腰椎椎間板ヘルニア

症状の軽減と予防

ヘルニアの図

 「私はヘルニア持ちです」とご丁寧に自己申告される方は珍しくありません。

 しかし「ヘルニア」だけでは実は説明不足で「どこの?」という言葉が抜けてしまっています。

 日本人は空気を読む人種ですから「多分腰の事だろう」と勝手に察する事ができますが、それが腰だけとも限らないのです。

 ちなみに私の場合は「ヘルニア」と聞いた瞬間、即座に「腰の?」と聞いてしまいます。(腰以外に何があるんだよといった顔をされる時がありますが)というのも、そもそも「ヘルニア」の意味は「何かが逸脱及び突出している様」を言うのであって、主に大多数は「脱腸」を表す用語になります。

 ですから本人の名誉のため?腰だと訂正させたいのです。

 つまり正しくは「腰椎」「椎間板」「ヘルニア(突出)」となります。椎間板の中身が外へ向かって脱出及び突出する状態です。

 
      ヘルニア図1
 
  下の画像は椎間板ヘルニアの進行度合い  
 
 ヘルニア移行図

 先程も触れましたが、これは腰ばかりではありません。次に多いのが首です。

 首の場合の呼び名は「首ヘルニア!」ではありませんのでご注意を。「頚椎」「椎間板」「ヘルニア」です。

 他にも鼠径部(そけいぶ)の内側で、股の方へ腸が飛び出す「鼠径ヘルニア」もありますが、こちらは幼少期からの場合が殆どで、皆さん立派に「親からそう聞かされている」と言います。(足の付け根付近腸で膨らみ、プクッとした感じがあると訴えます。)

 さて、相当まわりくどくなりましたが、話しは椎間板ヘルニアの症状に移ります。

 頚椎又は腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が脱出及び突出した状態を指しますので、ある意味「現象」でしかありません。

 よって「椎間板」「ヘルニア」でも症状が全く出ていない人が数多くいるのです。つまり「ヘルニア」が神経にぶつかって、初めて症状を自覚するわけで、ぶつからない「ヘルニア」は無症状なのです。(隠れヘルニア?は大勢います)

 肝心な症状は、腰の椎間板ヘルニアだと、臀部から下肢に、首だと腕に次の様な症状がでます。
 「感覚(知覚、温痛覚)異常などのしびれ」「力が入りずらいという筋力低下」(深部腱反射も低下しますが自覚される方はいないかと)。大体これらを自覚し、病院に行ったりするわけです。(脱出型は手が付けられない場合が多い)

 椎間板ヘルニアのような「破壊」が起こるのは、身体の器質(うつわ、殻)的な老化に対してアプローチをしなくてはなりません。つまり構造の異常を治す事。

 難しい言葉を使いましたが、身体が歪曲するそもそもの根本には、大別して2通りがあります。

 ひとつは機能的問題からの歪曲。もうひとつは構造的問題からの歪曲です。

 むか~しむかしの事ですが、車のスピード計や回転数のメーター(タコメーター)やらが全て格納されたメーターパネル一式を、自分で交換した事がありました。動機はいつも車を運転していると目にするメーターだから、自分のお気に入り色にしてやろうという単なる衝動からです。(←時効ですが本音は180キロメーターで足りないと思って…)

 それで、難なく交換をしていざ出陣!やはり見慣れない配色のメーターにするだけで、新車に乗った気分。窓も全開!気持も全開!今日は何だか風を味方にした気分!そんな感じでちょっと遠くまでドライブ。すると「おや?雨が降って来たぞ」という事で、運転席側の窓を閉めようかと思ったら1ミリも閉まらない!

 という事で自宅までずぶ濡れ!(滴るくらい)

 原因はバッテリーを外してメーター交換をしなかったが為に、パワーウインドウのヒューズがぶっ飛んだのです。

 という事でお決まりの?長い前置きはさておき「機能的問題」と「構造的問題」の話しに戻ります。メーターの交換をした事象から「ヒューズかな?」と察しが付いたのですが、これが自然劣化で突如として起こったものなら、一体何が壊れたのか分かりませんよね。

 車の場合は「どこかの部品破損」が原因で窓が閉まらないのか「どこかの電気系統がやられた」のかの2つに大別できます。

 人間も同じなんです。異常を起こしている原因には「構造(車の場合の部品)」と「機能(車の場合の電気)」に大別できます。

 例えば、骨盤が曲がってしまった原因に腰の「骨や筋肉(構造)が痛んでいる状態」でも曲がりますし「血液やリンパなどの体液循環(機能)が悪い状態」でも曲がります。これらを見誤って施術をすると、治るものも治りません。

 あ、もしかしたら「全部やればいいじゃん」て思った方は居ませんか?

 ダメなんです!常に反応しているのはどちらかです!逆をやれば逆効果。

 つまり、青山・表参道整体GEN流院で、どちらかの反応側を施術し、身体の歪曲を整える。それを繰り返し出てきたものに対して(機能→機能→構造といった感じで)行えば、破壊された椎間板が次第に回復するチャンスが得られるのです。

ギックリ腰の所でも書きましたが、病院で手術が必要だと言われた方でも、治癒なさっていった方は沢山おります。

いつもの結論へ行く前に、窓!窓の話し!最後に補足させて下さい。当時の自宅駐車場は屋外だったので、結局その日は「ゴミ袋」にガムテープで全開の窓を覆いしのぎました。なんとブザマな事か…

青山・表参道GEN流院では、例えブザマな格好になったとしても、原因を選別し、またあの風を感じれる状態まで戻れる様に、あなたの体を全力でサポートします!

簡単です!悩んでいる暇があったら酷くなる前に、GEN流院の扉を開けて「こんにちは!」と言って頂ければ、あなたの不快な症状は、解決への道のりを一歩進み出すのです。

椎間板ヘルニアは、酷くなる前に早期に対処したいものです。

ヘルニア解決

 

青山・表参道整体

  もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。


住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)