チューリップ
《チューリップ》編み図




                                 
          「春」の定番チューリップです。並太毛糸を6号鈎針で細編みしました。
          茎は、ワイヤーに毛糸を巻きつけたものですので、自由に曲げることが出来ます。
          葉は、フェルト。鉢は、100均のウッドを使っています。
          花束にしたり、瓶にさしても可愛いですね。全長約14cm(鉢は含まず)


            ★編み図をご利用される方は、BBSにひとことお願いいたします。


            ★完成作品を寄せてくださった皆さんのお部屋です。








1、花を編む


          ★11段目前で綿を入れます。


●HappyHeart生徒memoは、りんごの手芸教室での編み図メモです。
 どちらのmemoをご利用いただいて編まれても構いません。
目数
memo
HappyHeart生徒memo
 1  6 輪の中に細編みを6目編む 6目作り目
 2 12 6目増やし目 6目増やし目
 3 18 6目増やし目 1+1(1目編んだら次の目で1目増やすの意味)
 4 18 増減なし 増減なし
 5 18 増減なし 増減なし
 6 18 増減なし 増減なし
 7 15 3目減らし目 4−1(4目編んだら次の目で2目1度の意味)
 8 15 増減なし 増減なし
 9 12 3目減らし目 3−1
10 12 増減なし 増減なし
11  6 6目減らし目 2目1度を6回
12  0 伏せ綴じる 伏せ綴じる






2、茎を作る


            ★茎は、ワイヤー(約15cm)に毛糸をきっちり巻きます。
                往復すると、かなりしっかりし、ずれません。
                ワイヤーの先端は、花に差し込むため2cmくらい巻かずに残し、
                巻き始めと、巻き終わりの毛糸を結んで切ります。
                ウッドなどに挿す場合は、下1cmくらい毛糸を巻かないようにします。






3、葉を作る


        ★フェルトを葉形にカットします。縦約8cm






4、合体

  

           ★葉にボンドをつけ、茎に巻きつけるように貼ります。
               次に、茎の先端のワイヤー部分にボンドをつけ、花に差し込みます。
               このようにウッドに挿して飾る場合は、事前にキリで穴を開けたところに、
               ボンドをつけた茎(ワイヤー)を挿し固定します。