和歌山県と田辺市にクマに関する意見・要望を送って下さい!!


龍神村でクマ目撃 県が捕獲おり設置

 田辺市龍神村安井でクマが相次いで目撃されており、県は3日、同市龍神村西の山中に捕獲おりを設置した。
 県は市から捕獲依頼を受け、地元猟友会らと相談して設置場所を決めた。
 初めて目撃されたのは6月21日。国道425号を走っている車の前を横切って山に逃げ込むクマをドライバーが見掛けた。
30日には、1回目の目撃場所から約600メートル離れた所で、国道にいたクマが近くの薮に逃げ込むのを車から複数人が目撃した。ともに体長は約1メートルという。
 田辺市農業振興課は「目撃現場近くを通る場合はクマに注意して」と呼び掛けている。

('08/07/06)


山にクマがいるのは当たり前のことです。捕獲してどうするつもりなのでしょうか。射殺するつもりなのでしょうか。

アメリカ・バージニア州で住宅地にクマが出没し、5時間にわたって 走り回る騒ぎがあったそうです。
体重がおよそ60Kgあるクマが突然、住宅地に出没し、やじ馬が集まる中、クマは自由気ままに走り回り、およそ5時間後に地元警察によってようやく捕獲され、山に帰されたそうです。もちろん、これはアメリカでは安易に射殺処分はしないという一例にすぎません。
日本では射殺、アメリカでは捕獲放獣。絶滅の危機に瀕している熊の対処の仕方を日本もアメリカに学ぶべきではないでしょうか。

数年前の調査では8頭しか生息していなかったので、もしかしたらこのクマが最後のクマかもしれません。
ツキノワグマを絶滅させない為にも、捕獲オリの撤去並びに放獣をお願いして下さい。
宜しくお願いします。

和歌山県自然環境室 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/032500/index.html

田辺市 https://www.city.tanabe.lg.jp/kouhou/post.htm



トップページへ戻る