもって解答することができ、合格点はまず間違いないです!
(by takeshi)


2008年11月25日 一級ボイラー試験、合格しました!

2008年7月9日のメール


私は、ボイラーの仕事をしている訳でもなく。全くの、素人です。

昨年、ボイラー協会の教本と問題集を三か月勉強して二級ボイラー試験に合格しました。その後、危険物の資格を取りました。

四月に、協会より一級の教本と問題集を買って勉強しています。

しかし、約三か月勉強していますが。さっぱり分かりません。

問題集には、答えの解説がなく。不自由しています。
二級にも、解説はありませんでしたが。

パソコンで、管理人様のHPを、拝見させて貰いました。
今後、宜しく。ご指導下さるよう、お願いいたします。



2008年11月19日の合格メール

今日、恵庭で、12日に行われた。1級ボイラー試験の結果が発表されました。

おかげさまで゛合格していました。106人受験して44人の合格者でした。

合格パックを、購入して3か月間。毎日、勉強しました。

「精選問題200]と「精選問題193」を、繰り返し28回行いました。
(毎回、正の字を書いて、やった回数をカウントしていました。)

試験前日には、全問正解。公表問題も、全問正解するまでになりました。

合格パックを、信じて毎日勉強したおかげだと思っています。全くの、素人が合格出来たのですから。 合格パックは、素晴らしいと感じました。

次は、衛生管理か電気工事士の資格を勉強したいと思います。(by nobu)



2008年11月24日 4回目の受験で合格しました!

11月12日受験の一級ボイラー試験、合格通知を戴きました。

やっと〜ついに いやいや恥ずかしながら4回目でやっとです。

一時は、やめようと思っていましたが、ついに合格しました〜ああ 明日からボイラーの勉強しなくても〜ヤッホー〜ヤッホー開放される。

実は、ほとんど自己流で各試験をクリアしてきたが、今回は自分の力の無さ それと年齢の衰えも〜自分なりに認めざるえませんでした。 

1.30、50、60、10=150  
2.40、10、40、50=140 
3.20、60、00、60=140
これなにか?わかりますよね〜過去3回の配点です、いやいやこのざま 逃げたくもなりました。


管理人様の問題集を試験一月前に受け取り、時間ある限り反復練習しました。


〜過去3回 失敗もそれなりには 今回に生きたとは思いますが、
常に諦めずに頑張れば合格に辿り着くと思う。

今回は、問題にも恵まれていたし、不得意の計算問題も多分4問クリアしたと思う。

記述問題は〜自分ではクリアがなかなか採点には反映されずだった。今回は多分、いやいや合格したのだからなんとかクリアしたのだろう〜  まずは、ありがとうがございました。


1.勉強は、

「合格パック」を全体として2回(この問題集の量は半端じゃない)やりました。


2.3回目までと今回の見事合格との一番の違いは、

自己流での問題集では限界あり、やはり情報不足だった。過去の問題マスターと新情報がカギでした。


3.アドバイスとしては、

やはり、絶対に合格する気持ち持つ事、反復練習、 計算問題で4問と法令で点数を稼ぐ。

今回 合格したから いいが一度こうだと思ったら書き直さない。実は迷いに迷って書き直し結局最初の答えが正解だった。
   
各資格を挑戦する場合、2〜3ヶ月前での試験勉強で大体は、それなりには結果が出たが、今回は、無駄な時間を使ってしまった。


多分 最初から管理人様の問題集をしていれば、それなりに早く合格に辿り着いたかも。

次回からは、別資格に挑戦する場合 情報の収集をしてからにしたい。(by masu)


2008年10月23日 二級ボイラー試験に続き、一級ボイラー試験に合格

「一級ボイラ−技士」 試験日:平成20年10月15日 関東安全衛生技術センター

本日(10/22)の試験発表にて私は無事合格しておりました。

255人の受験者数で今回の合格者は50人でした。
実に合格率19.7%位でしょうか・・
自分自身でもあの「一級ボイラー技士試験」に合格できるとは思ってもいませんでした。

若干の運もあると思いますが、多くの問題に自信を持って回答出来たのも「精選問題200・精選問題193」のおかげと思います。

一級ボイラー技士の試験を受けた当日の自信のある回答数は
構造:6 取扱:6 燃焼:6 法令:7
だったので気持ちの上では合格・不合格どちらとも言えませんでした。

落ちている可能性もあると思い、発表までの1週間は不安な日々が続きましたが,本日の合格でうれしさでいっぱいです。


これから試験に挑む方達にも「精選問題200・精選問題193」を是非お勧めします。

住いの場所によっては「往復の交通費」より教材の方が安い場合もありますから、1回試験に落ちる位ならば教材を購入して合格する方が費用も安く済みますね。

私が「精選問題200・精選問題193」を繰り返し練習した結果、
自信を持った回答数が
構造:6 
取扱:6 
燃焼:6 
法令:7 
というのも非常に受験者には心強いのではないでしょうか?


私の受験日程(関東安全衛生技術センター)

二級ボイラー技士の勉強を始めたのが6月中旬からで、8月4日の「一級ボイラー技士試験」に1回で合格。
8月26日〜9月12日→入院(勉強出来ず)

9月13日から勉強を再開して「一級ボイラー技士試験」を10月15日に受けて1回で合格。

実に4ヶ月位の期間で一級二級の両方を合格しました。

勉強内容も「精選問題200・精選問題193」「重要問題240・実戦問題240」だけといっても過言ではありません。

私の「ボイラー技士教本」は、書き込みも少なく非常に綺麗な状態で、今も机の片隅に置き去りです。

その他の参考書なども購入しておりませんので、

私の頭の中には「精選問題200・精選問題193」「重要問題240・実戦問題240」の知識しかありませんが、試験には無事合格出来ました。

管理人様の教材に出会えた事に感謝すると共に管理人様にも深くお礼申し上げます。ありがとうございました。


2008年09月23日 二級ボイラー技士試験、合格しました!

おかげさまで二級ボイラー技士試験、合格しました。
(8月26日 関東センター)

1.「重要問題240」「実戦問題240」の勉強について

試験の一週間前までほとんど勉強しておらず、真剣にやり始めたのは、そこからでした。

とりあえず一日2科目ずつやる、と決めて、2日間で1周やりました。

問題を解いて、その該当箇所の教本を読むというやり方です。

正直、1日2科目はきつかったですが、3〜4時間かけたと思います。

そのあと、同じ方法で2日間でもう一周やりました。
さらにやろうとしたら、もうその時点で、ほとんどの問題が解けることに気付きました。
自分でも予想外で、驚いたことを覚えております。


その後は、理解が不足していると思われる部分の教本を読むぐらいで、あまり勉強してないです。(ホームページに載っていた最新の公表問題を一回やったぐらい)

試験前日は、1時間もやらなかったと記憶しています。本番の試験も30分で解き終わってしまいました。


2.新しい傾向の問題について

ボイラーのあと、すぐ消防設備士の勉強に取りかかり(9月20日が試験でした)、もうほとんどどんな問題がでたか覚えていないのですが、一問だけ。

“ボイラーの次の部分を変更しようとするとき、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要のあるものはどれか。”
という問題が出たと思います。

私の知る限りでは、必要の無いものはどれか、というパターンしか見たことが無かったので意外でした。

選択肢は、据付基礎・燃焼装置があったと思いますが、あと2つはもう忘れてしまいましたが煙管や水管といった定番のものではなかったと思います。

私は煙管・水管・ステー・管板ぐらいしか覚えてなかったので、ちょっとあわててしまいました。

お役に立てれば幸いです。
続けて一級に挑戦するので、よろしくお願いします。(by hide)


2008年09月15日 一級ボイラー合格報告

9月1日広島県福山市の試験にて合格しました。

良く覚えてはいませんが、「構造」の傾向が若干変わっていたように思います。
一瞬、「えっ?」というような問題が何問か出ました。
「比例動作のオフセット範囲変更」の問題とか・・・


しかしながら、基本が出来ていれば合格点は取れます。

私は「合格パック」の各問題を3回繰り返しやって合格できました。正解率は8割くらい。

1〜2回やって間違えた問題や良く分からない問題だけを集めて自分の「弱点問題」を作り、それで弱い部分は押さえました。


「構造」以外はまったく問題なしで午前・午後ともに退出時間がくるとすぐに退出しました。

計算問題も3問ほど出たので、これは絶対に押さえた方が良いと思います。


計算問題の解法のポイントは、

@公式を覚える他、蒸発熱の比エンタルピと給水の比エンタルピは計算で出せるようにする事。

A回答の単位が/日か/hかに注意する事。(/hだと24で割る)

B問題文を読んで値をそのまま公式に当てはめるだけで良いか、別に算出しなければいけないかを見極める事。

この3つに注意すれば問題ないと思います。

以上 お役に立てて頂ければ幸いです。


2008年08月25日 高校生ですが、合格に向け勉強します!

先日、「二級ボイラー合格セット」を購入し、

高校生でボイラーに関して全く無知の自分でも、無事に合格することが出来ました。

自分の勉強方法としては

1ヶ月前ぐらいから毎日1時間程度勉強しました。

方法としては、「合格セット」に記載されていた

-------------------------------------------------
1)まず、テキストをザッと読む。(少しずつ)
2)「実戦問題240」を使い、読んだ箇所について教本を見ながらやってみる。
3)これを繰り返す。
4)「重要問題240」も同様にやる。
5)「実戦問題240」「重要問題240」を何も見ずにもう一度やる。
6)全科目とも 90点以上になるまで、繰り返しやる。(3〜4回はやっているようです)
7)「公表問題」を研究し、間違った問題は教本(テキスト)で調べる。  
-------------------------------------------------

↑の方法でやりました。

最初は全く合格できないと思ってましたが、
この教材をやっていただけで合格までたどり着けました。


すばらしい教材ありがとうございました。(by fikk)



2008年08月08日 二級ボイラー試験、勉強方法とアドバイス

私の体験談としてお伝えさせていただきます。

数ヶ月前、二級合格パックをお送りいただき、ありがとうございました。
7月18日に京都での出張試験を受験、合格しました。

問題の詳細は忘れてしまいましたが、すべて「重要問題240」・「実戦問題240」そのままか、多少アレンジしている程度でした。

90点になるまで繰り返し勉強すれば絶対合格します。
46歳の私が受かったのですからまちがいありません。


なお、受験者は200名弱、退出の際は受験票に書き込みがしていないか、チェックされました。


1.二級ボイラーの勉強方法

教本を熟読することも大事ですが、やはり、

「重要問題240」、「実戦問題240」を徹底的にこなし、
何が問われているのか、自分で把握することが大事だと思います。
問題を見たら反射的に答えが出せるまで、繰り返し解いて下さい。


社会人の方は時間がとれないと思いますが、たとえばクリアファイルで一部分を持ち歩くなどして細切れの時間を有効に活用してください。

朝または昼休みに30分程度でも毎日解くと必ず実力はついてきます。まず3日、続いて3週間、さらに3か月(時間があれば)やってみてください。


2.受験者へのアドバイス

努力は必ず報われます。

○あと、げんをかついでもいいと思います。
私は1回不合格でしたので、あえて受験会場を変更しました。
 
○試験時間は3時間と長すぎるくらいです。最初の30分が勝負です。
わかる問題からどんどんマークしていってください。

○それから、会場へ着くのは早いにこしたことはありません。
私は試験開始1時間近く前に着きました。そうするとなんとなく落ち着いてきます。

○これ以外にも、だまされたと思って自分がいいと思うことは何でもやってみてください。
 
○それと、ボイラーだけでなく、他の資格を受験してもモチベーションを保つのにいいと思います。
私は現在、危険物取扱者全種類合格(これまでに2種類合格しました)と電験三種合格(非常に厳しいですが)を目指しています。

みなさまがたの参考になれば幸いです。(by syunn)


2008年08月05日 二級ボイラー試験、私の勉強方法をご紹介します

8月4日、千葉で受験をしてきました。

私の勉強方法を簡単にご紹介しておきます。(by tomo)


1.主力となってくるのは「重要問題240:実戦問題240」です。


一番初めに教本をパラパラと見ていきます。
(ここまでは憶えるのでは無く見ておく程度です)


2.重要問題240を解いてみる:1日1科目(60問位を解くだけ)
 
※当然ですが、正解率はボロボロです。これでもOK!
 
採点作業で私は教本に確かに書いてあるな・・程度の確認しかしておりません。


3.構造・取扱い・燃焼・法令を各1回行ったら2回目に突入 
 
2回目も間違った所が教本に書いてある事を目視で確認する程度。


4.3回目に突入、かなり回答や問題自体を憶えてしまうが何より自分の正解率が上がって行く事を楽しむ。

 採点時に教本を開く回数が減っていく


5.重要問題240と同様に実戦問題240を行う→3回


6.公表問題をやってみる。

ここで今までの問題と違う表現である事に気付くので、重要問題240と実戦問題240は基本的な内容を記憶させる程度でしか無い事を理解した。


7.この後にボイラー実技講習3日間を受講する。 

実に3日間は有意義であったと思われます。

講師の言っている事や内容が問題で馴染んでいた事ばかりだったので理解も十分に出来、かつ教本や図鑑もじっくり読む機会になりました。
 
講師の言っている「前回のテストに出ていたよ・・」などの内容も、「重要問題240・実戦問題240」に繰り返し出題されている事ばかりなので、自分の行っている問題を繰り返し解いていく事の有効性を感じました。


8.再び「重要問題240・実戦問題240及び公表問題」を1サイクル行う。
 
この段階で正解率90%位になっていました。


9.ボイラー協会の模擬テストを受験して腕試しをする。 

午前に本番同様のテストを行い、午後は解説の時間。
非売品のテキストをもらう。(学習のポイントと出題傾向)

模擬試験結果は400点中380点で受験者中トップでビックリしました。


10.模擬テストの3日後、千葉県にて試験本番を迎える。

 自信のある回答数は、
 構造:6 取扱い:7 燃焼:9 法令:9
 



2008年07月09日 一級ボイラー試験、短期間の受験勉強でした!

7/1千葉の関東技術センターで試験を受けました。
合格できたのは、貴殿の問題集「合格パック」を購入したお陰だと思っております。

試験期間がかなり短く、10日位でしたが以下の勉強法で合格でした。

教本を1回読んだきり。
「精選問題200」1回解いただけ。
最新過去問2回分を解いただけ。
「精選問題193」は時間の関係でできず。

この「合格パック」を購入しなかったら合格できなかったでしょう。
とにかく感謝、感謝です。


1.短期間の勉強方法について

早期の勉強方法は、貴殿のおっしゃる方法がベストだと思います。
私の場合、教本を最初に1回でもと一通り読んだのが失敗でした。

やはり、貴殿の問題集から始まりその問題集の箇所を教本にチェックしていくのが最良だと思います。

また、貴殿の「法令科目のまとめ」、「計算問題の完全攻略」は直前で大変役に立ちました。
お蔭様で、4問計算問題がでましたが、すべてクリヤーできました。


2.出題問題について(略)


3.総 括
総括して言えることは、貴殿の問題をおっしゃるように3回繰り返して教本にチェックしていけば完璧だと思います。

今回は自分自身も合否が半信半疑(試験勉強時間約10日)でしたが無事合格する事ができました。

最後に貴殿の問題を信じ合格したので、ご参考になればと可能な限りご回答させて頂きました。
(08/07/08 by M.W.)


2008年06月05日 一級ボイラー試験、楽勝でした!

3月21日の二級ボイラー試験に合格した勢いに乗って、5月26日の一級ボイラー試験を受験したのですが、

受験用図書のお陰で二級の時と同様、楽勝という感じでした。
本当によくできた問題集だと思います。と同時に大変感謝しています。


勉強方法は

二級の時と同じで、「精選問題200」と「精選問題193」をそれぞれ3回づつ繰り返しやって、間違えた箇所は一級ボイラー教本にサインペンで印を付け覚え込むようにしました。

3回やれば全問正解レベルに達します。
そうすれば本試験では間違いなく80〜90点とれます。
皆さん、自信を持って臨んでください。

問題集に無かった問題が全体で3問程度あったような気がします。でもその程度はどーって事ないでしょう。

要はこの問題集をきちっとやって試験に臨めば間違いなく合格するということです。参考になれば幸いです。


一級ボイラー教本の使い方は、

@問題集の全肢について教本の該当箇所にまず黄色のサインペンで印をつけた。

A二回目も間違った問題については今度はピンクのサインペンで印をつけた。

B三回目も間違った問題や記憶が曖昧な問題については、☆印をつけて自分なりの覚えやすい表現を教本に書き添えた。

やはり教本の学習が大事で、もし問題集だけで受験していたら合格は少々危うかったかも知れませんね!

というのは問題の内容的には従来と同じなのですが、表現がひねってあって、本質的なことが理解できていないと間違えてしまうような問題が結構あったような気がします。

-------------------------------------------------
一級ボイラー「合格パック購入(4/2)
一級ボイラー試験(5/26)

2月の初めに「2級ボイラー合格セット」を注文したitoです。
3月21日の試験に無事一発合格しました。問題集のお陰で苦も無く合格という感じでした。
そこで溜め込んだ知識が逃げないうちに1級を受験しようと考えまたお世話になることにしました。
-------------------------------------------------


2008年04月26日 二級ボイラー試験 無事一発合格

先日 4月3日のボイラー2級試験を受験し、無事一発合格することができました。
めちゃくちゃ嬉しいです。努力したかいがありました。


1.勉強方法


「重要問題240」、「実戦問題240」とも9割ほど理解できるまで繰り返し行いました。各問題集とも5回以上繰り返しおこないました。

法令に関しては、「法令のまとめ」を丸暗記できるくらいまで何度も見たり書いたりしました。

  
勉強期間は、3ヶ月です。一日最低2時間は行いました。
  
1週間のうち全く勉強しない日を一日設けてそれ以外は勉強しました。
  
週末は一日8時間ほど勉強しました。2時間勉強して30分休憩(トイレや肩を回したり体操したりなど)を繰り返し行いました。


2.アドバイス

構造に関する試験では過去問に無い新しい問題が多く、非常にあせりました。

「重要問題240」、「実戦問題240」に関する事柄を「2級ボイラー技士教本」できちんと確認理解していたら大丈夫だと思います。

法令の問題は、ほぼ過去問から出題されていました。
 
一人で受験勉強をするのは不安なことがいっぱいだと思いますが、
合格したことをイメージして頑張ってください。(by hiroaki)


2008年04月21日 一級ボイラーの勉強方法について

これから受験される方へ、

私が実行した勉強方法です。勉強開始から試験まで2ケ月弱でした。


<用意したもの>

@こちらの「一級ボイラー合格パック」
A一級ボイラー技士教本(日本ボイラ協会刊)
Bわかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則(日本ボイラ協会刊)


<勉強方法>

管理人様ご推奨のやり方と少し順序が前後します、ごめんなさい。

@精選問題集の問題文を教本から探し、教本にラインを引く。

Aこの掲示板の情報で出た内容も同様に教本にライン。

B法令に関しては「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」の本にライン。

C@〜Bをノートに纏める。
(追加書き込みできる様に余白多目に)

D精選問題集を何回か解き、9割以上取れる様にする。

Eたまに気分を変えて、こちらのネット上の問題にもトライ。

F引っ掛けワードは必ずノートなどに書いておく。
(出題の傾向が判ってくる)

G試験直前は問題集で良く間違える所を書き出し、通勤電車の中等でリピート。
(私はトイレにも書いて張り出してました。(^^;)

H計算問題は徹底して数をこなす。

あと、ノートでも教本でも漫然と眺めるのではなく、「何が」「どうなる」をしっかり押さえておく必要があると感じました。

どうも最近の問題が昔に比べ、よおっく見ないと正答が見つけにくい気がしてますので。それではでは。(by nao)


2008年04月12日 二級ボイラー試験合格しておりました

4月3日に恵庭で試験を受けてきました。

勉強の期間が短くて不安でしたが、譲っていただいた問題集のおかげで、非常に効率よく学習できました。


1.勉強方法

@「重要問題240」
A「実戦問題240」 

両方の問題集を5回ほど。さらに平成16年度から19年度の過去出題問題を5回ほど。
          
参考書はオーム社出版「合格一直線!二級ボイラー試験」。

学習時間は1日平均3時間位です。


2.受験者へのアドバイス

「重要問題 240」と「実戦問題 240」を繰り返し実施して、
正解率が9割以上になれば合格圏内だと思います。


それほど、洗練された素晴らしい問題集です。


単に答えの暗記では無く、頭の中でボイラーのしくみや構造をイメージしながら問題を解くと覚えやすいと思います。

但し問題集に良く出てくる記号・単位・数値は全て暗記しました。

私の場合、参考書が少々古かったので、出来るだけ最新のものを使用した方がよろしいかと思います。

皆様の今後のご参考になれば幸いです。(by satoru)




2008年04月11日 4/3の試験無事に一発合格

20数年前の高校時代にとりあえず講習だけ受けていました。

今年の2月末に上司より試験を受けろとの指示があり本屋さんの本で勉強を始めましたが、内容、説明などに不満があり、お世話になった次第です。

「重要問題240」、「実戦問題240」を繰り返しやることで徐々に理解出来ました。

20数年前の講習など受けていないのに等しい状態で、1ヶ月の短期間で一発合格出来たのは、やはり重要問題、実戦問題に巡りあえたからだと思います。大変お世話になりました。

もし一級を受けるようなことがあれば又、お世話になりたいと思います。


1.勉強方法

「重要問題240」を1回やりその後答え合わせして間違った、悩んだところをもう一度調べ直し再度行う。この繰り返しで3〜4回程度やりました。

「実戦問題240」も同様です。

「法令科目のまとめ」ですが実戦問題;重要問題を繰り返している内にほとんど覚えていますので、試験三日前に確認程度で使用しました。


2.アドバイス

試験会場に行ってビックリしましたが、会場に入ってからもほとんどの人がテキストを読んでいて、異様な雰囲気がありました。雰囲気に巻き込まれないようにマイペースでリラックスした方が良いのでは、と思います。

「重要問題240」、「実戦問題240」をやっていれば試験問題は十分に出来るので、自信を持って受験すれば良いと思います。

10問の内4問間違っても合格できる
ので、気持ちに余裕を待ってやれば良いと思います。(by tanaka)


2008年03月18日 ボイラー1級 一発合格

2/29の一級ボイラー試験合格です。

実は私、「精選問題 200」と「精選問題168」を昨年の2/16に送っていただいた直後、会社の都合で別の2つの資格を取得を指示され、まともに教本・問題集を今年1月まで開きませんでした。

正月明けから先ずテキストを一読し、私の場合は超苦手な計算問題を後回しにして「精選問題 200」に取り掛かったところ4科目とも正解率は20%前後。その後「精選問題168」も同じような点数。

間違えた箇所・間違えやすい箇所は教本で調べ直しながら再度挑戦したが、[取扱い]は60%、[構造][燃焼]が50%、[法令]は30%でした。

これを3回繰り返すことで正解率は、ようやく4科目とも80%まで上がったところで、計算問題をこの時点で一気に取り掛かり、公式をしっかり覚え自信が付きました。

最終確認で「精選問題 200」「精選問題168」を解いたところ90%以上をクリア。

費やした日数は約50日間。年齢も40歳後半になり、衰えた記憶力ですがこの問題集のお陰で一発合格を勝ち取りました。

試験は自己採点の限り[取扱い] [構造]は70点以上、[燃焼]はもしかして50点前後、[法令]は80点以上、でも正直言ってインターネットで受験番号を見るまではドキドキでした。

やはり教本もじっくり読み理解したほうがBESTですね。 (by YAMAさん)


2008年03月15日 1級ボイラ試験合格しました〜

これから受験する方々へ

お蔭様で1級ボイラ試験合格しました!!
私の場合、勉強期間1ヶ月半ありましたが管理人様の問題集のおかげで効率よく勉強できました〜。


実際に私がした勉強方法ですが、

ボイラ技士教本と一問一問照らし合わせて問題集を勉強しました。
正直、勉強する範囲の多さにモチベーションが下がったりも度々ありましたが、管理人様の問題集の傾向だけでも確実にしよう!と勉強を進めました。


2月29日の出来栄えはといいますと、

確実なもので 構造6問 取扱8問 燃焼5問 法令10問 でした。今回初挑戦で試験は五井で受験したのですが、自分的には燃料・燃焼が見たこと無い問題ばかりでかなり戸惑いました。


個人的な勉強方法としては

やはり教本をなるべく読み問題集と照らし合わせて勉強することが合格への道かと感じました。

あと、管理人様の最新情報集ですが試験の前日に目を通した問題が何問か出題され、とても助かりました。

これからボイラ試験を受験されようとしている方々への参考になればと思います。ありがとうございました〜 ( by m&a-2008/03/14 )


2008年03月09日 一級ボイラー試験合格できました!

「ボイラー技士への道」の「精選問題200」と「精選問題168」、それと掲示板の新傾向問題の話題が非常に役立ちました。
一発合格させてもらい、どうもありがとうございました。


kazuさんへ


午後の燃焼の問題10題中4題は今回お初の問題で、しかもその内3題は引っ掛け文章だった為、あわてて回答してしまうと全滅の恐れがありましたね。かく言う私目も何問か引っかかってしまった様な気がします。

また、「質量比が大きくなるとAPI度も大きくなる・・・」の問題は一級ボイラー技士の教科書の脚注欄に小さな文字で式が書いてある程度なので、教科書をよく読んでいないと回答に困ったのではないかと思います。

ただし、計算問題に関してはこのサイトの「計算問題の完全攻略」に出題されているものばかりでしたので、この10題さえ押さえておけば確実に得点できたのではないかと思われます。


次回のボイラー技士試験対策としては、

1)計算問題は、

「計算問題の完全攻略」10題の解法を確実にマスターしてから、精選問題200及び168を学習していく。


2)最低合格ライン60%を確保するには、

「精選問題200」及び「精選問題163」を問題の正解以外の間違えの箇所も読み飛ばすのでなく、どこが間違いなのか教本で確認しながら問題文を理解・暗記するように学習していく。


3)新問題の研究は、

「ボイラー技士への道」のトップページ下方5番目あたりにある「ボイラー技士試験・最新情報」や最下方の「DX掲示板」等にある内容を、必要ならワープロにコピペして印刷し、教本と照らし合わせながら学習する。

の以上3点で頑張って勉強して行かれるのが良いと思います。
あとは、ご自分なりに工夫して頑張られるのがよいと思います。

それでは、次回の一級ボイラー技士試験
You Get A Chance !(by もう五井はたくさん )





2008年01月31日 二級ボイラー試験結果報告です

近畿安全衛生技術センターにて1月16日に受験を致しました結果、無事合格することが出来ました。

実質、働きながらの4日間しか勉強できませんでしたが、分けて頂いた問題集のみを集中して解いたせいか、試験も1時間で退出でき、とても助かりました。


1.問題集の利用について
・1/11〜1/15 までの正味4日間の勉強期間でした。
・1/16 試験当日(電車の中で公表問題に目を通す)

○総括しますと、重要問題は約2回半、実戦問題は2回通して学習したことになります。

学習の最後の方は、解答を導き出すのもスムースになり、試験問題が記憶に定着するのが、実感できました。ちょっとギリギリでしたが・・・


○重要問題および実戦問題を初回に実践したときには、正解率は1割にも満たず、どうなってしまうのかと思いました。

そこで焦らず、解らなかった問題は、教本を丁寧に読みながら理解することを心がけました。(実際この時が、一番しんどかったです。)
  
反復学習をすることによって、問題と解答を記憶に定着させるのと、苦手問題を発見し、それを集中して繰り返すことによって、最終的には9割の正解率をもって試験に挑みました。


2.今後のアドバイス

@解らない問題は、必ず教本を読み理解する。
(できれば集中力の発揮できる状態時に)

A問題集の前後に、同類および類似問題が並んでいても手を抜かない。

B繰返し問題を実践することにより、本番でストレートに解答を導き出せなくても消去法で、解答が浮かび上がる。

C本番では「6割出来れば合格」と思う。(完璧を目指さない???)

D「実戦問題240」・「重要問題240」は9割出来きるように! 
 
  

皆さんもおっしゃる通り、
「実戦問題240」・「重要問題240」の9割をこなせるようになれば、必ず合格する と思います。

市販の問題集等も立ち読みしましたが、問題数の絶対量が違いますので・・(by hira)


2008年01月24日 一級ボイラー技士に合格いたしました

昨年春ごろ二級ボイラー技士免状取得から2年経過を機に一級ボイラー技士を受験しようと思い『一級ボイラー合格パック』を購入しました。
日程が合わずなかなか受験できませんでしたが、H20年1月17日に一級ボイラー技士を久留米(九州)で受験しましました。
おかげ様で合格でした。


1.勉強方法

『一級ボイラー合格パック』を購入。
受験勉強に使用した教材は、
 @『1級精選問題200』
 A『法令科目のまとめ』と『法令流れ図』)
 B『1級ボイラー技士教本』(ボイラー協会)
です(実際に勉強を始めたのが試験の直前1月7日からでしたので教材は最低限のものに絞りました)。

法令以外の科目:
@『ボイラー技士教本』を2回ざっと読む。
A『精選問題200』を2回解く
 1)1回目は問題を解き、わからないところは『教本』で確認しました。
 2)2回目は『ボイラー技士教本』の問題の該当箇所を蛍光ペンで印をつけながら、出題個所と出題のパターンを確認しました。
B『ボイラー技士教本』の印をつけた部分だけを出題のパターンを思い出しながら何度か読み返す。
  ※出題されるパターンが思い出せないものは『精選問題200』で再確認する

法令:
@『法令科目のまとめ』を2回目を通す。
A『精選問題200』の法令を解答を見ながら問題と解答を2回読み、出題個所と出題のパターンを確認を行いました。
B『法令科目のまとめ』と『法令流れ図』を何度も読み返しました。


2.目新しい問題

 最近の公表問題は見てませんのでよくわかりません。試験中に解答で迷ったのは各科目で2問程度でした。 


3.今後の受験者に対するアドバイス

 1級ボイラー技士の試験は、出題頻度が高いところと計算問題で確実に得点できば合格と思います。特に時間がない方はメリハリをつけて勉強することをお薦めします。 



2008年01月23日 合格パックを活用

私54歳であり、当方でも貴方様の「合格パック」6点と「1級技士教本」のみで、2-3ケ月もあれば充分合格が可能かと思いました。


*今回、
@計算問題と法令は確実に得点。。「合格パック」で充分カバー可。

  計算問題は、「計算問題の完全攻略」10パターンを繰返す
  法令は2・1級の差が無し(ボイラー室等の但し文のみ追加暗記)

A構造・取扱・燃焼は、足切のみ回避
  計算問題を除き最低3問必須。(「合格パック」で充分カバー可)

 →法令8+計算問題3+各3問/3分野で 計20問正解。
  残り20問から、4問のみ確実なら24/40で60%で合格。

  20問中4問くらい確実でなければ、次回の方が・・。
(例;燃焼等教本ページが少なく短期勉強に効率的)

 アドバイスでもありませんが、御参考になれば・・
 本当にありがとうございました。 


2007年11月23日 「合格セット」で一発合格しました

今年の7月に二級をとりまして、「教本」もなしで、
問題集(一級ボイラー試験「合格セット」)だけで一発合格することができました。ありがとうございました。
今回は燃料及び燃焼の問題がかなり難しくて心配しましたが、他は余裕でできました。

試験まで2ヶ月の期間がありましたので、最初の3週間は「精選問題200」を集中してやりました。
二級試験の直後でありましたが、最初は40〜50%の正解しかなく、最後にはアドバイスにあったように90%正解できるようになりました。

次いで「精選問題168」をやりましたが、60%位の正解率でした。これも90%は理解できるようになったのが残り一ヶ月をきっていました。
その後H19年の2回分の公表試験問題をやり80%位の正解率でした。

その後も上記の問題集を繰り返し実施し、「精選問題」「公表試験問題」とも95%以上正解できるようにしました。
「計算問題の完全攻略」は10日位前に完全に攻略しました。
「法令科目のまとめ」は、直前にポイントとなる数値と届出関係のまとめを覚えました。
これはうまくまとめられていて大変参考になりました。

今回の試験には計算問題が少なかったのが残念でしたが、「教本」を見てないので難しい計算がでても困りますが…。
後はネットで拾えたH15年以降の公表問題を一通り目を通しました。(答えがないので参考に見た程度ですが)

管理人様の「合格セット」を完全にマスターすれば大丈夫だと思いました。
それと今回の燃料・燃焼のようにひねった問題もあるので、直前の協会が出している公表問題をマスターしていれば、
より完全かと思いました。


2007年11月21日 受験者へのメッセージ



@ 要約されている参考書を使用する。
問題の解説は試験に必要な情報・ポイントが市販のものやボイラー協会の参考書とかよりも
最小限の形でまとまった参考書と考えて、ポイントのみ学習しました。(管理人さんの問題集も公表問題集も同じ事がいえます。)→だから解説のついていないボイラー協会の標準問題集はまったくお勧めできません。

A 最小限の労力で繰り返し学習できる方法で勉強する。
勉強しなきゃいけない量ははっきり言って多いです。量を見た時に圧倒されそうなら、1枚の紙に10〜15問のっている状態して勉強の紙枚数を減らして負担を軽くしてみます。
『これだけ(多く)勉強した』で自信につなげる人もいますが、『(少ないかもしれないが)これだけは完璧に勉強した』と自信につなげるのも有りだと思います。物量に圧倒されないで勉強へのモチベーションの低下を防ぎましょう。

B 1つの問題から多く学習する。
  勉強している内に、選択肢を斜め読みしただけで正解に行き着くようになってくると思います。誤りを探すのも重要ですが、実は、問題中の正しい記述の選択肢が頭に入っている事が重要だと思います。(特に法令で間違いなく効果を発揮します)選択肢を見ただけで何も見ずに問題文が書けるなら太鼓判です。

C 緊張感を高められる方法で勉強する。
世間では、重要な申し込み書類ほど基本的に間違いが少ないとされています。
緊張感がある程度あった方が集中力も上がり、短期間で効果がだせると思います。

D 計算問題を練習しておく。
特に文系の人とか年配の人にお勧めしますが、一度で良いので、記号を使わないで記号の内容を示す語句で公式を書いてみて管理人さんの問題集の計算問題を解いてみてください。
あとは練習しましょう。自分の勉強した範囲では1級試験で覚えておかないといけない公式は3〜4つ程度です。何とかなります。あきらめずやってみましょう

E 自分を信じる
努力すればいつか報われる時は来ます。できるだけ自分の努力した量を試験が終わるまで信じましょう(努力は無駄にはなりません)
[by asai]



2007年11月21日 一級ボイラー合格への道のりー2/2

【2.受験者へのアドバイス】

自分が実際にやった勉強法をお伝えします。

@ とりあえず何も見ないで問題をやってみる。
(ちなみに自分は1回目では20%〜30%くらいしか正解しませんでした)
A 解答を見て、解答のポイントを赤のボールペンで一字一句間違わないように慎重にノートへ書き写します。


※この作業には三つの意味が込められています。
1)赤のボールペンで・・・
これは、書き間違えると書き直せないので、緊張感を生み、勉強の集中力を高めています。

2)一字一句間違えないように・・・
これは、一字一句間違えないように書き写すには、何度も解答を読みながらでなければ出来ません。ここが重要なのですが、解答や解説は試験に必要な情報・ポイントが最小限の形でまとまっています。つまり、書き写す行為で、集中力が高まっている状態で試験に必要な情報・ポイントを知らないうちに何度も読み返していて、自分が書いたものもさらに読んでいる繰り返し学習が生まれています。

3)ノートへ書き写す
赤ボールペンで白いノートに書き写した結果、ノートの中に赤と白のみのコントラストを生み出しています。赤と白のコントラストは人間の性質上、着眼性が非常に高いらしく、記憶にも残りやすいとされています。



2007年11月21日 一級ボイラー合格までの道のり-1/2

おかげさまで文系卒で実務経験無しの素人でしたが、1級ボイラー技士試験に一発合格できました。さらに、2級の受験資格を得る講習受講から1級合格まで4ヶ月という短期間で達成できました。ありがとうございました。

管理人さんへのお礼も込めまして、自分の1級ボイラー技士合格までの道のりと『受験者へのアドバイス』を自分なりの方法を記載します。

【1級合格までの道のり】
平成19年7月中旬 ボイラー実技講習 受講
平成19年8月下旬 2級ボイラー技士 試験
平成19年9月初旬 2級ボイラー技士 合格
平成19年9月中旬 精選問題200&168を購入
平成19年10月24日 1級ボイラー技士 勉強開始(別の資格試験のため、この日からスタート)
平成19年11月13日 1級ボイラー技士 試験
平成19年11月20日 1級ボイラー技士 合格

【使用した教材】
@「精選問題200」
A「精選問題168」
B「公表問題及び解答・解説」〜日本ボイラー協会(平成15年〜平成18年まで計8冊)

【1.問題集の勉強】
@「精選問題200」 → 全部を3回解き、2回間違えた所のみ再度勉強しました。
A「精選問題168」 → 全部を1回やっただけです
B「公表問題及び解答・解説」 → 全部を3回解き、2回間違えた所のみ再度勉強しました。
順番はB → A → @で行ないました。
※ただし、管理人さんの問題集・公表問題集をすべてA4の横で10問入るようにして使用しました。
(紙の枚数が増えるとボリューム感で気負ってしまいますので枚数を減らしてみました)
[by asai]


2007年10月19日 二級ボイラー 「これから受験される方へ」

私は随分遠回りな道を辿りました。
最初3日間の講習会
に出て、二級ボイラー技士教本から自分のノートを作り(これで数ヶ月要した)

その後は会社で提携している通信教育を受けたのですが、今から思えばこれがひどかった!
テキストも模擬問題も大変レベルが高く、まるで文系のおばさんには読んでいても全く判らない状態でした。

ギブアップしかけた時に「こちらの問題集」を知り、ようやく光明が見え今日受験できた次第です。
特に法令に関しては、管理人様の纏めていたのが一番判り易く感じました。

勉強方法については他の皆様と大差ないですが、やはり「どこを間違えたか」の復習は大事です。


以下自分で効果あった方法は・・・

@引っ掛けワードを欄外に記入
(例:蒸気トラップで「ドレン」の横に「×懸濁物、きょう雑物」と書く)

A自分で判り易く一覧表を作る
(例:火炎検出器、制御量と操作量、バーナの種類など)

B問題を何回もやると、決まって間違える所あるのでその統計を取り、試験直前はそれをA4一枚程度に纏め書きする。
(私は試験会場向かう途中それだけに目を通しました)

C受験生の様ですがゴロ合わせ
(例:検査と諸届の申請先で使用検査は都道府県労働局長、所轄〜労働局長は「製・溶・構・免」と覚える。後は自動的に所轄〜署長となる訳で。)

Dここの掲示板を読む(笑)
改めて読み返すと、結構同じ問題があちこちで出ている! ちゃんと読んでいたら、もう少し点数上がったかも。

とりあえず、受験はひと段落しましたがビッチリ書き込んだノートは私の宝物です。


2007年09月11日 もちろん一発合格です!(9月3日 中部)

9月3日 の試験結果が出ました。もちろん合格です。後は正式な郵送を待つだけです。
本当にお世話になりました、ありがとうございました!

1.問題集への取り組み
8/17に「精選問題200」、「精選問題168」を購入し、1日50問(42問)づつ 実施していました。
精選問題の勉強1回目では、50問解くのに3時間かかりました。
一通り実施した後は繰り返しです。

3時間が2時間になり、1時間になり、最終的には50問を30分で出来るまでになり、1日100問解くのも苦にならないようになりました。
最終的には問題集暗記レベルまで達し、勉強せずにファミコンばかりしていました。


2.新傾向問題について

@ ディフェーサーポンプ起動時の誤りを探す問題がありました。
A 丸型ガラス液面計のブローの手順の問題。

B シーケンス制御の基本回路の説明問題でセルフホールド回路が優先回路との誤りの記載がありました。
C言い回しの違いに戸惑う問題がありました。


3.受験者へのアドバイス

受験後の感想ですが、「精選問題集」を実施していればほぼ合格間違いなしです。

合格することだけが目的ならば協会の問題集は時間の無駄です。私は20問ほどで挫折しました。購入したことを後悔しています。
ただ、500円の公表問題の解答欄の図は分かりやすく、それはそれで購入する意味があったと思っています。

ちなみに合格発表前に合格を確信し、管理人様に感謝のメールをお送りさせて頂きました。もちろん一発合格です。

「精選問題」自体は過去の公開問題をテーマごとに並べたもの?だと思います。
私の環境ですと廻りに最近受けた人が少なかったので、過去公表問題を入手するのが手間でしたので購入して良かったです。
さらに回答には教本の関連ページまで調査済みで時間短縮、理解につながります。

「精製問題」を実施して良かった最大の要因は、前述、テーマごとの並べ替えのおかげでかなり理解度がアップすることです。
同テーマの問題を立て続けに実施することによる効果はかなり大きいです。

ありがとうございました。(by oda)


2007年08月24日 8月1日の一級試験一発合格することができました!

6月の終わりにこちらの一級受験用図書を購入したEiji です。
おかげ様で先日8月1日の一級試験一発合格することができました。

2月に異動を命じられてからボイラーの事がなにも分からない人間が、半年でここまでこられたのもこの図書のおかげです。

試験の感想ですが、
二級の時よりも簡単だった!

ただし、私の場合法令だけはおそらく40点ギリギリだったと思います。

その他(構造、取り扱い、燃料・燃焼)の3つについては8〜9割とれてる自信があります。

約一月前の事になるので問題についてはあまり覚えてないのでいいかげんな事は書かないようにしますが、二級の時よりもこちらの図書の問題がほとんどだったと記憶してます。


これから受験される方へのアドバイスになるとは思えませんが一応勉強方法をば…

勉強に利用したもの
・「精選問題200」
・「精選問題168」
・公表試験問題(H19.04)
・公表試験問題(H18.10)
・一級ボイラー試験・最新情報(H19.01実施)

これだけです。(ちなみに「一級技士教本」も読んでません、ってか、持ってません)

上記問題集を
1日1セクション解いていく、
これをラスト一ヶ月ほぼ毎日やってました。

ラスト一週間でこちらのサイトに出ている問題を解き、ほぼ完璧にいたしました。


ただ法令だけはナメてました。二級の時にかなり法令が簡単だった(おそらく100点とれてます)ので

「法令なんて二級とあまり変わんないだろう」という気になってて頭に入っていませんでした。

圧力容器の定義については捨てる方が賢明でしょうね、必死になって覚えても出題は多くて1問でしょうしその分他の事にまわしたほうが…と考えます。

あまり参考にはなりませんね…

とにかく試験に合格するための勉強をしてきたので、今からが本当の勉強を現場でしていきます。

本当にお世話になりました。


-----------------------------------------
Eijiさんは、スピード受験でした。

5月22日二級ボイラー試験合格(4月に二級受験図書を購入)
8月1日 一級ボイラー試験合格(6月に一級受験図書を購入)




2007年07月10日 計算問題に力を入れ、法令問題を得意分野にする !

まずは、『本当に、有難う御座いました。』

仕事が終わって、不安ながら安全衛生技術試験協会のHPで合格者の受験番号を確認したところ、ありました。【0003】番 みごと合格していました。本当に苦労の甲斐がありました。

7月2日の試験についてなんですが、僕にとっては、前半の構造と取扱いが今回の試験の山だったと思います。

その中でも初っ端の構造がまったく、過去問に無い問題が大半を占めていたかと思います。(無い頭をひねくり回して、考えました)。

その後の、取扱いの問題についても2問ぐらいは、過去問に似たような問題だったと思います。ただ、残りの問題も何度か繰り返し問題を読めば、なんとなく回答が出てきたような様な気がします。それでも5割ぐらいの自信ですらありませんでした。

後半の燃料・燃焼及び、法令は、僕にとってはかなりの自信が有りました。(9割の出来)

今回、僕は、5月24日の試験(不合格=構造:40点・取扱:50点・燃料、燃焼:70点・法令:60点)のあとに管理人さんのHPを知ったので、ある程度の勉強(今、考えれば上辺だけの勉強に過ぎない)はしていたので、

管理人さんから購入した図書は、「精選問題200」のみでしたが、今、思うと、「精選問題168」も購入し、勉強幅を増やせばよかったと思いました。


ただこれだけは、管理人さんのアドバイス通りに忠実に行いました。それは、『計算問題に力を入れ、法令問題を得意分野にする。』ということです。もう、この言葉につきると思います。

これは、これからボイラー試験を受験され方、全員に教訓にして頂きたい言葉だと思います。実際、このアドバイスの言葉が無ければ、到底、合格できなかったでしょう。それどこらか、もう諦めていたかも分かりません。

このたびは、僕を合格への道へと導いて下さいまして、誠に有難う御座いました。今夜は、美酒で乾杯と行きたいです。

P.S これからも受験生達の礎となる様、頑張って下さい。心より応援 申し上げます。




2007年06月20日 2級ボイラー技士試験に無事合格 !

管理人様の問題集のおかげで6/12の2級ボイラー技士試験に無事合格できました。ありがとうございます。

引き続き1級の勉強を開始したいと思いますので、問題集を注文させて頂きます。

1.問題集での勉強方法
・「重要問題240」
・「実戦問題240」
・「実戦問題160」
・「法令科目のまとめ」

問題集は各5回程回しました。問題集を解いて、間違った所や不明な点は教本で何回も確認し、理解に努めました。

3回目位から、だいぶ理解が深まった気がします。

ボイラ協会の標準問題集も実は購入していたのですが、全く使用していません。
標準問題集を注文してしまった後でこのサイトを知ったのでもうちょっと前に調べておけばよかったと後悔しています。


2.受験者へのアドバイス

今回(6/12)の試験は「1:構造」の分野で全く見たことのない問題が4〜5問有り、非常にあせりました。多分、6割とれていなかったと思います。他の3分野は各8割程正解できていたと思います。

今後受験する人へのアドバイスですが、
とにかく「この問題集を9割」は正解できる様何回も繰り返すことで、十分合格圏内に到達出来ると思います。



2007年05月29日 二級ボイラー 無事合格しました!

本日インターネットでの合格発表があり無事合格しました。
やはり、管理人さんの問題集のおかげです。ありがとうございました。

@私の場合試験まで一ヶ月ありましたので、

問題集は、みなさんの教え通り毎日1時間から2時間ぐらい勉強しました。日曜日など時間がある時は長く勉強しました。

問題集は合計5回
くらいしました。


Aみなさんにアドバイスするとしたら

法令科目で他の科目(ボイラーの構造、取り扱い、燃料及び燃焼)をカバーした感じです。

法令は法律なのでひっかけ問題は作りにくい感じがしたからです(数字や決まり事を覚える)。

当日の試験は問題集と同じ問題も出ましたが、問題集を少しひねった問題も出ました。

ひねり問題に対応するために必ず深く掘り下げた後で、ボイラー技士教本を隅までをじっくり読むと内容の理解が深まると思います。

管理人さんは本当に親切で丁寧にわからないことも教えてくださります。感謝です! また一級の試験の時にはよろしくお願いします。




2007年03月16日 二級ボイラー/一発合格することができました!

無事、一発合格することができました。

○勉強方法

期間が10日程度しかなかったため、『購入した図書のみ』をひたすらやりました。

「重要問題240(以下重)」1章→2章→1章、2章→3章→1章、2章、3章→4章→1章、2章、3章、4章と、

「実戦問題240」も同じように『とにかく繰り返し』やりました。


○受験した感想

「重要問題240」「実戦問題240」解説付 を正解率100%の状態で、

@実際に出題された問題は(ここからは私的です)3割程度で5割が問題が一緒で、
A回答の選択肢5つのうち3つが同じで残り2つが見たこともない言葉・説明文で、この2つのうちから正解を選ぶかたちでした。
Bそして残りの2割が問題、回答ともに見たこともない言葉・説明文でした。

初めて受験したので比べることは出来ませんが、私的にはすごく難しく感じました。受験後は、「今回はダメだなぁ」とおもうくらいでした(汗


○結果としては合格できたのですが、気持ちよく受験後を迎えたいのであれば「教本」も購入し、勉強したほうがいいのかなと思いました。


2007年03月12日 一級ボイラー受験者へ「一言です」

受験者に対する一言でも頂けませんか。とのことですが、少しでもお役に立てればうれしいので、述べさせていただきます。

2回目の受験で合格できました。
1回目の受験は1月に受けましたが、合格率が40%くらいと聞いていたので、なめてかかっていました。

勉強もボイラー協会発行の標準問題と市販のテキストを見た程度でした。当然内容も理解できていなかったと思います。
(標準問題は答えだけで解説がないので、まったくお勧めできません。)
結果は構造が20点であとはすべて50点という結果でした。

そこで、慌てて理解できそうな問題集がないかをインターネットで探したところこの「精選問題集」を見つけて購入しました。

期間は約1ヶ月ちょいでしたが、問題集だけを指導どおりやりました。ただ、ボイラー技士テキストは購入しませんでした。
設問と解説をよんで、どこが間違っているのかを理解するようにしました。

試験は、問題集になかった問題も数問ありましたが、ほとんどは問題集と同じ内容で。
問題集では正解の設問が間違いの設問になっていたりする程度でした。

解説を読んで理解をしていたら解けると思います。計算問題はどれも問題集と同じ問題で、答えの順番が替えてあるだけでした。

「精選問題集」を何度も繰り返して、設問の内容(どこが間違っているのか)を理解すれば 必ず合格できると思います。

この問題集でこの値段は絶対に安いです。最初からこの問題集を知っていれば、2回も受けなくて済んだと思います。

以上長々となりましたが、私の率直な気持ちです。 (by miyata) 


図書購入日:1月24日
1.「精選問題200」
2.「精選問題168」
3.一級公表試験問題(平成18年10月)   
4.一級公表試験問題(平成18年04月)   
5.一級ボイラー試験・最新情報(H18.08.25実施)
6.「計算問題の完全攻略」
受験日:3月2日


2007年03月11日 一級ボイラー受験者の方へ

takumiさんからのメッセージです。

今回は受験期間が2週間弱と少し短めにもかかわらず
あまり、頑張らずに合格できたのは
”管理人さん”のおかげです ありがとうございました。

受験者に対する一言ということですが
あまり、役に立たないかも知れませんが・・・

とりあえず一番良かったと思うことは
去年の10月終わり頃の2級ボイラー試験を受けていたことだと思います。
管理人さんの言葉にもありましたが、2級を受けてすぐに1級を受けることが
きっと合格への近道です。2級とほぼ変わらないように感じました!違うと感じたのは
計算問題くらいで・・・計算問題は確実にやっていた方がいいと思います

で、勉強方法はというと、
使用教材
1・よくわかる 1級ボイラー技士試験 (市販)
2・一級ボイラー技士 精選問題200
3・一級ボイラー技士 精選問題168

勉強時間は約2週間弱で1週間はとりあえず、1を読み終えて
残り1週間のうち4日間は2・3をやりました。残りは
過去問を解いて自信をつけて終了です!
あとで思うとあまり1はいらないと思います。あってもいいかなって感じ

僕が実感したのは2・3をやりつつ解答をみて少しずつ覚えていったら
いいと思います。問題慣れすることが大事!!
実際やったのは2・3を3回ずつですが1回やれば
2回、3回目はだいぶ早くやり終えれると思います。

あと・・・文頭でも述べましたが計算問題はひねりなどあまり
ないような気がしたのでとりあえず式さえ覚えれば簡単だと思います。
だ・か・ら完璧に点が取れるようにしといたほうがいい

最後に、これはすごく個人的な感想ですので
参考までにして頂きたいです。自分なりのやりやすいやり方を
選んでもらってその時の足しに少しでもなれたらいいかなぁとおもいます。

図書購入日:2月18日
1.「精選問題200」
2.「精選問題168」
3.一級公表試験問題(平成18年10月)
4.一級ボイラー技士試験・最新情報(H18.08.25実施)
5.「法令科目のまとめ」
受験日:3月2日


2007年03月10日 一級ボイラー技士合格しました!

2/1にボイラー図書を購入させていただきましたshinと申します。
宮城にて3/2受験し、本日合格通知届きました。

高校生の時二級ボイラーを取得し、二十数年ぶりのボイラーの勉強で、ほとんど初心者からのスタートでした。

実質学習期間は1ヶ月でしたが、毎日仕事後に1〜2時間ほど時間をつくり、

・「精選問題200」
・「精選問題168」
・「一級公表試験問題(平成18年10月)」
・「一級公表試験問題(平成18年04月)」

を各5〜6回履修して出題の傾向を探りました。

「精選問題」メインの学習だけで試験日直前まで来てしまい、ボイラ協会の「標準問題集」も購入しましたが、結局使わずに試験に挑みました。


○試験の感想は、やはりほかの皆さんがおっしゃるとおり、
「精選問題200」、「精選問題168」、をマスターすれば合格圏内に達することは可能だと思います。

ただ、「精選問題」では無かったパターンの問題(内容は覚えておりません)が何問かあり、応用で回答をださなければならず、あせったりもしました。

試験を終えて帰宅の途、6割は取れてる!と自分を慰めたり、
もう少し「教本」を読んでおけばプラス何問かは取れて、安心して帰宅できたかなと反省したりもしました。

○発表までは心配でしたが、昨日のHPでの発表で受験番号を確認し一安心しました。

二十数年ぶりの学習で、何から始めたらいいのか悩んでいるころに管理人様のHPに出会い、これに賭けてみようと思ったのは間違いではなかったです。本当に有難うございました。



2007年01月27日 二級ボイラー技士試験の報告

おかげさまで、二級ボイラ−技士試験の合格通知書が、本日送られてきました。(by nakamura)

試験問題ですが、50%は実戦問題と同じものが出題されていて、20〜30%が内容を変えた問題で、残りがひねくれた問題だった様な気がします。


【関東安全衛生技術センタ−・1月16日試験実施】

【1】出題された問題(新傾向問題及び間違えやすい問題)

1)ボイラーの構造

1.温度について間違っているもの。:「教本」P1参照

2.温水ボイラ-の使用配管を選ばせる。(  )と(  ):教本P79、P33図1.20

3.オンオフ動作、ハイ・ロ−オフ動作、比例動作、積分動作の説明で間違っているもの。:P91〜94


2)ボイラーの取扱い

1.空気量が多い場合は、炎は(  )(  )を呈し炉内は明るい。:P148

2.工業分析についての説明。P227

3.高発熱量と低発熱量について?P228


3)燃料と燃焼

1.特殊燃料で廃タイヤ、産廃キ物、都市じんかい、固形化燃料の発熱量の高い物の選択。P240,241

2.窒素酸化物(NOx)の発生抑制方法。P267

3.ばいじんの低減対策の説明。P267

4.油だきボイラ−の燃焼条件。P269

5.平衡通風の炉内圧は大気圧よりわずかに(  )調整するのが普通。:P277


4)関係法令

1.ボイラ−の伝熱面積に参入しないもの。(空気予熱器を選ばせる):第2条

2.ボイラ−取扱作業主任者が行うべき業務で定められてないもの。:第25条


【2】使用した二級ボイラ−図書
 
@「重要問題240」
A「実戦問題240」解説付
B「実戦問題160」 

C「法令科目のまとめ」
D二級ボイラー技士公表試験問題(H18.10)
E二級ボイラー技士公表試験問題(H18.04)
F二級ボイラー技士公表試験問題(H17.10)


【3】勉強の仕方

全図書を5回ほど繰り返し取り組みました。(毎日1〜2時間ほど)

勉強方法は、まず「重要問題240」を「二級ボイラ−技士教本」及び「法令科目のまとめ」で照らし合わせながら理解出来るまで覚えた。

次に何も見ずに問題を解き、間違えた箇所は付箋紙で記しておき再度チャレンジし、出来るまでやった。

以下、同じ様に購入図書の問題も全数解きました。

最終の正解率は98%〜100%でした。


【4】受験者の皆様へ

「重要問題240」並び「実戦問題200」は非常に良い図書で、本試験にはとても役立つと思います。

受験者の皆様方も是非チャレンジして合格して下さい。管理人様はとても親切な方ですヨ!



2007年01月24日 一級ボイラー/お礼とご報告

1月17日に関東で受験して、本日発表があり、おかげ様で合格する事ができました。

お世話になった「精選問題集」で極めて質の高い、効率的な学習で合格を勝ち取る事が出来ました。

厚く御礼を申し上げます。嬉しさと達成感で胸がいっぱいです。本当にありがとうございました。

○今回の勉強法としては、精選問題集を柱にしており、参考書は市販(オーム社1級ボイラー試験完全研究)を使用してます。協会のは一切、目にしてないのが実情です。

ただ、目にしてない問題は幾つかありました。それは、アドバイスを頂いた通り、参考書で深く掘り下げるというのを忠実に守るという事で、応用が利き、或いは直感で正解を導く事が出来たと思います。

○私なりの受験者にたいするアドバイスは、

@上記の様に問題は参考書で深く掘り下げる
A正しいものはどれか?という質問は、他はどこが間違っているかというのを明確にしておく
A誤っているものはどれか?という質問は、他は○なので覚えておく。

B式の定数や重要な数字はゴロ合わせで覚える
例えば、2257は、フーフーとコナを吹きとばして蒸発量アップとか
C問題を一通り勉強したら、参考書を熟読して理解を深める
D特に1級は弱点を克服しないまま受験して受かるほど甘くない
E上記をどうしても残してしまうなら、他でカバーできる実力を付ける

F問題集はなるべく最新のものを使用する。大昔とはズレがある
G広く浅くも心得ておく。言葉の定義や理論の深追いはほどほどに

こんなところでしょうか?

今後も管理人様の導きで沢山の合格者が出る事と思います。
本当にありがとうございました。(by User YBB)


2006年12月25日 一級ボイラー試験 合格しましたぁ!!!

岩手の高3のtamuraです〜(・∀・)先日はどうもです。
まず・・・管理人さん!合格しましたぁ!!!!!!

本当は明日郵送(12月26日)での通知になるのですが、気になって一足早くHPで確認してしまいました!笑

朝からドキドキして番号あるかなーと、不安になりながら見たところありました!!!7095!・・・ホントに嬉しかったです。

寝ないで勉強した甲斐がありました〜。朝からキブンが良かったですね!これで今までの不安が消え去りました。本当に良かった、ただそれだけです。


みなさんも報告しているように勉強方法を書いてみます。

買ったものは「精選問題200」、「精選問題168」と「最新情報」、「H18年10月公表試験問題」です。

このHPを知ったのは試験2週間ちょっと前でしたので、急遽購入をしました。管理人さんの迅速な対応に感謝するばかりです。

まず、「精選200」から手をつけていきました。
科目ごとに一通り解き、採点しながらミスしたところやチェックポイントなどをノートにまとめていきました。
「精選200」は3回ほどやったと思います。

特に 計算問題、【公式】を覚え、通常の電卓で計算する場合の順序を覚えていきました。

次に「精選168」に移りました。
「精選200」である程度自信はついていたつもりでしたが、
「精選168」のほうは最近の問題を多く掲載してあり、また少し違ったパターンで最初は難しい気がしました。

ですが、こちらも一通りやらないことには話にならないので、とにかくやりました。こちらも3回ほどでしょうか。

試験直前は「精選200」、「精選168」の計算問題だけ何度かやったりして、自信をつけました。仕上げに「最新の公表試験問題」をやった、というカンジです・・・。

問題等をフロッピーディスクに入れて送っていただき、最初の4日くらいはパソコンの画面とにらめっこしていました。

ですが、試験問題という性質上、文章を読んでよく考えなくてはならず、パソコンの画面を見ていると疲れるということから、データを印刷することに決めました。

実際に印刷したところ、両面印刷したにもかかわらずに紙が目を疑うような厚さになりました。その時は既に試験1週間前でしたので、全部できるかなぁ?と思いました。

その日から『絶対合格』を目標に深夜の勉強が始まりました。やはり紙に刷るとゆっくり考えることができてよかったです。

連日、睡眠時間は2時間ほどでした(´〜`;)最後のほうなんか、間に合わないと思って授業中ずっとバレないようにやってました。(笑) いゃあ苦労が報われました。。。

みなさんに言いたいことがありますのでこの場を借りて・・・

@計算問題は完璧にしたほうがいいです!「頭」を使うのではなく「電卓」を使えるので公式通りにやれば答えは出ます!諦めないでください。

A暗記にも限界があるので要点をノート等にまとめることをお勧めします。

B5択式ですので、必ず答えはあります!引っ掛けも文章にかくれていたりするので、視野を少し広げて文章全体を見てみましょう!「これはおかしい」があるはず!

最後に、管理人さん本当に感謝しています!
精選問題をまとめた苦労は半端なものではないと思います。

もっと早くこのHPに辿り着けばよかった。ですが、辿り着かなかったことを考えると今の嬉しさはありませんでした。
本当に感謝感謝です。。。

みなさん、このHPの問題集は格安だと思いますょ!内容も濃いし。
受ける人は今すぐ買うべきですね(´∀`)


長々とすみません。どうもありがとうございました。


2006年12月02日 一級ボイラー受験体験です

問題集を8月に購入させて頂きました、広島のkobaです。

11月11日(土)広島地区出張試験の結果ですが、11月22日発表があり 合格しました。
取り急ぎご報告させて頂きます。ありがとうございました。

大変おこがましいですが、体験記を書かせていただきます。

○使用教材
1.一級ボイラー「精選問題 200」
2.一級ボイラー「精選問題 168」
3.「法令科目のまとめ」
4.一級ボイラー技士試験問題(平成18年04月公表)
5.一級ボイラー技士試験 最新情報(2006/1/18実施) 
6.一級ボイラ−技士教本(平成18年1月12日 改定第2版)

○勉強期間
8月初旬から約4ヶ月

○勉強方法
基本的に管理人様のやり方にプラスして
1.教本を通読する。(約2週間)
2.「精選問題200」を解いてみる。
3.教本で一問毎に(深く掘り下げる)
4.「精選問題168」を解いてみる。
5.教本で一問毎に(深く掘り下げる)
6.教本を再度通読する

7.「精選問題200」、「精選問題168」を最初から解いてみて、間違った問題を(深く掘り下げる)
 
合計4回解いてみました。結果は90%以上の正解率に達成。

8.一級ボイラー技士試験問題(平成18年04月公表)を解いてみる。(90%以上正解)

9.試験直前にHPのチャレンジテストA,B各2回行う。
合格基準をクリア−して、自信をつける。

10.「HPの最新情報」をチェックして出題傾向を把握する。
   前日HPをチェックして2問程度助けられました。


○これから受験される方へ  

 1.管理人様の問題を繰り返し解いて正解率を上げて、教本をじっくり読むことで無駄なく勉強ができます。

   市販の参考書は不要と思います。
   全く同じ問題、類似問題が6割〜7割の確率で、出題されていました。

 2.計算問題は式を覚えることで、確実に点が取れます。

   今回40問中4問出ました。全問正解で 得点が1割UPします。 



2006年11月24日 一級ボイラー試験問題/「深く掘り下げる」作業の重要性

11月21日発表があり、無事合格できました。
やはり、2級が受かったら即1級受験が合格への 近道ですね。

今回は、受験日まで約2ヶ月の準備期間がありましたが、 最初の1ヶ月は購入した問題集をとにかく回数をこなし 正解率をあげる事に専念しました。

2級の時と同様1日1科目のペースで、寝る前の1時間〜1時間半程度です。
後半の1ヶ月間は問題集と教本をつき合せながらの確認作業を中心に。 (いわゆる管理人様がいうところの『深く掘り下げる』作業ですね。)

2級を受けたときに痛感したのが、この「深く掘り下げる」作業の重要性だったので、

問題集で正解することだけに満足せず、なぜそれが正しいのかの裏付けを教本で確認し、1問1問納得しながら勉強しました。

実際、今回の1級の試験でこんな問題がありました。

「過熱器の安全弁は、本体の安全弁が先に吹くと過熱器への蒸気の流れが増加し過熱器を損傷させるおそれがあるため、ボイラー本体の安全弁より先に 吹き出すよう調整する。」

増加ではなく減少なので間違いな訳ですが、よく問題にありがちな 「過熱器の安全弁はボイラー本体の安全弁より先に吹き出すよう調整する」
の部分だけを覚えていると、危なくひっかかってしまいそうな問題ですよね。

受験後の感触は、「大丈夫だろう6割、やばいかも2割、 なにこれ!見たこと無い2割」ってところでしょうか。

7月に2級受験を思いつき、約4ヶ月の間で2級、1級と、「ともに1発合格」できたわけですが、 管理人様のホームページと問題集に出会わなければ、 この合格は無かったと思います。
本当にすばらしい教材を提供していただき、ありがとうございました。

○これから受験される方へ

管理人様の問題集と教本だけで、 お金をかけず時間をかけず十分合格できますよ!


2006年11月22日 Re: 一級ボイラー試験、大変難しかった

10月16日に購入させて頂きました。しげマルです。

11月14日に近畿安全衛生技術センターで一級ボイラーの受験をし、本日、HPで受験番号を確認しまし一発合格できたみたいです。どうも有難う御座いました。

受験はもっと先に予定していたのですが、平日に休みが取れ、25日偶々試験会場(近畿安全衛生技術センター)近くに行く事になり、試験日と願書を貰いに寄った所、11月14日の試験に間に合うとの事でその日に申し込みして帰ってきました。 

購入したテキストを印刷しその日から絶対クリアできる(する)予定を組んで毎日2時間〜3時間勉強しました。

テキストが試験方式で解りやすい説明付きで、また試験日まで日数が無い為の焦りか、はたまた8300円を無駄に出来ない為か結構、集中できた20日間でした。

購入したテキストは

1.一級ボイラー「精選問題200」
2.一級ボイラー「精選問題168」
3.一級ボイラー公表試験問題(平成18年10月)
4.一級ボイラー公表試験問題(平成18年04月)
5.一級ボイラー技士試験・最新情報(H18.08.25)
6.一級ボイラー技士試験・最新情報(H18.01.18)
7.「法令科目のまとめ」

私の勉強方法は管理人様の書かれておられる様にまず、問題を解いてみる。ですね。
まず一日目に「精選問題168」の「構造」を解く。
二日目にその解答をみながら納得する。
三日目に「取り扱い」・・・・・・・といった具合にちょっとずつ進めました。

途中で教本がないと深く理解できないと気づきYオクで購入。
その後もテキストと教本のみで進めてきました。
ほとんど、細かい所に気を遣いながら丸憶えです。


時間の都合上、購入したテキストは各一回だけの使用でしたが同じ問題も多数あったのでラッキーでした。
どうしようもない問題もありましたが消去方で確率をあげ運任せ(経験から文章の長いものが誤りが多い、正解は最後にある等)の法則?でクリアできたみたいです。

最後になりましたが、管理人様のテキストに出会わなければこんな嬉しい結果になることはなかった。

お手頃価格で購入できますし、これから挑戦される皆さん、高価な参考書はいりません!このテキストと教本で合格できます!

wakiさん おめでとうございます。
わたしも44名の枠に入れました〜♪


2006年11月21日 一級ボイラー試験、大変難しかった

9月25日に、下記図書をYahooオークションにて発見し、頂戴しましたwakiです。

1.一級ボイラー「精選問題200」
2.一級ボイラー「精選問題168」
3.「法令科目のまとめ」
4.「一級ボイラー試験問題(平成18年04月公表);解説付」
5.一級ボイラー技士試験 最新情報(2006/8/25実施)

11月14日に近畿安全衛生技術センターで一級ボイラーの受験をし、おかげさまで無事一発合格できました。どうも有難う御座いました。

一級ボイラーを受けられる方へ

私の場合、試験まで1ヶ月以上あったため、問題集は「精選問題200」と「精選問題168」のみで、200+168は5回ほど繰り返し解きました。

おかげで精選問題200+168はほぼ100%の正解率でした。

あと、計算問題を完璧にマスターするために、精選問題200+168に計算問題があるページのみ別にコピーし、それを3回ほど繰り返し計算問題は完璧にしました。


試験最新情報

実際、本試験では「精選問題200」「精選問題168」にある計算問題が、そのまま出題されていたようでした。

あと、精選問題200+168には無かったもので、特殊燃料(バガス、バーク、黒液、都市ごみ、石油コークス)の説明と発熱量の問題。

バブリング流動層ボイラーと循環流動層ボイラーの空気の速度の問題(循環流動層ボイラーの空気の速度はバブリング流動層ボイラーの空気の速度よりも速い。)というような問題もありました。

それと、「精選問題168」の問10のボイラー緊急停止の問題で、168ではBの操作が「空気の供給を停止」ですが、本試験では、「炉内、煙道の換気を行う。」に変更されていると言うようなものもありました。


感想と反省

今回、「精選問題200」「精選問題168」を完璧にしていた為、楽勝と思い受験しましたが、実際、本試験では知らないような問題が沢山出題され大変難しく思いました。

最後に「精選問題200」「精選問題168」にある問題も、正解の文も誤りの文も、十分教本にて理解し、管理人さまのおっしゃる通り、「深く掘り下げる」というのは本当に必要だと感じました。

※ちなみに11/14に近畿安全衛生技術センターで一級ボイラーの受験者は177名で合格者は44名でした。(合格は25%弱)

今回、一発で合格でき大変喜んでおります。どうも有難う御座いました。



2006年11月02日 問題集は「ボイラー教本」と照らし合わせて

E氏(秋田県)の二級ボイラー技士試験・合格体験記です。

今日、合格発表があり、合格しておりました。

試験は、非常に難しく感じました。なんだかこちらの予想していたものが見透かされているかのよう。

冷静に何度も何度も確認し、「自己採点で、もしかしたら合格できるかな」という感じでした。

でも、あの問題集のおかげもあり、心の余裕ができ、こうして合格することができました。ありがとうございました。

まさに、あの問題集は、強い味方になってくれました。

---------------------------------------
○二級ボイラー図書:8月1日
1.「重要問題240」
2.「実戦問題200」
3.「法令科目のまとめ」
4.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)  
5.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
○受 験 日:10月15日
---------------------------------------

1.私の勉強方法

・「重要問題240」
・「実戦問題200」
・「法令科目のまとめ」

この3点を、ほぼ、パーフェクトになるまでやりました。

問題集は「ボイラー教本」と照らし合わせて、間違った所は、確実に頭に叩き入れるように繰り返しやりました。

法令は、毎日、新聞を読む感じでリラックスして目を通していました。

2.受験者へのアドバイス

毎日、試験勉強時間を決めてやること。だらだら長くやらない。繰り返し問題集をこなすこと。

これだけでも自信がつきます。あとは暇な時や、時間に余裕のある場合、「教本」を読む。そうすれば自分の弱点の所もわかります。

まずは、カレンダーを見てスケジュールを組んでみてはどうでしょう。


2006年11月01日 計算問題を全て解けたのが大きかった

T氏(秋田県)の合格体験記です。

本日、秋田市での出張特別試験(10月15日実施)の合格発表があり、一級ボイラー技士試験に無事合格できました。
-------------------------------------
一級ボイラー図書購入:6月2日、9月4日
1.一級ボイラー「精選問題200」
2.一級ボイラー「精選問題168」
3.一級ボイラー公表試験問題(平成18年04月)
4.一級ボイラー試験 最新情報(06/1/18実施) 
受験日:10月15日
-------------------------------------

私は「精選問題200」と「精選問題168」をご提供頂きましたが、「精選問題200」を主として、「精選問題168」は計算問題のみ二回解きました。

やはり本番で計算問題を全て解けたのが大きかったと思います。

個人的な意見ですが、一級ボイラー試験の問題は、現在過渡期にあると思います。
最新の教本から作った問題と今までの頻出問題が混在していると感じています。

このHPの最新情報や新しい公表問題を十分研究すること、

教本は単に問題の答えを探すだけでなく、その周辺の文章をよく読むことが肝要かと思います。


管理人様には細かなことまで親切にご指導頂き感謝しています。有難うございました。


2006年10月29日 問題集をひたすら解きました

N氏(大分県)の合格体験記です。

先般,一級ボイラー技士問題集を購入させていただきました。
おかげさまを持ちまして,9月30日に実施された試験に見事合格することが出来ました。
どうもありがとうございました。
次は特級に挑戦したいと思っています。

-------------------------------------
一級ボイラー図書購入:8月22日
1.一級ボイラー「精選問題200」
2.一級ボイラー「精選問題168」
3.「法令科目のまとめ」
4.一級ボイラー公表試験問題(平成18年04月)
5.一級ボイラー試験 最新情報(06/1/18実施) 
受験日:9月30日
-------------------------------------

1.問題集の実施回数と正解率について
 
精選問題全部合わせると,368問になるのでしょうか? 問題集の実施回数は、3回です。
(あらためて3回と書くと,”すげー!こんなにやったんだ”と感心してしまいました)
 
最後の正解率は・・・私の場合,法令が少し苦手でこれが80%くらいだと思います。 他は,ほぼ100%でした。
(・・・って言うか,3回もやれば100点取ってあたりまえ,かもでね。法令はなんとなく覚えずらくて・・・)
 
(注)私は,最後までボイラー,圧力容器の区分が完璧に理解できませんでした。数字の根拠がど〜も解りにくかった


2.HPの利用について
 
最初は問題集というキーワードでたどり着きました。後は掲示板見たりとか・・・
(素敵な散歩コースですね。犬とご一緒ですか?私も朝のみ犬との散歩ですが,住宅の中だけでこんな素敵な場所は無いです)


3.受験者へのアドバイスについて

この試験を受けようとする方は,(特に1級は)ほとんどがボイラー運転,保守の従事者ですよね。

となると,教本はそれほど熟読せずとも、「あー,これはそういう意味なのか・・・」などと,なんとなくピンと来る問題が多いと思います。
 
私の場合,1回目では解らないところだけ教本を見ました。そして,まあせっかく開いたのだから・・・
と,上下の項目をちょびっとチェック。それでも2〜3分しか余計にかかりませんよね。

2回目以降は,ほとんど教本を見ることはなくなりました。

実は,問題集をひたすら解く・・・これだけでいいのか。ちょっと悩みましたが,学習を始めたのが遅く,時間があまり無かったんで,やるっきゃない!
 
それと,自分なりに考えたのですが,運転技術や構造,法令の基本は変わらないのに,年間数回の試験があるのだから,新しい問題はそれほど作れるはずは無い!!!と思い込み,ひたすら問題を解きました。

この問題集でありがたいのは,Wordなので,問題集に回答とか落書きをしても、2回目は再度印刷が出来るということですね。これはありがたかったですね。
 
まだ,頭が多少働くうちに,新たな挑戦をしようかと考えているところです


2006年09月29日 『一級ボイラー計算問題は、絶対に出来るようにする』

K氏(名古屋市)の合格体験記です。「受験者へのアドバイス」は、傾聴に値します。

---------------------------------------
○問題集購入日:06年7月31日
・一級ボイラー「精選問題 200」
・一級ボイラー「精選問題 168」
・一級ボイラー公表技士試験(平成18年4月)
・一級ボイラー技士試験最新情報(06/1/18)

○受験日:9月4日 
---------------------------------------

9月4日の1級試験に見事合格しました。

購入した問題集の中にも、全く同じ問題があったように思います。

短期間での勉強であったため、手をつけていない部分や問題集にないのもありました。それだけは見事に間違えました(勘は当たらなかった)。

それ以外は正解したと思っています。
ありがとうございました。


【問題集の繰り返し回数】

 2〜4回です。間違えたり間違えやすそうな問題は回数が多いが、わかりきったような問題は2回かな。

 
【他に使った参考書】

 ボイラ協会のテキストと問題集っていうのを使いました。それ以外は何も使っていません。


【試験勉強の期間】

 ダラダラと(仕事の合間に問題集をやったり、テキストを読んだり)3週間(平日の昼間だけ)。
 
直前の2日間(土日)は図書館にこもり、受験生にまじって集中して勉強しました。
 (覚えこまないといけない事柄は、なるべく直前に残し、新しい記憶で望む為に)


【受験者へのアドバイス】

1.出来るだけ多くの問題を解き、問題の文章に慣れること。
 
2.出題傾向があるので、必ず出るだろうと思われるところは絶対に覚えてしまうこと。

3.計算問題は決して難しくないので、絶対に出来るようにすること。(稼げるところは稼ぐ)

4.60点あればいいので、捨てるところは捨てる。(時間があればいいが、全部を網羅して勉強するのはつらい^^;)


あと、「最新情報」っていうのから2問ぐらいは出ていたような・・・かなり参考になりました。


2006年09月23日 『教材を信じて、繰り返し勉強すれば合格します』

S氏(静岡県)から「二級ボイラー技士試験・合格体験記」を頂きました。

この度、二級ボイラー技士試験に合格することが出来ました。色々、有難うございました。早速ですが、合格体験記を送信いたします。

-----------------------------------------
試験日 9月14日
試験会場 中部安全衛生技術センター

-----------------------------------------
管理人様から購入した教材(購入日8月4日)

・「重要問題240」
・「実戦問題200」
・「法令科目のまとめ」
・公表問題(18年4月、17年4月・10月)

-----------------------------------------
その他に購入した教材

・オメガ出版「高品質版二級ボイラー技士増補版」
・オーム社 「合格一直線!二級ボイラー試験」
・日本ボイラー協会「二級ボイラー技士教本」
・日本ボイラー協会「ボイラー実技テキスト」
・日本ボイラー協会「ボイラー図鑑」
-----------------------------------------

【勉強のやり方】

1.「重要問題240」と「実戦問題200」を「構造」、「取り扱い」、「燃料及び燃焼」「法令」の4冊に分けて使用した。

2.オメガ出版の本をメインのテキストにして、少しずつ読んだ。ただし、法令だけは管理人様から購入した教材を使用した。

3.その後、該当する箇所を「重要問題240」と「実戦問題200」から探し出して解いてみた。

この時、簡単な問題や自信を持って正解を導きだせた問題は「赤で○」を付け、難しいと感じた問題や自信がなかったが正解を導きだせた問題は「青で○」を付けた。間違えた問題やまったく分からない難しい問題は「赤で×」を付けた。

4.「青で○」「赤で×」を付けた問題を、教本やボイラー図鑑、実技テキストなどで調べて、メインのテキストに重要と思う所を書き込んだ。
(教本を全部読むのは労力がいると思ったので、私は参考書として利用した。)

5.日曜日は、ほとんど問題を解かずにメインのテキストと法令科目のまとめを何度も読み返した。

6.試験日の二週間前には一通り終わらせて、「青で○」と「赤で×」を付けた問題を集中的にやった。

7.試験日の一週間前に過去問をやった。正解率はすべて95%だった。

 

 【今回の試験の感想とアドバイス】

比較的簡単な問題だったと思う。管理人様から購入した教材で見たことのあるような問題ばかりだった。

まったく分からない問題は一問だけだった。それは、構造の水管ボイラーに関する問題だった。30分ほどで全部できてしまった。

私の場合、当初の計画では、本屋で購入した教材と先輩から貰った「標準問題集」だけで勉強するつもりだった。

ところが、それだけでは不合格になると思い、管理人様から教材を購入し、標準問題集の使用を中止した。

危険物の試験は、市販のテキスト・問題集だけで合格できたが、ボイラーは危険物と比べてマイナー?な資格なのか、本屋に行ってもほんの数冊しかなく、また、分かりやすい教材は少ないと思う。

市販の教材だけで合格するのは困難だと思った。管理人様から購入した教材を信じて、繰り返し勉強すれば合格すると思う。



2006年09月17日 『素晴らしい問題集をありがとう!』

S氏(山形県)の一級ボイラー技士へのスタートはここから始まりました。


【7月6日】
>先日、二級ボイラー問題集を購入したSです。
>二級取得の1ヵ月後に一級の受験資格を得るのは可能でしょうか。

※一級ボイラーの受験資格ついての規定は、次の通りです。
@二級ボイラー技士の免許を受けた者 (ボイラー則第101条)
A〜は省略

二級免許取得の1ヶ月後に1級合格した実例は、HPの「掲示板」[56]、[48]、[30]、[23]など多数です。

二級ボイラー試験合格者の皆様には、直ぐに一級ボイラー受験をお奨めしています。

これが一級ボイラー試験合格の一番楽な方法です。受験までに期間をかけたら、折角覚えたことを忘れますし、受験意欲も下がります。


【8月8日】
購入した問題集のおかげで、二級ボイラー試験、無事合格いたしました。ありがとうございました。

つきましては、一級ボイラー受験用図書を購入致したいと思いますので、よろしくお願い致します。
お勧めの参考書等ございましたらご紹介下さい。

※下記の図書を紹介
  テキスト :一級ボイラー技士教本-日本ボイラ協会(他のテキストでも可)
  問題集 :一級ボイラー「精選問題200」 +「精選問題168」
  法 令  :二級ボイラー受験で使用した法令集(「法令科目のまとめ」を併用)

-----------------------------
○問題集購入日:8月8日
・一級ボイラー「精選問題200」 
・一級ボイラー「精選問題 168」
・一級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)
・一級ボイラー技士試験 最新情報(2006/1/18実施)

○試験日:9月4日 
--------------------------------


【9月12日】・・・1ヶ月後

9月4日に試験を受け、無事に合格できました。ありがとうございました。
一級免許の交付まで気長に待ちたいと思います。

ご参考までに、私の合格体験をご披露します。


1.私の勉強方法

「精選問題200」、「精選問題168」共に4〜5回ほど解きました。

実は今回、1ヶ月前の問題集購入ではあったもの、行事、冠婚葬祭等が重なり、

勉強したのは直前の1週間のみです。1日3時間くらいは勉強しましたので、短期集中ということになりますね。

(1)まずは初見で何も見ずに1度解きました。
正解率は半分くらいだったと思います。
2級のように上手くいかず、最初はおそらく皆不安になるのではないでしょうか。

(2)3回目くらいで正解率80%程度になっていました。
理解度が薄くても、何となく点が取れている状態です。

(3)その次は「一問一答」です。これがとても重要でした。
一問づつ時間をかけて解説を読み、理解していきました。
ただひたすら問題を解く事より、理解度は断然増すと思います。

一問一答を行った後に再度問題を解くと、ほぼ正解になりました。


2.使用した参考書

協会の「教本」のみです。(使用頻度は低かったです。)


3.受験者へのアドバイス

自分が受験してみて思ったことですが、これらの問題集はとても良いものです。

ただ教本を読んで勉強していたら、本当に3ヶ月くらいはかかるのではないでしょうか?

勉強に取れる時間が1週間しかなかったので少し諦めていたのですが、

短期集中で合格できたのはこの問題集のおかげですね。

ただ勉強のやり方は考えなければいけません。
問題集で90点くらい取っているからといって一級は合格できません。
何回もやれば点数が上がるの当然ですから。

@ 設問中の選択肢の解答以外のもの をよく理解する。
試験中設問は似ているけど、解答が異なる場合にとても有効です。

A 問題集3回目くらいからは、選択肢を1〜5の順でなく5〜1で読んで回答する。
意外と新鮮な感じがします。選択肢をまんべんなく読めます。

B 計算問題は、きちんと覚えれば確実に点数となる問題です。
試験時は数字が違うだけでした。

C 最新情報はとても役に立ちました。(これが重要)
会場で直前まで読んだのは「最新情報」のコピーでした。類似問題が出て助かりました。

迷った問題でもしばらく考えていると、ふと解ったりしました。あせらず、諦めず、よく考えることも大事ですね。


4.試験内容について

ちなみに試験内容は「最新情報」のY氏 (千葉県)2006.09.04(関東) とほぼ同じでした。(※東北地区と関東地区が同じ問題ということ)

素晴らしい問題集をありがとうございました。



2006年09月17日 『二級ボイラー合格です、一級ボイラー問題集を購入します』

9月4日に一級ボイラー技士試験を受験し、見事に最短期間で合格したS氏(山形県)のスタートです。( 「掲示板」[95] 8月8日 の再掲)

S氏の「一級ボイラー技士合格体験記」掲載に併せて、「二級ボイラー技士合格体験記」を掲載しました。

【6月29日】
ヤフーTOPより 「二級ボイラー技士 過去問題」にてキーワード検索できました。

-------------------------------------------
○問題集購入日:6月29日
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」
 3.「実戦問題160」
 4.「法令科目のまとめ」
 5.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)  
 6.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
○試験受験日:7月9日  
-------------------------------------------

1.二級ボイラー問題集の勉強期間について
  
10日間ぐらいです。(2日くらいサボりましたが)


2.問題集の勉強方法について

1日目、「重要問題240」の1,2章。
2日目、「重要問題240」の3,4章。
3日目、「実戦問題200」の1,2章。・・・・・・といった具合に、
1日2章ぐらいづつやっていきました。(1日2時間くらいです。)

最終的には公表問題も合わせて、購入問題集の全てを2周り位しました。
何回もやると苦手なところが解ってくるので、そこを復習します。

法令の得点が良かったため、実は「法令科目のまとめ」は、ほとんど使用していません。問題に取り上げられそうな所だけ、サラッと見た程度です。

最終的には、各科目で1〜3問くらいしか間違わないようになっていました。(正解率90%以上)


3.ホームページの利用について

公表問題を2種類やりました。2種類ともに1問間違いでした。(妙に悔しい・・・)


4.受験者へのアドバイスについて

上記の問題集を何回もやれば、ほぼ大丈夫です。

本番も、各章に2問くらい初見の問題がありましたが、その他はこれらの問題集の応用です。

問題集のみを100%理解しても試験で満点を取るのは無理でしょうが、十中八九合格はできると思います。
合格点を取れれば問題ないですからねぇ(^O^)



2006年09月16日 二級ボイラー受験体験、私の場合 こんな感じでした

T氏(仙台市)は、5週間の計画的な受験勉強を続け、所期の目的を達成しました。


おかげさまで8/28受験し、無事合格する事ができました。
管理人様のホームページをのぞくことが無ければ、この合格は 無かったと思います。
本当にありがとうございました!

----------------------------------------
【受験日】 8月28日

【購入図書】7月19日購入
「重要問題240」
「実戦問題200」
「法令科目のまとめ」

【その他利用図書】7月9日購入
「よくわかる!2級ボイラー技士試験」弘文社
-----------------------------------------

1.勉強の進め方

管理人様から購入した問題集を1日1科目のペースで 進めました。

1日目:重要240の構造、
2日目:実戦200の構造
3日目:重要240の取り扱い・・・という具合です。

休みの日に2科目消化すると、約1週間で全ての問題を解くことができます。
これを1サイクルとして5週間続けてみました。


最初の1サイクルは弘文社の本を見ながら問題を解いて、時間は1日1時間半程度。

2サイクル目からは最後まで問題を解き、答え合わせの時だけ教本を見て確認。時間は1日1時間程度。

このペースで進めていくと5週目には9割方正解する様になりました。

「法令科目のまとめ」は、受験直前に暗記用として・・・。


2.受験しての感想

正直合格する自信はまったくありませんでした。 難しかったです。
・最初に確実に正解しそうな問題を解いたら約10問。
・次になんとなく見たことのある 自分の中で当る確立5割程度の問題を解いて約10問。
・後の半分は見たことの無い問題ばかりで、面食らいました。

東北安全衛生技術センターでしたが、合格率はかなり低かったようです。


3.印象に残った問題

@給水管に給水弁と給水逆止め弁を取り付ける場合、 ボイラーに近い方に給水弁を取り付ける。
         ↓
 給水管に給水弁を取り付ける場合、給水逆止め弁とボイラーの間に給水弁を取り付ける。
 
 回りくどい表現方法で出題されました。

A安全低水面の高さ炉筒煙管ボイラーの場合、
 炉筒が高い場合は炉筒上面上Amm
 煙管が高い場合は煙管上面上Bmm

 100,75,50のランダムな組み合わせ。
 初めて見る問題でした。

B二級ボイラー技士を取扱い作業主任者に選任することが出来るボイラーは?

 胴の内径750o以下で、かつその長さが1400o以下・・・×

 伝熱面積で出題されると思っていたので、胴の大きさで出題され戸惑いました。


4.これから受験する方へ

立派な事は言えませんが、とにかく
管理人さんの問題集を信じて繰り返し問題を解けば結果はついてくると思います。

あと、
・「制御量と操作量の組み合わせ」
・「ボイラー取扱い作業主任者の職務」
・「定期自主検査表の項目と点検事項」
・「法令科目のまとめ」に載っている数字の類は

暗記したほうがいいと思います。得点の上乗せが必ず期待できます。


5.今後の目標について

早速、時間を置かずに一級にチャレンジしようと思います。
9月8日に下記の図書2点を購入しました。受験予定は11月14日です。

一級ボイラー技士受験用「精選問題200」
一級ボイラー技士受験用「精選問題168」




2006年09月13日 『一級ボイラー試験、良い教材で費用を掛けずに合格しました』

Y氏(兵庫県)から合格メールを頂きました。
「精選問題 200」と 「精選問題 168」を繰り返し、15回もやったというのには感心いたしました。

-------------------------------
○問題購入日:6月20日、7月20日
  @一級ボイラー「精選問題 200」
  A一級ボイラー「精選問題 168」
  B「法令科目のまとめ」
○試験日:9月4日
--------------------------------

2級の受験は、某D学院の問題集で薄氷の合格(落ちたと思っていました)でした。
その受験の直前に貴ホームページを発見し、2級の受験にも役にたちましたので、1級の受験の際に管理人さんの問題集を購入し受験した次第です。

本来は2級止まりと考えていたのですが、とても良い問題集で受験後も多分、大丈夫だと思っていました。

「一級ボイラー技士試験・最新情報」からずばり出ていました。
また、「貫流ボイラーのみの取り扱いは無制限である」ことを知っていなければ、引っかかっていた問題がありました。


【私の勉強方法】

1. @「精選問題 200」と A「精選問題 168」については、
6月の末から勉強を始めて9月4日の受験までの間行いました。

(1)最初の20日程は1日に1科目(50問か42問)。

(2)以降は1日に@+Aの1科目(92問)。
これは、会社に早く行っているので、朝と昼休みにこなしていました。

(3)土日は、最初は休んでいましたが後半は朝と昼に1日92問をこなしました。

結果的に15回以上はしたと思います。15回もしていたので、正解率はほぼ100%でした。

2.B「法令科目のまとめ」に関しては、
問題集の法令の "解答部分"  と "法令のまとめ" のボイラー、小規模ボイラー、圧力容器等の区別に重点をおきました。


【受験者へのアドバイス】

管理人さんの問題集を信じて問題を解き進めました。

最初は解答の解説も頭に入りにくかったのですが、継続して問題、解答を読んでいる内に理解できてきました。
 
短期勝負の試験だとおもいますので、

「精選問題200」+「精選問題168」 を毎日、解くこと(問題に触れること)を実践すれば、絶対に合格できる教材です。
 
問題だけではなく、解答もしっかり理解しておく事も重要です。
 
あと、"1級ボイラー 最新情報(2006.1)" は必ずチェックしてください。私の受験ではここからかなり出題されていました。
 
それと、計算問題では回答群の単位に注意してください。

また、見覚えのない問題でもこの教材で得た知識で解答できるものも多いと思います。
 
ほんとうに、良い教材をありがとうございました。ほとんど費用を掛けずに合格できたことを重ねて御礼申し上げます。ありがとう御座いました。


2006年09月02日 二級ボイラー 私の受験体験をお伝えします

N氏(大阪府)は、受験講習から本試験まで1ヶ月という最短期間での合格でした。

おかげさまで二級ボイラーは7月に受験資格取得のための実技講習を受けた後、8月中旬に本試験を受験し、無事合格いたしました。

-----------------------------
○問題購入日:7月11日
  @「重要問題240」
  A「実戦問題200」
  B「実戦問題160」
  C法令科目のまとめ 

○試験日:8月17日
--------------------------------

お役にたてるかどうかわかりませんが、私の受験体験をお伝えします。

1.購入図書と実施回数

 @「重要問題240」 6回
 A「実戦問題200」 5回
 B「実戦問題160」 5回
 C法令科目のまとめ 
   法令の問題を解く時にチェックに使いました。

2.他に使用した教材

 ・オーム社の漫画でわかる2級ボイラー
 ・協会の教本
 ・安全規則集 を確認に使いました。


3.受験までのスケジュール

7月中旬に受験資格を得るための講習を受けたて、
すぐ8月中旬の試験に申し込みました。

◎約1ヶ月間の受験勉強に取りくみました。
まず最初、教本を読もうと思ったのですが、日にちもないので、オーム社の漫画の教本を一読した。

後は、ただひたすら、@〜Bの問題を繰り返し行いました。


4.試験の結果

法令のみ新傾向というか、うすら覚えをしてるところをつくような問題が多かったので、試験場で正解と確信できたのは5問程度でした。
他の科目は 80〜90% 前後得点できたと思います。


5.一級ボイラー試験対策

法令については、協会の法令(安全規則集)や法令科目のまとめを、問題演習同様に重視した方が良いかなと思います。

------------------------------------------

N氏(大阪府)から
知識が残っている間に一級ボイラーにもチャレンジしたいと考え、問題集を注文させていただきました。

本日(9/1)一級ボイラー図書を発送しました。
 1.一級ボイラー「精選問題200」
 2.一級ボイラー「精選問題168」
------------------------------------------


2006年08月25日 『一級ボイラー この問題集のおかげで合格できました』

T氏(神奈川県)から合格メールを頂きました。勉強のコツをくみ取って下さい。

7/30日に神奈川で出張試験を受けましたが、昨日合格通知がきました。 試験後ちょっとやばかったかなぁ・・・と思ってましたがなんとか合格できました。

これも本当に管理人さんの問題集のおかげです。
この度は、本当にありがとうございました。

-------------------------------
○問題購入日:6月28日
 1.一級ボイラー「精選問題 200」
 2.一級ボイラー「精選問題 168」
 3.「法令科目のまとめ」
 4.一級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)
 5.一級ボイラー技士試験最新情報(2006/1/18)

○試験日:7月30日
--------------------------------

【私の勉強方法】

1.問題集は、何回ぐらいやりましたか。

「精選問題 200」 「精選問題 168」とも、各5回はやりました。

@答えが瞬時にわかっても、必ず問題を最後まで読むようにしました。
A初めから通すと次の答えを記憶していたりしたので、逆からやったりもしました。

2.問題集は、他に何か使いましたか。

使ってません。
途中、「本当にこれだけでいいのかな?」と不安にもなりましたが、管理人さんを信じて購入した問題集だけやりました。

3.HPはご利用いただけましたか。

「一級ボイラー・試験問題」をやりました。点数が瞬時に出てとてもよかったです。


【受験者へのアドバイス】

@この問題集が全問正解できれば、絶対合格できます。

A計算問題はとっかかりにくいと思いますが、一度解けばあとは簡単に解けます。

B見たことのない問題が各1〜2問出てました。 あとひねった問題も出ますが、落ち着いて読めば解けると思います。


2006年08月20日 9割以上解ければホントに合格できる

T氏(札幌)から「二級ボイラー技士試験・合格体験記」を頂きました。

7月30日に行われた札幌での特別出張試験に合格することができました。

あの問題集のおかげです。
9割以上解ければホントに合格できる と思いました。
このたびはありがとうございました。

【購入した問題集】
-------------------------------------
○問題集購入日:6/14
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」
 3.「実戦問題160」
 4.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表
5.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)

○試験受験日:7/30
-------------------------------------


【勉強方法について】

問題集の繰り返し回数は、3つとも計3〜4回といったとこでしょうか。

1.一回目は参考書等で確認しながら解き、自分なりに簡単に解説を作りました。
2.二回目からは何も見ず
3.三回目で9割以上解けました。
4.後は自分が間違いやすいところを復習しました。


【今後の受験者に対してのアドバイス】

この問題集を良く理解し、9割以上解けるまでやることでしょうか。

○自分が試験のとき、
・この問題集そのままの問題が3〜4割、 
・似ててちょっとだけ変わった問題が3〜4割 
出題されていました。


2006年08月15日 『一級ボイラー「精選問題200」を理解して暗記する』

H氏(札幌)から「一級ボイラー技士試験・合格体験記」を頂きました。参考にしたいところが多々あります。

一級ボイラー試験合格への私なりの勉強方法について紹介します。

【購入した問題集】
-----------------------------
○問題購入日:4月17日
 1.一級ボイラー「精選問題200」 
 2.法令科目のまとめ 
 3.一級ボイラー試験問題H18年04月公表
 4.一級ボイラー試験最新情報

○試験日:7月30日 
--------------------------------
市販書籍
 5.一級ボイラー技士教本
 6.一級ボイラー技士試験標準問題集
 7.合本一級ボイラー技士公表問題(H12年〜H14年)
 8.一級ボイラー公表問題(H15年前期〜H17年後期)
 9.サプリメント ファンケルの記憶サポート


【勉強方法について】
1.一級ボイラー技士教本は、各科目ごと分冊にすることによつて使いやすくした。
2.合本一級ボイラー技士公表問題(H12年〜H14年)
一級ボイラー公表問題(H15年前期〜H17年後期)

各科目ごと分冊にしてクリツプで挟んで各年度毎にインデックスをつけました。
各科目ごとの問題集・解説書の出来上がりです。

3.教本は、必ず読んで全体を把握する。
分冊にした教本・公表問題は、必ずペアで勉強する。

4.分冊にした各科目の公表問題を90〜100点取るまで理解して暗記する。
  
総仕上げに「精選問題200」を試験のつもりで90〜100点取るまで理解して暗記する。
私は5回問題をやり、過去問に自信をつけました。


5.計算問題は、繰り返し・繰り返し勉強し、満点を取れる自信をつけました。
試験1週間前は、分冊にした各科目の公表問題を繰り返し・繰り返し勉強しました。

5.教本・公表問題・「精選問題200」を勉強し、そして管理人さんの勉強方法でしましたので、標準問題集は読みませんでした。


【受験後の感想】
1.試験は、難しかったです。過去問も少しひねつてあつたりもしました。過去問と同じ問題も少ないです。

あせらずに、問題を良く読むとわかります。
どれが正しいかどれがまちがいか、あせらずに問題を良く読むことです。

2.渡された問題用紙にどれが正しいかどれがまちがいかを記入してから、解答用紙に記入しました。
最後に解答用紙にマチガッテマークしていないか再度点検する。これが大事です。

3.一級ボイラー技士試験は12:00〜13:00まで休憩時間です。
食事は、みなさん自分の机でパンかおにぎりを少し食べて、午後の勉強をしていました。
食事は、満腹にしないほうがいいかと思います。

4.教本・公表問題を分冊にしたのが使いやすく、

総仕上げに「精選問題200」をしたのがよかつたような気がします。

合格するための勉強をし、絶対合格するぞと言う強い信念をもつことではないでしょうか。

5.管理人さんのHPは、毎日見ました。情報を得るためです。
  本当に良いHPに出会えて幸せです。感謝しております。

5.二級ボイラー技士合格後すぐ一級ボイラー技士試験に望んだ方が良いかと思います。勢いのあるときに勉強したほうが良いかと思います。
私は、1年間のブランクがあり三ヶ月間勉強しました。

皆さん頑張つて下さい。


2006年07月14日 『一級ボイラーの試験問題は難しかった』

I氏(神奈川県)から「二級ボイラー合格体験記」を頂きました。 非常に示唆に富む内容です。

-------------------------------
○問題集購入日:5/9
 1.一級ボイラー「精選問題200」
 2.「法令科目のまとめ」
 3.一級ボイラー試験問題(平成18年04月公表)
 4.「一級ボイラー技士試験最新情報(2006年1月18日実施)」
○試験受験日:7/3  場所 五井
-------------------------------


【勉強方法について】
基本的に、管理人様のご推奨の方法で勉強しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)一級ボイラー【精選問題200】を直ぐ解いてみる。
2)教本で一問ごとに確認する。(深く掘り下げる)
3)解答と解説を読む。
4)一級ボイラー【精選問題200】を何も見ずに、もう一度、最初からやる。
5)各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す。
6)「公表試験問題」(平成18年4月1日)と 「一級ボイラー技士試験 最新情報」を研究する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに、過去問(ボイラー協会発行公表問題)も何度も繰り返し、勉強しました。


【受験後の感想】
今回の問題はかなり難しかったと思います。試験後はダメかなと思っておりましたが・・・・・
(HPを見たところ、今回の合格率は約30%のようでした。)

見たことない問題(「精選問題200」や過去問集にない問題)が、各科目で3問程度見受けられました。
さらに、見たことある問題もかなりひねってある問題が各科目で3問程度ありました。

対策としては、みたことない問題は無視するとして、ひねってある問題については、「精選問題200」にしろ、過去問にしろ、問題文の選択肢をふくめて完璧に理解しておく必要があると思いました。

上記の方法でいえば、手順2)教本で一問ごとに確認する。(深く掘り下げる)が重要です。
何回も繰り返し解いていると、正解を見つけるのに慣れてしまうのですよね・・・

最新情報や、今回の試験をみると、公表問題は易しく設定されている気がします。
○実際の問題は難しいと思ってとりかかった方がいいと思います。
私も、試験前日まで繰り返し解いてほぼ100%解けるようになってかなり安心しておりましたが・・・

何はともあれ、「精選問題200」のおかげで合格できました。 ありがとうございました。





2006年06月17日 『重要問題をやっていれば合格できます』

TA氏(兵庫県)から「二級ボイラー合格体験記」を頂きました。

-------------------------
○問題集購入日:5/18
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」
 3.「実戦問題160」
 4.「法令科目のまとめ」
○試験受験日:5/23
-------------------------

2級に関しては管理人様からの問題(2級フルセット)と教本だけを使用して、合計30時間ほどの勉強で合格できました。ありがとうございました。

ボイラ協会の標準問題には手を出しませんでした、出せませんでした。

 【私の勉強方法】
(勉強時間の総合計:1880分=約30時間)

第1ステップ
@2級ボイラー「技士教本」を意味がわからなくても読み進め、全体を把握しました。 (計455分)
  
読み進めただけですので理解は20%もできていませんが、全体を一通り見たことにより精神的に余裕ができました。

第2ステップ
@「重要問題240」をやりました。、
間違った所や確認しておきたいと思ったところを教本と「法令科目まとめ」で確認しながら進めました。(計380分)

A「実戦問題160」を同様にやりました。(計230分)
B「実戦問題200」を同様にやりました。(計280分)

第3ステップ
問題のパターンがわかってきたので頂いた公表問題を本番のつもりでやりました。(5月22日/試験前日)

@「公表問題H17-4」 (36/40=90点)(問題20分、解説35分)
A「公表問題H17-10」(32/40=80点)(問題25分、解説45分)
B「公表問題H18-4」 (33/40=82点)(問題25分、解説40分)

第4ステップ
@「重要問題240」の復習(計120分) 
 復習=答えを1回目で書き込んでいるので、○の文を確認し、×の文はなぜ誤りなのかの確認をした。

A「実戦問題160」の復習(75分)
B「実戦問題200」の復習(110分)
C公表問題H17-10の復習 (20分)
D公表問題H18-4 の復習 (20分)

第5ステップ
@試験場では、試験直前まで重要問題の間違った問題だけを集中的に復習しました。


【受験後の感想】
☆受験後の感想は、重要問題をやっていれば合格できると思いました。

重要問題等で見たことのない問題が5問ほどありましたが、見覚えのある問題だけしっかりやれば合格点は余裕で取れます。

教本の丸覚えや他の問題集に手を広げないで重要問題に絞ってるほうが効率的だと思います。

☆教本や問題集を何分でできたかをメモ用紙に記録しておき、再度やるときに1回目よりも短時間でできるように集中して取り組むと効率的です。

試験が間近になり、残された時間で何ができるかを考えた時に、今まで勉強した記録を残していると役立ちます。

これから何をやったら効果的なのか、又、残された時間で何が出来るのかがわかり、時間を効率的に使えますのでお勧めです。

管理人さんありがとうございました。 1級でまたお世話になります。

【1級合格を目指す】
今回は一級ボイラー「精選問題200」と「教本」で1級合格を目指したいと思います。

掲示板や合格体験記をみていたら私でも合格できそうに感じました。
又、ボイラー2級の免状も届き、1級受験資格が出来ましたので、チャレンジしてみようと思います。
時間に余裕があればボイラ協会の「標準問題」にも手を出そうと思います。


2006年06月02日 『一級ボイラー試験に見事合格!!』 

A氏(香川県)からの合格メールです。

本日、合格発表でしたが、見事に「合格」していました!!
本当にありがとうございました。

勉強方法は、管理人様のご指示通り

1)一級ボイラー【精選問題200】を直ぐ解いてみる。
2)教本で一問ごとに確認する。(深く掘り下げる)
3)解答と解説を読む。
4)一級ボイラー【精選問題200】を何も見ずに、もう一度、最初からやる。
5)各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す。
6)「公表試験問題」(平成18年4月1日)と 「一級ボイラー技士試験 最新情報(2006/1/18実施)」 を研究する。

以上プラス、残った時間で、過去の公表問題(H13〜H17)も解いてみました。

今回の出題では、新しい問題4〜5問程度。
後の問題については、上記の勉強をクリアさえしていれば、見覚えのある問題ばかりでした。

どうも有難うございました。

-------------------------------------------
○問題集購入日:5/1
 一級ボイラー「精選問題200」
○試験受験日:5/25
-------------------------------------------

【経緯】
あなた様のHPを確認しまして、是非、問題集を購入したいと考えましてご連絡いたしました。

実は、前回(3月度の試験)受験に失敗致しまして、良い問題集はないかと模索していたところでした。

前回の試験では、合格率が高いと評判の「D試験学院」の問題集を購入、完璧に暗記して望みましたが、完全に裏切られた形となってしまいました・・・


2006年06月01日 『この問題集をマスターすれば、確実に合格点がとれます』

E氏(秋田県)から「合格メール」を頂きました。
-------------------------
○問題集購入日:3/24
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「重要問題240」
4.「法令科目のまとめ」
○試験受験日:5/23
-------------------------

本日、5月23日東北安全衛生技術センターで実施された二級ボイラー技士試験に、一発で合格することができました。

勉強を開始したのは4月下旬からでしたが、実質は10日間程度だったと思います。

私は「実戦問題200」を2回、「重要問題240」を1回やりました。「実戦問題160」は確認程度にとどめました。

テキストは日本ボイラ協会の教本と「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」を使用し、

@初回はテキストで一問ずつ調べながら、
A次回からは問題を解いてからテキストで確認する方法で勉強しました。
(二級ボイラー技士試験標準問題集も持っていましたが、全く使用しませんでした)

試験前日に、HPのテスト形式の二回分の公表問題をやり、両方合格点をとったので安心して試験を受けました。

この問題集をマスターすれば、満点とまでは行かなくても、確実に各科目で6問は取れると思います。

近いうちに一級にも挑戦しようと考えています。

非常に価値ある問題集を提供していただき、有難うございました。


2006年05月31日 あせらずにゆっくりと二級ボイラー試験合格

M氏(福岡県)の合格体験記から。
---------------------
○問題集購入日:4/13
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」

○試験受験日:5/23
---------------------

4割〜5割は確実に分かったのですが、残りが色々と問題がひねってあったりして2時間半位かり・・・・!

昨日までは、ドキドキ心配でしたが何とか合格ラインに引っかかり良かったです。 

今度は、1級に挑戦したいと思っています。


【合格体験記】

問題集を頂いたのは、4月13日。
@次の日より5月の連休前まで「重要問題240」・「実戦問題200」を一通り全部やりました。

解らないところ・違っていたところはテキストをみて、なぜ違っていたのかを確認しながら焦らずにゆっくりと半月かけて問題集を解いていきました。 正解率は、40%〜55% でした。

A次に、公表問題をH14 H15 H16 H17 前・後 H18前 を一通りやりました。正解率 60% 前後でした。

B再度「重要問題集240」・「実践問題集200」をやり 正解率 60%〜70%までアップしました。

C再度、公開問題集を・・・・。正解率70%前後でした。
 繰り返すごとに正解率が上っていきました。

D次に今まで、間違っていたところに印を付け、その問題だけを再度解き、正解率も80%近くなりました。

「やはり、あせらずに、解いていく事ですね!それと問題文をよく読むことです。 最低でも 3〜4回は読むべきですよ! 落とし穴があります。」


【私も今回の本試験では】

@まず分かるところを全部埋めてしまう。
A次に、分からない問題は2〜3回問題を読む。

Bあせらずにわかるところから解いていく。

C全部の回答が終わったら、最初からもう一度ゆっくりと全問題を読み直して、答えが間違っていないか確認する。

D最後に間違いなく正解している問題を数え、何問足らないかを確認し、分からなかった問題を再度問いてみる。
正解率60%に近づける様に・・・・!。

皆さんがんばりましょう!



2006年04月19日 『本当に良い問題集に出会えてよかったです』

一級ボイラー試験合格しました。

本年3月03日付けで二級ボイラー合格体験記に投稿のF氏(東京都)から、今度は一級ボイラーの合格体験記を頂きました。

【今回・一級ボイラー試験受験】
○問題集購入:1/19
 1.「一級ボイラー・精選問題200」
○試験日:2006/04/11

【前回・2級ボイラー試験受験】
○問題集購入:12/28
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」
 3.「実戦問題U」
 4.「法令科目のまとめ」
○試験日:2006/02/21

二級ボイラーの時と同じく今回も、一級ボイラー「精選問題200」を繰り返し解く勉強法を行いました。試験前に頂いた「一級ボイラー公表問題(H18/04)解答・解説付」からも試験に出ていて、とても助かりました。

自分でもこんなにスムーズに一級まで合格できるとは思いませんでした。
管理人さんの問題集に出会うまでは二級取得が目標だったのに、一級まで取れるとは、本当に感謝しています。

本当に良い問題集に出会えてよかったです。
ありがとうございました。

1.一級ボイラー「実戦問題200」をどの程度、どのようにやりましたか。

5回やりました。繰り返し解き、説明を見直しました。5回目は全問正解でした。

2.私のHPをご利用しましたか。

一級試験問題に挑戦しました。470点でした。あとは「掲示板や合格体験記」で合格した方のやり方などを見て参考にしました。

3.一級ボイラー関係のテキストは何を使用しましたか。

二級の時は、管理人さんの問題集フルセットで勉強しましたが、一級は「精選問題200」だけでしたのでそれを繰り返し勉強していました。

掲示板内の記事で「精選問題200」で40点、「標準問題集」で20点とれると言っていたので、「標準問題集」も勉強しました。しかし、標準問題集は解説がなく調べて理解するのにかなり時間が掛かってしましました。
そして最後に「公表問題・最新版(H18.04)」を勉強しました。

今回の本番試験では
「精選問題200」:40%
「標準問題集」  :20%
「公表問題・最新版(H18.04)」:10%
の割合で出題されていました。

4.二級ボイラー合格から一級ボイラー受験まで一ヶ月間の短期間でしたが、 勉強方法やアドバイスをお願いします。

二級の時と比べると一級の勉強には時間を費やしました(標準問題に)。

管理人さんの問題集が、あともう一つ出ていればもっとスムーズに勉強ができていたんじゃないかと思います。
今の勉強法では「精選問題200」と「標準問題集」がベストだと思います。

新しい問題集を出されたら「精選問題200」と「新しい問題集」でいいと思います。

それだけ良い問題集ですよ。管理人さんのは、本当に!

最後になりましたが、
管理人さんには本当に感謝しています。
一級取得を勧めてくださらなければ、自分は受けていなかったと思います。
今後もボイラー取得を目指す方々の力になってあげてください。


2006年04月03日 『問題集のお陰で合格!』

二級ボイラー合格しました。
O氏(東京都)から「合格メール」を頂きました。

○問題集購入日:2/21
1.「実戦問題160」
2.「新重要問題」
3.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
4.二級ボイラー技士試験(平成17年04月公表)

○試験受験日:3/24

【当初】

確かに受け取りました。(喜)
試験の結果が迫っているのでとても落ち着かない状態です。
良い結果報告が出来ればいいのですが…。
とにかく頑張ってみます。有難うございました。


【合格メール】

こんばんは。
2月21日に貴方様から購入した問題集のお陰で合格する事が出来ました。

当初の試験予定は3月9日でしたが、購入直後、職場異動の関係で帰宅時間は毎日深夜0時過ぎ。試験勉強どころではなかった為、受験は3月24日に変更しました。

仕事が落ち着き、実際に試験勉強に集中できたのは3月18日からでした。

6日間、購入した問題集を繰返し勉強し、頭に叩き込んだお陰です。

本当に有難う御座いました。 まずは報告まで・・・


2006年04月02日 『もっと早く、このHPに巡り合っていれば・・・・』

二級ボイラー合格しました!
K氏(神奈川県)から「合格メール」を頂きました。

○問題集購入日:3/12
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「新重要問題」

○試験受験日:3/24

3/24 二級ボイラーを受験しました。
3/31 発表、合格していました。

3月12日にこちらの問題集3点を購入させていただき、繰り返し問題集を解きました。

私は、すでに職場で約2週間の講習を含めた勉強会で特訓を受け 1/30、2/21と恥ずかしいですが2回も落ちました。

心機一転、本問題集を購入して、全て3回はこれら問題を解き、疑問な個所や重要と思う所は教本で確認するという勉強方法を取りました。

良い問題集ですが協会も若干、言葉を変えたり惑わす問題を用意していましたし、同じ問題もありました。

問題集3点を繰り返し解き、併わせて教本で確認すれば必ず合格します。

これは一級、二級でも同じだと思いますが、合格と不合格のボーダーラインはやはり「理解度」だと思います。

問題集3点の最終の正解率は、80%位でした。

もっと早くこのHPに巡り合っていれば、もうすでに1級を取得していたと思います。

必ず「合格」すると言う「信念」と、最後まで諦めない強い意志を持って頑張って下さい。

一級ボイラー「実戦問題200」を購入し、引き続き一級ボイラーを受けます。よろしくお願いいたします。


2006年03月18日 二級ボイラー合格しました。【50】

なかさん(千葉県)からの「ボイラーのBBS」書き込み記事(3/16)です。

○問題集購入日:2/2
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「新重要問題」
4.「法令科目のまとめ」

○試験受験日:3/09

3/9の二級ボイラーを受験しました。
本日3/16発表、合格していました。
2/2にこちらの問題集3点を購入させていただき、管理人様の勉強方法で繰り返し問題集を解いていきました。

当初は5月位の受験を考えていましたが、管理人様の集中的に勉強し3月に受験してみたらというアドバイス通り受験し、合格する事が出来ました。

掛け値無しに素晴らしい問題集です。
これを完全にマスターすれば必ず合格します。

試験は確実に6問ずつ正解すれば合格ですから、自信はありました。
試験の中には若干、言葉を変えたりして惑わせようとしたのもありますが、このような事は想定内です。
また教本を丸写ししたような問題もありましたが、これも無視です。
不確かな満点を狙うより、確実に60%の正解を目指した方が良いと思います。

一級ボイラー「実戦問題200」を購入して、引き続き一級ボイラーを受けようと思います。よろしくお願いいたします。


2006年03月14日 一級ボイラー合格しました 【48】

まー氏からの「ボイラーのBBS」書き込み記事(3/11)です。

 購入した「一級ボイラー【実戦問題200】」を活用して3/02の試験を無事クリアしました。二級合格から約一ヶ月後の受験でした。

【実戦問題200】を繰り返し解き、90%近い正解率まで持って行けば、各科目の足きり点(各40点)は堅いと思いますし、それだけ優秀な問題集だと感じました。

残る平均点20点を稼いで合格するには、やはりボイラー協会のテキストをしっかり理解しながら読むことと、同じくボイラー協会の「標準問題集」においても正解率80%暗いまで持っていけるよう繰り返し問題を解きまくることが必要だと思います。

これは一級でも二級でも同じですが、合格と不合格のボーダーラインは「理解度」だと思います。

どちらの試験も丸暗記ではクリアできないでしょう。丸暗記で合格した人は、試験問題の巡り合わせが良かったか、もしくはカンで答えた解答がたまたま当たっただけの可能性も。

いろいろ書きましたが、最後に。

平均点40%を稼げる問題集は、市販品でもなかなか無いでしょう。基礎力を確実につける問題集としては、評価できると思います。応用は、やはり個々が努力せねばなりませんよね。

このたびは、良い問題と、解説をありがとうございました。



2006年03月12日 一級ボイラー「実戦問題200」を繰り返し解きました !

S氏(千葉県)からの「合格通知メール」です。

○問題集購入日:1/25
  1.一級ボイラー【実戦問題200】

○試験受験日:3/02


3月2日実施の1級ボイラー技士試験に合格しました。

ご送付いただいた問題を繰り返し解きました。
とはいえ、既出問題以外からの出題を想定し、教本も(気休めの意味で)繰り返し眺めました。

ありふれた勉強法なので、参考にならないかもしれません。
これでも結果が出せたということで、報告といたします。

今回はどうもありがとうございました。



【第2報】

1.一級ボイラー「実戦問題200」は、お役に立ちましたか。


役立ちました。購入以降、問題集はこれだけでした。「単なる過去問集」より、ポイントが絞られてました。


2.「問題を繰り返し解きました」とのことですが、何回ぐらいですか。

「実戦問題200」を購入後、商品を5回ほど「回した」と記憶しています。自己採点の都度、解説も読みました。


3.最終の正解率は、何%ぐらいでしたか。

90%程度です。正解率が向上すると「考えた末の選択」から「瞬間選択」に変化します。


4.私のHPには、受験に役立つ情報がありましたか?

地道な反復学習の途中で、飽きるときもありました。そのとき「ボイラー試験・合格体験記」に目を通し、学習法の正しさを再認識しました。


5.「既出問題以外からの出題を想定し、教本も(気休めの意味で)繰り返し眺めました」とは・・

実際の試験では、過去問にない問題も登場します。
過去問の反復に飽きたとき、気休めに教本を開き、「過去数十年、教本から問題が作成されているはずだが、まだ出題に値する『未開拓地』や『盲点』があるのだろうか?」と、「ネタ探し」をしました。

具体的な成果はありませんでしたが、興味を継続させる策として有効でした。





2006年03月11日 『二級ボイラー試験3日前に問題集を購入!』

 一月前から真剣に勉強を始めたのですが、ボイラー技士教本と本屋で購入した問題集では、試験日が近づくにつれ不安になっていました。

 先日、ボイラー関係の事でインターネットで調べていたところ、このホームページを見つけ、今回のお取引となった次第です。

 試験まであと3日しかありませんが、精一杯がんばって合格したいと思います。

S氏(愛知県)からの「合格通知メール」です。

○問題集購入:2/19
 1.二級ボイラー「実戦問題160」
 2.「新重要問題」

○試験日:2/21

 一発合格しました。昨日(28日)、インターネットで合格発表があり、自分の受験番号があったのですがなかなか実感できず、今日合格通知書が届き やっと実感が沸きました。

 これも貴方様の問題集で勉強させていただいた結果で、大変感謝しております。どうもありがとうございました。

 ホームページを見させていただくと、2級ボイラー技士に合格した方はすぐ一級を受験したいとおっしゃる方が多いようですが、実は私も欲が出てきまして一級を受験したいと思っております。その節はまたよろしくお願いいたします。

 それからHPの2月21日の「関東」の情報ですが、中部も同じ問題の様です載っていた問題は私が悩んだ問題そのものでした。

  
【私の勉強方法について】

 まず自分の実力を知る為に、送付して頂いた資料を一通り解答を見ずにやってみました。(正解率50〜60%でした。)

 それから実践問題・新重要問題の全問題にボイラー技士教本で調べた正解の文章を、赤ペンで書き込みました。(正解番号も)

 解答の部分を手で隠しながら問題を解いて即座に自分の答えと解答を照合し、赤ペンで書いた正解文章を読むという作業を試験の直前まで何度もやっていました。

 私のやりたかった勉強方法は毎日、問題を解いて間違った問題に対する正解の文章をノート等に10回程度書いて覚えるという方法です。しかし、今回は時間もなく上記の方法でなんとか頑張りました。

 (毎日間違えた問題の正解文章を10回書いて覚える方法で私は、技能検定・危険物乙4・第一種衛生管理者試験で合格しています。声に出して読みながら書くとさらに効果大です。)

 それから小規模ボイラーの定義やボイラーから対象物までの距離などの数字はきっちり丸暗記しました。

 あと、試験中に気をつけた事は、「・・・間違っているものはどれか。」という問題では間違っているという文章ところに下線を引き、「・・・正しいものは次のうちどれか。」という問題では正しいものという文章のところに丸を書いて、問題を勘違いしないよう注意しました。

 一通り問題を解いてもすぐに退出せず、3回・4回と問題・回答を見直しました。
これで結構、自分の勘違いを見つける事ができます。私は昔、別の試験ですが、見直しをせずに何度か失敗しています。

 私の勉強方法はこんな感じです。どなたかの合格のための参考にしていただければ、幸いです。



2006年03月10日 一級ボイラーに合格出来たのも、この問題集があったからこそ!

M氏(宮崎県)からの「合格通知メール」です。

○問題集購入日:1/29
  1.一級ボイラー【実戦問題200】

○試験受験日:3/02

この度、一級ボイラーに無事合格する事が出来ました。

この問題集が無かったら間違いなく不合格だったと思います。 市販の問題集よりかなり役立ちました。

ボイラー技士を目指す方に、このホームページが普及することを願ってます。

一言お礼まで。m(__)m


【M氏からの第2報です。】

二級の免許取得から空白期間は10年ぐらいありました。

1.一級ボイラー「実戦問題200」を使って、どのように勉強しましたか。

大方アドバイスに従いましたが、問題集は全問正解するまで、何回も行いました。解答もしっかりと記憶しました。
理由は、問題集の中から似たような問題が出たとき、対応する為です。
90点理解できるのなら、100点理解するのは苦ではないと思います。

また解答(解説)も、しっかり覚えた方が良いと思います。 今回の試験では、解答の中から、微妙に言葉を変えた問題がかなりありました。


2.HPをご利用頂けましたか。

HPも利用し、これも全問正解するまで行いました。


3.他にアドバイスがあれば・・。

今思えば、正規の教本にすれば良かったと思います。

正規教本と、貴殿の問題集があれば合格出来る確立が高いと思います。

ちなみに私は市販の教本を購入しましたが、今回の試験で市販の教本には載っていない言葉が沢山ありました。


4.私からのアドバイスは、如何でしたか?

1)一級ボイラー【実戦問題200】を直ぐ解いてみる。

私の場合は、一通り本を読んでから問題を解きました。自分の今の理解度を知る参考にはなりました。ただ状況によっては自信喪失、やる気を無くす恐れもあるかも(笑)。人それぞれですが、いきなり解いてみるのもいいかもしれません。


2)教本で一問ごとに確認する。(深く掘り下げる)

時間の無い方は、ベストだと思います。

時間のある方は、教本をしっかり読んで、この問題集をしっかりやるのがベストだと思います。


3)解答と解説を読む。

その通りだと思います。単なる答えあわせだと間違いなく損すると思います。


4)一級ボイラー【実戦問題200】を何も見ずに、もう一度、最初からやる。

その通りだと思います


5)各科目とも90点を取るまで何回も繰り返す。

出来れば100点取るまで繰り返した方がいいです。90点取れるのなら100点は苦ではないと思います。


6.「一級ボイラー技士試験 最新情報(2006/1/18実施)」 を研究する。」

研究すべきだと思います


今回合格出来たのもこの問題集があったからこそです!!

さらに良い問題集を、世に送り出してください。
ヽ(^o^)丿



2006年03月06日 『最高のコストパフォーマンスを誇る最良の教材』

W氏(香川県)からの「合格通知メール」です。

○問題集購入:2/06
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」

○試験日:2/21

2月21日受験の結果、無事合格できました。

仕事の都合もあり実質的な学習期間は、5日間ほどでした。 にもかかわらず、問題集のおかげで出題の癖というか、問題文の表現方法的?なものが把握できておりましたので、意外と冷静に試験に挑めました。

どなたかのご報告にもありましたが、まったく予想外の問題も何問かは、出題されておりました。しかしながら、これも想定内といえば想定内のこと。
トータルでは、まず大丈夫だろうとの思いで本日の葉書到着を待っておりました。

速報でわかってはおりましたが、合格通知を実際に手にした今日、喜びもひとしおです。
本当にありがとうございました。 先生の問題集は、最高のコストパフォーマンスを誇る最良の教材だと確信しております。
                   
【勉強方法について】

私の場合は、問題集をテキストそのものと捉え、1問づつ答えては、すぐに正解・不正解を確認してゆきました。
理由は、簡単です。試験形式で一通り回答し、後で採点する方法をとればショックを受けること間違いなし。戦意喪失にもつながりかねません。 そうなればせっかくの硬い決意も水の泡ですから(笑い)。
  
具体的には、問題を読んだ後キーワード(最高使用圧力とは 等)を赤ペンでチェックし、読み返す際の手助けとなるようにしました。
解答も同様に「誤っているものはどれか」との問いに対し誤っている字句を赤ペンで書き換えました。問題集は、もうぐちゃぐちゃです。
  
勉強時間としては、2回の土日、土日の4日間集中的にやりました。
ウイークデイは、勉強しているんだという思い込みを持つため、問題集(私にとってのテキスト)を気の向くままざっと読み返すようにしました。

もちろん本物のテキストとしては、ボイラー実技テキストを使いました。
  
以上が私の採った方法です。もし何かの参考になればこの上ない幸せです。
 


2006年03月03日 『私の二級ボイラー技士試験対策』

F氏(東京都)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集購入:12/28
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」
 3.「実戦問題U」

○試験日:2/21


【1.勉強方法】

私は今年に入ってから免許取得を決意し勉強し始めましたが、どのように勉強していいか悩んでいました。そんなとき、yahoo!オークションでこの問題集のことを知りました。

最初は「そんなに簡単な勉強法でいいのかな」と疑問に思っていました。
なぜなら私の今までの勉強法は教本の文章を手が疲れるくらいまでノートに書き写さないと頭に入らないと思っていたからです。
でも私の場合は単にノートに書き写して満足していただけだと今回、つくづく思いました。

今回は、ノートに書き写すのを止めました。

問題を解いて教本を読み返し、何度も間違えるところは線を引き、繰り返すことを心掛けて勉強しました。

【2.問題集のトライ回数と最終の正解率】

@実戦問題160    3回  全部で1問不正解(99%)
A実戦問題U    3回  全部で8問不正解(95%)
B新重要問題    3回  全部で2問不正解(99%) 
C二級試験 H17.04  1回  全問正解 (100%)
D二級試験 H17.10  1回  全部で4問不正解(90%)

○おかげで二級ボイラー試験に合格することができました。 本当にありがとうございました。

今度は、一級ボイラーに向けて頑張ろうと思っています。(一級ボイラー「実戦問題200」は購入済み)
また、宜しくお願い致します。


2006年03月02日 『二級ボイラー・私の勉強方法をご紹介します』

S氏(愛知県)からの「合格通知メール」が届きました。

【最初のメール】

実は一月前から真剣に勉強を始めたのですが、ボイラー技士教本と本屋で購入した問題集だけでは、試験日が近づくにつれ不安になっていました。

先日、ボイラー関係の事でインターネットで調べていたところ、このホームページを見つけ、今回のお取引となった次第です。

試験まであと3日しかありませんが、精一杯がんばって合格したいと思います。

○問題集購入:2/19
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」

○試験日:2/21


【合格通知メール】

一発合格しました。
昨日、インターネットで合格発表があり、自分の受験番号があったのですがなかなか実感できず、今日合格通知書が届き、やっと実感が沸きました。

これも貴方様の問題集で勉強させていただいた結果で、大変感謝しております。

ホームページを見ると、2級ボイラー技士に合格した方はすぐ一級を受験したいとおっしゃる方が多いようです。 実は私も欲が出てきまして一級を受験したいと思っております。その節はまたよろしくお願いいたします。

それからHPの2月21日の「関東」の情報ですが、「中部」も同じ問題の様です。 載っていた問題は私が悩んだ問題そのものでした。

  
【私の勉強方法について】


まず自分の実力を知る為に、送付して頂いた問題を一通り解答を見ずにやってみました。(正解率50〜60%でした。)

「実践問題」「新重要問題」の全問題にボイラー技士教本で調べた正解の文章を、赤ペンで書き込みました。(正解番号も)

「解答の部分を手で隠しながら問題を解いて、即座に自分の答えと解答を照合し、赤ペンで書いた正解文章を読む」 という勉強を試験の直前まで何度もやっていました。

私流の勉強方法は、毎日、問題を解いて間違った問題に対する正解の文章をノート等に10回程度書いて覚えるという方法です。 今回は、時間もなく上記の方法でなんとか頑張りました。

(毎日間違えた問題の正解文章を10回書いて覚える方法で、私は技能検定・危険物乙4・第一種衛生管理者試験を合格しています。声に出して読みながら書くとさらに効果大です。)

小規模ボイラーの定義やボイラーから対象物までの距離などの数字は、結構、丸暗記しました。

試験中に気をつけた事は、「・・・誤っているものはどれか。」という問題では「誤っている」という文章に下線を引き、「・・・正しいものは次のうちどれか。」という問題では「正しいもの」という文章に丸を書いて、問題を勘違いしないように注意しました。

一通り問題を解いてもすぐに退出せず、3回・4回と問題・回答を見直しました。 これで結構、自分の勘違いを見つける事ができます。 私は昔、別の試験ですが、見直しをせずに何度か失敗しています。

私の勉強方法はこんな感じです。 どなたかの合格のための参考にしていただければ、幸いです。



2006年02月28日 問題集をほぼ完璧にしておくことが大事!

D氏(三重県)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集の購入:12/11
1.実戦問題160
2.新重要問題

○試験日:1/30

二級ボイラー試験に合格いたしました。直ちに1級を受けようと考えております。
一級ボイラー「実戦問題200」を購入します。
また、ホームページ等でいろいろと見させてもらいたいと思います。

二級ボイラー試験の「私の勉強方法」をご紹介します。

1.勉強方法について
こつこつとやっただけですが、頂いた問題集をやれば合格点は間違いなく取れますね。

問題集は2回やりました。1回目はそんなに正解率は高くありませんでしたが、教科書で間違った理由を考え、2回目は正解率90%以上だったと思います。

2.見たことのない問題も出ました。
しかしあまり気にならないものです。だって60点を取れればいいので。1〜2問程度でした。

◎問題集をほぼ完璧にしておくことが大事だと思います。
全く見たことのない問題がでても「残りは完璧さ」って思えるのです。

特級まで行きたいのですが、特級は少し時間がかかるかもしれませんね。
今後ともいろいろとご指導のほど、よろしくお願いします。


2006年02月10日 今度は、一級ボイラー技士試験にチャレンジ!

S氏(山梨県)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集購入:11/20
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」
 3.「実戦問題U」

○試験日:1/30

問題集を購入後、約2ヶ月勉強し、1/30に受験しました。本日、センターHP発表に無事番号がありました。有難うございました。


【勉強方法について】

購入した問題集3種類を3回やりました。
3回目には科目とも満点もしくは、1〜2問の不正解ぐらいまでこなしました。
また、各問題集の重複する問題は、教本でしっかり勉強していきました。

合格のポイントは、やっぱりこの問題集の良さが1番でした。ただし、今回は多少のアレンジでなく、かなりひねった文書の長い問題が各教科4,5問あり、かなり厳しかったようです。


【出題傾向】

今回、これら問題集からは50%ぐらい出題されていたようです。ほとんど同じような類題がぜんたいの半分ぐらいありました。 
問題集をしっかりやり、問題集の答えを理解していれば、問題の5択の3つぐらい消去できるといった感じがしました。

今度は、一級ボイラー技士試験にチャレンジしたいと思いますので、一級ボイラー「実戦問題240」を購入希望します。よろしくお願いします。

私の山梨からセンターは遠すぎるので、夏にこちらの出張試験にて受験しようと思います。

貴方様の問題集に重ね重ねお世話になりました。有難うございます。


【追伸】

一級ボイラー「実戦問題200」を拝見しました

1月30日に出た構造の問題は、一級ボイラー「実戦問題200」問26、27、43と同じでした。他の科目も又目を通したらメールします。

それにしても一級の過去問と同類がでるとは、恐れ入りました。


2006年01月26日  「実践問題160」の質の良さの賜です

K氏(東京都)から嬉しいメールが飛び込みました。
12/13「実戦問題160」購入
01/17 試験受験

二級ボイラー試験、合格いたしました。

これもひとえに貴方の「実践問題160」の質の良さの賜だと考えます。

私は「これ以外のもの」をやりませんでした。どうもありがとうございました。

試験中、知らないことでもよく読めば、選択肢を比べることにより常識的に回答を導き出せるものもありました。

一級ボイラー受験に関しては、検討中です。


2006年01月21日 ボイラー試験『私の効果的勉強法』

D氏(東京都)からのメールです。

夜分こんばんは、お世話になります。

昨年12/16(金)の「二級ボイラー技士試験」の受験に続き、1/18(水)に「1級ボイラー技士試験」を受験してきました。

試験は良く出来たと思います。計算問題なども、過去問をやっていたお陰で、解答することが出来ました。

先生のお勧めの過去問題から同様な問題が、かなり出題されていました。 私は、「過去問題を勉強する」のが、最善の対策だったと思っています。

また、ご指導いただいたように、「教科書を声を出して読む」のも良かったと思います。読んだお陰で、何かしら頭の中に記憶されており、随分それで問題を解くことが出来ました。

試験対策で、先生が繰り返し仰っていたことを実行した成果だと思っています。

1.一度、教科書を読んでみる。

2.問題を解き、分からなかったり、間違えた時はもう一度教科書で確認する。

3.正解であっても、一応教科書で、確認する。

今後、他の試験においても、上記のことが、応用できると思います。

1/25(水)が合格発表ですが、多分合格と思います。結果が出ましましたら、ご連絡致します。
それでは、失礼致します。


2005年12月30日 『 なんと一発合格です! 2日間、この問題集のみ 』

K氏から、ヤフオクの評価通知が舞い込みました。

「なんと一発合格です! わずか2日間、この問題集のみ しかやりませんでした。 ありがとうございました。」

商品落札から本試験まで、わずかに5日間で「私の商品の3点セット」を購入し、どうするのかと思いました。 そのときはホントに驚きました。
―――――――――――――――――
1.落 札 日 時 :12月 11日 13:07
2.商品発送完了:12月 11日 19:30
3.本 試 験 日 :12月 16日
―――――――――――――――――

商品落札時のK氏からの初メールです。

『 12月16日に受験予定ですが、本日、テキストと問題集を見てあせりを感じました。なにか良い方法がないかとネットで検索したら、貴方の商品をヒットしたので落札しました。
5日間で効率よく、丸暗記で行きたいと思います。

「新重要問題」 と「実戦問題160」 と「法令科目のまとめ」 で行こうかと思います。
早急に銀行に振込しますが、本日発送していただくことは可能でしょうか? 』

――――――――――――――――――
K氏に発送した商品は、次の6点でした。
(1)「実戦問題160」
(2)「新重要問題240」
(3)「法令科目のまとめ」
(4)二級ボイラー技士試験(H17.10公表)
(5)二級ボイラー技士試験(H17.04公表)
(6)「最新情報」  
――――――――――――――――――

合格体験記はCLICK HERE !



2005年12月17日 合格者の受験体験記から

1.Aさん(栃木県)
【「新重要問題」+「実戦問題160」の購入者】


この度は、ありがとうございました。
貴方様から頂きました、問題集のおかげです。

ボイラーが頭に残っている間に、ボイラー1級技士ならび整備士を受けたいと思っています。
問題集があるようでしたら、頂きたいと思います。

私の勉強方法は、
@問題集を何度も繰り返し、確実にものにする。
A基本的なこと(簡易的なこと等)は必ず頭に入れておくこと。

今回の試験については、
水管理関係の事で化学的なことの出題が多かった。
全体的に、「重要ではないな..」と思うところが、出題されていました。又、1問の正解のなかで、疑わしい問題もありました。


2.Bさん(香川県)
【「新重要問題」+「実戦問題U」の購入者】


合格しました。ありがとうございました。
このまま、1級を3月に受験しようと思います。
1級ボイラー技士の問題は取り扱っていませんか?あれば、教えて下さい。

今回の試験については、
今回の問題は、過去問から6割くらい出題されていました。でも、少しだけ、今までと感じが変わっていました。
過去の問題と全く同じ問題というのは、ほとんど無かったです。



2005年11月30日 こんな問題が出ていました (受験体験記)

「実戦問題160」の購入者HYさんから・・・

2級ボイラ技士合格しました。ありがとうございます。 今回の受験に関して、ご参考までに記します。

1.私の勉強方法について

「実戦問題160」を使った問題の繰り返しとテキストとの照らし合わせの勉強方法が役に立ちました。
勉強時間もそれほどかけずに済みました。


2.11/21の試験での注目問題について

思い当たる問題としては、以下が印象に残りました。
(1)取扱い問題
清缶剤の作用で「軟化剤」として使われている薬剤は?
@りん酸ナトリウム
Aタンニン
Bヒドラジン
とか(テキストP219、220)

(2)取扱い問題
休缶中の保存法でで「乾燥保存法」と「満水保存法」を逆に書いたような
表記で惑わす問題(テキストP195,196)

(3)法令問題
安全弁の個数を50m2以下の蒸気ボイラでは1個とできるこ
とについて数字の穴埋めなど(ボイラー構造規格第62条)

この度は、どうもありがとうございました。


2005年11月12日 「私の学習方法」について


この度は本当にありがとうございました。
おかげさまで一回で合格ができました。厚くお礼申し上げます。

参考までに私の学習方法を紹介します。
とにかく短期決戦でした。

@9月末に講習を受け、本試験は12月1日の受験を計画したが急遽、一ヶ月以上の長期出張になったため、11月1日の受験に変更。(講習の後、時間が経過すると忘れてしまうことも危惧)

A仕事(本業)が交替勤務なのに加えて、副業もあって、学習時間が殆どなかった。

B上記、@Aで気持は焦るばかり。

そこで、貴アドバイスに従い、以下のような内容で自分なりに効率的に学習できたと思っています。

1.問題集は、貴殿より購入の、「実戦問題160」、「実戦問題U」、「重要問題240」 のみとした。

2.ワードのデータで送付して頂いたので、160+160+240=560問を自分で仕事の休み時間も活用してパソコンで類似問題、同様の問題を集約したオリジナルの問題集を作成した。

3.集約したオリジナルの問題集で正解の項目以外も、重要項目やキーワードは虫食いにした問題集を作成して暗記を行いました。間違えた所は、教本で復習して、全問、何回やっても正解になるまで繰り返した。


 4.試験二日前に総復習で問題数、160+160+240=560問の全問を解いて100%正解できるようにした。


2005年10月20日 二級ボイラー受験奮闘記

ご健闘、心からおめでとうございます。ハレルヤ!

二級ボイラー技士免許試験、数度の挑戦で合格を掴んだ奮闘記です。



Click Here!


2005年10月14日 問題集は、これしかやっていません!

本日、二級ボイラー試験の結果発表されたのですが、おかげさまで無事に合格することができました。
どうもありがとうございました。
試験の感想は、ギリギリなんとか合格できたかなという感じです。

私の勉強方法は、送って頂いた「実戦問題160」、「重要問題240」の問題集をやり、判らないものはテキストでしっかりと調べる方法でした。 それ以外はやっていません!

この問題集は十分やったつもりですが、本試験ではまぎらわしい言い回しや不明な用語が出てきて、混乱しました。全然見たことが無い問題(清缶剤の目的など)もありました。

本試験の際に、自信のあるものだけを数えたのですが、 ボイラーの構造:70、取扱い:50、燃料燃焼:50、法 令:70 でした。

アドバイスとしては、分からない問題はテキストをよく分かるまで読み返すしか無いです! 問題集の答えの暗記は危険だと思います。
「構造と法令」は暗記でもそこそこ点が取れますが、「取扱いと燃焼」はそれでは難しいと思います。

いずれにしても合格できて本当に良かったです。
この度はどうもお世話になりました。


2005年10月12日 「構造・取扱い」の試験傾向が変わった?

お陰様で試験の方、合格する事ができました。
勉強方法のアドバイスのお陰だと思います。
ありがとうございました。
次は1級に挑戦してみたいが、1級の重要問題でもあれば、案内を頂きたいです。

昨年までの試験なら「重要問題160・240」を繰り返しやれば、高得点で合格可能だと思う。
「重要問題160・240」を2回やったあと、公表問題にトライしたら、 @構造70点 A取扱60点 B燃料90点 C法令100点 でした。

今年(8/18)は、「ボイラーの構造・取扱い」の2分野で試験傾向が変わったように感じました。
この2科目は共に40点位かと、合格通知を見るまで不安でした。
私はこの2分野ついて、ボイラ協会の問題集を2回やりました。そうでなければ合格はできなかったかと思う。
「燃料・法令」は共に簡単で100点か、という手応えを感じて本試験を終えることができました。


2005年10月04日 問題箇所をテキストで理解

本日、二級ボイラー技士の合格通知が届きました。

この度は、メールなどでご連絡を頂き有難うございました。
東京で9月10日に行われました二級ボイラー技士試験の合格通知が本日届きました。(ヤッター)

試験対策としては、「実戦問題160」+「重要問題240」+「H17年4月公表問題」 を中心に各2回、試験前までに目を通しました。
ただ、問題箇所のテキスト内容のポイントを平行して理解することが、必要でした。(これに最も時間がかかる)


本番では、見慣れないパターンの問題が4〜5問ありましたが、それ以外は、見覚えのある問題でした。

問題パターンは、あなた様の商品で十分対策でき、おかげさまで、合格できました。とても心強い味方でした。
また、最新の問題についての情報を、メールで送付して頂いたのも大変参考になりました。


2005年09月06日

 おかげさまでボイラー技士試験に合格することが出来ました。ありがとうございました。

今回の受験を経験して、問題をよく読むということが大事ということを痛感しました。
私は三回目で合格でしたが 一回目は燃料の科目で30点で 不合格(合計点数は270点)。 二回目も燃料の科目が20点で不合格(これも合計点数は240点)で一科目に泣きました。

 私のはアドバイスにならないかと思いますが、四月に会社を自主退職したんで、時間にはあまり不自由はしませんでした。ただ ボイラーだけだと思い、実は、危険物の乙四の試験準備も同時進行でした。
 幸い危険物は、六月の試験で一発合格でしたが、ボイラーはなかなか手強かったと思います。試験日も危険物とボイラーの間が三週間しかなくて、大変でた。
 
 アドバイスと言えば 過去門も重要ですし、問題を答えを書いて慣れるかな。疲れていて問題を解くのが出来なくても、最低限、昨日の復習をする。体調を万全にする(私のこと・・あは)。

参考にですが、今回の問題に、今までの傾向になかった水圧試験の仕方が出ていました。


2005年08月28日

いつも新しい情報ありがとうございます。私は8月19日に受験しました.
各地で問題が違うのかもしれませんが、この問題集等で十分解ける問題だったと思いました。
今すぐ思い出せるのは(霧化媒体を必要とするバーナは?)と言う問題が出ていました。
あとは、過去問と同じような水管ボイラーや安全弁について等で難しいとは思いませんでした。
まだ合否はわかりませんが、多分大丈夫だと思います。
現在は1級の勉強をしていますが、同じ日に1級を受験した会社の人に聞くと1級は少し難しくなっていると思います。これからもずっとボイラーは勉強したいと思いますので新しい情報や、問題集ができましたら是非ご連絡下さい。