御品書
■ はじめに
■ 小学生の方へ
■ 中学生の方へ
■ ネチケットについて
■ 引用について
■ 利用規約について
■ 直リンク禁止について
■ 掲示板・メールについて
■ 素材屋のマナー
■ リンクについて
■ 間違ったネチケット
■ 掲示板・メールについて
 一般の掲示板やメールのマナーについては、『ネチケットについて』に記しましたので、そちらを参考にしていただけると良いでしょう。
 実はこれがここで述べたい一番重要なところなのですが、「素材屋」においてもそれらのネチケットはそのまま適用されることを忘れないで下さい。

 素材屋さんって、素材屋さんにはわかると思うんですが、必要以上に特別視されると思いませんか?
 閲覧者にあっては、素材屋も個人サイト(であることが多い)との認識が必要です。へりくだることも、必要以上に期待することも不要だと、当サイト管理人は思います。

 その上で少しだけ素材屋さんの事情に配慮した「掲示板・メール」の使い方を考えていきましょう。
 まず、よくあることなんですが、「質問」のあり方には気をつけましょう。
 素材屋も普通の人ですから、答えられること答えられないこと。答えたくないことがあります。『ネチケットについて』でも書いたように、質問に答えるかどうかの選択があっても良いと思うのです。
 本来、素材屋はウェブ素材を配布することを目的にしたものであって、掲示板やメールでの質問に答えることは、サービスでやってるに過ぎません。
 必ず答えてもらえるとか答えて当然という使用者側の態度は、甚だしくネチケットに反するものでしょう。
 素材屋はサポートセンターではありません。ただの人です。

 「質問」その2。
 質問する際、よく聞かれる言葉ですが「○○○だから」云々。例えば「初心者だから」「小学生だから」…
 素材屋に限らず、このような物言いを嫌う人は多いと思います。
 回答者は質問の内容から相手の理解していない点を判断できるので、そのような言葉は不要でしょう。何より、この「○○○だから」を多用する人は自己努力に欠ける方が多いように見られます。
 「○○○だから」と言われても回答しなければならない理由にはなりません。
 まずは出来る限りのことをして、どうしてもわからないと質問する者に対して、冷たく突き放す管理人もいないのではないかと思うのです。何か理由をつけて努力を避ける人は評価されないことを忘れないようにしましょう。

 次に「依頼」について考えてみます。
 バナー作成依頼であるとか、文字入れ依頼であるとか、色々なことをしてくれる素材屋さんが存在します。が、その作業には手間と時間がかかっていることを忘れないで下さい。作成を急かしたり、気に入らないと文句を言う姿勢はあまりマナーが良いとは言えません。感謝の気持ちを大切にしたいものです。
 と、そのようなサービスを行っている素材屋はまだしも、そうでない素材屋に「作成依頼」を出す方を幾度と無く目にしました。
 何度も言うようですが、素材屋はただの人です。
 通常してもいないサービスを行わなければならない理由などありません。人の迷惑を顧みないそのような態度に対し、素材屋さんにあっては毅然とした態度で臨んでほしいと考えます。

 上記してきたようないわゆる「迷惑なお客様」は、素材屋の創作意欲を削ぎ、結果として同素材屋を利用する全ての閲覧者にとって不利益をもたらします。
 故意かどうかは関係ありません。閲覧者においても上記のような行動を取るものを激しく非難し、また「クレーマー」や「荒らし」と同格としてスルーするような心づもりでいて頂きたいと思います。
 様々なタイプの素材屋が存在しますが、大抵はお客様に甘く、親切であることかと思います。それは、「来ていただいている」という素材屋さんの感謝の気持ちの表れであるのに対し、客の素材屋への対応は果たしてそれに応えるものなのかどうか、今一度考えてみてください。

 素材屋さんのためではなく、結果として自分と同じ素材使用者に迷惑をかけていないか?と自問してほしいと感じます。
 掲示板・メールは交流の場として、皆さんで守るものです。


【協賛】

Copyright (C) 2004 totem.All rights reserved.