身体に残った嫌な記憶

身体の記憶

整体
 昨今、身体の不調を訴える方の多くには、「心の記憶」が原因になっている人が多く見られます。

 単に記憶といっても、簡単な記憶ではなく、例えば重度の「不快」「悲しみ」「怒り」「憎しみ」「恐怖」というものであって、これは通常のストレス刺激とは異り、記憶とともに体の緊張の中にしまい込まれることになります。

 一見単なる体の凝り感や痛み、不調であったとしても、こういったことが原因になっていることがごく一般的なのです。

 ややオーバーな言い方かもしれませんが、永続的な緊張を持つ体には、その殆どでこれらの「記憶」とセットになっています。

 まさに「物体に原因なし」という症状です。

整体

 おおよそ心の問題の原因は、親から受けたもや引き継いだものが非常に多く目立ちますが、仕事場の人間関係でも十分起こります。例えば「厳しくしつけをされた」とか「暴力を振るわれた」「本当は自分が悪くないのに辛く当たられた」「性的な暴力を受けた」などによって、特に幼少期に受けたものが長く居座る傾向にあります。

 これの厄介なところは、幼少期の時であればある程「自分の常識」としてインプットされていることから、親から子供へ子から再び他人へと伝播するところです。

 皆さんの身の回りにもおそらくいると思います。

 仕事場のメンバーで「何だか価値観がおかしい(普通ではない)と感じるシーンがある」という場合はないですか?

 急に怒り出して「怒る気持ちも分かるけど、そんなに怒ることではない。」と周囲が引いてしまう場面。「異性関係になると人が変わる」とか「肉体関係を誰とでも持つ」などもその一つです。

 特に「性」のトラブルは深刻で、女性にとても多く見られます。相談する相手がいない事から、心の奥底にしまい込んでしまうからです。整体

 支障が出ないうちは、自分もそれ程気にはしない(周囲からは変だ言われるが)で生活をするものですが、こういった人は、いったん症状が出始めると、精神を崩壊させてしまう人が多く、原因不明の症状を訴えることが多く目立ちます。実の所、これが顎関節症の原因の一つでもあります(顔面周囲や、顎の位置関係が落ち着かない)。

 これらを改善させるためには、身体の緊張として残った所を解放させる必要がありますが、単に手技を行うだけでは不足することがあります。

 実際に「言葉による記憶との対話」というのが重要な作業となるでしょう。そういった会話と施術を通じで、より深い解放を試みることができます。

整体

青山・表参道
       <p>  <a href=もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。

 

住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)