自律神経失調症

神経のバランスが崩れたで症

東京青山、表参道整体の自律神経失調症

 

青山自律神経失調症

 

 最初から難しい単語を並べると、読む気が失せてしまうといけませんが、一応医学の見識では、次のような場合を「自律神経失調症」といっています。

 

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」


 簡単に略すと、「目に見える病気や著しい精神障害はないけども、自律神経の乱れで起きている症状を訴えている」ということ。

 

 では、そもそも自律神経とは何なのか?と思いますよね?

 

 「そんなの知ってるよ」という方もおられるでしょうが、少し簡単に説明させて下さい。

 

 自律神経とは「自律」した「神経」であって、意識的にコントロールを容易に出来ない神経です。

 

 何故意識的にコントロールしにくいのかというと、「止まると困る神経だから」です。

 

 例えば、食べ物が胃袋に入ったら、考えなくても胃酸を分泌したり止めたり。腸の動きを活発にしたり鈍くしたり。心臓の脈拍を速くしたり遅くしたり。呼吸を速めたり遅めたり。瞳孔を縮めたり拡げたり。毛穴を拡げたり縮めたり・・・と挙げれば沢山ありますが、要するにオートーマチックに動かして、体を管理しているものです。

 

 ですので、厳密には意識的に少しだけ動かすことは出来ますが、ほぼ勝手に働いています。

 

 つまり、自律神経が乱れると、よく分からないけれど、これらに関連する体の不調を訴えるのです。

 

 自律神経には、シーソーのような2つの働きがあります。片方は「交感神経」で、もう片方は「副交感神経」といいます。副の方が弱いとか、勝手な心象は無視をして、「交感神経は働く方の神経」で「副交感神経は休ませる方の神経」です。

 

 言いかたを変えれば、交感神経は興奮した時に働き、副交感神経は寝ている時や、リラックスしている時に働きます。車のアクセルとブレーキの関係で例える場合もあります。

 

 この神経は、どちらかが優位にある状態で機能するもので、休んでいる場合には副交感神経が優位に、働いている場合には交感神経が優位になります。

 

 そのため、自律神経失調症では、働いているのに休む神経が急に優位になったり、休んで寝ているにも係わらずに、体が興奮した状態になったりします。

 

 代表的な症状は、動悸や息切れ、発汗やほてり、血圧の上下や頭痛、微熱や過呼吸、人間不信などもそれに入るようです。

 

 

 

表参道自律神経失調症

 

 では、次に青山整体GEN流院では、これらをどの様に正常な状態に導くのかを述べてゆきます。

 

 まず、自律神経のうち、働かせる神経「交感神経」は、背骨に沿ってお腹側に走行をしていますこれを交感神経幹といいます↓

 

青山整体

 

 これらは、背骨を整列させることで、適切な機能を回復できるのです。

 

 一方「副交感神経」は、脳から枝が出て、頭蓋骨の孔を通り抜け、直接からだに走行しています。その際、頭蓋骨の孔が歪みによって狭まっていないか、横隔膜のような、神経の走行に対して横断する組織が緊張することによって、神経に負荷が加わっていないかをチェックし、問題があれば修正をします。

 

 ・・・・これだけです。

 

 もともと、神経のコントロール異常によって発している症状ですから、自律神経が綺麗に解放されれば、また元の働きが戻ってくるでしょう。

 

 他にも、体内時計のリセットが、自律神経の整えるというのも重要なことです。

 

 体内時計については、こちらのページで照会しておりますので御覧下さい。

 

 

 自律神経は大切だから、自律的に機能をしています。その大切な神経が乱れ、誤作動を起こしているわけです。後でケアをしても、利息ばかりが上乗せされ、利子など一向に付きません。

 

 待って何の得もないのであれば、早めのケアをオススメします。

 

 

 GEN流院の扉を開れば、今日であなたも腰のお悩み解消!

ギックリ腰を解決

 

 

 

青山・表参道整体

  もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。

 

住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)