HOME > 模型口 > 103系3500番代(1/2)

Latest Update 2005/1/23

103系3500番代(播但線)

実車について:103系3500番代はJR西日本の播但線 姫路-寺前間電化の際に投入された車両で、クモハ103-2500+モハ102のユニットを先頭車化改造して誕生しました。この車両は先に登場した103系体質改善工事施工車と同様、前面窓を1枚ガラスとし、側窓の固定化(上部のみ内側に開く)や張り上げ屋根化、ベンチレータの撤去などが行われています。また内装についても207系と同じレベルまでグレードアップしており、原型をとどめないほど変貌しています。さらに3500番代独特の装備として、ワンマン運転に対応するための出入口表示器や車外スピーカーが設置され、半自動ドアスイッチも準備工事されています。全9編成が神ホシ区(網干総合車両所)に所属しており、姫路-寺前間で運用されています。なお、JR東日本の宮ハエ区(川越車両センター)にも3500番代が存在しますが、こちらは103系を半自動ドアに改造した車両で全く関係ありません。

ベースはGMの103系(低運転台)の先頭車で、highfieldの103系リニューアルパーツセット(注)などを組み合わせて製作しています。改造箇所は実車同様、ヘッドライト、前面・側面・妻面窓、戸袋窓、雨樋、屋根などです。今回のプロトタイプはパンタ増設準備車を含むH9編成とし、クモハ103の前位側にランボードとパンタ台、避雷器座も再現しました。
(注)highfieldの103系リニューアルパーツセットは現在販売していないようです。このパーツを使おうとした方、ゴメンナサイ

クモハ102-3509

クハ103をベースとして前面・側面・妻面窓のサッシ類を全て削り落とし、戸袋窓を埋め込みました。またベンチレータも撤去されているので、不要になる取り付けボスも削り落としています。側面のルーバーやワンマン表示器などはパーツセットに全て含まれているので、そこから調達しています。バラで集めるのは非常に困難なので助かります。クーラーはKATOのAU75Gを使用するので、取り付け穴もあけておきました。

クモハ103-3509

クモハ102に準じますが、この車両はパンタが付くのでランボードを追加しています。配管は全て真鍮線で製作しますが、今回は2002年のJNMAフェスティバルで限定販売した富士川車輌製造のジグステッカーを使用しています。痒いところに手が届く、ありがたいアイテムです。またロゴマークや方向幕などのステッカーも入っていたので、Wでお得でした。

前面

前面は窓のサッシを切り取り、ライトや手すりの別パーツ化を行っています。またヘッドライトは埋め込みタイプに改造されているので、元々のモールドをけずり落として、パーツセットに含まれるライトの枠がぴったり収まるように楕円の穴を開けます。この作業にはハセガワのトライツールシリーズのテンプレートを使用して一番近い大きさの穴をケガキ、ピンバイスとヤスリを駆使して穴を開けています。おでこの中心にぴったりの大きさの穴を開けるのは非常に難しく、クモハ103では2度開け直しました・・・。なおクモハ103はジャンパ線が増設されているので、GMの東武10030系の部品を取り付けてあります。

先頭部ディテールなど

張り上げ屋根改造では元々の雨樋をガイドにして適当な幅に切り出した0.3tのプラ板を貼り付け、ヤスリをかけて成形しています。方向幕と運行番号表示器はモールドが深いので、周囲のHゴムを削るだけで実車同様のタイプになります。なおキット標準では下部ステップの上にルーバーがありますが、3500番台には不要なので削り落としてあります。

前面ガラスと側窓ガラスにはモデラで透明プラ板から削りだしたものをはめ込んで、ツライチに仕上げてあります。また、写真に写っている側窓の優先席マークは鳳車輌製造のステッカーです。

なおスカートはTAVASAの105系用スカートです。

屋根及び妻面

毎度の事ながら、模型の見せ場であるパンタ配管部です。今回は富士川車輌製造の配管治具ステッカーを使用したため、ケガキは数分で終わりました。(通常は写真を元にシャープペンシルで配管をケガキ、割ピンの位置を針でマーキングしていくため非常に時間がかかります)パンタはKATOのPS16Bを使用しています。非常にディテールが良く、上昇姿勢、折り畳み姿勢ともに申し分ありません。唯一欠点をあげるならばパンタ台を自作しなければならない事位です。今回はGM東急7700系のランボードから製作していますが幅を揃えるのが難しく、20個あまり切り出して幅の揃った8個を選びました。最終的な寸法あわせはヤスリがけで行っています。

また妻面ステップもつけましたが、隣り合う車輛で互い違いになっているという、非常に芸の細かい仕上がりになっています。なお、貫通ドアはトレジャータウンのパーツを使用し窓が拡大された更新タイプに変更しています。

All Rights Reserved, Copyright