頭痛

血流を妨げる原因を探さなくては

頭痛イメージ

 どうやら日本人よりもアメリカ人に多いそうですが、私はそうは思いません。(根拠無し)

 というのも、我慢強くて「私今頭痛です」という人が、アメリカ人より少ないのだと思います。

 誰しもが経験のあるあの嫌~な痛み。一旦発症するとどうにもなりませんよね。

 「寝ないと治らない」とおっしゃる方が多いのですが、それだけ発症すると大変な厄介者です。

 ひとつは水分を多く取って横になり、軽く目を閉じて、まぶたの下で、ゆっくり左右の眼球運動を行う事。

 そしてもう1つは、風景画を描く事!得意な方だけ…というわけではありませんのでご安心下さい。
 
 全体のバランスを考える風景が一番良し。これで良くなる方が結構います。理由はハッキリとは分かりませんが、見比べるために、眼球運動と頭を上げる動作を繰り返す事。立体映像を脳で処理するために、血流が回復するという仮説が成り立ちます。

 しかし、出来ればそうなる前に、あなたの首を整えてあげて下さい。

 というのも、への血流は、頚椎(首の骨達)と首の前面を通過して流れ込みます。そこに歪みや筋肉の緊張があると、脳へ到達する血流が減ったり、また排出が上手く行われずに貯留したりと、体は緊急シフト体制を取るのです。

 我が自宅マンションで、火災報知器が鳴り「誤報だろう」と余裕綽々で居たところ、今度はご丁寧にインターフォンが「火事です!火事です!火災が発生しました!」と言うのです。人間は面白いもので、サイレンよりも言葉で情報が入ると「これはまずいかも」と思ってしまうものです。

 えっと・・頭痛も同じです。何が?って?火災報知器と。

 …つまり、一度鳴り始めると止めるのも大変なのです。まぁそれだけ「大事に至ると大変です!」という警告ですから「私は頭痛持ちだよ!」なんて自慢気は要りませんので、早めに恵比寿整体GEN流院で首を整えてみて下さい。

 きっとお役にたつ事でしょう。

 さて、気になる(?)我がマンションの火災報知器ですが、やっぱり誤報でした。でも避難しないわけには行かず、お金を持って即避難。事態の収集まで1時間は要しました。本当の火事なら、お金を持ってから避難するのは良いことではありませんね。

 というわけで頭痛の結論は
1.脳への血流を直接ブロックする首の骨達を正す
2.脳への血流を相対的に減少させる筋肉の緊張をとる
3.土台を正して首への補正的負荷を無くす(詳しくは肩こりをどうぞ)

 青山、表参道整体GEN流院では、これらを整えて、頭痛を予防いたします。

頭痛を解決

 

青山・表参道整体

  もう一つHPがあります。こちらをご覧下さい。

 


大きな地図で見る

詳しい場所や行き方は、こちらの「アクセス」をご覧ください。

 

住所:〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4丁目3ー15東京セントラル表参道211

青山・表参道整体 源流院 

(あおやま・おもてさんどうせいたい げんりゅういん)