仰向けに寝たら痛くなる腰痛

 女性に多い腰痛のタイプが「仰向けで寝ると腰が痛くなる」です。

 一般的には、腰痛はひとくくりにされがちですが、この腰痛は明らかに他とは違います。

 おおよそ、こういった方々の腰は、固い床上で仰向けになって寝ると、腰椎と床の間に隙間があり、腰の下に簡単に手が入ってしまいます。

 例えて言えば「仰向け腰椎ブリッジ」を行っているのと一緒というわけ。仰向けで寝ていて、痛くなるのは当たり前ですね。

 

  青山整体GEN流院腰の反り過ぎ


 ですから、2~3分程度なら何ともないのですが、5分もすれば起き上がるのに必ず「痛たた!」と言います。

 こういった方の特徴は「腰が反っている」ということです。

 しかし捉え方を変えると、女性の場合の骨盤は、男性の骨盤よりも大きく出来ているため、仰向けになると骨盤の大きい分だけ腰が浮きやすくなってしまうのです。

 それそのものが、痛みを出す原因ではありませんが、少なくとも男性よりはそういった意味で仰向け痛が出やすくなるのです。

 痛みを出づらくする方法は3つあります。

 


1、クッションを使う
 あえて仰向けで寝る必要がある場合には、この方法が簡単ですのでオススメ。

 原理としては、先程ご説明した通り、腰椎がブリッジをしているわけですから、これを緩和させてやればよいのです。

 まず、仰向けで両方の膝を立てます。こうする事によって、腰椎のブリッジが多少減少します。軽度の場合はこれで痛みを感じにくくなるでしょう。

 しかし、そのまま膝を立てたままだと今度は足が辛いので、立てた膝下にクッションを入れて補いましょう。

 更に重度の方だと、これでは痛みが無くなりません。腰椎の反りが強くて、足を曲げただけでは緩和しないのです。

 こういった方の場合には、今度は上体を持ち上げる方法で緩和しましょう。

 方法は、心臓の裏から首にかけて、背中全体にクッションや毛布を丸めて敷き、上体を15度くらい持ち上げた格好にします。頭の下には更に枕を引くとよいでしょう。

 結果的に、お臍の後ろにある腰椎が、地面と接するような格好になります。

 この方法で、おおよそ「腰椎ブリッジ」から逃れる事ができます。

 分からない場合は「青山整体GEN 流院」まで「仰向けで寝ても腰が痛くならない寝方」と言って、お気軽にお問い合わせ下さい。



2、足首を柔軟にする
 腰椎が反っているという事は、体の背面の筋肉が硬くなっているという事でもあります。

 今はブームが去りましたが「傾斜板」を使って、アキレス腱から脚の腿の裏、臀部~背部をストレッチするのもよいでしょう。

 青山GEN流院ストレッチ


 その格好をイメージして頂ければ容易に想像ができると思いますが、このストレッチの逆、つまり悪化させる形になるのが「ハイヒール」です。

 勘違いされては困りますから、始めに言っておきますが「ハイ」だからダメで「ロー」なら良いというわけではありません。人間の体の全ては、足の複雑で精巧な関節によって支えられています。その部分がほんの少しでも不自然な格好になれば、全身が不自然となります。

 確かに、お仕事で「どうしても」という方は居りますでしょうが、そういった方には「傾斜板」は必需品です。

 1日の疲れを忘れずストレッチで解消しましょう。

 また、お臍の奥の地点をコンパスの軸として、ちょうどフラフープを動かすかのような「腰の円運動」をしてみましょう。出来るだけ大きくお臍の地点軸から均等に運動をします。

 時計回りと反時計回りをやりますが、腰椎や股関節に固着がある場合には、円運動が均等に行えません。

 1日に数回はこのエクササイズを行って、綺麗な円運動が出来るように心掛けましょう。

これは、全ての腰痛の方に言える事でもあります。

 もしも分からない場合は「青山整体GEN 流院」まで、腰のエクササイズを教えて欲しいとお問い合わせ下さい。

 


3、整体によって解放させる
 上記の2つは対処的な方法です。よって根本的な解決法は「腰椎がブリッジしなくてはならない理由」を改善させなくてはなりません。

 特に、インナーマッスルとしても有名な「大腰筋」の質を変えなくては根本解決とは言えません。

 これが解消すると、単に腰の痛みが無くなるだけではなく、内臓の機能も向上します。

 これに関しては、専門知識が必要になりますので、ご希望の方は「青山整体GEN 流院」をご利用下さい。

 


 上記以外の腰痛は下記をご参照下さい

 腰痛のページ

 椎間板ヘルニアのページ

 ギックリ腰のページ

 腰痛専門サイト

 

 

青山・表参道整体

  もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。

 

住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)