背中の痛み

凝りではありません

背中の痛み図

 これはよくある症状ですが、まずは内臓の疾患と区別する必要があります。
 
 ガンの患者さんや、胃潰瘍 膵炎 胆石 腎臓、尿路結石は背部痛を訴えます。しかし、よく考えてみて下さい。内臓疾患が背部痛を訴えるのならば、疾患までいかなくても「臓器疲労」で背部痛を訴えても、何らおかしくはないことです。

 要は痛みのレベルの問題です。

 実際に、背部痛で一番多いのは、肩甲骨の内側(中心寄りでケンピキと言う方言?がある)の違和感です。これは肝臓の疲労と直接関連があり、単純な筋肉の「凝り」ではないのです。

 筋肉は回復力が大精で、筋肉痛でも経験があるように、精々3日程度で治ってしまいます。つまり、単純な凝りだけの問題であれば、気になる暇もないうちに治ってしまうということです。

 何故背部の凝りが、内臓機能と関連しているのかというと、筋肉を支配している神経と、内臓を活動させている神経が「背骨の部分で連結」しているからです。

 平たく言うと「内臓だけが疲労し、筋肉だけが凝らない」ということは、人間技では難しいことなのです。

 カイロプラクティックや、一般的な整体でよくある「ボキボキ!(当院では基本的にやりません)」と背骨を矯正するのは、上記の理由から行なっています。

 これらの施術で内臓機能が回復すれば、それはそれで問題はありませんが、本当の原因にアプローチをしていないわけですから、治癒の確実性は減ることになります。(それに恐怖心がある人に対しては逆効果)

 病的な背部痛はさておき、内臓疲労における背部痛は、比較的簡単によくなります。

 当院では、内臓に対して効率的にアプローチし「内臓の物理的な動き」「血液循環」「リンパの循環」「神経伝達物質の循環」の改善をはかる事ができます。

 勿論、仮説の話ではいけませんので、実際に施術によって「何が変わったのか」というところまで、確実に実感できるようにしています。

 当院が所有しているインサイトディスカバリーは、内臓機能を効率的に分析できる機械です。(米航空宇宙局NASAのテクノロジーです)
 
 下の写真は「自律神経」の働きを計測して、どこの臓器に機能異常があるのかを表しています。

 赤い所が中でも特に異常のある場所です。(写りが悪くてすみません)

 下記は、内臓と背骨との関連性です。

内臓と椎骨の詳細図

 医療関係者等で、詳しい理屈を知りたい場合は、ファイルをPDFダウンロードできるようにしていますので、saem.pdf へのリンクからお願いします。 

 あと、ここで特記しておきたい事は、内臓機能が、手足(つまり四肢)を整えるだけでもかなりの改善が見られるということです。

 これは本当に面白い現象ですが、確かによくなります。神秘的に考えれば「足つぼ」にあるように、相対部位が内臓と関連しているとも考えられますが「何を根拠にしているのか」がハッキリとは不明であり、その相関関係につては謎のままですが、個人的には立証は無理にしても、確証はあります。

 青山・表参道整体GEN流院では、その相関関係について「確実に実感できる」という施術を厳選しておこなっています。

 以上のことから、例えば手首や足首を捻挫して、背部痛が起こるということは、何ら珍しい事でも新種の事でもありません。

 という事で格言!

 手足は本当に大事なところです。

背中の痛み

 

青山・表参道整体

  もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。


住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)