HPトップへ戻る】 http://www.h6.dion.ne.jp/~nanayo/index.html

 

2.二級ボイラー技士試験問題について

 

商品購入者に対して、勉強中に生じた疑問点をメールによりサポートしていますが、その一部をご紹介します。

 

 

 

 

 

「質問様式」に従って、質問してください。

 

・・・・・・・・・・・【質問様式】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.私の商品名と第何編:「実戦問題160」の第1編 ボイラーの構造 とか

2.問題の全体のコピー:問10 以下の問題

3.その解答:

4.質問事項:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問9】06/08/5

「実戦問題160」【第4編 ボイラーに関する法令】4.4ボイラー取扱作業主任者

 

問22 下記のボイラー4基をまとめて取り扱う場合、ボイラー取扱作業主任者に選任することができる者の説明として、正しいものは(1)(5)のうちどれか。(H13.10公表)

 

        ・炉筒煙管ボイラー      (伝熱面積18u) 1基

           ・貫流ボイラー                            (伝熱面積60u) 1基

        ・立て温水ボイラー      (伝熱面積10u) 2基

 

(1)二級ボイラー技士でよい。

(2)ボイラー取扱技能講習修了者でよい。

(3)特級又は一級ボイラー技士のいずれかに限る。

(4)特級ボイラー技士に限る。

(5)「特別教育」を受けた者でよい。

 

解答:(1)     

質問事項:ボイラー取り扱い作業主任者の計算方法がわかりません。

 

 

【サポート】

 

ボイラー安全規則の第24条(ボイラー取扱作業主任者の選任)参照

1.取り扱うボイラーの伝熱面積の合計を算出する。

伝熱面積の合計は、第24条第2項に規定されている。

 1)炉筒煙管ボイラー(伝熱面積18u) 1基・・・・・18u

 2)貫流ボイラー      (伝熱面積60u) 1基・・・・・ 6u

   第24条第2項第1号 601/106

 3)立て温水ボイラー(伝熱面積10u) 2基・・・・・ 0u

   第24条第2項第3号→令第6条第16号のハに該当(14u以下の温水ボイラー)

∴取り扱うボイラーの伝熱面積の合計: 18u+6u+0u=24u

 

2.ボイラー取り扱い作業主任者の選任

 伝熱面積の合計が24uですので、「(1)二級ボイラー技士でよい」 が正解となります。

24条第1項第3号 取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が25uは、

特級ボイラー技士、一級ボイラー技士、二級ボイラー技士の免許をうけた者(以下「二級ボイラー技士」)

 

 

 

【質 問1】05/10/13

 

「実戦問題200」構造

 正解は(3)ですが、教本又は法令の何処に記載されていますか?

 

問24.安全弁に関する次の記述として、誤っているものは次のうちどれか。(H15.10.16)

 

(1)ばね安全弁には、全量式及び揚程式がある。

(2)ばね安全弁のばねは、あらかじめ設けられた設定位置に取り付ける。

(3)エコノマイザの設定圧力は、ボイラー本体の設定圧力よりも低くする。

(4)バネ式安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低いときは、ボイラーの設定圧力の80%まで

下げて、調整ボルトを締めて吹出し圧力を上昇させる。

(5)過熱器の圧力は、ボイラー本体よりも低くする。

 

【サポート】

「二級ボイラー教本」P171 に記載されている。

「(e)エコノマイザの逃がし弁(安全弁)の調整:

 ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する」とあります。

 

参考)

ボイラーの水、蒸気の流れは

「給水ポンプ」→「エコノマイザ」→「ボイラー本体」→「過熱器」→「ボイラー出口」  と流れます。圧力は、給水ポンプが一番高く、ボイラー本体、過熱器と順に低くなり、ボイラー出口が一番低い。(圧力損失のため)

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問2】05/10/13

 

「実戦問題160」構造

正解は(2)ですが、「すみの丸みをなす部分」は「球面殻部」に属するのではないか?

 

問17.鏡板についての記述として、正しいものは次のうちどれか。(H14.7.3)

 

(1)材料、直径及び板厚が同じであれば、皿形鏡板は平鏡板より強度が弱い。

(2)皿形鏡板は三つの殻部からなっているが、すみの丸みをなす部分は、環状殻部に属する。

(3)管板には通常、半楕円形のものを用いる。 

(4)皿板鏡板は、平鏡板より工作が簡単である。 

(5)平鏡板には、一般に大径のものでもステーを設けない。

 

【サポート】

「二級ボイラー技士教本」P41参照。 

「皿形鏡板は、球面殻(鏡板の頂部の球面をなす部分、環状殻(すみの丸みをなす部分)及び円筒殻(フランジ部分)から成っている。」とある。

(2)は正しい。  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問3】05/10/22

 

 

「重要問題240」法令の問54の回答についての質問です。

回答は(3)になっておりますが、(4)ではありませんか?

 

問54.最高使用圧力0.8MPa の炉筒煙管ボイラーに取り付ける圧力計の目盛盤の最大指度として、正しいものは次のうちどれか。(H15.10公開改)

 

(1)0.8〜1.5 MPa 

(2)1.0〜2.0 MPa 

(3)1.5〜2.0 MPa 

(4)1.5〜2.5 MPa 

(5)2.0〜3.0 MPa 

 

 

【サポート】

ボイラー構造規格第66条第4項に

「圧力計の目盛盤最大指度は、最高使用圧力の1.5倍以上3倍以下の圧力を示す指度とすること。」

と規定されています。

 

従って、目盛盤最大指度は

最小: 0.8×1.5=1.20(MPa) 以上

最大: 0.8×3 =2.40(MPa) 以下

となります。

 

この値を満足するのは、(3)です。正解は(3)です。

(4)の場合、2.5は 2.4以下 を満足しませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問4】05/11/19


新発売の「重要問題240」について、問い合わせがありました。(11/19)
興味深い問題ですので、ここでご紹介します。

第4編 ボイラーに関する法令

問53.水面測定装置の水柱管に関する次の記述のうち、法令上誤っているものはどれか。(H15.1.18)

(1)水柱管とボイラーとを結ぶ水側連絡管は管の途中に中高又は中低がない構造としなければならない。
(2)水柱管とボイラーとを結ぶ蒸気側連絡管は、管の途中にドレンのたまる部分がない構造としなければならない。
(3)蒸気側連絡管を水柱管及びボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最高水位より下であってはならない。
(4)水柱管は、容易に内部の掃除ができる構造としなければならない。
(5)最高使用圧力2.4MPa以下のボイラーにおける水柱管は、鋳鉄製とすることができる。

答 5   

解説)ボイラー構造規格 第70条、第71条参照
(水柱管) 第70条 最高使用圧力1.6MPaを超えるボイラーの水柱管は、鋳鉄製としてはならない。


問54.水側連絡管を水柱管又はボイラーに取り付ける口は、( A )で見ることができる( B )より( C )であってはならない。」
文中の(   )に入れるA、B,Cの用語として、正しい組合せはどれか。 (標準問題改)

    A    B        C
(1)水面計  安全低水面   下
(2)圧力計  圧  力     上
(3)水面計  最高水面     下
(4)水面計  最低水位     上
(5)水面計  最高水面     下

答 4
解説)ボイラー構造規格 第71条 第2項
「水側連絡管を水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最低水位より上であってはならない。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問506/01/13

「実戦問題200」について質問します。

 

 

質問1

問10  プレパージの意味を教えてください。

 

【サポート】

 

教本のP140に書いていますが、点火前換気のことです。

 H17年下期公表問題に、ずばりの問題があります。

ご参考までにご覧下さい。

 


問18  プレパージの目的に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

(1)点火前に炉内の未燃ガスを排除する。
(2)バーナが焼き付かないようにする。
(3)空気比を適切にしてボイラーの効率を上げる。
(4)炉内への空気の侵入を防ぐ。
(5)消火時の炉内の残留ガスを排除する。

 

問18 プレパージの目的について
解答:(1)

【サポート】

 

プレパージ  :点火前に炉内の未燃ガスを排除する。(点火前換気)
ポストパージ
消火時の炉内の残留ガスを排除する。(消火後換気)
教本P140 参照

 

 

質問2
「ころ広げ」の意味を教えてください。

 

教本のP45 図1.31や図1.32 などにあるように、
配管を管板に通し止める際に、「ころ広げ」 後に溶接するのが一般的です。

 ころ広げとは、「ころ広げ」という治具を使って配管を広げて、管板に密着させることです。
この治具を配管に入れハンドルを回しながら、配管を広げることを「ころ広げ」ともいいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【質 問606/01/16

 

「実戦問題200」について質問します。

二級ボイラー技士試験 「実戦問題U」

第3編 燃料と燃焼 の質問です。

 

質問1

 

問10.低温腐食防止の説明として、誤っているものは次のうちどれか。(H15.10.16)

 

(1)前処理により硫黄分を少なくした重油を選択する。

(2)添加剤を使用して、燃焼ガスの露点を下げる。

(3)排ガス中のO2%を上げ、SO2(二酸化硫黄)の酸化を抑制し、露点を下げる。

(4)低温伝熱面に耐食材料を使用する。

(5)燃焼ガスを再循環させるか、又は蒸気式空気予熱器を用いる。   

 

正解は(3)ですが

(2)添加剤を使用して、燃焼ガスの露点を下げる。 硫酸と教本に書いてあるのですが?

 

【サポート】

教本P234 C低温防止剤に「燃焼ガスの露点を下げて・・」とあります。

 

 

質問2

 

問13.気体燃料についての説明として、誤っているものは次のうちどれか。(H15.10.16)

 

(1)LNGは、天然ガスを常圧で -162℃ に冷却し、液化したものである。

(2)LNGは、成分中の炭素に対する水素の比率が高く、他の燃料に比べてCO2の発生割合は少ない。

(3)一般に灰分及び硫黄分の含有量が少ない。

(4)LPGは、小規模なボイラーの燃料やパイロットバーナに使用される。

(5)LPGは、漏洩した場合、部屋の天井等上部に滞留する。

 

正解は(5)ですが

LPGは、漏洩した場合、部屋の天井等上部に滞留しないのはなぜですか?

 

 

【サポート】

 

教本P237 液化石油ガス(LPG)の項に「重いのが特徴である」とありますね。つまり、LPGは空気より大分重いからです。試験によく出るところです。

 

 

質問3

問22.次の文中の(  )内に入れるA及びBの用語の組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。(H16.10公表)  

「回転バーナ(ロータリバーナ」は、( A )に取り付けられたカップの( B )で油膜を形成し、遠心力により油を微粒化する。)(H16.10公表)

 

                 B

(1)油ポンプ              末広がり部

(2)モータ                内  面

(3)油導管                先端外周

(4)回転軸                内  面

(5)ファン                前部空間

 

 

正解は(4)ですが

 

回転バーナは回転軸に取り付けられたカップの(内面)=先端外周ではないのですか?教えてください。

 

 

 【サポート】

 

教本P251C回転式バーナに「回転軸に取り付けられたカップの内面で油膜を形成し、・・」とあります。  図3.9を参照して下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問7】06/01/29

 

「重要問題240」について質問します。

 

質問1

第1編 ボイラーの構造 の質問です。

 

問14.キャリオーバ(プライミング、ホーミング等)が起きた場合の処置として、誤っているものは次のうちどれか。 (H15.10公表)(H15.1.18)

  

(1)水位が高い場合には、一部を吹出し新しい水を入れる。

(2)水位が安定したら安全弁や水面計の試験をし、圧力計の連絡管を吹かしてみる。

(3)燃焼量を軽くする。

(4)ボイラー水の試料をとり水質試験を行う。

(5)主蒸気弁を急開して圧力を下げる。

 

 

キャリオーバでpHが高すぎるとなぜ圧力計の連絡管を吹かすのですか?

 

 

【サポート】

 

154参照  (b)キャリオーバ(プライミング、ホーミング等)の害

Bキャリオーバで運ばれた不純物等により、圧力計の連絡穴に異物が詰まったりして、性能を害する。これら異物を除去するためです。

 

 

 

質問2

 

第2編 ボイラーの取扱い の質問です。

 

問31.ばね安全弁から蒸気が漏れた場合の処置として、誤っているものは次のうちどれか。  (H17/4公表)

 

(1)試験用レバーがあるときは、それを動かして弁の当たりを変えてみる。

(2)弁棒が弁の中心を押しているか調べる。

(3)弁と弁座の接触面を広くしてみる。

(4)弁と弁座の間に、ごみなどの異物がないかを調べる。

(5)弁と弁座とのすり合わせをしてみる。

 

3.答 (3)

 

上記で(1)試験用レバーがあるときは、それを動かして弁の当たりを変えてみる。

試験用レバーは動かしてはいけないのでは?

 

 

【サポート】

 

ばね安全弁から蒸気が漏れた場合の処置ですが、

漏れの原因の1つとして、弁座と弁体の間にごみやスケールなど異物(ごみ)が挟まっている場合があります。テストレバーを操作して、蒸気を流し、ごみを蒸気で吹き飛ばすと漏れが無くなる場合があります。

 

 

 

質問3

 

第2編 ボイラーの取扱い の質問です。

 

問51.水に関する用語と単位に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(H17/4公表)

 

(1)水は、水素原子2個と酸素原子1個からなり H2Oで表され、その分子量は18である。

(2)常温(25℃)でpHが7未満は酸性、7は中性である。

(3)酸消費量は、水中に含まれる水酸化物などのアルカリ分を示すものであり、炭酸カルシウム(CaCO3)に換算して試料1リットル中のmg数で表す。

(4)アルカリ分をpH8.3まで中和するのに要する酸消費量(pH8.3)は、メチルレッド溶液で滴定される。

(5)全硬度は、水中のカルシウムイオン及びマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して試料1リットル中のmg数で表す。

 

答えは(4)ですが メチルレッド溶液が間違いなのですか? 正しい場合の解答を教えてください。

 

 

【サポート】

 

(4)アルカリ分をpH8.3まで中和するのに要する酸消費量(pH8.3)は、メチルレッド溶液で滴定される。

二級ボイラー技士教本P209

 C)酸消費量を参照して下さい。

 

酸消費量の表し方に2種類あります

 

@アルカリ分をpH4.8まで中和するのに要する酸消費量(pH4.8)はメチルレッド溶液で滴定される。

Aアルカリ分をpH8.3まで中和するのに要する酸消費量(pH8.3)は、フェノールフタレイン溶液で滴定される。

 

この問題は、二級ボイラー技士試験には不適切な問題かと思います。(教本の備考欄からの出題です)

メチルレッド溶液→フェノールフタレイン溶液が正解です。

 

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問8】06/02/05

 

質問がありますので、宜しくお願いします。

 

【サポート】

今回は、もう少しご自分で調べて、それでも分からないときに質問してもらおうと思い、説明、解説は省略しています。 ご自分でもう一度トライし、もう一度質問してください。

 

 

【一日後のメール】

たしかに、安易に質問していたと反省しています。 自分なりに調べて解いてみましたので確認お願いします。

 

 

【サポート】

全て完璧です。何も言うことがありません。よく調べたと思います。

 

問36は少し難しい問題です。例題を載せます。

問54.は出題頻度が多い問題です。良く理解しましょう。

 

 

 

【質問1】

 

「実戦問題200」第4編「関係法令」から

 

この問題の計算式を教えてください。

 

問36.最高使用圧力1MPa、伝熱面積100u、最大蒸発量5,000kg/hの炉筒煙管ボイラー(低水位燃料遮断装置を有しないもの)用の給水装置の一つが

 

・電動給水ポンプ 3,000kg/h 1台

・電動給水ポンプ 2,000kg/h 1台

 

2台を結合したものである場合、他の給水装置に要求される最小の給水能力として、正しいものは次のうちどれか。(H15.10.16)

 

(1)5,000 kg/h               (4)2,000 kg/h 

(2)4,000 kg/h               (5)1,250 kg/h 

(3)3,000 kg/h

 

 

【サポート】

どの法律の何条からの問題で、そこにはどのように規定されていますか。

何処まで分かり、どこからが分からないのですか。

 

1日後のメール】

 

答)

ボイラー構造規格 第73条 第2項

 

設置数の特例とその給水能力

 

次の蒸気ボイラーについては、随時単独に最大蒸発量以上を給水できる給水装置を2個設けなければならない。(蒸気ボイラーであって、燃料の供給を遮断してもなおボイラーへの熱供給が続くもの・低水位燃料遮断装置を有しない蒸気ボイラー)

 

ただし、給水装置の一つが2個以上の給水ポンプを結合したものである場合には、他の給水装置の給水能力は、そのボイラーの最大蒸気量に達しなくても、最大蒸気量の25%以上で、かつ、2個以上の給水ポンプを結合した給水装置のうちの給水能力が最大である給水ポンプの給水能力以上とすることができる。

 

以上の説明から問36を解くと 

 

@ 5000kg/h の25%で1250kg/hになるが、

A2個以上の給水ポンプを結合した給水装置最大である給水ポンプの給水能力以上で3,000 kg/h

 

∴@とAを満足するのは (3)の3000kg/hになる。

 

 

【サポート】

 

例題) 

最大蒸発量10t/hのボイラーで 第1給水装置が@6t/h A4t/hの給水ポンプの結合のとき、

2給水装置の最低の給水能力はいくらか。

 

解答)

・最大蒸発量の25%以上 →2.5t/h以上

・最大である給水ポンプの給水能力以上→6t/h以上  ∴6t/h

 

 

【質問2】

 

「重要問題240」第4編「関係法令」より

 

答えは(4) ですが、水面計、 最低水位、 下  ではないですか?

 

問54.「水側連絡管を水柱管又はボイラーに取り付ける口は、( A )で見ることができる( B )より( C )であってはならない。」

文中の(   )に入れるA、B,Cの用語として、正しい組合せはどれか。 (標準問題改)

 

               B              C

(1)水面計            安全低水面        下

(2)圧力計            圧  力          上

(3)水面計            最高水面          下

(4)水面計            最低水位          上

(5)水面計            最高水面          下

 

 

【サポート】

 

問題が間違っているとお考えですね。

設問の問題はどの法律の何条か、ご自分で考えてください。

 

1日後のメール】

 

答)

ボイラー構造規格 第71条 

(水柱管との連絡管)

 

A)水側連絡管は、管の途中に中高または中低のない構造とし、かつ、これを水柱管またはボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最低水位より上であってはならない。

 

B)蒸気側連絡管は、管の途中にドレンのたまる部分がない構造とし、かつ、これを水柱管及びボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最高水位より下であってはならない。

 

水側連絡管の説明を蒸気側連絡管の説明と勘違いしていました。 答:(4)です。

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

HPトップへ戻る】 http://www.h6.dion.ne.jp/~nanayo/index.html