フェルト(2)

              
りんごのオリジナルです。複製模写はご遠慮くださいね〜♪
フェルト用原毛の店
 

《コロコロ〜ポーチ3》

             ゴムボールを型にして、ブタちゃんをモチーフにしたポーチを作ってみました。
             耳には、顔と同色の原毛をシート化したものを使用し、鼻には紙粘土で作ったものを貼り付けています。
                        (↓の「コロコロポーチ」キットのレシピを一部アレンジしました)





 

《コロコロ〜ポーチ2》

       ゴムボールを型にして、原毛をフェルト化して作った二つ目のコロコロポーチです。
       今回は、花型の木製ボタンをアクセントに使いました。
       D・M・Cルトールという一本取りの刺繍糸で茎と葉を表現し、開閉口には〈ブランケット・ステッチ〉を施しました。
       フェルトの厚さ7mm、形状記憶力100%です。 出来上がりサイズは、ボールより一回り小さな感じになります。 
       原毛、D・M・Cルトール(糸)、木製花ボタン、ファスナー、型用ボール、洗剤、ビニール手袋、カラーレシピなどセットして
       5カラー対応でキット販売予定です。






 

《コロコロ〜ポーチ1》

        息子のオモチャのゴムボールを型にして、原毛を重ね付けしていきました。(湯&洗剤によるフェルト化)
        よく擦り、繊維がしっかり詰まった状態になったら、ハサミで上部を切り開き、ボールを取り出しました。
        両面に、原毛のお花を咲かせて可愛いポーチに仕上ました。 フェルトの厚さ7mm、形状記憶力100%です。






《mini・パクパクポーチ》

          パクパク金具を使用したポーチです。小銭入れとしても利用できます。
          USAボタンをたくさん縫い付けてお花に見立てました。
          肉厚な風合いにウールの優しい温かさを感じます。 (7.5p×9p)

    ★パクパク金具を使う場合
      型紙を取り除いた後、フェルト化しているとき(ぬれているとき)にサイドに切り込みを入れます。
      切り口を丁寧によく擦り、ケバケバ感がないように綺麗に仕上げるようにします。




 

《化粧ポーチ》

        薄いプラスティック製の型紙を間にはさみ、原毛を袋状にして、撫でたり擦ったりしてフェルト化しました。
        繊維がしっかり詰まった状態になったら、ハサミで上部を切り開き、型紙を抜き取る作業をしています。
        アクセントにボタンを縫い付けたり、5色の刺繍糸でステッチをしたりして楽しみました。
                                   (13p×17p、フェルト厚さ5mm)




 

《フレーム・ソーイング》

         羊原毛を細かくちぎり、縦横何層にもして、お湯で薄めた食器用洗剤をかけ、やさしく撫でたり
         擦ったりしてフェルト化しました。(シートタイプ)
         出来上がったフェルトに〈USAソーイングボタン〉を縫い付けて、フレーム(7.5cm×7.5cm)に入れました。
         工房やアトリエのドアに取り付けるとプレートの代わりになって可愛いかな♪
         また、5mmの厚さに伸したボリューム感あるフェルトは、周りをステッチしてコースターにしました。




  メェ〜〜♪ 

《ポンポン羊》

        Cloverのポンポンメーカーを使って、ふわふわの羊を作りました。毛糸と同様に取り扱うことができます。
        ボディには、ニードル針を使用していないので、とても柔らかな触り心地です。
        フレームの世界から飛び出してきた...直径6.5cmの可愛い彼です♪