高谷社会保険労務士事務所 行政書士高谷守亮事務所 本文へジャンプ
労働問題支援サイト 依頼方法・報酬額




相談別報酬の額

★ メールによるご相談

【初回のメール相談】
 初回のメール相談は無料です。どのようなことでも構いません。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 また、一連の業務を依頼された場合の報酬見積もりも致します。報酬の目安などについて確認するのみでも結構です。いつでもお問い合わせ下さい。

【2回目以降のメール相談】
 2回目以降のメール相談は、原則として1回につき、内容により3150円〜5250円(消費税込)を請求させていただきます。内容によりとは、その質問内容の回答数によるということです。ご質問の内容が、1件以内なら3150円、2件なら4200円、3件なら5250円とさせて頂きます。なお、ご質問の内容は一回につき3件までとさせていただきます。

 なお、報酬請求に関しては、メールを頂いたとき、回答すると当時にお振込先を当事務所より連絡させていただきます。ご入金の期日は回答から1週間以内とさせていただいております。
イメージ

★ 来所又は訪問によるご相談

 来所による相談は、1時間ごとに5,250円(消費税込み)を請求させていただきます。

 また広島市内への訪問相談であれば1時間5,250円、広島市近隣地域廿日市、大竹、呉、熊野、黒瀬、東広島、竹原への訪問相談であれば、1時間ごとに6,300円を請求させていただきます。
 
 なお上記以外の地域に関しては、交通費として実費を請求させて頂きます。

 なお報酬の支払方法ですが、来所又は訪問のうえ相談に応じた折に現金にてその場でお支払いいただくことになりますので、予めご了承下さいませ。
イメージ

★ 書類作成、立会報酬等

 ここでは、一般的な書類作成の作成報酬や労働争議等に関する夫婦間の話し合いの立会い、労使協議の際の証人となる場合の報酬について説明しております。
 業務別の具体的報酬は次の通りですが、内容により、下記報酬額を依頼者との協議のうえ変更することがございます。
イメージ

書類作成、立会い報酬の目安

内容証明の作成

内容証明1枚ごとに8,400円(消費税込)+内容証明郵券料
 未払賃金(月例給や残業代)や、その他労働者の権利に属する請求文書を内容証明化し、相手方に通知します。専門家が受任し、その職名をもって請求しますので、一定の効果を発揮することが見込まれます。

 時効(未払い賃金の請求は2年)にかかる直前に内容証明によって相手方に催告すれば、時効が6箇月延長されることになります。但し、この場合は裁判上の請求をしなければなりません。
離婚に関する合意書等の作成

1通31,500円(消費税込)
 個別労働紛争に際して合意に至ったような場合には、合意した内容を証拠として残さなければなりません。

 当然のことながら、このような取り決めは口頭によるものではなく、必ず書面にしなければ、後で言った言わないの話になってしまいます。

 したがってこのような取り決めをする場合には、専門家の相談を受けながら書面化することをお勧めいたします。

 言うまでもありませんが、この書面は証拠能力として力を発揮します。
公正証書の作成

1通52,500円(消費税込)
 上記の個別労働紛争に際して合意した内容を書面化するだけではなく、強制執行認諾約款付の公正証書とすれば、未払い賃金等等の履行がなくなったときには財産差押えをするなどの強制執行することができます。

 将来の履行確保を見据えて書類化するのであれば、公正証書とすることをお勧めいたします。
民事調停申立書の作成

31,500円(消費税込)
 個別労働紛争に関する話し合いに折り合いがつかない場合には、民事調停申立をすることができます。

 民事調停の申立は、1件について数千円で申し立てることが可能です。

 また、使用者としても法定の場で話し合うほうが説得力があると感じやすいので、話し合いもスムーズに進む可能性が高くなります。

 個別労働紛争について公正に話し合いがしたければ、民事調停に持ち込むことをお勧めいたします。
個別労働関係紛争解決促進法上の斡旋等の申請、代理人(補佐人)

内容により決定
(消費税込)
 個別労働紛争に関する話し合いに折り合いがつかない場合には、都道府県労働局及び労働基準監督署におかれる「総合労働相談コーナー」に相談をすることができます。

 総合労働相談コーナーへの相談等は、全て無料ですが、専門家が同伴・相談をもちかけることにより、話がスムーズに進みやすく、また話の方向性も決まりやすくなります。
 また、使用者としても「行政」という場で話し合うほうが説得力があると感じやすいので、話し合いもスムーズに進む可能性が高くなります。

 個別労働紛争について公正に話し合いがしたければ、個別労働紛争解決促進法上の相談等することをお勧めいたします。
個別労働紛争の協議立会い

31,000円(消費税込)
 お一人では話し合いをすることに自信がないという方、また話し合いの証人として立ち会って欲しいという方など、ご要望に応じて話し合いに立ち会います。
 専門家がついていることにより、様々な効果が考えれますので、話し合いの際にはお一人ではなく、専門家を補佐としてつけることをお勧めいたします。