HOME > 模型口 > タキ18600(1/1)

Latest Update 2005/10/19

タキ18600 (日本陸運産業仕様)

〜実車については、つかさ製作のタキ18600をご覧下さい〜
 

タキ18600 18699 岩沼

MODEL21製のタキ18600/タキ4100Uコンバージョンキットを組み立てたものです。ベースはTOMIXのタキ25000を使用します。タキ18600を製作する場合は部品点数が少なく、とても簡単です。側面下部にリブが付いているので、全長にわたる半田付け(接着でもOK)が必要ですが、落ち着いて時間をかけて作業すれば難しいことはありません。貨車キット初挑戦の方にもお勧めです。プロトタイプは写真の日本陸運産業所有 タキ18699です。

製作中

製作中の1コマです。タキ25000の下回りとタンク体(デッキ、ドーム含む)を生かし、キセをかぶせるような構造になっています。

(仮組み中で、タンク体が逆向きになっていました…)

非デッキ側

こちら側の鏡板には点検蓋が付きます。 説明書には鏡板の中心にそのまま貼り付けるよう指示がありますが、点検蓋の周囲が浮いてしまうので、鏡板を若干ヤスって平らにしたほうが良いでしょう。

ECO ANNマーク

プロトタイプに選んだ日本陸運産業仕様には「ECO ANN」マークが付いています。これはデカールに含まれないので、インクジェットプリンタ用転写シール(写真右下)を使って再現しました。

インクジェットプリンタを使用するので白以外ならどんな色でも再現可能です。また近年の高解像度プリンタを使用すればもっと細かい文字も再現可能なはずです。

写真では一部網目がかったようになっていますがこれは糊の影響と光の加減の影響で、実際はこんなに目立ちません

All Rights Reserved, Copyright