天井点検口

1階の天井裏には人の入れるスペースがないので
今後の作業の為にも廊下の天井に点検口を設置しました。
部材のシーリングハッチはホームセンターなどでも売られていますが
今回は気密タイプでフレームが白色の物を取り寄せてもらいました。

注意事項


これより記載の作業工程は、在来軸組構法の木造住宅を例にしており、
他の住宅構法では参考になさらないでください。
(2X4構法などの場合、壁自体が構造物なので
むやみに穴を開けるのは危険です)


材料


ダイケン シーリングハッチ
(気密タイプ)


天井の下地材
(30mmx40mm)

作業工程

作業は自己責任において行ってください。
当サイトは一切責任は負いません。

まずは取り付ける位置を決め、
製品の取り付け穴寸法に従い鉛筆で線を引きます。


下書きの線に沿って天井の石膏ボードを切断します。
(切り取った天井は蓋に使いますのできれいに切り取ります)
このときに下地の野縁材がある場合は一緒に切断します。
(天井裏には電気の配線などもあるので注意しましょう)


・次に切断した天井開口部の裏に下地を組みます。


・その下地にシーリングハッチの外フレームをネジ止めします。

・先ほど切り取った天井材を内フレームの寸法に切断し、
製品の施工方法に従いフレームに固定します。

完成

AFTER


トップへ
トップへ
戻る
戻る