羊羹とはなんでしょう?
羊羹とは?
ご存知のとおり、ようかんは漢字で「羊羹」と書きます。漢字をそのまま考えると、羊(ヒツジ)の羹(あつもの)と書きます。ヒツジは分かるとして、羹(あつもの)とはどうゆうものなんでしょうか?

馴染みのない言葉ですが、 羹(あつもの)=熱物 であり、野菜、山菜や肉を入れて作られた熱い吸い物のことを指します。
つまり、漢字を直訳すると「ヒツジの吸い物」という意味になります。

鎌倉〜室町時代の頃、禅僧が中国へ留学するのが盛んでしたが、帰国時に羊羹を持ち帰ったのが始まりという説が濃厚のようです。

それでは、羊羹の原型とはいったいどんなものだったのでしょうか?
羊羹の由来(原型その1)
中国では元々「ようかんこう」という、羊の肝を使った蒸し餅があり、動物の肉を食べる習慣の無かった日本に伝わり、現在のようなお菓子となったという説があります。
羊羹の由来(原型その2)
現代の羊羹とは形も異なり、味も全く違いますが、羊の肉を用いた中国の汁物(羮=熱物)が冷え固まった後の「煮こごり」が元になって原型ができ、それが日本に伝わり、その後、お茶の点心として用いられるようになり、改良されてお茶菓子となったという説があります。
清水寺には古くから完成された精進料理が存在している事からも、こちらの説が有力ではないかと思います。
精進料理の一品としての清水羊羹
ようかんには羊肝という当て字もあり、文字通りヒツジのキモのこととも言われています。中国では、食間に食べる点心の一つとして食していたようですが、禅僧は修行の為「肉食」を禁じていたので肉が食べられません。そこで、植物性の材料である小豆やくず粉、小麦粉を蒸し固め、ヒツジの肝に見立て料理の一品としていたという一説があり、これが原型だと言われています。
ようかんの主流は長くは蒸しようかんでした。くず粉や小麦粉などでんぷん質を蒸し固めて作るもので、現在主流となっている練りようかんとは異なります。
今のような練りようかんが世に登場したのは江戸時代。寒天が発見されてからです。さまざまな工夫がされ、蒸しようかんより糖分が多く、日持ちがよいなどの理由から広まっていったようです。
和菓子の定番とも言えるようかん。機会があれば「練り」、「蒸し」両方を食べ比べてみるのもいいかもしれません。
お菓子としての羊羹
羊羹はもともと中国から伝来したもので、日本では室町時代の初期茶道の湯の菓子「点心」(定食の間の小食を意味する。)から出た間食だそうです。
間食で献肉を使って羹を出したのが羊羹のような蒸しものであり、羊の肝臓に似ていたことから羊肝といわれたが、菓子では、字体が好ましくなく、肝を羹に改めて使ったのが今の羊羹だそうです。
おことわり
上記記載の内容は、HP管理者が先代、先々代等から伝え聞いた内容をもとにしております。
従いまして、事実・史実と異なる場合もあると思いますので、お含みおき頂ければ幸いです。

トップへ

Copyright(c) 安来清水寺名物 清水羊羹製造元 深田豊隆堂 .All Right Reserved.2004