私の作品集(29)

           





《レトロ可愛いバッグ》
                                                        
            ブラウンのコットンリネンのドット生地でレトロ調のバッグを作りました。
            アクセントにコットンレースを。持ち手には、牛革を使用しました。
                  
       









《ふた付きスイカピンクッション》
                                                        
                   カットしたスイカのピンクッションです。
                   開閉できる皮のふたを付けてみました。
                   全長約15cm
                  
       










《簡単!レトロバッグ》
                                                        
               3歳くらいでしょうか...。少しくせ毛の可愛い男の子。
               レトロな雰囲気がとてもお気に入りのUSAプリントです。
               後ろ側には、こだわりのストライプのデニム。
               英字のくるみボタンを作って、アクセントに縫い付けました。
               内側には、モスグリーンのコットン。縁取りとしても活躍。
               2本ミシンを掛けるだけで出来ちゃう簡単ソーイングバッグです。
               約28cm×23cm(持ち手含まず)
                  
       









《HappyBirthdayピンクッション》
                                                        
            珈琲染めしたコットンに、直径約8cmの大きなスタンプを押しています。
            布用インクパッドを使い、アイロンを当て、耐水性を強くしています。
            裏布には、合皮リンクルという皮のような素材を使用。
            出来上がり直径約10cm。
            手芸好きなお友達へのBirthdayプレゼントしたら喜ばれるかな♪
       









《干し柿》
                                                        
          私には、珍しい「和」チックな作品。甘くて美味しい、あんぽ柿です。
          以前、同じようなものを作ったことがあるのですが、
          ヘタによく似たウッドボタンに出会ったので、NEWバージョンを作りたくなりました。
          大きさほぼ実物大、8cm。 麻紐をつけて、壁にぶら下げて飾ります。
       









《陶ビーズアクセサリー》
                                            
           「おかしな陶動」のあにまるさんにお願いして作っていただいた陶ビーズ。
           深みのある〈焦げた感じ〉がたまらく魅力的です。
           ウッドビーズやココナッツビーズとコラボさせ、牛革やアンティーク風チェーン、
           ビーズ用透明ゴムなどに通し、ネックレス、チョーカー、ブレスレット、
           リングなどを作ってみました。
           オールビーズのものは、重ね方によって、オールマイティーに使うことができます。
       









《リメイク・携帯&デジカメケース》
                                            
              130cmの子供服(長袖Tシャツ)をリメイクしました。
              胸元のデニムのポケットに「82」の数字がブリーチされています。
              プリント数字ではないところがとてもお気に入りで、フリマにも出さず
              いつか作品にしたいと、大事に保管していました。
              そして、裏側には、袖のデニムのボーダー部分を使いました。
              ジーンズのベルトループに、ぶら下げて、日々使用するため、
              金具には、ガッチリとしたものを選んでいます。